最終更新:2017/ 8/17
    あなたは 無料カウンター 番目のお客様です!

公演予定

歴史

演目解説

 動画 

Topics

English

リンク

 お問い合わせ 
 


       
【 ゑんま堂のくろめん 】


ゑんま堂狂言の「道成寺」に登場する陀仏坊面を模した、郷土玩具の張り子面です。

昔、念仏狂言を代表する面として「壬生の赤面」「ゑんま堂の黒面」と呼ばれていた、そのひとつ「黒面」です。
昭和中期に狂言が中断する頃まで、公演期間中だけ境内に出店していた玩具面屋で売られていました。
大きさは縦20cm、横15cmの張り子製で、当時の子供たちはこれをかぶって遊んでいましたが、狂言の中断や時代の流れと共に忘れ去られ、近年はどこを探しても見つからない状態でした。

しかしこの度、郷土玩具愛好家でもある張り子製作士の方が、一つだけ持っておられ、それを元に黒面を復刻して下さいました。
本来の黒面は左側のものですが、明治時代には、眼の周りを金色に塗ったものや、銀色に塗ったものも店先に並んでいたそうで、今回その2種も追加して、全3種を復刻して頂きました。

この夏からゑんま堂や狂言の公演先でも頒布されています。

郷愁漂うゑんま堂狂言の張り子「黒面」。  ぜひお求め下さい。



       




ゑんま堂狂言 公演記録
 
 
 
平成29年本公演(5月3・4日) 大塚アルバム

  


平成29年5月3日昼公演 「舌切雀」 動画

 



本サイト内の文章・画像の無断転載はお断り致します。


千本ゑんま堂大念佛狂言保存会

〒602-8307 京都市上京区千本鞍馬口下ル閻魔前町34
千本ゑんま堂 引接寺(いんじょうじ)内
(JR京都駅・近鉄京都駅から京都市バス206系統で約30分
阪急大宮駅・JR/地下鉄二条駅から市バス6・46・206系統で約15分
京阪三条駅から市バス59系統で約20分
「乾隆校前(
けんりゅうこうまえ)」下車すぐ)
付近図


製作・管理: ゑんま堂狂言保存会ホームページ担当