トップページに戻る:宍粟市歴史資料館 家原(えばら)遺跡公園

 古代の村へ     各施設へ

歴史資料館へ

家原遺跡公園

体験工房へ

募集へ

レーザー加工へ

利用のご案内へ


ホームへ


















































































































































▲ページTOPへ


  画像:春の風景(さくら)  画像:夏の風景(クワガタ)

   画像:秋の風景(もみじ))  画像:冬の景色(雪)

↑画像クリックで過去(平成26年度以前)の遺跡公園を映したフォトギャラリーに移ります。


    
    




  
 古代の村


    
 縄文時代のすまい
  
 画像:縄文竪穴式住居
家原遺跡・福野遺跡・森添遺跡で
見つかった竪穴式住居は、
2本の柱を支えとして建てられ、
中央には石囲いの炉があります。
平成26年7月、あらたに
改築・移築されました。





    弥生時代のすまい

  
弥生時代の竪穴式住居は、
縄文時代のものより柱の数が増え

6本の柱で住居を支えています。

平成26年7月、あらたに
改築・移築されました。
画像:弥生竪穴式住居




     古墳時代のすまい

  
画像:古墳の村の竪穴式住居 古墳時代の竪穴式住居は、床を固く
たたきしめたあとが見られ、建物の内部
にはカマドも作られていました。
平成26年7月、あらたに
改築・移築されました。




    中世のすまい

  
    鎌倉時代の豪族屋敷や農家などを
   復元した建物で、これは貴族の寝殿
   造を手本にして建てられたものと言わ
   れています。
画像:中世の村の建物






   各施設



   歴史資料館(外観)


画像:歴史資料館外装     歴史資料館の概観は、明治時代に
   建築された旧三方村役場の庁舎を模
   したものになっており、白塗の板壁に
   屋根は瓦葺き、2階の正面にはバルコ
   ニーを備えた洋館風の外観になって
   います。




   竹わら工房

  
    宍粟市一宮町内の古い農家を移築
   したもので、江戸時代の後期文政年
   間(1818年~1829年)にはすでに建
   てられていたと推定されます。 
画像:竹わら工房建物





    木の工房

画像:木の工房建物     宍粟市一宮町の須行名公民館を
   移築・復元したもので、以前は伊和
   神社の舞台として使用されていたこ
   ともありました。その名残が、鴨居の
   装飾からうかがえます。




    土の工房

    宍粟市一宮町千町にあった繁盛
   小学校千町分校をモデルにして建て
   られています。
    陶芸用の工房として、ろくろ・焼窯
   を設置しています。
画像:土の工房建物




前へ〈歴史講座〉    次へ〈体験工房〉


             宍粟市歴史資料館
              〒671-4113 宍粟市一宮町三方町633番地 Tel 0790-74-8855 Fax0790-74-8080