選ぶランドクルーザーの保険

継続が普通だった昔と違い、今は愛車の保険は比べて選ぶのが当たり前。
ネットの普及が保険料比較を簡単にしました。 1万、2万、3万円以上 安い保険料に驚く声も。

規制緩和が格安保険を可能にしたことも大きいです。
あなたのランドクルーザーの保険は、外資の チューリッヒ か? ソニー損保か?それとも三井ダイレクトか? 人気の保険会社を比較するから、安心と節約の両方が期待できます。

「比べたってどこも同じでしょ?」・・それは昔の事。今は違います。

外出不要で気軽に試せる一括見積だから、まずはランドクルーザーの保険料を確かめてから考えることができます。 必要な情報は、保険証券(又は車検証)と免許証があれば十分です。利用も無料で、気軽すぎます。

「プロと相談して考えた保険だから、相談なしに変えるのが不安」、「安い保険は気になるけど、大丈夫?」等、消極的なまま何もしなければ、節約チャンスを見逃します。

試しに保険料と保険内容を比較してみたら、
「今までの保険料は高すぎたんじゃない!?」と驚き悔しがる人も。

別の保険と比べて気づくことも多いです。

「事故時の対応に落ち度はない?」という疑問、「安いから不安」で「高いから安心」とは限りません。今の保険より安くて安心な保険が見つかるかも。

代理店に任せっぱなしだと、代理店が扱える範囲が限界です。ネットで自由に選べる時代だから、本当はもっといい保険はあるのかも。

事故はいつ起こるか分かりません。その保険は365日24時間対応できる?

ダイレクト保険の事故対応も充実しており、代理店の保険に劣るとはいえません。もし不安を感じるなら、利用者の声が参考になります。
近ごろは「よかった話」だけじゃなく、「不満」もそのまま公開されてます。 「事故で困ることは何か?」「不安やストレスをどういうことで感じるか?」など体験者の視点で確認できます。
この利用者の体験を見るだけでも、保険選びの重要な視点を得ることができます。

保険料がいくら安くても、それだけでは選べないことは、本気で検討すると感じます。

人気の保険が選ばれるのは、保険料だけじゃない説得力があります。

とはいうものの、もし今の保険と保険料があまり変わらないのなら、保険を変える気は起きないのかも。まずは愛車のランドクルーザーについて各社の保険料を知ることから。



↑↑ クリック ↑↑
安心はそのまま、数万円を節約! 比較すれば一目瞭然!

節約で快適なランドクルーザー

トヨタのランドクルーザーのカーライフ。 本気で見直すと、意外にもかなり節約できます。

とはいえ、ケチケチする節約では、楽しくないですし、手間がかかりますし、長続きしませんよね。 節約を考えるなら、【効果が高いところを、しっかり押さえる】のがポイント。

その一つが、自動車保険。

テレビCMやラジオでもよく耳にしますので、代理店を通さないダイレクト系の自動車保険が安いことは、もうご存知かもしれませんね。 でも、あなたのランドクルーザーにとってテレビ・ラジオでお馴染みの保険会社が一番安いとは限りません。

大事なことは、愛車のランドクルーザーの利用状況に応じた「保険料」と「保険内容」で、納得の保険会社を選ぶこと。

ネットで気軽に試せる「自動車保険一括見積」が、【無料】で便利です。
利用者もあっという間に200万人を超え、実績もたっぷり。



↑↑ クリック ↑↑
安心はそのまま、数万円を節約! 比較すれば一目瞭然!


カーライフと自動車保険の話題

速度超過の反則金
スピード違反(速度超過)の反則金って、けっこう大きいです。簡単に1万越えも出ます。習ったはずでしたが、初めて捕まったときにはその金額にビックリしました。点数も痛いですが、お金はもっと痛いかも。ちなみに、シートベルトの場合は、1点減点ですが、反則金はないです。

損保ジャパン日本興亜
2014年に損保ジャパンと日本興亜が合併してできました。「ジャパン」と「日本」が重複すると話題になったのでした。個人用の自動車保険は「THEクルマの保険」です。セカンドカーへの割引もあるようです。事故対応やレッカー・けん引などのロードアシスタンスなどもチェックしたいところです。

エース損保
スイス、チューリッヒを拠点に世界に展開する保険会社であるエース・リミテッドの日本法人なんだそうです。規制緩和以降、外資系の保険会社が増えましたが、ここも外資系ですね。事故対応も24時間受付やロードサービスもあるようです。世界的にはかなり大きな会社のようです。

保険の強制と任意
自動車の保険には法的に加入が義務付けられている保険と、個人の判断で加入する保険があります。必ず入らないといけない保険は自賠責です。事故の際の被害者保護の関係からも強制されています。任意保険は自賠責で払いきれない部分の支払いをサポートするための保険です。

保険の等級
任意保険には等級というのがあり、1年間保険を使う事態にならなければ、等級が上がり、その分保険料の割引が大きくなっていきます。逆に保険を使うと等級が下がり、翌年からの割引が小さくなることも。事故を起こしにくい人が安い保険料で済むというのは合理的な話ですね。

ランドクルーザーと自動車買取りの失敗談を参考に.


↑ クリック ↑
比較するから分かる!
安い!

自動車保険体験談
>20代男性<
ラジオやテレビの広告って大げさかなと思ったけど、見積もりを比較してみて驚きました!
最安値と最高値の差が2倍!比較してみないと分からないですね。
>50代男性<
実家に戻ってきた子供も運転するかもしれないため、年齢制限を変えるついでに保険会社ごと見直すことに。
テレビでよく見る外資系の安い保険会社を候補に考えましたが、見積もり比較をしてみると、意外な保険会社が安くて、そこに決めました。

クルマのお役立ちサイト

| JAMAJAFJARTICAFTCトヨタ自動車

トヨタの車

:タイプ:SUV

| 育児パズル犬のしつけ自動車保険車下取り[mobile]| 英語[mobile]|

お問い合わせ

ご感想やお問合せ等はこちらにお願いします。

Copyright © 2007-2016 自動車保険の手軽な節約術※もちろん安心. All rights reserved