小松陣屋

所在地 愛媛県西条市小松町新屋敷
旧国郡 伊予国周布郡 最終石高 1万石
最終藩主 一柳氏 爵位 子爵
見どころ 石垣

藩・陣屋の歴史
 小松陣屋は寛永15年(1638年)、一柳直盛の三男・直頼によって築かれ、以来一柳氏代々の居所となった。
藩・陣屋の歴史
 一柳氏は伊予河野氏の一族で、秀吉に仕えた一柳直末の弟・直盛が大名となり加増を重ねた。宗家の西条藩はのちに除封されるが、直盛の次男の系統が小野藩、三男の系統が小松藩として残った。
藩・陣屋の歴史
 陣屋跡は住宅地などとなり、石垣と土壇の一部が残り碑が立てられている。また、屋敷門と桜門が仏心寺に、太鼓櫓が明勝寺にそれぞれ移築されている。