狂言の歴史   

能と狂言

どちらも詳しい起源年は不明ですが、室町時代に大変隆盛し、現代まで伝わっています。 京の都を中心として、将軍や諸国大名らが舞台を作り、能、狂言師たちを抱え、能会を開いて楽しみました。

能は、シテ役と呼ばれる主役やワキ役たちが謡い、それに「地謡い」と呼ばれる 合唱グループ、笛・鼓・太鼓の囃子グループにより構成されている、和製ミュージカル(歌舞劇)です。
主に悲劇を題材にしたものが多く、もの悲しく幽玄の世界を作りあげています。 能の会は、一曲1時間ほどの能を3〜4曲演じる事が多く、その能と能の間に狂言を演じました。これが能狂言です。

能狂言は、能とは対照的に、囃子や謡いを使用することが少ない対話劇です。内容も喜劇である事が多く、 演目は落語などと同様に、喜劇の原点ともいえる内容が大半です。
能と同様、プロとしての家系が多く、野村家、茂山家、和泉家、大蔵家などが有名で、マスコミなどでも活躍されています。  
 

能狂言と念仏狂言

当時、大名達と変わらない力を持っていた寺社は、布教活動のために、 念仏法会を開き、その中の余興として、念仏踊りや寸劇などを公開していました。
それが、少しずつ宗教色が薄れ、演劇色が強くなったのが念仏狂言です。
能狂言は全国各地の能舞台で演じられる事が多いですが、念仏狂言は、京都市内の特定寺院内の狂言堂と呼ばれる舞台で演じられます。

演目の内容は、相互に影響を与え合ってきた関係で、類似したものも多いですが、それぞれの特徴を生かした、固有演目も多くあります。
衣装については、能狂言は大名からの影響か、長袴、裃姿がよく登場し、念仏狂言は白衣の僧や、町衆姿での登場が一般的です。
能狂言の出演者は、首から上は普段のまま、何も着けない場合が多く、演目と不相応な髪型の場合も希にあります。
対して、念仏狂言は演者全員が着面で、頭も頭巾などを被っています。
能狂言はあくまで能に準じている為、演技、進行様式とも能と同じものが多く、囃子も能の囃子方が担当する場合が一般的です。
念仏狂言の囃子は、わに口と呼ばれる鉦と、しめ太鼓、篠笛により行われ、素朴なメロディー、リズムが特徴です。
演技は直立不動でセリフを発する洗練されたイメージの能狂言に対し、念仏狂言では、表情など感情表現が分かり難い関係で、 指差しなど、オーバーアクションで演じます。

京都の念仏狂言

念仏狂言は京都市上京区の千本閻魔堂引接寺(いんじょうじ)、中京区の壬生寺、神泉苑、右京区の嵯峨清涼寺に伝わり、それぞれ登録無形民俗文化財や無形重要文化財に指定されています。
この、ゑんま堂狂言・壬生狂言・神泉苑狂言・嵯峨狂言、四つの狂言の総称が「念仏狂言」です。
どの狂言も保存会(講)の保存会員(講中)により公演活動を行っています。
保存会員は本業の傍ら狂言を演じていますので、京都市・府からの補助や寄付などにより運営を続けています。
行事の伝統を守り、ゑんま堂狂言ほか大半の念仏狂言の本公演は、現在も観覧は無料となっています。

念仏狂言のほとんどは無言劇で、囃子に合わせて演じられます。
しかし、その中で「ゑんま堂」だけがほとんどの演目にセリフがあり、 念仏狂言の中でも能狂言と一番影響を与え合った関係にあるのではないかと言われています。
毎年、4月の中旬から5月上旬にかけ、前後して4箇所のお寺で「カン デンデン」 の囃子が響き、狂言見物に多くの参詣人や観光客、地域の人達が集まります。
 
 
ゑんま堂狂言の沿革

ゑんま堂狂言が伝わる千本ゑんま堂 引接寺は、京都市上京区千本通りに面した西側にあります。
平安時代初期に百人一首の一歌人「小野 篁(おののたかむら)=参議 篁」が閻魔像を刻み、この地にお祀りしたのが始まりと伝えられ、平安時代中期 寛仁元年(1017)に比叡山の高僧「恵心僧都 源信」の門下、定覚上人(じょうかくしょうにん)が、創建・開山された、高野山真言宗の古刹寺院です。

ゑんま堂狂言は、定覚上人が布教のため、大念仏法会を始めた事が起こりと伝えられ、「ゑんまんどうの 狂言は だーれが先 はーじめた、 でっかい坊主が はーじめた。」とわらべ唄の中にも紹介され、今日まで唄い継がれています。
 その後一時中断しましたが、鎌倉時代の文永(1264〜1275)年間に如輪上人(にょりんしょにん)により再興し、室町時代には隆盛を極めました。
その後も数々の変革を経て、近年まで伝えられてきました。
明治、大正、昭和初期に入ると、公演は2週間以上行われ、興業主が現れ、数百人収容の桟敷席を仮設し、席料を徴収するほどの盛況で、境内には市が建ち、多くの人で賑わいました。
「狂言堂」=狂言舞台は、一階が楽屋兼衣装倉庫、二階が舞台になっていて、普段は閉じている雨戸をはずして境内から見物するという他の念仏狂言と同じ構造で、 多くの観客が、桟敷から座って見たり立ち見していました。 しかし、第二次大戦後の高度成長期には、各家庭にテレビが普及した影響などから衰退を始め、昭和39年に再度中断してしまいました。
この中断期に、それまで狂言を支えてきた古老が次々と他界され、その上、昭和49年春には舞台として使用してきた狂言堂(江戸時代創建)までが不審火により全焼してしまいました。
お寺関係者や地元地域の人達、多くの人が、ゑんま堂狂言の最後を覚悟しました。
しかし、災い転じて福が訪れました。舞台と共に全焼したと思われた狂言面が、幸運にも庫裏内で保管されていて、全く被害を受けていないことが分かりました。
衣装、小道具は焼損しても、面があり、出演者がいれば狂言は復活できると、中断期に若手として活動していた人たち6名が、この火事をきっかけに奮起し保存会を結成、秋から稽古を再開して、翌年5月には復活公演を開くことが出来ました。
衣装や小道具を持ち寄っての3演目だけの復活狂言でした。
以来、今日まで絶える事なく継承を続けています。まだ仮設舞台での公演で、全盛期の様にはいかないまでも、現在では出演会員数およそ25名、演目数23を数え、毎年5月1日から4日までの本公演では、のべ1.500人以上のお客様に楽しんで頂いています。  
 

《戻る》