豆   本          

直線上に配置

名作文学の豆本と作り方


 豆本については特に決まった定義はないようですが、一般的には文庫本未満の大きさのものをいうようです。小さい方となると印刷や製本の専門家が技術の粋を凝らして小ささを競っています。因みに現在ギネスブックに登録されている世界最小の本は、日本の凸版印刷による0.95ミリ角のものだそうです。
 それに対して、普通の家庭用パソコン・プリンター・印刷用紙で、パソコン経験6年弱の私が作った豆本がここで紹介しているものです。
 写真の豆本は最大A8版(52×74ミリ)・最小A11版(19×26ミリ)ですが、通常のブリッジサイズ(58×89ミリ)のトランプと比較してご覧ください。サイズは7段階あり、いずれも糸でかがった上に花布・栞のリボンなどもつけたハードカバーの、一応本格的なくるみ製本で、丸背・角背の両方があります。
 ただ、豆本は所詮「本」に過ぎませんから、写真で見ているかぎりでは少しも面白くないと思いますし、新しいものを作っても、写真で展示しているのではその効果はなく、変り映えしないのが残念です。
 写真右の6冊だけは市販の材料セットにより製作したもので、完全な自作ではありません。(製本工房リーブル他の販売品)

   

                                        
 豆本各サイズ  大きい順にA8版・B9版・A9版・B10版・A10版・B11版・A11版 と500円硬貨  B9版からA11版の本文 下段中央はL版のゲラ刷りでこれを折って裁断するとB11版サイズになります。 
 装丁いろいろ  中央3冊は和綴じ本   画像主体の豆本  宮田雅之の切絵やモーツアルトの楽譜、様々な字体の「福寿」字典 菱川師宣の版画
 かつて永谷園の商品に付いていた名画カードを製本した画集 「広重・北斎・写楽・歌麿・夢二」
 サイズは少し大きめのB8版です。
 5千円紙幣発行に合わせて作った「たけくらべ」「十三夜」「大つごもり」  樋口一葉記念館に送って展示してもらった作品と同種です。
 2006年中に作成した6部
「にごりえ」「杜子春・魔術」「芋粥・蜘蛛の糸」
「高瀬舟・最後の一句」「珈琲渇仰」「MY昆虫記」
  一葉記念館の新館が平成18年11月1日に落成開館した際に作って送ったものと同じ「にごりえ」です。前作の「たけくらべ」などとともにショーケースに展示されております。
 19年4月に「わかれ道・日記・和歌」を追加制作しました。
 友禅和紙などによる装丁   写真では友禅紙をただ並べたのと同じで面白くはありませんが・・
 2007年4月制作の3作品
「伊豆の踊子」大小・「恩讐の彼方に」・「野菊の墓」大小
  バザー出品のため目立つように柄和紙で装丁した作品群
      *************************** ***************************
一番目と三番目にページ数の多い作品 宮田雅之作品 ケース付き
      *************************** ***************************
左の写真の豆本は、もしかしたら、多分、おそらくは、各作品としてはいずれも日本最小のものではないかと、製作者が思っているもの。
 上段左から順に「羅生門・鼻」「十三夜」「大つごもり」「走れメロス・山月記」、
中段「古典文学十選(竹取物語・伊勢物語・土佐日記・枕草子・源氏物語・更級日記・方丈記・平家物語・徒然草・奥の細道よりの著名段)」「夢十夜」「舞姫」「高瀬舟・最後の一句」「枯野抄」、
下段「伊豆の踊子」「富嶽百景」「歌行燈」「たけくらべ」「野菊の墓」
      *************************** ***************************
我褸芥書房創立5周年記念出版作品
「富嶽三十六景・東海道五拾三次」 横長 B8版
「名所江戸百景」 縦長 A8版 解説なし
同左の番外作品 「鳥獣戯画」
折本 横長 A8版 全長210cm

   

  ◎ 豆本を自作なさる方は、別ページ「豆本を作る」をご覧ください。

  

   
佐田 澄さんのこと。
 「根付」という非常に精緻な彫刻がありますが、その彫刻をなさっている佐田さんからの依頼で作成したものです。
 佐田さんの作品は象牙の質や色を生かしたもので、人魚・裸婦・猫・河童に定評があります。根付コレクターとして著名な高円宮様やアメリカのキンゼイ氏のコレクションの中に、いくつも加えられております。
 根付師佐田澄さんの作品集・A8変形版   

一葉記念館の展示風景
「たけくらべ」「にごりえ」「十三夜」「大つごもり」「わかれ道」 
※ 一葉記念館ではその後、一葉の和歌を特別に編集した「恋歌」という豆本制作講習をやらせていただきました。

伊藤左千夫記念館の展示風景
「野菊の墓」3部   左からB9 A8 A9の各版            


  

    高浜虚子記念文学館(芦屋)「斑鳩物語」       T大学付属高校図書館の展示
    公立C女子高等学校の展示  五島列島カンパーナホテル内の飾り。
ホテルのランチョンマットによる装丁


※ このほかに、資料の一端として収納、展示などで活用してくださるとのご返事を
くださっている記念館は以下の通りですが、これ以外として、菊池寛記念館に送った
「恩讐の彼方に」、小諸市にあるもう一つの高浜虚子記念館の「斑鳩物語」、有島
武郎記念館の「一房の葡萄」についてはご返事がいただけませんでしたので、消息
不明です。

    宮沢賢治記念館 「銀河鉄道の夜」「セロ弾きのゴーシュ他」 2部
  太宰 治記念館 「走れメロス・猿が島・瘤取り」「富嶽百景」6部
  泉 鏡花記念館 「高野聖」「歌行燈」           4部
 


    


 我褸芥豆書房発行の豆本リスト (2003年7月から2010年8月まで)

 無声慟哭・夜だかの星          羅生門・鼻・蜜柑            鉄道唱歌・散歩唱歌        
 走れメロス・山月記  四畳半襖之下張  夜伽草紙
 幽燈録  万葉恋歌  枯野抄・藪の中
 たけくらべ  十三夜  大つごもり
 舞姫  夢十夜  こころ(抄)
 小倉百人一首  日本古典文学十選  花の幸
 床の置物・表四十八手  いろはカルタ  福寿字典
 万葉恋歌 全面改訂新版  宮田雅之 切り絵集  玩具交響曲・小夜曲(楽譜)
 全国鉄道唱歌 上巻  全国鉄道唱歌 下巻  福寿字典・増補改訂版
 山月記(和綴じ本)  四畳半襖之下張(和綴じ本)  にごりえ
 高瀬舟・最後の一句  芋粥・蜘蛛の糸  杜子春・魔術
 珈琲渇仰  My 昆虫記  わかれ道 一葉日記
 野菊の墓  恩讐の彼方に  伊豆の踊子
 山椒大夫  地獄変  太宰治作品三篇
 銀河鉄道の夜  セロ弾きのゴーシュ他二篇  (佐田澄 根付作品集)
 高野聖  富嶽百景  歌行燈
 一葉恋歌  斑鳩物語・虚子句抄  小僧の神様・城の崎にて
 杜子春・蜘蛛の糸  切絵 源氏物語   切絵 奥の細道
 切絵 竹取物語  切絵 わらべの四季   切絵 わらべの詩
 切絵 美しき女達の世界  ごん狐 他二篇    山椒魚 他二篇 
 一房の葡萄 他二篇  注文の多い料理店 他二篇    どんぐりと山猫 他一篇 
 葛飾北斎 富嶽三十六景  安藤広重 東海道五拾三次    歌川広重 名所江戸百景
 鳥羽僧正 鳥獣戯画    喜多川歌麿 美人画選  歌川広重 木曽街道六拾九次
 広重 大江戸名勝風景3巻    歌川広重 諸国名勝巡り 2巻   東洲斎写楽 作品集
広重 保永堂・狂歌入東海道     広重 行書・隷書東海道  広重・英泉 美人東海道
 広重 大江戸名所景色    広重 江戸自慢三十六興 他  広重 富士三十六景 他
 広重 六十余州名所図会    広重・豊国 双筆五十三駅 他  歌川豊国 源氏香の図
国貞 東海道景色入美人絵    竹久夢二 作品集  藤城清治 光と影の世界
豊国 江戸名所百人美女    広重・北斎・英泉・歌麿 忠臣蔵  広重 人物・竪絵東海道
豊国 木曽六十九駅    英泉 傾城道中双六  豊国 清書七伊呂波
広重 江戸名所四十八景    立祥 東海道五十三駅  豊国 役者東海道
月岡芳年 美人絵集    月岡芳年 月百姿  尾形月耕 源氏物語
周延 時代かがみ 真美人   国芳ほか 末広五十三次  広重・豊国ほか 東海道名所風景2巻
芳年 三六怪撰・和漢百物語   国芳 絵都錦今様国尽・山海愛度図絵  豐国ほか 小倉擬百人一首
豐国 百人一首絵抄  豐国 源氏後集余情  豐国・国芳 古今名婦伝・賢女烈婦伝
広重 蔦屋版・有田屋版東海道   豐国 役者見立東海道五三駅     歌舞伎絵本
国芳 木曾街道六十九駅   国周 梅幸百種の内 (絵巻) 百鬼夜行図
豐国 名妓三十六佳撰   北斎 切手富嶽三十六景 師宣 (絵巻) 北楼及演劇図鑑
   ディズニー郵便切手   北斎 画本富岳百景 国周 団十郎演芸百番
豐国 其姿紫写し絵     巫山之夢・朝雲暮雨 周延 千代田の御表・大奥
楳嶺 花鳥画譜   芳虎 江戸の花 纏尽し 豐国ほか 江戸乃華名勝會
広重 画本江戸土産   豊国 源氏五十四帖   国貞広重 俤源氏五十四帖
国貞 紫式部源氏かるた   国芳 源氏雲浮世画合  国周 現時五十四情
北斎・重信 東海道五十三驛   G・ドレ  新約聖書挿絵集   ブリューゲル作品集
 アングル作品集  雪華図説  ラファエロ作品集
 五百羅漢図  ダ・ヴィンチ、ミケランジロ作品集  河鍋暁斎作品集
 狂斎百図  聖母子 88選  続 聖母子 88選
 北斎 東海道五十三次  W.A.ブグロー作品集  W.A.ブグロー作品集 
 小林清親作品集  百人一首乳母が絵説き  国芳 百人一首之内 
 奇妙な絵の本   奇妙な絵の本   奇妙な絵の本 
 It's a small world  広重東海道五十三次簡易版 北斎富嶽三十六景簡易版
 聖母子 拾遺100選  懐宝一覧花都路 自動車発展史
 フェルメール作品集  

        ※ 豆本発行の際、我褸芥工房は「我褸芥豆書房」となります。
            ※ 表中の青字作品は、当我褸芥豆書房設立5周年記念出版の画集作品。
 


     

 豆本ページに関してゲストブック にご感想・ご意見などお聞かせください。

上記の豆本は販売いたしてはおりませんが、直接ご覧になりたい方はメールでご連絡ください。
 メールでのご連絡はメール アイコンこちらへお願いします。
 その際yahooの前の99を@にしてください。
 「豆本を作る」からここに来られた方は、トップページへ戻った上で、
「仏像・能面・連鶴・手鞠・切り絵」などの他のページもご覧になれます。


       
この豆本は人を介してさる著名なお二方に
差し上げたもので、他の作品と違いはない
のですが、これは作者にとって記念すべき
作品記録としての意味で出したものです。