日本学術振興会 科学研究費補助金 基盤研究(B)

「元素分析による身元不明遺体の出身地域推定の検討」

 

TOP

身元不明遺体の出身地域の推定とは?

同位体比分析とは?

研究用検体の収集について(お願い)

研究倫理

研究組織

 

 

English

 

 

 

 

Menu

身元不明遺体の出身地域の推定とは?

 

 

 

 

連絡先

染田 英利

防衛医科大学校

 

■ 身元不明遺体の出身地域の推定とは?

  大規模災害や犯罪捜査等において、遺体の身元確認は重要な課題です。一般的に遺体の身元確認は、身体的特徴、DNA 型、歯科所見、指紋等の照合によって行われますが、遺体に推定該当者に繋がる情報がない場合、遺体の出身地域の推定がその探索の端緒となる情報として重要となります。

 

  身元不明遺体の出身地域の推定に関しては、これまで分子生物学的方法を用いた推定法が検討されてはいるものの、腐敗等により変性の進んだ遺体には適応できないなど問題を残しています。

  本研究の目的は、分子生物学的方法に比して死後の遺体変性の影響を受けにくいとされる人体硬組織中の安定同位体比分析を用いた方法を確立し、遺体の身元判明率の向上を図ることです。

 

  この安定同位体比分析によって、直接個人識別(身元確認)が可能となるわけではありませんが、科学的に遺体の出身地域を推定し分別できることは、前述の如く個人識別の初期アプローチとして重要な意味をもちます。

 

first_screening2.png

 

 本研究の成果は、大規模災害や犯罪捜査等における身元不明遺体の推定該当者の探索の効率化が出来ることのみならず、戦没者遺骨収集事業で大きな社会問題となっている日本人戦没者遺骨と地元住民遺骨との混同問題に対して解決策を提示出来ることなど、その社会的意義は大きいといえます。

       このページの先頭へ

 

d_1.png

d_2.png

d_5.png

d_3.png

 

 

連絡先

染田 英利

防衛医科大学校

 e-mail: hsomeda@ndmc.ac.jp

使用する際は"@"を半角”@”に換えてご使用下さい。