西大平陣屋

所在地 愛知県岡崎市大平町
旧国郡 三河国額田郡 最終石高 1万石
最終藩主 大岡氏 爵位 子爵
見どころ 復興門、説明板

藩・陣屋の歴史
 西大平陣屋は寛延元年(1748年)、名奉行として知られる旗本・大岡忠相が加増によって諸侯となり、東海道の北方に築いたものである。定府大名で、藩主は陣屋に在住しなかった。
藩・陣屋の歴史
 大岡氏は長く旗本として徳川家に仕えていたが、吉宗の時代の忠相が江戸町奉行・寺社奉行として活躍し大名となった。大岡氏では他に岩槻藩があった。
藩・陣屋の歴史
 陣屋跡には門構えが復興されているほか、説明板が設置されている。残りの部分は、稲荷神社や住宅地となっている。