オーヤマは常に存在価値のある企業をめざし、住生活の新しい改善計画を通じ地域社会へ貢献します。
営  業  品  目











省エネ節電関連
空調負荷軽減で年間の電気代が15%ダウン

特殊顔料が太陽光を反射し、屋根表面温度を約15〜20℃(最大
30℃)低減※2。建物内の温度上昇を抑制し、空調負荷を軽減しま
す。また、空調にかかる電気代の低減により、 施工費用の回収が見
込めます。

※1 建物の構造や年次の気象条件、空調機器への負荷特性の諸
条件により異なります。                         
※2 一般塗料との比較。

世界初4フッ化型フッ素を常温で塗装可能

常温で施工できる4フッ化型フッ素塗料を開発し、 現場塗装を可能
にしました。4フッ化型フッ素塗料は紫外線・汚れ・錆に強く遮熱効果
は15〜20年持続。長期に渡って美しい外観を保ちます。

白顔料の酸化劣化に強い4フッ化型フッ素を採用

高い遮熱効果を発揮するためには、優れた反射率を持つ白顔料が
不可欠。しかし、白顔料は酸化作用が強く塗膜劣化を早めるので、
耐侯性の高いフッ素樹脂が最適です。

ゼッフル遮熱塗料は、2009年6月環境省の環境技術実証事業で、
ヒートアイランド対策分野における高反射率塗料の実証済技術となり
ました。




.







2009年6月、環境省より、ヒートアイランド対策技術分野(建築物外皮による空調負荷低減等技術)における実証済技術が公表されました。ゼッフル遮熱塗料は、高反射率塗料(建物の屋根に日射反射率の高い塗料を塗布する技術)の実証済技術となりました。