−子供たちの未来のために−

ECO EARTH HOKKAIDO

株式会社エコアース北海道

070-0081北海道旭川市亀吉12丁目3-10

Tel / Fax:0166-25-7774

 

→会社概要

→お問合わせ

img8.gifimg21.gifimg10.gifimg22.gifimg12.gifimg20.gif

 

 BDFに対するQ&A

 

 

Q1. BDFと軽油との燃費に違いはあるの? >>>>>>>> まったく同じではありません。
A1. 数値的には軽油(10,960Kcal/kg)に対してBDF(9,556kcal/kg)と劣る数値になりますが、

  車種により燃費が良くなったという声もありますし、燃費が悪くなったという話も聞きます。


  比較的にトヨタ系の車は燃費が良くなったという話しを聞きますが、実際に使用して頂くしか

  結果は分かりません。

  あくまでもBDFを使用する本当の目的は、環境保護であることをご理解ください。

   ▲ PAGE TOP


Q2. BDFの価格はどれくらい? >>>>>>>> まずはご相談ください。
A2. 価格は毎月変動しますが、目安としてセルフのGSと比べると15〜20円程、

  フルサービスのGSと比べると20〜25円程安い価格となります。
  但し、弊社のBDF価格はご使用頂く会社(個人)までの【配達料込み】の価格となっております。

   ▲ PAGE TOP


Q3. BDFを使うことで何かメリットはあるの? >>>>>>>> 社会貢献+経費削になります。
A3. メリット1 

  もちろん環境問題に対してCO2の削減という、社会貢献になります!


  実際には、どれくらい削減になるかというと、軽油を使うと1L当り2.64kgのCO2が排出されるので、

  軽油からBDFに換える事で1L当り2.64kgのCO2が削減できることになります。

 

  そのため、ひと月に1,000Lの軽油を使っていた会社がBDFに切替えるだけで、

  1,000L×2.64kg=2,640kg(2.6トン)のCO2削減となります。

 

  年間に換算すると、約31トンのCO2削減となり、これは約2,000本分の森林のCO2吸収量に相当します。


  メリット2

  あとは、経費削減はもちろんのこと、実は利益拡大にも繋がります!
  弊社のお客様で、入札の時、見積り提示価格では他社より高かくて負けていましたが、
  BDFを使用しているという実績を見ていただけ、入札を取れたという実績が数社もあります。

 

          軽油とBDFのコスト比較

 軽油使用の場合(年間コスト試算)

(例)軽油単価123円/L  月間1,000L使用

 

   軽油単価123円/L×月間1,000L  月間の燃料代 123,000


   月間の燃料代 123,000円×8ヶ月

    /

    軽油使用の場合(年間コスト試算)・・・984,000

 

 バイオディーゼル使用の場合(年間コスト試算)

(例)BDF単価100円/L  月間1,000L使用

 

   BDF単価100円/L×月間1,000L  月間の燃料代 100,000


   月間の燃料代 100,000円×8ヶ月

    /

    BDF使用の場合(年間コスト試算)・・・800,000

 

 軽油をバイオディーゼルに変更した場合(年間コスト試算)

   軽油使用の場合(年間コスト試算)・・・984,000

  BDF使用の場合(年間コスト試算)・・・800,000

  /

  年間コスト差額            ・・・・184,000

 

 ※仮に年に一回、燃料フィルター交換に15,000円掛かった場合でも、

  169,000円の経費削減の試算となります。

  ▲ PAGE TOP


Q4. BDFを使うことでトラブルはあるの? >>>>>>>> 正直、ゼロではありません。
A4. 冬場に使用する場合は、BDF(添加剤使用時)が−15度で固まってしますので、

  エンジンのかかりが悪かったり、燃料フィルターが詰まり噴けなくなったりします。

  その為、弊社ではが、春から秋の間での使用をお勧めしております。

  但し、BDFの性質をよくご理解頂いた上で、ご使用して頂いている企業も数社御座います。

  その為、冬季間にBDFをご使用頂ける先には、燃料フィルター交換費用を考えて、通常より安くBDFを提供

  させて頂いております。(毎年変わりますが昨年は80〜90円/L)

 

  冬季間のバイオディーゼル使用について

  ・弊社で製造しているバイオディーゼルは、10月〜4月までは添加剤を入れ、

  計算上は、-15度まで対応が可能です。

  そのため、弊社の工場がある旭川は、-20度を超えるので使用ができないと感じますが、

  弊社での冬季間の走行実験では夏と同様の走行を行っております。

 ※注意

  走行実験の結果、2シーズンに一度(走行距離によって変わる)は、

  噴けない症状が出るため、燃料フィルターの交換は必要になります。

  但し、燃料フィルター交換費用は、8,000円〜10,000円程度でできるため、

  交換費用を含めてもトータルコストは低くなるので冬季間もご理解の上、

  使用される企業が多くなっております。

  ▲ PAGE TOP

 

 ■バイオディーゼルを使用したい方  廃食油をリサイクルしたい方

 

HOME 会社概要バイオディーゼル(BDF)廃食油回収バイオマス燃料OIL LAMP Name Card 提携企業お問合せ

Copright (C) 2008.  ECO EARTH HOKKAIDO Co., Ltd.  All Rights Reserved.\