ウェルシュ・コーギー・ペンブロークのトイレトレーニング

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークを飼い始めたら、最初はまずトイレトレーニングから。 ところが・・・。

愛犬の粗相にカッとなり、「ここにウンチしたらダメ!」って怒鳴ってたら、ウンチを隠れてするようになって・・・

愛犬のトイレトレーニング、叱ると逆効果 になることも。 あなたは、ウンチした 場所 について叱ったつもりなのに、愛犬には「ウンチすると怒られる」と 誤解されてしまうことも。

トイレに限らず、愛犬のしつけには、知らないと困るコツがあります。

そのコツを知らなければ、しなくていい苦労やストレスに悩むことになります。

でもね。 コツさえ分かれば、自分の手で、愛犬がお利口さんになっていく嬉しさを、たっぷり楽しむこともできるでしょう。

意外に多くの飼い主さんが、しつけの勘違いにはまって、苦労してます。

中には、しつけは知っているのに、普段気がつかないまま、ついついワガママをききすぎちゃったりして、それが原因で、しつけを台無しにしてる場合もあるようです。 実は、しつけ以外にも注意すべき事があります。

愛犬 ついでにトイレ以外もお利口さんに

愛犬のしつけで本当に困っていた飼い主さんたちに、ものすごく喜ばれてる「犬のしつけ法」があります。

プロのドッグトレーナーが、一般の飼い主さんのために明かした「犬のしつけ法」です。 訓練頭数2000頭以上のプロのドッグトレーナーです。

この「犬のしつけ法」は動画(DVD)です。 動画なので分かりやすいのが特徴。 もし、これが文章なら読む気がなくなるほど長い文章になったり、もしくは言葉足らずでピンとこないということも。 さらにいつでも何度でも見られるため、忘れたら何度でもチェックできます。

この「犬のしつけ法」、多くの飼い主さんにすごく喜ばれてます。

犬を初めて飼った人にも分かりやすいと喜ばれてます。

この方法なら、子犬に限らず成犬も大丈夫。 しつけの手応えから、愛犬のしつけや訓練が楽しいと喜ばれてます。

公式サイトをご覧になれば、20代~50代の多くの飼い主さんの悩みと喜びの声を見ることができます。 本気で悩んでいた人たちだから、その体験談を見るだけでも元気がもらえます。



↑ クリック ↑
しつけはトイレだけじゃないです プロのワザに学んですっかりお利口さんに


正しいしつけであなたのウェルシュ・コーギー・ペンブロークはきっと変わります。 あなたのウェルシュ・コーギー・ペンブロークは本当はもともと賢いのかも

あなたの意思が正しく伝わってないだけで、愛犬がお利口さんになり損ねてるとしたら、もったいないことですね。

***** ***** *****

散歩のトイレ今昔
昔は犬の散歩でフンをする犬は多いと思います。近頃はきちんと愛犬のフンを持ち帰ることは、当たり前のことになりましたが、一昔前は犬のフンが放置されたままになってることも多かったです。今考えるとひどい話ですよね。道路を歩いていて、時々犬のフンを見かけたものでした。

粗相の片付け
愛犬が粗相してしまったとき、さっと片付けることが大切です。愛犬が粗相してしまったときのお掃除用品も予め用意しておくと、心を乱すことなく対処できそうですね。お掃除用品としては、安全性が高く、確実に消臭できるものを選びたいですね。備えあれば憂いなしです。

トイレの時間
例えば3ヶ月くらいの子犬なら3時間程度がトイレの間隔の目安になります。成長するにつれて間隔が長くなるのは人も犬も同じです。トイレのしつけができるまでは、このトイレの間隔をアタマのなかに入れておくことも大事ですね。あっ!そろそろ時間じゃないかな?

ワンちゃんはきれい好き
犬は結構きれい好きです。ですので、愛犬のトイレもできるだけ清潔に維持してあげる事が大事です。とはいえトイレのペットシーツを毎回換えるのは大変かもしれませんが、適度に換えてあげる事が大事です。きれいなトイレで、きもちよくさせてあげたいですね。

犬用トイレの形いろいろ
犬用トイレにもいろいろな形のものがあります。例えば、ある程度慣れた犬ならフラットタイプでしょう。もっとも目立たず、シート交換も比較的簡単。ただし、トイレ上手な犬じゃないと周りに散らかす可能性も。足をあげてオシッコする場合にはL字タイプが便利です。また箱タイプだとオシッコがそとに漏れる心配も少ないです。また持ち運びできる携帯用タイプもあります。

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークのトイレの訓練について(ワンコとの生活)。



ウェルシュ・コーギー・ペンブローク(小型犬)はどうでしょうか。ウェルシュ・コーギー・ペンブロークのことを少しまとめてみると、性格的には従順のようです。集合住宅の生活にも適合しやすいかもしれません。留守番は向いてるかも。初めて犬を飼う人にはどうかなぁ・・という感じです。

犬の性格は親犬の性格や生後の環境なども影響するので、個体による差がかなり大きいです。ですので、犬種による性格は案外あてにならないことも多いです。 ところで、あなたのウェルシュ・コーギー・ペンブロークはどうですか?






ペットと犬のお役立ちHP

| (社)ペットフード協会(財)日本盲導犬協会Wikiペットのページ(社)日本動物福祉協会(JAWS)

*小型犬*

*中型犬*

*大型犬*

*その他*

*年配の方にも

| 育児パズル犬のしつけ愛犬トイレトレーニング悩み自動車保険

お問い合わせ

ご意見・ご感想・リンク・お問合せ等はこちらから。 (※スパム対策ですので、お手数ですがメールアドレス内の「_」を「半角@」に変更願います。)

Copyright © 2007 愛犬のトイレの悩みに@評判のしつけ・訓練(トレーニング). All rights reserved