芦野陣屋<交代寄合陣屋>

所在地 栃木県那須郡那須町芦野
旧国郡 下野国那須郡 最終石高 3000石
最終領主 芦野氏 爵位 なし
見どころ 土塁

藩・陣屋の歴史
 芦野陣屋は江戸初期、旗本・芦野氏によって、それまでの居城であった芦野城の一角に築かれた。
藩・陣屋の歴史
 芦野氏は那須氏の一族で、那須資忠の四男・芦野資方を祖とし、那須家の重臣として仕えた。那須氏の改易後、芦野政泰は慶長5年(1600年)に召し出されて居城のあった芦野に領地を得て、子の資泰の時に交代寄合に列した。
藩・陣屋の歴史
 陣屋の置かれた芦野城跡は御殿山と呼ばれ、土塁、堀切などが現存。陣屋裏門が近くの民家に移築されている。