古式 ぶり縄 木登り法

 ぶり縄とは

 

 日本古来から、枝打ち職人に伝わる木登り方法(たぶん)。スギやヒノキの下枝を剪定するための日本の伝統的な木登り手法として、中部地方では伝統的な手法として受け継がれている。二本の丸棒と十数mのシュロ縄だけで、足場を作って登っていくぶり縄。単純だから難しい。単純だから奥が深い。

※なんでも自己責任って書かなきゃいけないのは嫌だけど、このサイトみて木に登って怪我しても自分で治してね。  

ぶり縄の基本道具

 

 直径24mm〜30mm程度、長さ45〜60cmの丸棒(樹種はヒノキ、サクラ、タモ等)2本にと十数mのシュロ縄もしくは10mm程度の細引きを用いる。棒の長さと縄の長さは登る木の太さによって異なる。

 丸棒には「巻き結び」で結びつける。棒の片側のみに結ぶので、要は長いヌンチャクを作るようなもの。

             

登ってる様子

結び方

 の壱 X型:最初に習ったぶり縄の結び方。縄のかけやすさは良いが、棒の両端に乗ってはいけない。

 その弐 O型:X型と縄の長さは同じ程度。棒の両端に乗ってもさほど崩れない。

 その参 W型:O型よりも縄を長く使うが、棒の両端に乗っても安定している。

 その四 W型改:W型よりも短い縄で可能。たぶん、これが最終形。棒の両端に乗っても安定している。

登り方

 大切なのは、バランスと幹からの体の浮かし方。

Link

  ☆出来杉計画

 奈良の吉野で山仕事を本業とする「山いき」のHP。

 「杉のために出来ることスギスギ(次々)やっていく」がモットウ。実は隠れた木登りチャンピオンでもある。江別支部にしては珍しい相互リンク。

 

  ☆巴式降下方法

降下方法はこちらのサイトから学んだ。手順は見てのとおり。ビデオでは足場を開放せずに降下しているが、実際は足場に組んであるぶり縄を開放してから降下することになる。このため、8環を用いた途中固定※を憶える必要がある。

  ※途中固定は、降下の際にアクシデントが生じた場合も必要な技術である。

 

 Web Spur Tree Climbing

 米国?の林業家御用達サイト。林業向けの道具が多いが、Bigshotやハーネス等、使えそうな物が多数。



HOME