剪定の図解説
このページは途中に何度も書き換えされると思います・・・少しでも分かりやすくするために・・・

私が生まれて初めて樹木に登って手入れをしたのは・・・確か昭和51年の柳の街路樹です。
どこをどのようにすればよいのか?全くの初心者でした。
親方から「好きなようにしなさい」と言われ、ハサミやノコギリを入れるたびに地上に降りて眺め・・・
樹木の上からと地上からの眺めの違いに戸惑いました。

口で言うのは簡単。
学説的に説明するのも、知識があればできます。
でも実際に登って、そして剪定作業になれば危険が伴い、体力も必要です。

全くの我流ですが、一般の剪定教科書と違った視野から、初心者にも伝えられるように考えました。
何かのお役に立てば・・・嬉しいですね?
--------------------------------------------------------------------------------
樹木の性格

下の図は樹木と日照との関係と、上部・下部との関係です。

つまり一番多く枝葉を残す(手入れをしない)のは、北向きの下枝ですね・・・
北よりは南側、下枝よりは上部枝の方が成長が良いって事を考慮しておきましょう・・・
--------------------------------------------------------------------------------
枝の名称


 
上の解説は覚えにくいでしょうが、大切な部分ですのでしっかり覚えましょうね!
--------------------------------------------------------------------------------
切り詰め

皆さんがはじめに樹木剪定(ハサミを入れるとき)をする場合、90%は枝の先端を切ること。 切り詰めですね・・・?
なんで?枝の先端を切り詰めるのか・・・・?って疑問に思いませんか。





分かりやすく説明すると、上の図の中央の芽が大事です。
先端は貧弱、元も芽が出てない・・・先端を詰めることによって、中央部分の芽をより充実させるためですね。


ハサミによる軽い切り詰め
 
しかし、上の画像のように桜(オオシマサクラ)の切り詰めは・・・情けない姿ですね?

作業中の職人に「なんでそんな切り方するの?」って聞くと?
「これは軽剪定なんですよ」と答えられた。
役所が業者に剪定を依頼する場合、軽剪定が一番安い単価になります。

だから全ての枝の先端を摘むのは花を少なくし、樹形も乱れてきます。

シルエットがサクラより梅の感じになっています。
赤くマークした場所が前年切り詰めしています。そのおかげで混でる感じ、切り口からの枝は数多いが短いですね?

このように自然でいてほしいです・・・
  
梅の画像ですが、サクラとは逆ですね?途中から出てきている短枝に花芽が付いています。
ですから「サクラ切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿」って・・・・・・・?
枝の先端を詰めると途中から短枝が出てくる・・・?
これを目的としますが、極端に詰めると徒長枝が多くなり短枝も少なく、花芽も少なくなります。
この場合は、徒長枝だからって毎年元から切っては同じ事の繰り返し!
  
左は毎年手入れしている梅です。 右は極端に摘めて徒長枝が多いですが、徒長枝の先端にも花芽はつきます。
徒長枝を短く残しておけば、翌年に短枝が出て開花する場合もあります。
--------------------------------------------------------------------------------
太い部分(古枝)で切り詰めた場合・・
  
モミジ!前回左の赤線部分で切り詰めたら右の画像になります。
    
赤線部分を残すように切り詰めます。   翌年はピンクの部分を残すように。


ノコギリで切り落とすと樹形が乱れます。強剪定でも出来るだけ本来の自然樹形をイメージしましょう。
 
例えばケヤキをノコギリで摘めると、このように勢いよく伸びてきます。
新しく出てきた枝を全て元から切り取ってしまうと・・・

同じように沢山の枝が出てきますが、枝は短く元気がなくなります。

同じ剪定を数回繰り返すと、枯れてしまいます。


このサクラは以前に太い枝を切り取っています(赤丸部分)

ごらんのように枯れる直前です。

右半分が可哀そうですね?


  
このシイノキも可哀そうですね?

枯れなくても、このヤマモモのように不要な枝がたくさん伸びてきます。

--------------------------------------------------------------------------------
ノコギリで切り詰めのポイントは・・・

一般の樹木は徒長枝を必要としません。

これはヤマモモですが、秋にこれだけ切り詰めれば冬でも新芽が出てきます。
その新芽が霜にあたれば枯れる危険もあります。
常緑樹の大胆な切り詰めはサクラの開花頃がよいですね?

これはクスノキですが、頑張って出てきますよ・・・

カイズカイブキはこのくらいの大きさが、一般的には限界でしょう?

これだけ大きくなっちゃうと、芯に手が届かないし上部も作業しにくいです。
つまり・・・体が動きにくいと人間って極端に切ってしまうからです。

刈り込みハサミで切ったカイズカも、このように葉の無い枝が出てしまいます。

徒長枝が必要なのはこのサルスベリくらいですかね・・・?
  
大胆にノコギリを使用すると、切り口が汚かったり樹皮が向けます。注意してくださいね!
--------------------------------------------------------------------------------
切り替えし(間引き剪定、枝すかし剪定)

ノコギリで切り落としても、切り詰めではなくて切り替えし(枝の間引き)の場合・・・


左の図から、中央が強剪定、右が弱剪定。
  
間引き剪定の場合は、要らない枝は元から落とす。
残した枝は先端を詰める程度か、小枝を間引く程度に抑える。
--------------------------------------------------------------------------------
樹種別のノコギリ使用(ハサミも同様)切り替えし方法

縮小の場合


--------------------------------------------------------------------------------
修正の場合・・・1

左の樹木を剪定(点線部分を切り取る)の場合が左の図で・・・
本来の樹形に戻すために、強剪定の切り替えしを行った場合が右の図。



--------------------------------------------------------------------------------
修正の場合・・・2



--------------------------------------------------------------------------------
修正の場合・・・3

ポプラ





--------------------------------------------------------------------------------
具体的な切り詰め、切り替えし







--------------------------------------------------------------------------------


--------------------------------------------------------------------------------
ここから先は樹木別になっていますが、その樹木本来の樹形(シルエット)をイメージしながら・・・

で十分だと思います。





--------------------------------------------------------------------------------




--------------------------------------------------------------------------------







  
軽剪定なら前年枝を詰めるだけの左の画像。                   強剪定なら右のようになります。

どこかの業者による街路樹剪定です。
Aは下枝の懐に細い立ち枝が残っていますが不要ですね!
Bは反対側のCに比べて寂しいですね?もっと枝を残した方が・・・
Cは切り口の先端に2本の立ち枝が見えます。どちらか1本にしないと平行枝になります。
Dは逆さ枝です。ノコギリの切り口が見えますが、もっと良い方向へ枝を残したいですね!
Eは頂部ですが、芯が無いからといって枝が多く残り、横に広がりすぎですね!

これもアオギリです。
--------------------------------------------------------------------------------
これは枝垂れヤナギですが、枝垂れウメ、サクラにも共通します。






--------------------------------------------------------------------------------




--------------------------------------------------------------------------------




--------------------------------------------------------------------------------


--------------------------------------------------------------------------------




      
左のメタセコイアは中央画像の黒い線による、二等辺三角形をイメージして作られたと思います。
そこでもう一度左の画像を見て、ノコギリの切り口から出ている沢山の枝を整理する場合・・・
右の画像の赤線のように、上部・中部・下部と残す枝の量を考えます。

私なら、下から残したい枝を選び不要な枝は元から落とし上部へ登ります。
こんどは残した枝の長さを気にしながら、下へ降りてきます。

一般的に樹木の高さの5倍離れた場所から眺めます。
そして最終的な樹形を確認して、再度登り微調整して完了です。

他にもイチョウ・プラタナス・ユリノキ等も同じ要領で行ないます。
剪定作業は上部から・・・と言われていますが、慣れてくればイメージを作って登りながら作業を始められます。
切った枝が途中にぶら下がり、取り落とすのに苦労したり、残した枝が立ち枝だった?なんて事もありますよね?
--------------------------------------------------------------------------------


--------------------------------------------------------------------------------
これはエンジュですが、ミモザ(フサアカシア)も同じイメージで大丈夫です。




--------------------------------------------------------------------------------





--------------------------------------------------------------------------------
ここからは花の開花の為の剪定です。











このぺージの資料は私が両先生の講義、講習会で頂いた資料を抜粋し、スキャンしたものです。
本来は非売品でコピー不可ですが、みなさんのお役に立てるなら?
先生方も許してくれると思います・・・




経 歴

 昭和18年3月  東京高等造園学校卒業、その後家事造園業に従事
昭和33年9月  (有)吉村造園創立。その後組織変更によりM吉村造園設立代表取締役に就任現在に至る
昭和49年6月  東京都技能検定協会より、造園技能検定委員を委嘱
昭和59年11月 中央職業能力開発協会より、造園工事業中央検定委員を委嘱
昭和62年11月 東京都知事より優秀技能賞(江戸の名工)を受賞
        (社)東京都造園緑化業協会。(社)日本庭園協会
        東京都造園建設業協同組合各理事
平成 5年4月  労働省中央職業能力開発審議会専門調査員を委嘱
平成10年6月  (社)日本造園建設業協会。造園技術研修特別委員を委嘱
平成13年5月  日本造園学会から上原敬二賞を受賞 上原敬二賞受賞インタビュー
  著 書
 造園用手工具、機械及び作業法(職業能力開発大学校、研修研究センター編)
 樹木剪定管理、竹垣、石積石組、樹木移植の基本作業について(社)東京都緑化業協会編

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

藤田 昇先生は私が新人の頃に、2回ほど講義を受けました。



最後まで読んで頂きご苦労様です(笑)
実際の話、見て読んで誰でも簡単に出来るようならば・・・植木屋さんは必要なくなっちゃうよね?

職人でもピンからキリまで居ますし・・・?
だんだんのめり込んでこんでいる方は?ご相談ください。
みなさんのお役にたてば・・・と思います。

トップへ
戻る