愛犬のトイレトレーニング

あなたの愛犬のトイレトレーニングは最初が肝心です。

「こんなところにウンチしないで!」つい感情的に叱っているうちに、愛犬が隠れてウンチをするようになって・・・という失敗をときどき耳にします。

愛犬のトイレトレーニングにはコツがあります。 愛犬にあなたの意思が伝わるやり方をしないと、誤解とすれ違いで、問題は改善しないのにストレスばかり増えてしまいます。

トイレトレーニングだけに限らず、愛犬のしつけにはコツがあります。 知らなければ、しなくていい苦労やストレスの原因になります。

でもそのコツが分かれば、自分の手で愛犬がお利口さんになっていく嬉しさを、たっぷり楽しむこともできるでしょう。

意外に多くの飼い主さんがしつけについて勘違いにはまっているそうです。 また、正しいしつけは知っていても、普段気がつかないまま「愛犬の主従関係を混乱させる行為」でしつけを台無しにしている場合もあるようです。

トイレ以外もお利口さんに

愛犬のしつけで本当に困っていた飼い主さんたちに、ものすごく喜ばれてる「犬のしつけ法」があります。

それもそのはず。 プロのドッグトレーナーが一般の飼い主さんのために明かした「犬のしつけ法」です。 訓練頭数2000頭以上のプロのドッグトレーナーです。

この「犬のしつけ法」は、動画(DVD)で見る事ができます。 動画だから分かりやすいです。 もし、これが文章なら読む気がなくなるほど長い文章になったり、もしくは言葉足らずでピンとこないということも。 さらにいつでも何度でも見られるため、誤解を見つけたり、忘れた内容を何度でも復習できます。

とにかくこの「犬のしつけ法」のすごいところは、多くの飼い主さんにすごく喜ばれているところ。 犬を初めて飼った人にも分かりやすいと喜ばれてます。

この方法なら、子犬に限らず成犬も大丈夫。 しつけの手応えから、愛犬のしつけや訓練が楽しいと喜ばれてます。

公式サイトをご覧になれば、20代~50代の多くの飼い主さんの悩みと喜びの声を見ることができます。 本気で悩んでいた人たちだから、その体験談を見るだけでも元気がもらえます。



↑ クリック ↑
しつけはトイレだけじゃないです プロのワザですっかりお利口さんに


***** ***** *****

初めての戸惑い
犬を初めて迎える人にとっては、何から何まで初めてで戸惑うことだらけすね。愛犬のしつけで一番最初にあるのが、トイレのしつけでしょう。一緒に生活をする上で、とても重要なしつけの一つです。しつけには知らないと、余計に苦労する重要なコツがあります。まずはそのコツを知る事がとても大事です。

犬の寿命
犬の寿命は意外に短いです。ギネスブックに載るような世界レベルでも20年チョット。普通は10~15年。ですので、しつけの事で悩んだり試行錯誤してるのはもったいないです。正しいしつけは意外に簡単に学ぶ事ができます。しつけであなたも愛犬ももっと幸せになれるはずです。

留守番での粗相
普段はできるトイレも、留守番をさせるととたんに粗相するワンコもいます。トイレの問題と言うより、留守番のしつけでしょうね。正しい方法で、あせらずにしつけすることが大事です。とはいえ、留守番のしつけは難しく感じるかもしれません。こりずにがんばりましょう。

マーキング
犬のオシッコにはマーキングという意味づけもあったりします。縄張りを示したり、自己主張するためのものですね。人間とはちょっと違った特徴ですので注意したいです。生理的なただのおしっこと、マーキングのためのおしっこを見分けることも大事になってくることもあります。

フンの誤解
ワンコの散歩中、片付けられていないフンを見る事があります。そんなフンのソバを通る時に、誰か他の人に見られると、ウチのワンコがしたような誤解を受けるような気がして、できるだけフンには近づかないようにするのでした。片付けない飼い主さんは困ったものです。

犬用のおむつ
犬用のオムツがあります。室内での粗相が直らない場合の応急措置や、よその家に出かけるときにはいいかもしれません。人間でも赤ちゃんはオムツしてますし、同じような感覚かも。でも自宅でオムツを使うのは、面倒ですし、費用もばかにならないので、早くトイレができるようにしつけてあげたいですね。

犬のフンを踏んで
昔に比べると、街に犬のフンが落ちていることが少なくなったと思います。野良犬もほとんどいなくなったような気がします。そのためか、犬のフンを踏むということもなくなりました。昔は踏んでしまって「しまった」と思う事がときどきあったような気がしますが。世の中変わるものですね。

フンと健康
フンは健康管理のバロメーターにもなります。愛犬のフンで何か気になる事があるときは、愛犬の行動や様子などにも注意してみて、異常を感じたらお医者さんに連れて行ったほうが良いかもしれません。それほど注意してなくても、「変だな」というときは、フンを片付けるときにきっと気がつくでしょう。


*小型犬*

*中型犬*

*大型犬*

*その他*

*年配の方にも

| 育児パズル犬のしつけ愛犬トイレトレーニング悩み自動車保険

お問い合わせ

ご意見・ご感想・リンク・お問合せ等はこちらから。 (※スパム対策ですので、お手数ですがメールアドレス内の「_」を「半角@」に変更願います。)

Copyright © 2007 愛犬のトイレの悩みに@評判のしつけ・訓練(トレーニング). All rights reserved