Prune of conifer

conifer control of maintenance

ここではコニファーの剪定、刈り込み、控木等の維持管理方法を紹介します
--------------------------------------------------------------------------------

はじめにヨーロッパゴールドの剪定とスカイロケットの刈り込みです

ヨーロッパゴールド
--------------------------------------------------------------------------------

葉を揉むと甘くて良い香りがしますよ
--------------------------------------------------------------------------------
頂部です
   
結構大胆にハサミを入れます
--------------------------------------------------------------------------------
何処にハサミを入れているか分かります?
  
切り詰めはダメです。間引き、切り替えし剪定ですね。
--------------------------------------------------------------------------------
  
--------------------------------------------------------------------------------
このように一回り小さく、風通しを良くします。
 
 --------------------------------------------------------------------------------
例えば・・・1 (左の画像からハサミを入れて右の画像になります)
   
--------------------------------------------------------------------------------
例えば・・・2
  
--------------------------------------------------------------------------------
例えば・・・3
 
--------------------------------------------------------------------------------
例えば・・・4
 
大きな穴をあけない程度に均等にすきまを作ります。
--------------------------------------------------------------------------------
葉の緑部分にハサミを入れないで、茶色の枝に入れてください

--------------------------------------------------------------------------------
スカイロケットの刈り込みですが
               
  左右の曲線が合っていません               このように対象の方が良いですね
--------------------------------------------------------------------------------
      
このくらいならOKでしょう・・・?
--------------------------------------------------------------------------------

ローアングルから
--------------------------------------------------------------------------------
ハサミでの剪定は上部より下部に枝葉を多く残すように・・・
 
右の剪定が30分、左の刈り込みは5分で仕上げました。
--------------------------------------------------------------------------------
全体的に見ると、左から右のようにさっぱりとしました。
     
説明していませんが、フィリフェラオーレアも一緒です。
--------------------------------------------------------------------------------

控木(倒木避けです)

4mの丸太を控えます
--------------------------------------------------------------------------------
穴をあけます

--------------------------------------------------------------------------------
丸太を打ち込みます

--------------------------------------------------------------------------------
三脚ハシゴ、かけやを使用します

--------------------------------------------------------------------------------
地面で一度、結束します

次に上部で、もう一箇所結束します
--------------------------------------------------------------------------------
    →   
刈り込みも終了。このようになります
--------------------------------------------------------------------------------
ゴールドクレスト剪定・刈り込みの悪い例です

(切った人、ゴメンナサイ)
--------------------------------------------------------------------------------


切り口が丸見えで、見っとも無いです・・・
--------------------------------------------------------------------------------
それではコルムナリスの刈り込みと剪定です

暴れています
--------------------------------------------------------------------------------
    →   
このように空かします(間引く)
--------------------------------------------------------------------------------
出来るだけ葉を切らないで、枝を切ります

(上部に比べて下部は多めに葉を残す)
--------------------------------------------------------------------------------
   →   
前の状態                  右が剪定・左が刈り込み後
※ 2〜3回に一度は剪定をしましょう
(風通しが良くなり病害虫予防と枯れ枝の掃除ができます)
--------------------------------------------------------------------------------
見覚えありませんか
 
以前ここで紹介した私が植えたコニファーが・・・
--------------------------------------------------------------------------------
誰が切ったのか?
  
仕事仲間に決まっていますが、ひどい事をするものです。
--------------------------------------------------------------------------------
これでは7〜8年前に植えた時と同じ大きさになっている。
       
一度に強く剪定しないように・・・これではあんまりです・・・(悲)

 でも・・・? 見方を変えて?
これだけ強く剪定したコニファーがその後どうなるか?見届けて見たいとも思います。

※ 画像はありませんが、物凄い成長で伸びて生きていますよ・・・
--------------------------------------------------------------------------------
ここからコニファーの刈り込みを説明します
コノテガシワ

私の場合下から刈り込みます。
上から刈り込むと切った枝葉が下の枝にぶら下がり、その枝を切ると出来上がったときに短かったりするからです。

この画像はわかり易くするために半分にしてありますが、通常は下の一番太っているあたりを一周刈り込みます。
そこで刈り込みの深さを(深すぎても、浅すぎても駄目)確認します。
てっぺんも同じです。
伸ばしたいなら別ですが、通常は横と同じくらいの深さに詰めます。

見えにくいですが6本あります。

所々葉のない茶色の部分が見えますが、限界ぎりぎりの深さで刈り込んでいるからです。

いくら刈り込みだからと言ってもこれで終了ではありませんね。
このように古葉が密集した枝に残っています。

上部から手でもみ、触って落としてあげます。
このままの状態ですと風通しが悪く、病害虫が発生しやすく枯れてしまいます。

すると、このように枝がはっきりと見えてきますね。
この先剪定する場合も、わかりやすくて作業が便利になります。

切り込みの深さがぎりぎりだって事が見えますね。
あと2〜3cm深ければ、ほとんど葉がなくなっていますね・・・
これで終了ですが、このように密集しているので来年は刈り込みを避けて剪定(枝すかし)をした方が良いでしょう。
--------------------------------------------------------------------------------

ここからリクエストの多いゴールドクレストの剪定を紹介します。

脚立が1.6ありますから、高さ4m位でしょうか?

--------------------------------------------------------------------------------
例として、枝を樹木に見立てますね。

さて、どのあたりで先端を詰めるかが問題です。
--------------------------------------------------------------------------------
今回は赤いクロス部分で切ったとします

--------------------------------------------------------------------------------
するとこのようにGクレスト特有の「二等辺三角形」が乱れますが、出来るだけ
細い枝が両側から出ている場所を探します。

--------------------------------------------------------------------------------
それから間引き(枝透かし)をしますが
クロス部分のように、左右、前後均等に要らない枝を元から切ります。

--------------------------------------------------------------------------------
このようになります。
平面的な画像ですが、実際は「東西南北」何処から見ても同じような間隔に・・・

--------------------------------------------------------------------------------
さて、ここからが大事です。
要らない枝を元から切ったら、残った枝をコニファー本来の樹形「二等辺三角形」にします。

その為に、赤点部分を切り詰めます。
--------------------------------------------------------------------------------
するとこのようになりますね。
出来るだけ緑色の葉を切らないで、枝を切ってください。

--------------------------------------------------------------------------------
それでは、実践です。

先ほどの例のように、先端を詰めて枝を空かします。
--------------------------------------------------------------------------------
逆光で見えにくいですが、感覚的には分かると思いますが・・・?

--------------------------------------------------------------------------------
右半分に比べると、かなりスリムにそして風通しが良くなっています。

--------------------------------------------------------------------------------
樹形をイメージしながら、間引き・切り詰めの終了です。

--------------------------------------------------------------------------------
そして他でも紹介しましたが、ふところの古葉を落とします。

手で触って、もんで、揺さぶって落としてくださいね・・・
--------------------------------------------------------------------------------
そしてやっと完了になります。

私で約30分の作業です。
--------------------------------------------------------------------------------
仲間(メンバー)の剪定後の幹です。ちょっと空かし過ぎ?って感じですが・・・

細い枝・太い枝が分かりますよね?以外と太い枝を元から切り取ります。
--------------------------------------------------------------------------------
右が私、左はメンバーです。何となく違いが分かりますか?

二等辺三角形をポイントに、太い枝から葉がチョロチョロでは無くて・・・
親指から小指、鉛筆から楊枝のように・・・そして風が吹けば、葉がゆれるように・・・やわらかく・・・です。
勿論一般樹木同様に上部は強く、そして下部は弱く切り詰めの基本です。
※ 通常は春に剪定をします。
今回のように秋にこのような強い剪定はしません。(リクエストにお答えしただけです)
何故なら、春のほうがこれだけ切っても枯れる確立が少ないからですね。
コニファーを思い切り小さく剪定するなら、春(4〜5月)がベスト。
秋は刈り込み程度が無難でしょう。
最近は真冬の剪定、刈り込みの方が、切り口から雑菌が入り込まずに良いのでは・・・?との説もありますが・・・
--------------------------------------------------------------------------------
同じ現場ですが、オリーブも剪定しました。

手前はラベンダーとローズマリーです。
--------------------------------------------------------------------------------
私もオリーブの剪定は初めてです。

中は結構枯れていましたので、ミモザと同じように間引きを基本に、切り詰めは最小限に・・・
そして風になびくように・・・です。
--------------------------------------------------------------------------------
現場右半分です。

左からオリーブ、Gクレスト、ゲッケイジュ、Gクレスト、そしてサンショウ。
生垣はベニカナメモチ。
--------------------------------------------------------------------------------
現場左半分です。

生垣はボックスウッド。
同じ現場に1年4ヶ月ぶりに行ってきました。





--------------------------------------------------------------------------------
友人宅の手入れをしてきました。これは手入れ前です。

--------------------------------------------------------------------------------
スワンスゴールド手入れ前

--------------------------------------------------------------------------------
全てを刈り込みハサミで切ると、葉にハサミが入る部分が多くなってしまうので、最小限のハサミ入れにする為・・・
このように部分的にハサミで、カッティングします。

--------------------------------------------------------------------------------
するとこのようになります。
新芽の伸びが垂直に多いから、このように部分的な垂直枝(立枝)だけをハサミ入れるように・・

--------------------------------------------------------------------------------
エレガンティシマやGクレストのように、成長の早い樹種の場合はハサミによる間引き剪定と今回の刈り込みを使い分けてください。
特に樹形(二等辺三角形)を重視する場合は刈り込みが多くなります。
しかし画像のように刈り込み終了すると、切り口が目立ってしまいます。

--------------------------------------------------------------------------------
このように剪定ハサミで切り直しします。
目線を考えて高い場合は水平に(画像)、低い場合は横にしたり・・・切り口を出来るだけ見せないようにするテクニックです。

--------------------------------------------------------------------------------
コノテガシワ。以前の画像は刈り込みでしたが、今回はハサミによる間引き剪定です。
画像のように風通しを良くするように、そして透いて向こう側が見えるようなイメージで・・・

--------------------------------------------------------------------------------
コウヤマキ 。松やモミ、トウヒも同じですが・・・先端の芽を残せば枯れません。
下部より上部を強めにすかして、間引きを基本にします。樹種本来の樹形をイメージしてください。

--------------------------------------------------------------------------------
手入れ終了。手入れ前の画像と比べるとかなり違いますよね?
     


個人的な考えですが、手入れ終了しても「誰かが切った」なんてはっきり見せないようにしましょう。
一見変化無いようですが・・・良く見ると!透いていて、それで一回り小さくなっている!
それがプロのテクニック?なんて思いますよ(笑)


リンクしていますmogeさん宅の、ゴールドクレスト剪定に行ってきました
コニファーガーデン、素敵でしたね!

いやぁ、想像以上に大きかったですね?

  
何度か掲示板で話していても、実際にお会いするのははじめて!
美味しいコーヒーを頂き、おしゃべりに夢中・・・時間が(笑)
スタートが10時半になってしまいました(笑)

  
お庭でお昼をご馳走になり、午後2時過ぎに2本目のスタート。
1本目と同じ高さの確認です・・・


剪定作業していると、目の前に綺麗な富士山が・・・
 
右は剪定前、比べてください・・・物凄い枝の量でした!
夕方5時になり、ここで終了。残りの作業はご本人にお願いして帰路につきました!

帰宅後にお風呂に入ろうとパンツを脱いだら、枝葉がバラバラ落ちて妻に叱られました(笑)
トップへ
戻る