Conifer


日本にゴールドクレストが出回ってから何年でしょうか?
今では、どこの園芸センターや花屋さんにも必ずありますね。
松、マキ、キャラ、モミが古くからの針葉樹。
トウヒが輸入されても今ほどの人気はありませんでした。
 住宅展示場へ行っても洋風住宅が主役の時代だからこそ、コニファーに人気が集まるのでしょうね。

自宅のコニファーは12種類。現場にも幾つかあります。
 刈り込み、剪定、移植等、仕事場では思い切った管理方法も大胆に出来ます。
正しい、間違いは、わかりません。
「どういった手を加えたら数年後にこうなった。」

    今までの経験(失敗が多い?)をいかしながら一緒に考えてみましょう・・・

177の私がこびとに見えます(笑)
 

--------------------------------------------------------------------------------

 コノテガシワ・エレガンティシマ

こちらも一昨年1.2〜1.5m程、切り詰めました。
--------------------------------------------------------------------------------

 ニオイヒバ・ヨーロッパゴールド

4mはあります。
--------------------------------------------------------------------------------

 
--------------------------------------------------------------------------------

 倒れて枯れたスカイロケット

 いつの間にか倒れていました。(竹の八つ掛けが古くて腐っていました)
御覧の通りに根が張っていません。
--------------------------------------------------------------------------------

 2、3年前に、思い切り芯を詰めたスカイロケット

誰が切ったか知りませんが、芯を1.5mくらいで切ってあります。
--------------------------------------------------------------------------------

その枝ぶりは?

暴れてはいますが、しっかりと成長しています。

刈り込みが必要ですね。
--------------------------------------------------------------------------------

芯が3本?

幼い苗の頃に芯を1本に切った方が良いです。

ここまで大きくなると、切れません。
--------------------------------------------------------------------------------

移植2年後のエレガンティシマ

冒頭の現場から引越しをしたエレガンティシマが育っています。

これは丈夫な種類だからか?それとも根巻きが上手だったからかなぁ・・・?

(普通のコニファーはこれだけの大きさで移植すると成功率は低いです)
--------------------------------------------------------------------------------

エムロウド

ボックスウッドとくちなしに挟まれて苦しそうですね。
--------------------------------------------------------------------------------

ローソンヒノキ・コルムナリス

ちょっと寂しい樹形ですが、しっかり成長しています。

コニファーの場合このように下枝を切ってしまうと復元できません。
--------------------------------------------------------------------------------

Gクレストの楽しいトピアリー

成長の早い(背の高くなる)コニファーを極端に低く抑えるのは意外と難しいです。

ですから、このように背を抑えないでトピアリーを作るのも楽しいですね?

(数年かかる覚悟が必要ですが)
--------------------------------------------------------------------------------

 セイヨウヒノキ・スワンスゴールド

 

3本の寄せ植えです。

枝で見えませんが、竹で控木をしています。
--------------------------------------------------------------------------------

こちらも某住宅

きっと一度刈り込んでいます。

それから成長して御覧の通り芯が延びています。

先ほどの某住宅にあったスカイロケットに比べると、枝振りが整っているからわかります。
--------------------------------------------------------------------------------

コウヤマキ
  
毎年職人が手入れしてるお寺の樹木。
--------------------------------------------------------------------------------

6〜7年前に植えました

 
以前の管轄の現場です。
7年前に私が設計施工しましたが、それから一度も手を加えてないようです。

※ 今日(4月中旬)見たら、思い切り切り詰めてありました。大丈夫かなぁ?
その剪定後の画像と、その後の状況も続けて撮りますね・・・
あんなに切っても枯れなければ、逆に参考になると思います。
--------------------------------------------------------------------------------

エレガンティシマとレイランディ

 
土が悪く、杉板(8分、24cm)高くして、h1.2mのコニファーを3種類植えました。
ラティス格子と枠もオリジナルでパインカラーのオイルスティンを塗り、コニファーに合うように洋風に仕立てました。
--------------------------------------------------------------------------------

エムロウドが見えます

 
植えたときは同じ高さだったのに、こんなにも成長が異なっています。
みなさんお分かりと思いますが、この現場は子供がバス通りに飛び出さないように工夫したのです。昔はサツキつつじが植わっていました。
(ほとんど踏まれて枯れそうだった)
--------------------------------------------------------------------------------

こちらも私たちが管理しています

 
高級住宅街の駅に近い商店街の現場です
--------------------------------------------------------------------------------

 4月中旬です

 
新芽が少し出てきていますので、日にあたると色が出てきていますね・・・
--------------------------------------------------------------------------------

10月になり、枝葉も一応出揃いました。(03年10月6日)
 
 
--------------------------------------------------------------------------------

私の設計、施工のフロントガーデン1
 
一昨年の暮れに妻の知り合いから頼まれました。
施主と私の二人で頑張りましたよ。
--------------------------------------------------------------------------------

プンゲンスグロボーサ

 私がコニファーで一番好きなホプシーと同じですが、こちらは樹形が球形になります。
--------------------------------------------------------------------------------

一番奥(道路側)にコノテガシワ、コルムナリス、エレガンティシマ、スワンスゴールド、手前にコウヤマキです。

スロープ反対側にはスカイロケット。
--------------------------------------------------------------------------------

 一度に強く切り詰めると先祖帰りになります
        
スカイロケットの左が正常の状態
--------------------------------------------------------------------------------

       
ゴールドクレストの左が正常の状態
-------------------------------------------------------------------------------

やっぱりコニファーは大きく、自然樹形を目指して・・・頑張ってメンテナンスをしてください

--------------------------------------------------------------------------------

ここから自宅のコニファーを紹介します
知り合いの造園屋に「プンゲンス・ホプシー」を注文したら「プンゲンス・グラウカ」が来てしまった。

--------------------------------------------------------------------------------

プンゲンス・グラウカも新芽は綺麗な銀青ですよ・・・

--------------------------------------------------------------------------------

球形にしようと思っているGクレスト。

--------------------------------------------------------------------------------

2000年の頃?

--------------------------------------------------------------------------------

現在は・・・このように

--------------------------------------------------------------------------------

 反対から撮影。2003ねん4月下旬

--------------------------------------------------------------------------------

ホプシーの新芽

--------------------------------------------------------------------------------

 ブルーヘブン

--------------------------------------------------------------------------------

 レイランドヒノキ・レイランディ。   丈夫です

--------------------------------------------------------------------------------

 コウヤマキの新芽

--------------------------------------------------------------------------------

やっとプンゲンスグラウカの新芽が? 出揃ってきました(嬉)

--------------------------------------------------------------------------------

色が綺麗ですね  古葉は硬いですが、新芽だけは柔らかいですよ

--------------------------------------------------------------------------------

気の長い話ですね

一年間に新芽の長さ(たったのこれだけ?)しか成長しません
--------------------------------------------------------------------------------

葉の大きさは?

小さくて可愛いです。ドイツトウヒと同じくらいかなぁ・・・
--------------------------------------------------------------------------------

 南側に鉢を置いているホプシー・・・ は、この大きさです

--------------------------------------------------------------------------------

比べてみましょう? 色も大きさも違いますね

--------------------------------------------------------------------------------

 これだけわかれば? 園芸店で間違えることはないでしょうね?

 --------------------------------------------------------------------------------

トップへ
戻る