メスのしまあじ 

こだわりのシマアジ釣り

Rod Action Style (竿でのカッタクリ釣法)

シマアジ(オオカミ)釣りにとりつかれてから、かなりの年月が過ぎいまだに極めることができない小生です。
そんなこだわりでも読んでみて下さい。


★ロッド★

リール★

★天秤★

★クッションゴム★



★コマセ&カゴ★

★仕掛け★



Copyright (C) 2002 Eight All rights reserved.
このHPの全ての画像・文章を無断でコピー転載することをお断りします。

★釣法★

体は則編し、体高が高く、背鰭、尻鰭の軟条はその直前の軟条と少し離れて側線後方の直走部に稜鱗が
があり体側の中央に一本の黄色の縦帯が走る
刺身、寿司種の食べて美味しい、超高級魚

釣り人なら、憧れのシマアジにとりつかれるでしょう

ここまで来ていただいてありがとうございます。
最近は、なかなか大型のシマアジに巡り会えませんヒラマサやカンパチ狙いの外道でまれに釣れることもありますが、やはり絶対数が減ったのも不調原因の一つだと思います。以前は気がつかないままハリス切れやバラシで  今のは何だったのだろう??という事もしばしば、でも、シマアジ釣方が確立できたのと道具の進歩特にグラスブランクスの竿が毎年進化しているので今まで捕れなかった魚が釣れるのでやはり数が減りますね
水産関係の先生にお願いして15kのシマアジのウロコ(エラノ脇の大きい物)を送り年齢を調べて貰ったら正確な年数は出ませんが(生息している環境、海流、天敵など)だいたい10年から12年位でしょうとの回答でした。   御蔵島などはそれこそ行かなければ何ともいえないのですが5〜6年前に比べるとアオダイやウメイロなどの高級外道もかなり釣れなくなりました、その原因は定かでは無いですが イルカ がかなり繁殖しているようです、どちらも自然環境の中の生物なので・・・
ここ1年位でシマアジ釣方が少し変わりました、
又釣方が確立したら記載します。 手前味噌ですが現在使用しているシマアジ竿は最高です。

この青い竿で数え切れないシマアジをGetしています

自慢ですが!!一番オオカミを捕らえています・・・
随時記事を載せます、水温が下がれば神津の地の瀬でオオカミが出ます
20`オーバーをgetしたらシマアジ釣りを卒業します。・・・卒業したい!!
通称、ヤブさんとみんなが呼んでます、見かけたら気軽に声を掛けて下さい。 (八武崎成史です)          

 クーラー(イグロ162)のサイズからオオカミの大きさが判断できると思います。13,5`〜16,2`

                                                                                                                                                                                                                                                                                          

戻る

purofeill

御蔵島 2月