イングリッシュ・セターのトイレトレーニング

イングリッシュ・セターを飼い始めたら、最初はまずトイレトレーニングから。 ところが・・・。

愛犬の粗相にカッとなり、「ここにウンチしたらダメ!」って怒鳴ってたら、ウンチを隠れてするようになって・・・

愛犬のトイレトレーニングにはコツがあります。 愛犬にあなたの意思が伝わるやり方をしないと、誤解とすれ違いで、問題は改善しないのにストレスばかり増えてしまいます。

トイレトレーニングだけに限らず、愛犬のしつけにはコツがあります。

愛犬の 問題行動や しつけの苦労 も、コツが分かれば 実は簡単なことかも。

自分の手で、愛犬の問題行動が直り、どんどんお利口さんになっていくのは喜びであり、ますます愛犬が可愛くなります。

意外に多くの飼い主さんが、しつけの勘違いにはまって、苦労してます。

中には、しつけは知っているのに、普段気がつかないまま、ついついワガママをききすぎちゃったりして、それが原因で、しつけを台無しにしてる場合もあるようです。 実は、しつけ以外にも注意すべき事があります。

イングリッシュ・セター ついでにトイレ以外もお利口さんに

愛犬のしつけで本当に困っていた飼い主さんたちに、ものすごく喜ばれてる「犬のしつけ法」があります。

プロのドッグトレーナーが、一般の飼い主さんのために明かした「犬のしつけ法」です。 訓練頭数2000頭以上のプロのドッグトレーナーです。

この「犬のしつけ法」は動画(DVD)です。 動画なので分かりやすいのが特徴。 もし、これが文章なら読む気がなくなるほど長い文章になったり、もしくは言葉足らずでピンとこないということも。 さらにいつでも何度でも見られるため、忘れたら何度でもチェックできます。

この「犬のしつけ法」、多くの飼い主さんにすごく喜ばれてます。

犬を初めて飼った人にも分かりやすいと喜ばれてます。

この方法なら、子犬に限らず成犬も大丈夫。 しつけの手応えから、愛犬のしつけや訓練が楽しいと喜ばれてます。

公式サイトをご覧になれば、20代~50代の多くの飼い主さんの悩みと喜びの声を見ることができます。 本気で悩んでいた人たちだから、その体験談を見るだけでも元気がもらえます。



↑ クリック ↑
しつけはトイレだけじゃないです プロのワザに学んですっかりお利口さんに


正しいしつけであなたのイングリッシュ・セターはきっと変わります。 あなたのイングリッシュ・セターは本当はもともと賢いのかも

あなたの意思が正しく伝わってないだけで、愛犬がお利口さんになり損ねてるとしたら、もったいないことですね。

***** ***** *****

犬のフンを踏んで
昔に比べると、街に犬のフンが落ちていることが少なくなったと思います。野良犬もほとんどいなくなったような気がします。そのためか、犬のフンを踏むということもなくなりました。昔は踏んでしまって「しまった」と思う事がときどきあったような気がしますが。世の中変わるものですね。

トイレの大きさ
犬用トイレのサイズは取り換えするペットシーツに準じています。ペットシーツのサイズにはレギュラーサイズとそれより大きいワイドサイズが一般的です。子犬など犬によってはオシッコのはみ出しもありますので、体の大きさに関わらず、大きめのトイレを選ぶほうが無難かもしれません。

犬の寿命
犬の寿命は意外に短いです。ギネスブックに載るような世界レベルでも20年チョット。普通は10~15年。ですので、しつけの事で悩んだり試行錯誤してるのはもったいないです。正しいしつけは意外に簡単に学ぶ事ができます。しつけであなたも愛犬ももっと幸せになれるはずです。

うまくいってたと思ったのに
愛犬のトイレのしつけ、だんだん粗相も減っていき、うまくいってたと思ったのに、順調かと思いきや、逆戻りしてできなくなっちゃった。そんなとき、だんだんうまくいっていただけに余計にショックは大きいですね。愛犬のトイレトレーニングは案外奥が深いかも!?一方で簡単にクリアしちゃう飼い主さんやワンちゃんもいるのですが。

部屋で暮らす犬
室内犬ならなおさらトイレのしつけは重要です。絨毯や布団などに粗相をされたら片付けも大変です。部屋の中のニオイのもとになりかねません。早く決められたところに排泄できるように、しつけたいですね。とはいえ焦りは禁物。慌てて間違ったしつけを続けてもなかなかうまくなれません。しつけの正しいコツを身につけることも大事です。

イングリッシュ・セターの病気とペット保険そして愛犬と健康ライフ。



イングリッシュ・セター(大型犬)はどうでしょうか。イングリッシュ・セターのことを少しまとめてみると、性格的には従順のようです。集合住宅の生活にも適合しやすいかもしれません。留守番は向いてるかも。犬を初めて飼う人にも比較的飼いやすいと思います。

犬の性格は親犬の性格や生後の環境なども影響するので、個体による差がかなり大きいです。ですので、犬種による性格は案外あてにならないことも多いです。 ところで、あなたのイングリッシュ・セターはどうですか?






ペットと犬のお役立ちHP

| Wikiペットのページ(財)日本動物愛護協会(JSPCA)(社)日本愛玩動物協会(社)ジャパンケネルクラブ(JKC)

*小型犬*

*中型犬*

*大型犬*

*その他*

*年配の方にも

| 育児パズル犬のしつけ愛犬トイレトレーニング悩み自動車保険

お問い合わせ

ご意見・ご感想・リンク・お問合せ等はこちらから。 (※スパム対策ですので、お手数ですがメールアドレス内の「_」を「半角@」に変更願います。)

Copyright © 2007 愛犬のトイレの悩みに@評判のしつけ・訓練(トレーニング). All rights reserved