−子供たちの未来のために−

ECO EARTH HOKKAIDO

株式会社エコアース北海道

070-0081北海道旭川市亀吉12丁目3-10

Tel / Fax:0166-25-7774

 

→会社概要

→お問合わせ

img8.gifimg21.gifimg10.gifimg22.gifimg12.gifimg20.gif

 

BDF

■バイオディーゼルを使用したい方

 

 

  

GLYCERINE STOVE

■グリセリンのリサイクルは

 

 

 

 

 

 

 

 

地球温暖化防止・CO2削減・子供たちの未来のために

 

グリセリンが燃料に変わる!

 

・・・・・グリセリンの活用 グリセリン・ストーブ「Gストーブ」・・・・・

 

廃グリセリンが出来るまで

・BDF(バイオディーゼル)は、いままでの軽油より安価な代替燃料としての利用だけではなく、温暖化防止対策の為の環境配慮型燃料として認知されるようになりました。そのため、BDFの製造業者も増えてきています。

・BDFを製造する際に、廃食油100Lに対し約20Lの廃グリセリンができます。

 

産業廃棄物グリセリンの処理・・・

・廃グリセリンは、洗剤化する、たい肥に混ぜる等で処理をする業者もいますが、ほとんどの会社が処理に困っていました。

 

グリセリンが燃料になる!

・そこで開発されたのが、廃グリセリンを燃料とする「Gストーブ」です。

「Gストーブ」は、固形のグリセリンのままの状態から着火、燃焼となります。

 

着火手順は・・・

 1)Gストーブに固形グリセリン(約1kg着火剤(約200ml)を入れる

 ※着火剤はBDFを元に簡単に自社で作れます。

           ↓

 2)ガストーチ等で着火(23分の加熱)

 ※ガストーチは、ホームセンターで3,000円位で購入可能

           ↓

 3)Gストーブ内の温度が上がるまでの間、約30分はそのまま放置。

           ↓

 4)Gストーブ内が温度が上がると「炎の音が変わります」

           ↓

 5)その後、備えつけのグリセリンタンクの中のグリセリンが液状になり、

  自動給油になるまでは、固形グリセリンをGストーブに直接投入

 ※約30分〜1時間で自動燃焼が可能です。

 

≪参考までに≫

 BDFを製造する際にグリセリンを一斗缶に溜めておくと便利です。

 一斗缶分のグリセリン量で約35時間の燃焼が可能。

 ▲ PAGE TOP

気になるGストーブ販売価格は?

・ 受注生産のため、大きさなどの仕様により異なりますが、

 約25m2工場用の場合で、21万円(税込み)

※グリセリンタンクは別売り(一斗缶1.5缶分の容量タンクで2万円)

 

燃 焼 方 法

  小型ファン型燃焼式

使 用 燃 料

  廃グリセリン、 廃油etc

燃焼消費量

  廃グリセリン1缶/3〜5h

暖 房 面 積

  25m2工場

点 火 方 法

  手動

サイズ・重量

  900×500×1200・約70kg

発 熱 量

  5,000〜7,000kacl/h

希望小売価格

  本体 :210,000円

  タンク: 21,000円

※Gストーブは全て受注生産のため、形状、仕様は全て変わります。

※エンジンオイル等の廃油でも燃焼は可能ですが、交互に燃焼させる場合には、 

 別途廃油タンクが必要になります。

※送料は別途実費をご負担頂きます。(北海道旭川市からの発送)

 

お問合せはココ

▲ PAGE TOP

 

HOME 会社概要バイオディーゼル(BDF)廃食油回収バイオマス燃料OIL LAMP Name Card 提携企業お問合せ

Copright (C) 2008.  ECO EARTH HOKKAIDO Co., Ltd.  All Rights Reserved.