登録が簡単な総合ディレクトリ(相互リンク)

ディレクトリとは、インターネットのwebサイト(ホームページ)を集めた電話帳のようなものです。 もともと歴史としては、アメリカで誕生した「Yahoo!」が先駆者です。
インターネットが一般に普及し始めたころ、思いのwebサイトにたどり着くには検索エンジンというものが 無い時代だったので一苦労でした。その案内役として成長してきたといえます。昨今では、ロボット型検索エンジンが 主流になり、Yahoo!Japanも「ディレクトリ型検索エンジン」から「ロボット型」の検索エンジンをメインに変更 しています。

ハイパーリンクがインターネットの技術

ハイパーリンクという言葉があります。普段単純に「リンク」といわれているものです。 これが、インターネットの最大の技術でありインターネットという膨大なデータベースを繋ぐ キモといえます。マウスで画面上を1クリックするだけで、一生かけても読みきれない 文章と、画像や動画、サービス。更には海外(全世界)のドキュメントを手元の端末(PCやモバイル携帯)で 閲覧できます。ハイパーリンクなきwebサイトは、共有という面では「単なる紙の文章」と変わりないかもしれません。

リンクは、イノベーション!すべての足跡が残る

誰かがあなたのwebサイトを訪れたとします。その瞬間に「リンクをたどってきた時間」「リンクをたどってきた元のサイト」 「リンク元から分かる検索キーワード」「端末の解像度」、「ある程度の国と地域」などテレビの視聴率では、計測できないような 正確なアクセス状況が分かります。ネットが普及して、広告が盛んになった理由はまさにココにあるといっていいでしょう。 店舗やサービスに来店してもらった人の集計が自動的にでき、ある仕掛けをしておくとコンバージョン率(成約率)まで わかってしまうという、商業利用に使えば最強のツールとして発展しました。(発展と言うより、使い方が洗礼されてきた)

他のサイトからのリンクは宝

上記の説明からも、「リンク」が重要だということが分かったと思います。 良いwebサイトを構築・運営するには、リンクがたくさん張られていくことなのです。 検索エンジン対策(SEO)などが巷では重要といわれていますが、検索エンジンからの訪問がなくても リンク元からのアクセスだけでも、充分な参照数になるはずです。極端に言えば、「検索エンジンで1位」に 出てくるページに、適切な説明が書かれたリンクが張られていると「検索エンジンで1位になる」以上の 効果があるといえます。宝のリンクを集めることを信念にサイト構築、運営を心がけるようにしましょう。 相互リンクもひとつの方法として有名です。