医問研ニュースのバックナンバー抜粋


2003.4号

6月15日のアフガニスタン国際戦犯民衆法廷「広島公聴会」に向けて,劣化ウラン弾の害を明らかにした医学的報告作成が求められています.

臨床懇話会3月例会報告

EBM/N教育について

CASPワークショップ報告

臨床薬理研究会報告

劣化ウラン弾について

いちどくをこの本: 「EBMの道具箱」

くすりのコラムNo.132: ベネット錠の副作用について


2003.3号

Don't Attack Iraqの声高まる: 全世界・日本に広がるイラク戦争反対の集会・デモに参加しよう!

MMR裁判一審勝利判決: MMR(新3種混合ワクチン)接種による障害はメーカーと国の責任

臨床薬理研究会報告: CASPワークショップ形式の勉強会を開催

虫垂炎診断のエビデンス: 臨床懇話会2月例会報告

劣化ウラン弾について

T復興住宅訪問

私と患者さん

いちどくをこの本: 「まちがいだらけの予防接種」

くすりのコラムNo.131: 大腿骨頸部骨折予防は,骨粗鬆症治療薬「ベネット」よりも,腰の外側にあてるクッション「Hip Protector」の方がはるかに安価で,効果的


2003.2号

2/20(木)CASP形式の勉強会に参加しよう!

2003年2月臨床懇話会のご案内

看護職の卒後院内2年目研修に,EBM/N研修を取り入れて

臨床薬理研究会1月例会報告

劣化ウラン弾による被害にもっと医学の光を!!

わたしと患者さん

いちどくをこの本: 今回は劣化ウラン関連の2つのパンフレットを紹介します.

くすりのコラムNo.131: インフルエンザ治療薬の過剰宣伝−注目すべき高頻度の副作用


2003.1号

日本人の健康問題と共に,イラク戦争の影響も考えよう!

臨床懇話会のご案内

批判的論文の読み方ワークショップ (CASP) に参加して

劣化ウラン弾による被害にもっと医学の光を!!

わたしと患者さん: 糖尿病と向かい合い生活上の問題点が分かり,それに対処できることをめざして

いちどくをこの本: 「ゲーム脳の恐怖」

くすりのコラムNo.130: インフルエンザワクチンの効果−効かないことのだめを押した厚生科学研究


2002.12号

薬の認可から副作用の監視までが,製薬企業の手の内になる!!

臨床懇話会11月例会報告

EBM/Nワークショップの報告

高橋先生を囲む会報告

第4回診療所と患者さんをむすぶつどいを開催

いちどくをこの本: 「日本人の知らない地球環境汚染」

くすりのコラムNo.129: 薬害根絶フォ−ラムに参加して


2002.11号

根拠に基づいた医療EBMの日本の草分け,高橋晄正先生を囲む会へ参加を!

臨床懇話会10月例会報告

−研究会のご案内− はりきって開催中,のぶのぶEBM

高橋先生を囲む会 実行委員会報告

第3回医薬ビジランスセミナー「これが日本の必須薬!あなたの薬 本当に必要?」参加報告

ワクチント−クin川越に参加して

これでワクチンの問題はスッキリ!: 「これでもしますか? こんなワクチン 日本脳炎 ポリオ インフルエンザ」

いちどくをこの本:「ひとりひとりの子ども」

くすりのコラムNo.128: インフルエンザワクチンによるギランバレ−症候群


2002.10号

薬の問題,食品の問題を科学的に考える方法を学ぼう.

臨床薬理研究会報告に代えて:高橋先生と注射による筋短縮症

臨床懇話会報告

第3回医薬ビジランスセミナーに向けての準備状況

高橋晄正先生を囲む会の準備着々と

英国紀行

いちどくをこの本: 寺島萬里子写真集「病癒えても  ハンセン病−強制隔離90年から人権回復へ」

日本靴医学会参加報告


2002.9号

薬の安全,食の安全を総合的に捉え直し,各々の生活の場から安全性の確保を訴えて行こう.

高橋晄正先生の講演会決定

臨床薬理研究会の例会の紹介

記事紹介

第115回Child Abuse 研究会報告

わたしと患者さん  難民に対する人権を擁護しよう!

いちどくをこの本  「精神科医を精神分析する」

くすりのコラムNo.127  骨粗鬆症の薬は骨折を予防するの?−「ベネット錠」の場合


2002.8号

国民皆保険制度の空洞化に道を開く健保改悪法案国会通過を糾弾しよう!

6月9日EBM/N発表会より  光線療法と母乳育児のEBM

第3回医薬ビジランスセミナーに積極的に参加,協力を

臨床懇話会 7月例会報告

臨床薬理研究会報告

フィリピン健診報告

いちどくをこの本  「こどもの医療が危ない」

くすりのコラムNo.126  ジェネリック医薬品使用の実際について


2002.7号

健保「改正」案を廃案にするため,この一ヶ月宣伝を強めよう!

臨床懇話会6月例会報告

第7回EBM/N研究会 発表会報告

第7回EBM/N研究会 発表会参加者の感想

フィリピン医療訪問  AKAYデイケアセンターの検診に参加して

研修医の独り言A −「医者とは?」−

いちどくをこの本  「少年犯罪と向きあう」

くすりのコラムNo.125  子どもの感染性胃腸炎に伴う嘔吐に制吐剤は必要か?


2002.6号

橋本氏の論文が世界的教科書Evidence-based Dementia Practiceに掲載される

何でも話せる臨床懇話会

6月9日の第7回 EBM/N研究発表会 スケジュール案

臨床薬理研究会報告

トピックス  診療報酬切り下げ,健康保険改悪の裏で,製薬大手企業が利益増大

わたしと患者さん

いちどくをこの本  「研修医はなぜ死んだ?」

くすりのコラムNo.124  日本の慢性心不全に対する強心剤の使い方は,国際常識から外れている


2002.5号

医療費削減と,健康版国民総背番号制をねらう「健康増進法」案に反対していこう!

臨床懇話会 4月例会の報告

EBM/N研究会発表会のお知らせ

パンフレット紹介  「これでもしますか?こんなワクチン.日本脳炎・ポリオ・インフルエンザワクチン」

読者の声  学生とのEBM勉強会

6月23日にフィリピン新入園児健診予定−総勢5名の健診団を派遣

研修医の独り言  「点滴」

いちどくをこの本  「医者が薬を疑うとき」

くすりのコラムNo.123  非定型抗精神病剤オランザピン(ジプレキサ)による糖尿病性ケトアシドーシスおよび糖尿病性昏睡


2002.4号

医療従事者に業務命令,拒否に罰則  人殺しの手助けを強要する有事法制許すな!

何でも話せる臨床懇話会 2月例会報告と今後の予定

6月9日(日)EBM/N研究会発表会

臨床薬理研究会報告

大阪小児科学会案内

高橋晄正先生を囲む集いに参加して.

いちどくをこの本  「向精神薬治療ガイドライン」

くすりのコラムNo.122  胃薬でパーキンソン病になった! スルピリド(商品名;ドグマチール・アビリット・ベタマック・ミラドール)の副作用.


2002.3号

6月9日,EBM/N(エビデンスに基づく医療・看護)研究会の発表会が開催されます.多くの発表をしてゆきましょう.

臨床薬理研究会報告

臨床試験に基づく血圧測定法の重要性−適切な測定法についての再考

いちどくをこの本 「うってはいけない インフルエンザ予防接種」

くすりのコラムNo.121  「新しい」鎮痛剤メロキシカム(COX-2阻害薬,モービック)は安全か?


2002.2号

保安処分新設を視野に入れた法改正に断固反対しよう!

医問研新年会報告

EBM/N研・阪南の報告

臨床薬理研究会報告

第5回 札幌EBMセミナーに参加して

震災被災者訪問活動

高齢者にインフルエンザワクチンを推奨する根拠となった「厚生科学研究」(主任研究者;神谷齊)のごまかし

薬のコラムNo.120  活性型ビタミンD,アルファカルシドールは骨折の予防に役立つか?


2002.1号

2002年も医療内容の検討と自衛隊参戦阻止の取り組みで,よりよい医療をめざそう!

医問研ニュースの感想

EBM/N研究会 「生食ロックは24時間に一度のフラッシュでも有効」

医療トピックス インフルエンザワクチンについて

臨床薬理研究会報告

狂牛病学習会報告

神戸被災者訪問活動

ふれあい教室の試み

「ふしぎの国の医療」

くすりのコラムNo.119 効かない薬,脳循環代謝改善剤の現状


2001.11号

狂牛病に対する科学的対応と有効な補償が求められている

何でも話せる臨床懇談会

大阪市のEBM/N研究会報告

臨床薬理研究会報告

 タイで活躍しているY看護婦から近況報告が入りました.

「狂牛病 イギリスにおける歴史」

くすりのコラムNo.118 ポリオに対する国立感染症研究所の,批判すべき見解


2001.10号

小泉内閣の報復戦争参戦に反対しよう!インフルエンザ予防接種公費負担導入に反対しよう!

院内研究発表会でEBNを紹介

臨床懇話会 報告

臨床薬理研究会

10月14日神戸震災復興住宅健康相談の報告

報復戦争と自衛隊参戦に反対を!

原子力神話からの解放

日本脳炎ワクチンの有効性への疑問


2001.9号

大幅な負担増・公的医療解体・医療への資本参入を目論む小泉医療「改革」に反対しよう!

9月9日神戸被災者訪問

大腸菌O157感染症と治療−抗生物質使用を中心に

9月北大阪例会報告

臨床薬理研究会


2001.8号

脳循環代謝改善剤の代表的薬物「カラン」もついに「効果なし」で販売中止!

北大阪例会報告

第2回ポッポまつり開催される

臨床薬理研究会報告

デイケアセンターを訪問して

何でも話せる臨床懇話会7月例会報告と案内

パンフレット「介護保険と障害者」


2001.7号

保安処分反対の声を大きくし,政府・与党内の意見分岐を拡大し,導入を頓挫させよう.

臨床懇話会の報告

臨床薬理研究会報告

EBNM/N研究会報告

「子どものトラウマ」


2001.6号

ワクチントークイン大阪・介護保険と障害者の集会が大成功!

臨床薬理研究会報告

「おかしいぞ介護保険!公的介護保障をめざすつどい」報告

ワクチント−ク報告

年々増えるデイケアーセンターの健診人数

神戸震災被災者の訪問活動

「こころ」はどこで壊れるか

医薬非分業の無床診療所における患者と薬の関わりについて


2001.5号

何でも話せる臨床懇話会の報告とお知らせ

臨床薬理研究会報告

第6回EBM/N研究発表会報告

第6回EBM/N研究発表会参加者の感想

復興住宅健康相談に参加して

現場検証 アトピー・シックハウス列島の謎

うつ病治療における抗うつ薬とベンゾジアゼピンの併用の意義


2001.4号

医問研臨床薬理研究会報告

人は誰でも間違える−より安全な医療システムを目指して

経皮ニトログリセリンの貼付時間に関する根拠文献調査で意外な結果が


2001.3号

臨床懇話会報告

フィリピンAKAYラーニングセンター新入生健診

3月11日神戸大震災被災地訪問の報告

バイアグラなどの「PDE阻害剤」は喘息に効くか?


緑内障(開放隅角緑内障)の第一選択薬,ベータ遮断点眼薬の副作用

遺伝子を操作する−バラ色の約束が悪夢に変わるとき−


2000.12号

何でも話せる臨床懇談会のお知らせ

EBM/N研究会報告

臨床薬理研究会

第3回「おかしいぞ介護保険!公的介護保障をめざすつどい報告

生活習慣病を防ぐ−健康寿命をめざして−

日本で野放しのテオフィン製剤に警鐘−インフルエンザ脳症に関連か?死亡率の高いけいれんの副作用に注意を!


いちどくを この本「医療事故 −なぜ起こるのか,どうすれば防げるのか」(No.304)

いちどくを この本「ちいさいおおきいつよい・よわい」(No.303)

くすりのコラム「非定型抗精神病薬リスペリドン」(No.302)

いちどくを この本「恐怖の臨界事故」(No.301)

HTLV‐1キャリア母の授乳方法(人工乳,短期直接授乳,冷凍母乳)による母子感染率はどのように違うのか(No.300)

くすりのコラム「喘息に経口抗アレルギー剤は,おかしい!」(No.298)

いちどくを この本「封印された叫び−心的外傷と記憶」(No.298)

ビタミンCの摂取は風邪の予防・治療に有効か?(No.296)

現場から  介護保険の実態 (No.296)

いちどくを この本 「大疑問!!インフルエンザ予防接種」(No.295)

・漢方薬の小柴胡湯に安全性情報!
・インフルエンザ脳炎・脳症の発症とジクロフェナクナトリウム(ボルタレンなど)及びメフェナム酸(ポンタールなど)の関連性を厚生省が発表(No.295)

精神障害者にとって介護保険は絵に描いた餅か?(No.295)

アルコール離脱症候群の薬理学的治療について(No.293)

いちどくを この本 「出直せ!介護保険」(No.293)

川崎病とガンマグロブリン療法 (No.292)

開発途上国におけるビタミンA補充療法の適否は?(No.289)

インフルエンザワクチンと免疫(No.289)

フィリピン訪問活動(No.289)

子宮頚管熟化の第一選択薬は?(No.288)


このページに関するお問い合わせは,
evidence@geocities.co.jp

ホームページに戻る