GM では、改めて。本日はよろしくお願いします!

有紀 よろしくお願いいたしますっ

銀之丈 お願いしますー

しおり よろしくおねがいします〜

よろしくお願いします

椿 よろすく

GM はわ。では、始めますね〜

GM 自己紹介からどうぞです〜

 

銀之丈 "内なる獣"...僕は抑え続ける事が出来るのだろうか」

銀之丈 .....無理ダ、ナ(嘲笑)』

銀之丈 ..............!」

銀之丈  

銀之丈 "漆黒たる悪魔の業爪牙(デビルズ・ファング)" 威綱 銀之丈(いつな ぎんのじょう)

銀之丈 チルドレンでありながら、非日常を避け日常の中にて過ごす高校生。

銀之丈 ウロボロス/キュマイラ/ブラムストーカーのトライブリード

銀之丈 忌避なる悪魔の名を冠せられたのは、如何なる訳か...

銀之丈 彼の一撃は、如何なる防御をも無効化し命(存在)を奪うと言われているが、はてさて。

銀之丈 今回は、最初から逆境に放りこまれた様です。

銀之丈 HP32 IV4 基本侵食率37%【対抗種】

銀之丈 エンブレム『スティールマインド』所有。

銀之丈 シナリオロイス:"内なる獣" □連帯感/■嫌悪

銀之丈 「こんな、オマエが居るから...っ」

銀之丈 ...フン、トンダ茶番ナ言訳ダナ...オマエガ振ルッタ"ソレ"........

銀之丈 PC間ロイス:"繋ぎ隔てる青いリボン"高坂 有紀 ■誠意□隔意

銀之丈 ......若しもの時は...御免、宜しく...

銀之丈  

銀之丈 PLは御神楽。

銀之丈 以上、宜しくお願いします。

 

有紀 「わたしの名前はは高坂有紀、コードネームは”コルドンブルー”です!」

有紀 「お父さんとお母さんの帰りを待っているのもだいじなこと・・って分かってます・・けど、やっぱりできる事ならもう少しお手伝いしたいんです。」

有紀 「威綱さんが・・・行方不明・・・ですか!?」

有紀 16歳の高校生。黒曜石の瞳、黒の長髪に青いリボンを結んでいます。

有紀 UGNのエージェントである両親やみんなの力になりたくてイリーガルに志願しました。

有紀 なので日常を謳歌する普通の高校生です。

有紀 性格は・・臆病?

有紀 自らは攻撃能力を持たない完全な支援型。

有紀 コードネームはお気に入りのリボンと趣味の料理より

有紀 “繋ぎ隔てる青いリボン”高坂 有紀”

有紀 【シンドローム】ソラリス/オルクス 【ワークス/カヴァー】高校生/高校生

有紀 【行動値】4【HP】24【基本侵食率】31% 戦闘支援型

有紀  http://feriz.shin-gen.jp/DX_kousaka2.html

有紀 PC間ロイス:“凝結する砂” 蓮原 しおり さんに ■信頼/口劣等感

有紀 「蓮原さんがいてくだされば、前の人はまず安心・・ですよね!」

有紀 シナリオロイス:”白い羽を纏う少女”天篠 羽衣 さんに ■あと口で 

有紀 PLは夕凪です。 リハーサルをするくらい慎重にがんばりたいと思います!

 

しおり 「え、えっと・・・始めましてっ!!蓮原しおりといいますっ。」

しおり UGNエージェントとしてバイトしながら、高校に通っています。」

しおり 「一生懸命がんばりますので、よろしくおねがいしますっ!」

しおり 「レネゲイド・・・これは誰かを守るために使うもの・・・」

しおり 「誰も傷つけたりはしないっ!」

しおり 「それでも・・・それでも、私はみんなを守りたい。だからもっともっと、強くならないと・・・」

しおり 蓮原しおり、16歳、高校に通い、エージェントとして仕事をしながら、弟と妹と共に生活している。

しおり 基本的には自己主張をしないタイプだが、戦闘時は仲間の前に立ち盾となる。

しおり 日常生活には支障のない視力なので、メガネは授業中などしかかけない。

しおり あ、英語は苦手です(何

しおり HP:27 基本侵蝕率:32% シンドローム:モルフェウス/サラマンダー Dロイス:砂使い

しおり エンブレム「ガーディアンズサイン」 これは、自分が弟と妹を守っていく、その誓いの品。

しおり PC間ロイス:"無銘の騎士剣" 常夜 椿(■尊敬/□食傷)

しおり 「最近、椿くんと一緒に行動する事が多いような・・・気のせいかな」

しおり シナリオロイス:"漆黒たる悪魔の業爪牙" 威綱 銀之丈 (□連帯感/■不安)

しおり 「拉致、消息不明・・・あわわ、大丈夫かなぁ・・・ご飯食べられてるのかなぁ・・・」

しおり PLは、ちむです。よろしくおねがいします〜

しおり 以上ですっ

 

椿 「学生生活(3年の休暇)を満喫しようと思ったら仕事を請け負っていた。」

椿 「…仕事中に満たされている事を、嫌でも自覚できてしまう。これが俺の業なのか。」

椿 かつて別の市で何でも屋をし、海外出張(クロドヴァ)に出向していた彼だったが、

椿 体内のレネゲイドが変異し、体調が悪化。体調が回復するまでの間、何でも屋は一時休業、

椿 健全な高校生活を送ろうとした。

椿 ………が、気づいたらここでも仕事をしていた。三つ子の魂100までという諺を素でやっている男である。

椿 シンドロームはエンジェルハイロゥ/キュマイラのクロスブリード。

椿 シナリオロイス、PC間ロイスの司たそへの感情はOP後で

椿 以上!

 

「初めまして〜司の姉の、み・さ・きで〜〜〜す♪」

『誰が姉よ・・・一回り以上も歳の離れた姉なんていないわよ・・・』

「じゃあ妹?」

『違−う!いい加減自覚したらどう?自分がおばさn・・・』

「うふふ(満天の笑みで)・・・司ちゃんが何歳までおねしょしてたのか言っちゃうゾ☆」

『あー素敵なお姉さんがいて、うっれしいな――・・・』

「さぁ、今日もおねーさんといっしょ。始まるよ〜〜〜\(^o^)/」

吉永家の主婦にして大黒柱、吉永岬。

お気楽極楽、大胆不敵。いつも笑顔を絶やさぬ見た目若いおかーさん。

しかしその笑顔の裏側は最強の息子を手玉にとる最凶の存在。

言葉による催眠術や肉体に作用す物質により、精神や肉体に影響を及ぼす術を持つ。

オルクス/ソラリス/ノイマンのトライブリード。

HP:25 行動値:7 基本侵蝕値:29

シナリオロイス:"ヴェノムロード" 薬師寺 行洋 □遺志/■偏愛 

「大人には大人の事情があるんでしょう?」

PC間ロイス:威綱銀之丈 ■同情/□不安

「司ちゃんにキツいこと言われてないかしら?」

PLhozumiです。よろしくお願いします。

 

GM では、改めてよろしくお願いします

GM まずは、PCゞ簀珪羞から参りますね!

銀之丈 はいさー

======================================

Opening Phase 1 -毒の王と少年- LoadBoy

Scene Player 威綱 銀之丈 Place 公園からの帰り道 Entry 不可

======================================

銀之丈 #1d10+37 登場侵食

GM では、まずは登場をお願いします

ダイス Gin_5na:1d10+37=2(2)+37= 39

しおり Gin_5na:1d10=(3)=3+37=40

GM あれ?

銀之丈 しおりんw

GM いつからダイスに進化したのですかw

銀之丈 GMダイス採用で39ですにゃ。

GM ですね

しおり あ、ごめんなさいw 切っておきます

GM お願いしますねw >切っておきます

GM では…

 

GM 肌を刺す寒さすら上回る沈黙の世界。

GM 白い月が煌々と差す深夜の公園にて、3人の男が対峙していた。

GM すなわち――― ”ジャバウォック”王=蝮蛇

GM        ”デビルズ・ファング”威綱 銀之丈

GM そして……  ”ヴェノムロード”薬師寺 行洋

GM どこか泰然としたようにも、疲労の極みにあるようにも見えるヴェノムロードは

GM 銀之丈の方を見ながら…

GM ヴェノムロード「”内なる獣”よ。お前をその狭く、縛り付けられている檻から解き放ってやろう。」

GM と暗く陰鬱な調子で突き刺すように言った。

 

銀之丈 「何を...言っている」身構え

GM ヴェノムロード「…そうだな。」

銀之丈 ...ソウダナ。コイツノ中ハ、狭イ』

GM ヴェノムロードは、まるで銀之丈の方を見ていないかのように呟きながら、片手を上げ再度呟くように

銀之丈 ...!」自分の口から、ソレが出てきた事に驚き

GM ヴェノムロード「……まずは、下準備をしておくとしよう。即逃亡されても困るゆえ。」

GM パチンっと指を鳴らす音とともに…傍らのジャバウォックが動き出す。

GM ヤーハァー!!という雄叫びとともにジャバウォックを中心に…一斉に数十もの影の触手が飛び出し…銀之丈に襲い掛かる!

GM 《メンタルインベンション》を使用!

GM 対象との〈意志〉との対決に勝利した場合、その行動を支配します!

銀之丈 ......くっ」一体、二体、三体.......その己の手の特性を利用して、迫る影を切り裂き無効化する

GM あ、ちなみに、こちらはコンセントレイトも入れていますので〜

GM #10r7+10 ていやー

ダイス GMkassgi:10r7+10=26(10(2,8,1,1,6,6,2,4,6,9)+10(5,10)+6(6))+10= 36

銀之丈 ....ホラホラ、ガンバレ...サモナイト...(嘲』

GM 36で抵抗してください♪

銀之丈 スティールマインド使用で

銀之丈 #4r10+0 此処で勝ったら笑いものw

ダイス Gin_5na:4r10+0=9(9(9,9,4,7))+0= 9

銀之丈 はっはっはw

銀之丈 回りもしねーw

GM おめでとうございますw

GM ヴェノムロード「…ふむ、《スモールワールド》は必要なかったか」

GM ヴェノムロード「……今、貴様の体にジャバウォックの体細胞を埋め込んだ。」

GM ヴェノムロード「……”ウロボロス”の細胞をな。」

銀之丈 幾ら絶大な威力を誇ろうと、ソレが当たらなければ意味は無い。

銀之丈 「な...に、を....」徐々に身体から感覚が遠のく

GM ヴェノムロード「その種子から芽が吹き…そして、肉体として形成される頃に」

GM ヴェノムロード「”内なる獣”は貴様という殻を破って、外に出てくるであろう。」

GM ここで。”内なる獣”がE《無限を継ぐ者》を使用!

銀之丈 うぉw

GM 条件はあえて伏せておきますが…条件が成就したとき、銀之丈は死亡し、内なる獣に喰われます

GM 喚起に戦慄く、銀之丈の”内なる獣”

銀之丈 『アガケ...サモナイト、早々ニコノ殻カラ抜ケ出テヤルカラナ...?』愉悦の色を滲ませて銀之丈の耳元で囁く

GM ヴェノムロード「さて…下準備は済んだ。」

GM そして、どこか濁っていた眼が急に鋭さを増し…銀之丈を射抜く。

GM ヴェノムロード「実験体No57(=いつ・な)よ。ついてこい。君に一つの試練と真実を与えてやろう。」

GM ジャバウォック「まぁ、拒否してもゴーインに連れて行くつもりですけどねぇ」

銀之丈 「お前に、なんかに....屈する気は、無...」『ハッ。無理ダナ。コレマデノ行動ガソレヲ物語ッテイル』

銀之丈 『オマエニ、確固タル意思ナゾ無イ。只現状ヲ悲観シテルダケダ』その足が のそり。とヴェノムロードの方向に進む

銀之丈 ............」『クックック....』苦痛に歪み、否定の表情とは裏腹に

銀之丈 確実にその身体はその影を追従していった

GM 近づくごとに徐々に銀之丈の視界は黒く染まっていき…

GM 最後に。銀之丈が見たものは。ジャバウオックのニタニタ嗤う顔と

GM 哲学者のような陰鬱さを湛えたヴェノムロードの顔であった・・・

======================================

Opening Phase 2  -飛ぶことをやめた天使-

Scene Player 高坂 有紀 Place 有紀ちゃんの家 Entry 不可

======================================

GM まずは登場をお願いします〜

有紀 #1d10+31 幸先のいいスタートをお願いします

ダイス Yuuki-k:1d10+31=7(7)+31= 38

有紀 侵蝕率は飛ばなくていいのに・・

GM あらw

GM でも、有紀ちゃんは毎回浸蝕率の低さに悩んでいるので

GM これくらいがいいと思いますよw

GM では、ナレーションにいきますね〜

有紀 低いくらいが丁度いいんですよ!w 80超えたらまっはですもの

 

GM 威綱 銀之丈が消息不明になって2日が経った。

GM UGN奈々市支部の総力を挙げての捜索は続けられており…それゆえサトー氏も多忙を極めていた。

GM 十分な護衛もできないことから天篠 羽衣の身柄は高坂 有紀の元へと預けられることとなった。

GM そして、現在、羽衣が有紀ちゃんの家に来て…夕飯の片づけを手伝っている。

GM こちらに来てからも…君の両親の必死の努力にもかかわらず、羽衣の顔が晴れやかになったことはない。

GM 今も…黙々と作業をしている感じがしており…その顔は暗く沈んでいた。

 

有紀 「・・・・」 なんとかしないと・・・っ と洗い洗い

GM 君も隣に立って、黙々と同じようにお手伝いをしていると・・・・

GM 羽衣「うっすらと……記憶にあるんです。」

GM と不意に羽衣がポツリと呟いた。

GM 羽衣「最初は本当におぼろげで……学校が大変になったときに、ハッキリと思い出しました。」

有紀 「え、えっと・・・」 意を決して何かを話しかけようと口を開いた瞬間に  「どんな・・・事をですか?」

GM その声はたどたどしく…誰かに話しているというよりは…独り言のようにも聞こえた。

GM 羽衣「私のなかでは……まだ小さな男の子の姿なのですが。」

GM 羽衣「…どことなく、銀之丈さんに似ているのです。」

GM 羽衣「私は泣いているあの子の頭を優しく撫でて……手に取って。」

GM 羽衣「そこからの記憶はない…のですが。」

GM たぶん。前回(WF2話)で能力の暴走によって、”自身”の記憶を見てしまったことが引き金になっているのだろう。

GM 封印されていたのか。もしくは忘却の彼方にあったのか。

有紀 「仲がよかったんですね〜。でも、あの威綱君が・・・泣き虫さんだったのはちょっと意外かも。」

GM UGNに保護されたときに調べて…それでも、過去のことを覚えていなかった彼女の記憶の扉が虚ろ気に開かれていた。

GM 彼女「まだ…幼かったですから。たぶん、5歳くらいの頃の話でしょうね。」

GM ちょっと虚ろげに笑う。それは力ない笑みであったが…彼女が久しぶりに見せた笑顔であった。

有紀 5歳の二人、きっとどちらも可愛いのでしょうね〜」 笑みを見てこちらもにこっと

GM 羽衣「いえ、実は…」

GM 羽衣「その時の私の手は……17歳くらいだったのです。」

有紀 「ちょっとだけ羨ましいです。わたし、5歳の頃の事全然思い出せなくって」 忘れっぽいんですよ〜 と笑いつつ 「あ・・・」

GM 時間軸があっていない…しかし、彼女は”人間ではない”

GM その10年ぐらいの時間差に……秘められた核心があるのであろう。

有紀 「そっか、お姉さんだったんですよね。ごめんなさい」 きっと忘れてた

GM 羽衣「…いえ、いいのです。私もよく分からないのですので。」ふるふると顔を横に振りながら彼女は答える。

GM 羽衣「銀之丈さん…どこに行ってしまわれたのでしょうね……」

有紀 また、曇った顔を見てこちらも曇らせつつ 「きっと、今度は・・一人で泣いてるんです。」

GM 羽衣「そうですね。また…頭を撫でてあげないと。」

有紀 「うん、知らないですけどきっとそうですよ! やっぱり、わたし達も待ってるだけじゃダメです。 お手伝いしに行きましょう、きっとお腹も減ってますっ」

GM 羽衣「…はい!そうですね。」

GM 少女二人。台所で互いに顔を向けて、気合を入れる。

GM まだ終わったわけではない。手遅れになったわけではない。

GM 逆境の中でこそ…諦めたはいけないと。彼女たちは確認しあう。

GM その姿に。扉の向こうで…両親はそっと目の端をハンカチで拭ったのだった……(マテ

GM (最後の文は編集中に削除するかもしれません。ご了承ください。)

======================================

Opening Phase 3 -非常事態- 

Scene Player 蓮原 しおり Place UGN奈々市支部 Entry 不可

======================================

GM 登場をお願いします〜

しおり #1D10+32 っと

ダイス Shiori-H:1d10+32=4(4)+32= 36

GM では…ナレーションに〜

 

GM バタバタと支部のエージェント達が走り回り…怒号が飛び交う。

GM 君がコートハロルド・サトー氏に呼ばれ最初に目撃した光景であった。

GM 威綱 銀之丈が消息不明になって2日。その間、UGNは総力を挙げて捜索活動を行っていた。

GM そのことは事前にサトー氏から聞いており…芳しい成果を上げていないという。

 

GM エージェントE「ダメっす…ほとんど目撃情報がないっす…」

GM 支部ですれ違ったエージェントが肩を落としながら呟く。その顔には疲労の色が濃い。

しおり 「はわぁ・・・みなさん、手詰まりですっ・・・」 『3日でマスター英会話!!』という本を持ちつつ支部に登場

GM サトー「・・・・Um?よく来てくれた。」

しおり 佐藤さんとねいてぃぶな会話できるように、と英語の勉強をしているつもりらしい

GM 走り回るエージェント達の中心で陣頭指揮を取っていたサトー氏は君の姿を見かけると、そう声をかけてきた。

しおり 「あ、佐藤さんっ。 こんにちは・・・じゃなくて、は、はろー!!」 と、ペコリと礼

GM あの人、ノイマンですから日本語でも大丈夫ですよ!(マテ

GM サトー「HelLo,…見ての通りだ。状況は今だ芳しくないな。」

しおり 「そうですね・・・私も手伝っていますが、何も掴めないです」しょぼんとして

GM 君のあいさつに気さくに片手を上げ返してくれるサトー氏。しかし、その顔は暗い。

しおり 「(この本に書いてあった事、外国人にいきなり話しかけられたら、あいきゃんとすぴーくいんぐりっしゅ、よし、困ったらこれを使おう・・・)」とかも、考えつつ(何

GM サトーさんはどうなんでしょうねw

GM サトー「うむ、なので、各地から応援を呼んでローラー作戦を行う予定だ。」

GM サトー「…とはいえ、相手はあのヴェノムロードだ。できれば交戦は避けたいな。」

しおり 「はいっ、人手が多いのは助かりますっ!私も出来る限り頑張りますっ!!」

GM その元気な言葉に、サトー氏もやや表情を和らげ、うむと頷き

GM サトー「こちらからも改めてよろしく頼む。」

しおり 「はいっ、わかりましたっ」 ビシッっと

しおり 「・・・ヴェノムロード・・・そんなに強敵なんですか??」 佐藤さんの言葉に反応し

GM サトー「そうそう、君は有紀ちゃん達と共に、また私の指揮下に入ってもらう。頼んだぞ。」

GM サトー「そうだな…強敵といえば強敵だ。なにせFHでも何度も”ポイズンロード”の称号を与えられそうになって…その度に断ってきたらしい。」

しおり 「ロード級のエージェントですかっ・・・あわわ・・・」

GM サトー「……ただ。交戦記録を見ると、死者の数はFHエージェントにしては異様に少ない。」

GM サトー「…いや、言い方が悪かったな。」

しおり 「ほえ、えっと、つまり??」どういうことかわからない様子

GM サトー「交戦記録のほとんどが”対象の継続的な戦闘の不能”で終わっている。」

しおり 「継続的な戦闘の不能・・・」 そんな状況を思考中・・・

GM サトー「…要は”敵の無力化”が最も得意としている相手だ。」

しおり 「な、なるほど・・・どちらにせよ、強敵なんですねっ・・・」 なんとなく理解したらしい

GM サトー「考えられるのは、毒による麻痺などか。」しおりんの言葉を受けて

GM あぁと頷き

GM サトー「よって、ヴェノムロードを万が一発見しても即時の戦闘は避けてくれ。」

しおり 「わ、わかりましたっ、覚えておきますっ」

GM サトー「本任務では銀之丈の救出を第一とする!」

しおり 「はいっ!!有紀ちゃん達と協力してがんばりますっ」 改めて、ぐっと手を握り

GM 頼んだぞと肩をバシバシと叩くコートハロルド・サトーさん

GM サトー「うむ。ところで…この仕事が終わったら英語の勉強の手伝いでもしようか?」

GM その眼はじっと…しおりんが持っている本に注がいている。

しおり 「あ・・・あぅ・・・すいません、できたら、おねがい・・・します」 小さくなりつつも、ペコリと

GM サトー「うむ。7か語までいけるからな。他にも何かあったら聞いてくれ。」

しおり 「七ヶ国ですかっ?!」 英語・日本語・フランス語・イタリア語・クロドヴァ語・・・・ぶつぶつ

しおり 「と、ともかくっ、まずは捜索続行でしょうかっ」 気をとりなおして、という感じで

GM サトー「さて…それには、まずは目の前の事件を片づけないとな!」

GM うむ、そうだなと頷くサトー氏。

GM 互いに気合を入れる二人。

GM しかし。しおりは気づかなかった。サトー氏の眼が異様に真剣であったことに。

GM どこか鬼気迫る眼光を秘め。事態は暗雲の最中へと突き進む…

======================================

Opening Phase 4 -日本支部長の依頼- Leviathan request

Scene Player常世 椿&吉永 岬 Place UHN奈々市支部 Entry 不可

======================================

GM まずは登場をお願いします

#1d10

ダイス Misaki-Y:1d10=4(4)= 4

椿 #1d10+32

ダイス Tubaki:1d10+32=6(6)+32= 38

GM ところで、岬さん。現在の浸蝕率はいくつになるのでしょうか?

あ、29+433です

GM 了解です〜 では、ナレーションにいきますね

 

GM 「よく来てくれました。早速ですが、仕事の依頼をお願いしたいのです。」

GM UGN奈々市支部の支部長 樫村 描に呼ばれた君たちが待っていたのは、モニターに映った日本支部長 霧谷 雄吾の姿であった。

GM その顔は…いつものように穏やかながら、どこか危機感を感じさせる雰囲気を纏っていた。

GM その雰囲気に当てられたかのように、奈々市支部ではエージェント達が忙しく行き来している。

GM 今も、君たちがいる支部長の一室の外からバタバタと足音が鳴り響いていた。

GM 霧谷「現在、FHエージェントの手によって、一人のUGNチルドレンが消息不明となりました。」

GM 霧谷「依頼したい仕事というのは、そのUGNチルドレンの捜索ないし奪還となります。」

 

椿 「…めずらしいね。てっきり樫村支部長殿から来ると思っていたのだが」

「霧谷さん直々になんて余程のことじゃないかしら〜」

GM 霧谷「今回は、それだけ緊急性の高い事件であるということになりますね。」

GM 霧谷「攫った犯人の名は”ヴェノムロード” FH内のエージェントでも…かなりの重要人物であるとされています。」

椿 「なるほど。聞き覚えのある名前だな。ということは浚われた馬鹿はあれか?」

GM 霧谷「また攫われた人は…既にお聞きかもしれませんが、威綱 銀之丈というUGNチルドレンです。」

「あら、椿くんは心当たりあるの〜?」

椿 「まぁ、前にね。・・・で、Mrサトーあたりはどう動いてるんだ?

GM 霧谷「コートハロルド・サトーさんは今回の事件の責任者ということで。」

GM 霧谷「捜索及び解決の陣頭指揮を執っています。」

GM 霧谷「よって、今回の依頼を受けて頂いた場合、まずはサトー氏の指揮に従ってください。」

GM さすがに私は本部から動けないのでと苦笑しながら

椿 「なるほど。…しかし日本支部長直々に、だと理由を勘ぐりたくなるが了承した。何かあればまた指示を言ってくれ」

「そういえば聞いたことあるような名前ね〜それは後でまた調べておくとして・・・」

GM しかし。その顔はどこかぎこちない。いつも落ち着いている方としてはかなり珍しい事態だろう。

GM 霧谷「そうですね…」と椿くんの言葉を受けて思案するような顔をし

GM 霧谷「緊急事態のため…本来は伏せておくことなのですが。」

椿 「…ま、どうしても気になるならで、かまわんが」

では霧谷を元気つけるような感じで「大丈夫よっ。こちらには腕利きの彼もいますしっ」椿の腕をぎゅっと

GM そこで一旦、口を閉じて

GM 霧谷「私も”ヴェノムロード”薬師寺 行洋とは面識があります。彼は…あるプロジェクトに参加していた研究者でした。」

GM 霧谷「私自身、彼という人物を知っているがゆえに、今回の事態には何か裏があると感じています。」

GM 霧谷「とはいえ…彼はFHでも知られたエージェントです。安易な交戦は避けて下さい。」

「できれば戦わずに済めばそれにこしたことはないしね。なんとかできればいいけど」

椿 「断言はできないが、了解した」

GM 霧谷「えぇ、お願いします。」

GM という言葉を最後にモニターは暗転する。

「あたしはてっきり愛の告白かと・・・あたしと再婚(けいやく)して歩のパパになってよ」

椿 「・・・・・・

椿 「さ、依頼も受けたことだし、さっさと行くとするか」

椿 そしてとっとと調査に乗り出す

ってもういない

「じゃ、椿くんがパパ?」

椿 だがこちらもいないw

ひどいwでは追っかけつつ退場で〜

GM 人が去った後の支部長室は深と静まりかえっていた。

GM それはあたかも。嵐の前の静けさとでもいうかのように。

GM 埃が一つ地に堕ちたーーーーーーーーーーーーー

======================================

GM では、これにてOPを終了とさせていただきます!

GM では、改めて。本日はよろしくお願いします!

有紀 よろしくお願いいたしますっ

銀之丈 お願いしますー

しおり よろしくおねがいします〜

よろしくお願いします

GM では、ミドルフェイズ1に参りますね〜

GM 次は集合シーンです〜(1名を除いて

======================================

Middle Phase 1 -銀之丈はどこへ?- Where is he? 

Scene Player 高坂 有紀 Place 奈々市支部 Entry 銀之丈以外、可

======================================

GM まずは登場をお願いします〜

有紀 #1d10+38 せい

ダイス Yuuki-k:1d10+38=3(3)+38= 41

しおり #1D10+36 支部なら出ておこう

ダイス Shiori-H:1d10+36=7(7)+36= 43

GM では…

 

GM 奈々市支部の一室。外ではエージェント達が今も走り回っている音がする。

GM 支部全体を包む重苦しい空気が立ち込めるなか、君たちはサトー氏の手によって会議室に集められた。

GM sorry…遅くなってすまない。」

GM 唐突にドアが開いて、サトー氏が入室してくる。その手には書類と無線機が握られていた。

GM 「まだ…状況は芳しくない。とりあえず、君達は私の指揮下に入って、奈々市支部のエージェントとは別に動いてもらう。別」

GM あ、最後のは削除で><

 

しおり 「はっ、はろーですっ」ぺこりと礼をしつつ

有紀 「はい・・!」

GM hello,うむ、元気なのはいいことだ。こういう時は、気分が沈み込むのが一番いけない。」

GM ペコリと無言のままに、サトー氏に頭を下げる羽衣。

GM サトー氏はカツカツと羽衣に近づいて。

GM サトー「元気を出したまえ。大丈夫だ。ここには優秀な人材がたくさんいる。」

しおり 「はいっ、佐藤さんもあまり無理しすぎないでくださいっ!状況が状況ですけど・・・」 とすこし不安な顔になって

GM サトー「きっと、すぐに銀之丈君は見つかるさ。」 と、彼女に声をかけ励ます。

1d10+33 出よう

#1d10+33

ダイス Misaki-Y:1d10+33=8(8)+33= 41

GM サトー「大丈夫だ。これでも、ワーカーホリックの名は伊達ではない。」

有紀 「はい、わたし達も加えてくださって・・ありがとうございます。」 >沈み込むのが〜に対する言葉で

羽衣の後ろからいきなり現れてハグっ

GM サトー「72時間くらいならぶっ続けで動いてられるさ。」

GM 羽衣「はわわわわわわわっ!」

「あなたが話に聞いていた羽衣ちゃんね。う〜んかわいいわね〜」

しおり 「さすがですっ!! って、はわっ」 突如現れた女性(変態)に驚く(何

GM 変態がたくさんw

沢山はいないだろうw

有紀 「今、何時間目・・・って 襲撃ですか!?」

GM 羽衣「…えぇと…どちら様でしょう?」

「こんなかわいい子が娘に欲しかったなぁ・・・」とサトーさんにかくしかで事情を説明しよう

GM 初めて見る女性の顔に戸惑いながら尋ねてくる。

GM サトー「…Um、君たちが樫村からの応援組か。よろしく頼む。」と手を出して握手を。

「あたしのことはみさきおねーさんって呼んでくれていいからね」>羽衣に

GM 羽衣「あ、はい…わかりました。岬お姉さま。」

しおり 「あ、えっと、みさきおねーさん・・・ですか??」 戸惑いつつ

GM 一瞬の躊躇なく。相変わらずの天然さを発揮する羽衣。

有紀 「おばさんもいらしてたのですね〜 てっきり司さんとかだと思ってました」

語尾が変わってるぞw「そうそう、ココには来ていないけど椿くんも動いているから」と付け足して

しおり 「ほえっ、えっと、吉永さんの・・・??」

「有紀ちゃ〜ん・・・おばさんって誰かな〜〜」ニコニコ

GM サトー「ふむ、椿君も動いているのか…心強いな。」

GM サトー「とりあえず、資料を持ってきた。」

有紀 「え、ええと・・・先輩や吉永さんのお母さん」

GM という名の情報項目なのですが!w

しおり 「あっ、吉永さんのお母さんっ、よろしくおねがいしますっ」ペコリ

GM サトー「現状、分かっていることは少ない。それでも、何らかの助けにはなると思う。」といって、机の上にバサッと資料の束を広げる。

「有紀ちゃんもしおりちゃんも料理が得意なようだし、いつうちにお嫁に来てもいいのよ」

GM では、情報項目をあげますね〜

 

GM ☆”内なる獣”:<情報:UGN><知識:RV>

GM ☆”ヴェノムロード”薬師寺 行洋:<情報:UGN><情報:FH><情報:学問><知識:医療>

 

有紀 男の子がいないのに お嫁って変だな〜とかおもいつつ 「あはは、ありがとうございます」 にこっと

GM 現状は2つです。(後から追加される可能性はあります。

しおり 「いえいえっ、私はまだまだですからっ」

有紀 さて、こちらはどれでも5r10+2です

GM あ、そうでした。

目標値はシークレットですか

GM 前回、有紀ちゃんはサトーさんからヴェノムさんの情報を聞いていますので

GM ヴェノムさんの判定に+5のボーナスを差し上げますw

有紀 わぁい

GM です。 >シークレット

ならまずそれからでもやってもらいましょうか

しおり そうですね〜 おねがいします

有紀 では、ヴェノムさんいっきまーす

何気に今いるの皆社会あるからね

有紀 情報収集チーム相当の助けてお父さん

有紀 #5r10+2 やー

ダイス Yuuki-k:5r10+2=16(10(10,3,8,6,5)+6(6))+2= 18

椿 これはひどいw

有紀 っと +5して23です

GM 全項目開示です〜 て、23ww

しおり お父さんさすがw

有紀 お父さんありがとう・・っ

GM 今回、お父さんは張り切っていらっしゃるようですw

GM では、先に項目を開示しましょうか?

有紀 そうですね お願いします〜

GM では・・・

 

GM ☆”ヴェノムロード”薬師寺 行洋

GM 8.表の世界においては、物質等による生物への悪影響、特に毒物に関する医学・科学の一分野『毒性学』の権威者である。

GM その性質上、特に未知の病・未知の化学物質の解明を研究内容にしていた科学者兼医者である。

GM 黒いコートに陰気な雰囲気を纏う長身の男。

GM 16.裏の世界・・・つまりRVの世界ではある種の有名人である。

GM 14年前、渡米した折に、アルフレッド・J・コードウェルと知り合い、当時における未知の病『レネゲイドウィルス』の研究に携わる。

GM その後、日本支部の極秘プロジェクト『アダムカドモン計画』に客員教授として参加。後に、そのプロジェクト離脱後、FHへ移籍する。

GM シンドロームはソラリス/サラマンダー/オルクス。過去に何回もFHから「ポイズンマスター」の称号が贈られようとしたが、全て断っている。

GM →プロジェクトアダムカドモン の情報項目を調べることができるようになりました。

 

GM で、新たな情報項目は…

GM ☆プロジェクト・アダムカドモン:<情報:UGN><情報:FH><情報:裏社会><交渉>

GM となります。

 

交渉でもいいのか〜ならこちらがやったほうがいいね

しおり そしたら、しおりは獣でいきますね〜

しおりに内なる獣をやってもらおう

GM では、どうぞ〜

しおり #4R10+4 情報収集チーム使用 「あっ、そうだっ。堂屋さんなら、何か掴んでるかも」 ペポパッと電話を

ダイス Shiori-H:4r10+4=9(9(3,3,9,3))+4= 13

GM 全項目開示です〜 >獣

 

GM ☆”内なる獣”

GM 7 .威綱 銀之丈の内に潜むケモノ。D《対抗種》の元凶であり…銀之丈を苦しめている原因。

GM 元々は、銀之丈と別個独立したものだったらしいが、ある実験によって融合したものらしい。

GM シンドロームは銀之丈と同様に、ウロボロス/キュマイラ/ブラムストーカー

GM 12 .現在、埋め込まれた細胞(=《メンタルインベンション》)を軸に、徐々に自身の体を形成している。

GM とはいえ、単純に銀之丈の体を突き破って出てきても、半分くらいの”力”しか取り戻すことができないらしい。

GM よって、分離直後に襲撃されないよう銀之丈そのものを喰らい尽くすか、隙を見て逃亡するかの2者択一を考えている。

GM E《無限を継ぐ者》の情報項目を調べることができるようになりました。

 

GM E《無限を継ぐ者》:<情報:UGN><知識:RV><情報:学問>

GM が新たに追加されました〜

また増えたか〜こちらはアダムカドモンを交渉で

GM 了解です

《コンセントレイト:OR/領域調整》侵食+445

#8r8+3+2

ダイス Misaki-Y:8r8+3+2=27(10(2,8,8,9,3,8,4,9)+10(2,10,6,8,10)+7(7,7,6))+3+2= 32

椿 帰れよwwww

しおり みさきおねーさんの交渉術がさくれつ!!

椿 <どこの工作員対策ですか?(何

UGN裏ネットワークでちょいちょいと

GM まぁ、実はこの<交渉>って…

有紀 さとーさんでしょうか

「どうやって聞いたかって?企業秘密よ。うふふ」

GM 霧谷さんに直接聞くことだったりするのですよね^^;)

しおり 「か、カッコイイです」 目をキラキラさせながら

有紀 なるほどw

さすがきりたにん

GM では、開示しますね〜

 

GM ☆プロジェクト・アダムカドモン:<情報:UGN><情報:FH><情報:裏社会><交渉>

GM 1811年前にUGN日本支部にて行われた”ジャーム化を如何に治せるか”を模索するための研究プロジェクト。

GM UGNFHの共同研究という形で行われ、当時の責任者は”リヴァイアサン”霧谷 雄吾であった。

GM 後にジャーム化とは何か?、そしてジャームとは何か?と研究内容は変質していき…結果、未曽有の人体実験場と化した。

GM 現在、その研究内容は凍結され、プロジェクト自体も闇に葬られる形で破棄されている。

GM 詳しくは、上級p78 UGp74参照

 

椿 まぁ、電話で調査のためだけに登場ってのは ありDeathか?

GM えぇ、大丈夫です。浸蝕値振って頂ければ

次のシーンでもいいとは思うけど

椿 いや、早いほうがいいだろう。潰せるのなら

椿 #1d10+38 では電話で登場。そして残りの情報をやる

ダイス hougetu:1d10+38=10(10)+38= 48

椿がそれでいいなら出てもらおう。電話で

椿 …もうとうぶんでない(’’

有紀 椿さんが情報を残して失踪・・

GM 探し人が二人に^^;)

椿 #2r10  まぁ、無限しかないのですが  情報:(どっちも0なので)UGN で、調査

ダイス hougetu:2r10=6(6(6,5))= 6

椿 因みに伺おう

椿 ・x・) ポイントいくつで全開示?

GM 5点ほど足りませんね

椿 じゃあ5点つぎ込もう(何

GM 了解です。

しおり お金の力(キリッ

GM では、全項目開示で〜

椿 ゴーストスイーパーも言っていたよ!カネこそが正義だって!(何

 

GM E《無限を継ぐ者》

GM 11.内なる獣が使用したEロイス。その効果は”銀之丈を喰らいつくし、最終的に取って代わる”ことである。

GM そのための条件として”銀之丈の人格を破壊し、ジャーム化させること”が必要である。

GM (つまり分離するだけなら銀之丈が死亡することはない。)

GM そのための有効手段として、獣は銀之丈と繋がりのある存在に目を付けている模様。

 

GM 以上です!

しおり 「銀くんとの繋がり??」 なんだろな〜と

GM サトー「ざっとこんなところか。」

椿 『と、いうことだ。』

椿 ただし電話

GM サトー「うむ、助かった。引き続き、捜索を頼む。」

しおり 「椿くんさすがですっ」 キラキラ

有紀 「もう、こんな情報を掴んでたのですね〜・・・すごい。 こちらで分かった事は〜」 と情報共有

GM サトー「さて。備えあれば憂いなし、いうしな。」

GM サトー「調達の判定の前に…」といって、今回は…しおりんがシナリオロイスですか。

椿 ホラそこメタらないw

GM では、しおりんにアイテム:クレジットカードを使用!財産P+5してくださいw

サトーさんに今後の方針を聞いてみるけど何かある?

しおり 「わ〜・・・こんなにお金がたくさんっ・・・ありがとうございますっ」ペコリっ

GM 基本は捜索。ただし、ヴェノムさんとの交戦は避けるように。とのことです。

GM 後、ヴェノムロードを見つけたら、こちらに連絡してほしいと

GM 基本はOPでしおりんに言ったことや、霧谷さんが言っていたことと同じですね。

「わかったわ。早いところ銀くんを見つけ出して連れ戻しましょう。そして羽衣ちゃんたちと・・・うふふ」

GM 何か黒い人がいるw

GM まぁ、調達をどうぞ〜

では最後に調達しよう。ジェラルミンシールドを

#6r10+4

ダイス Misaki-Y:6r10+4=9(9(5,9,9,8,2,7))+4= 13

ゲット

有紀 いつものように、ぼでぃあーまーを

GM クリスタルお盆は?

椿 じゃあ、こちらもアームドスーツをだな

しおり 佐藤さんからのお金で戦闘用きぐるみに挑戦

有紀 お盆は財産Pを使うので、基本情報収集が終わってからですねw

椿 #2r10+10 かうよ!電話の外で

ダイス Tubaki:2r10+10=8(8(3,8))+10= 18

GM 了解ですw

椿 買えた(’’

有紀 #5r10+6

ダイス Yuuki-k:5r10+6=17(10(4,8,5,10,7)+7(7))+6= 23

しおり #4R10+6

ダイス Shiori-H:4r10+6=9(9(7,8,8,9))+6= 15

有紀 そして大体こうやってダイス運を無駄遣い・・・

しおり 素で買えてしまった・・・(何

GM では、バララッとヘリからアームドスーツを投下。

椿 ・・) ちょwwwww

GM エージェントE「ていやっと、」

しおり とりあえず、顔が出るパンダの気ぐるみを

有紀 きっと家から着てきました ぼでぃあーまー

椿 UGNにたのんでねEEEEE

GM エージェントE「ヘイお待ちっす!」といって、パンダの着ぐるみをドンッと。

しおり 「わっ、ありがとうございますっ」と早速試着

GM 会議室でもふもふと着替えるしおりん。

GM こうして、銀之丈の捜索が始まった・・・・

GM 危機感台無しな気がするのは、どうしてでしょう?w

誰のせいだw

======================================

Middle Phase 2 -真実は重く-

Scene Player 威綱 銀之丈 Place 奈々市のどこか Entry 不可

======================================

GM まずは登場、どうぞです〜

銀之丈 #1d10+39

ダイス Gin_5na:1d10+39=10(10)+39= 49

GM 高いw

銀之丈 ジャーム化一歩前進(

GM おめでとうございますw

GM では、ナレーションを

 

GM 体の支配権を奪われてから、3日経った。

GM ジャバウォックに監視されながら、奈々市内のあちこちの拠点を移動する日々。

GM 焦燥が身を焦がす。徐々に大きくなっていく、体の中の違和感。

GM …そう、これは。 まるで”内なる獣”が今にも体を引き裂いて飛び出していくかのような幻覚を引き起こしていた。

 

GM 『内なる獣』「…マダ抗ウノカ。」

GM 愉悦の色をにじませながら抗う君を嘲笑し続ける体内の獣。

GM そう。君にとって最悪なことは。今まで断片的にしか聞こえなかった獣の声が頻繁に聞こえてくることが焦燥の色を濃くしていた。

銀之丈 ...僕のモノ(身体)は僕のモノ(意思)....オマエのモノ(道具)なんかじゃない...

GM 『内なる獣』「…クックック。戯レ事ダナ。モウ一度、言っテヤロウ。」

GM 『内なる獣』『オマエニ、確固タル意思ナゾ無イ。只現状ヲ悲観シテルダケダ』

GM 『内なる獣』「全テヲ ワレノセイニシ ズット罪カラ逃レテイルニ過ギナイ」

銀之丈 ......っ」

GM 『内なる獣』「ソンナ奴が意志ダト? 道具ダト?」

GM 『内なる獣』「見苦シイナ。ソロソロ ソノ現実逃避ニトドメヲ刺シテヤロウ」

GM ”内なる獣”がE『砕け散る絆』を使用!D『対抗種』を消去します。

GM よって、このセッション中『対抗種』の効果を受けることができません!

銀之丈 内なる獣が、戯れに貸していた力を貸さなくなった ってことですね

GM ですね。

GM 『内なる獣』「コレデ コレカラ貴様ガ力ヲ使ウタビ二、ソノ罪モ己デ背負ワナイトイケナイ。」

銀之丈 ...

GM 『内なる獣』「耐エラレルカネ? ソノ小サキ意志デ?」

銀之丈 ...耐えてやるさ、オマエに踊らされないなら、全部っ」

GM 『内なる獣』「…フンッ、セイゼイ最後マデ足掻クトイイ。ソレ、オ客サンガキタゾ?」

GM カツンッと。靴音がする。

GM 目を音の方向へ向けると…そこには、拘束されてから一度も姿を現さなかったヴェノムロードの姿があった。

GM 彼はそのまま陰鬱な視線を君にむけたまま…ボソリと口を開いた。

GM ヴェノムロード「……3日前。あの日、あの公園にて。私は君たちの会話を聞いていた。」 >WF2話のED参照

銀之丈 ...それ、で?」顔を向けることができたのは、アイツが向け、と思ったからだろうか、と、脳裏を過ぎらせ

GM ヴェノムロード「当初の予定では…強制的に事を進める予定であったが。……気が変わった。」

GM ヴェノムロード「私は神など信じていないが。この実験に君が関わってきた…のは、ただの偶然で片づけるのは惜しい。」

GM ヴェノムロード「…一つの真実を話してやろう。『悪魔と融合させたら制御が行えるか?』の実験で生まれし実験体No.57よ。」

銀之丈 ...なっ!?...

GM まるで学生に講義をするかのように、片手を上にあげ、彼は話を続ける。

GM ヴェノムロード「その身を巣食うケモノは本来『遺産』の一つであり…固有の肉体を持たないジャームだ。」

GM ヴェノムロード「11年前、プロジェクト・アダムカドモンが発足した当時。…まだウロボロスもレネゲイドビーイングも知られていなかった頃の話だ。」

GM ヴェノムロード「”ジャームとは何か?”に研究が変質した時期に。あるモノが持ち込まれた。」我々はその個体に”ジャバウォック”というコードネームをつけたんだがと続ける。

GM ヴェノムロード「我々は……ジャーム化制御の研究の一環として…OVとジャームの融合実験を行った。」

銀之丈 ........

GM ヴェノムロード「但し。この実験には高確率で実験体がジャーム化、暴走する恐れがあった。」

GM ヴェノムロード「…よって。君の暴走…レネゲイドウイルスの浸蝕を食い止めるために…私と私の研究素材…”天篠 美衣”が呼ばれたのだ。」

銀之丈 ....天篠....

GM ヴェノムロード「推察の通り。彼女は天篠 羽衣の”オリジナル”だ。」

GM ヴェノムロード「……少しは、記憶に残っているのではないかね?」

GM という言葉の共に、フラッシュバックする彼女の笑顔。

銀之丈 ..........」実験合間のちょっとした会話。暖かい、"お姉さん"の手....

GM 美衣「大丈夫だよ…私がついているからね…」

GM 温かい言葉が。暖かい手が。君の中心を通り過ぎっていった感覚…

銀之丈 ....みぃねぇ....さん」思考は過去を彷徨う

GM そして、その回想を断ち切るかのように

GM ヴェノムロード「結果から言えば、融合実験は成功した。……彼女の犠牲によって。」

GM 冷たい医者の言葉が部屋中に響く。まるで、毒を一滴垂らしたかのように。

銀之丈 ....!」それは、劇物となって、銀の精神を蝕む

GM ヴェノムロード「彼女は今、私の元にいる。……氷に包まれて。」

GM ヴェノムロード「…結論を言おう。君のその性格、その自己正当性。それは獣のせいではなく…彼女を犠牲にして君は生き残ったという罪からの逃避に過ぎん。」

GM ヴェノムロード「…ゆえに。あの実験に関わった者として。貴様の結末を見ておく必要がある。」

銀之丈 「そんなことは...そんな...こと..........」段々語尾が小さく

銀之丈 初めて知らされた その事実 特に"己のせい"で、という部分に大きく揺さぶられ

GM ヴェノムロード「…さて。要件は終わった。貴様を仲間の元へ返してやろう。」

銀之丈 ..............」逃げまどった挙句、そこにあるのは逃避先なぞ無いという真実のみ

GM ヴェノムロード「……後は存分に。”内なる己”との決着をつけるがよい。」

GM と語るだけ語って、背を向けて去っていくヴェノムロード。

GM 部屋にはただ、彼の規則正しい靴音だけが響いていた。

銀之丈 ....」その声が聞こえてるいるのかどうか。ただ、その前に掛けられた真実というなの毒が彼の思考を侵し続けていた。

GM 埃が一つ舞った――――――。

======================================

Middle Phase  3 -帰還せし者-

Scene Player 蓮原 しおり Place 奈々市繁華街 Entry

======================================

GM 登場をお願いします

しおり #1D10+43 例の『3日でマスター英会話!!』を読みつつ登場(何

ダイス Shiori-H:1d10+43=8(8)+43= 51

しおり 「ふむふむ、れっすんつー、とっさに使えるふれーず、ぷりーずかっぷおぶこーひー なるほど・・・」

GM 英会話で上がる浸蝕率。新機軸ですね!w(マテ

GM では、ナレーションに〜

 

GM 奈々市支部の総出で捜索を開始してから1日が経過した。

GM 君は今、市内の中心でもある駅近くの繁華街を捜索している。

GM ふと何かが視界の隅に映ったので。読んでいる本から顔を上げると

GM そこには。白昼堂々と姿を現した銀之丈と、資料で見たヴェノムロードの姿があった。

 

しおり 「ほえ?あれは・・・って、いきなり遭遇ですっ?!」 あわてて本を鞄の中へ

しおり 「えっと、えっと、まずは・・・えっと・・・うん、そうそう、連絡連絡」 二人を視界に捕らえつつピポパッっと佐藤さんへ

GM その慌てた姿に気にしている風でもなく。毒の王はしおりを見つめ。

GM ヴェノムロード「…ジャバウォックからの報告にあった盾使いの少女か。」

GM ヴェノムロード「…こちらの要件は終わった。威綱 銀之丈を返そう。」

しおり 「え、えっと・・えっと・・・あいきゃんとすぴーくいんぐりっしゅ!! って、ほえ??」 返すという言葉に反応して

GM サトー氏からは”わかった。絶対、交戦するな!?”という言葉だけを残して連絡が切れる。

しおり 「よ、よし、後は交戦しなければ・・・」 警戒しつつ、銀くんの様子を見る

GM ヴェノムロードは銀之丈の背中を押し。しおりの方へ突き出す。

GM このタイミングで《メンタルインベンション》は解除されます。

銀之丈 .....」押し出される形で数歩前へ。

銀之丈 しおりんの手前2歩の処で立ち止まり。支配が切れる

銀之丈 #1d10+49 ということで、登場扱い

ダイス Gin_5na:1d10+49=3(3)+49= 52

しおり 「・・・銀くん??大丈夫」顔の前で手を振ってみる

銀之丈 ..........................あぁ.......うん。今はまだ....大丈夫....」全然そんな風は無いがw

しおり 「それならよかった・・・」 一応、いつもの銀くんなので一安心、という感じで、視線をヴェノムロードに向ける

しおり 「・・・ヴェノムロード・・・あなたはいったい・・・何がしたいの??」 いままでの行動からの目的がさっぱり見えないしおりは問う

GM ヴェノムロード「………一人の少女を救うため。私は行動している。」

しおり 「一人の少女を・・・救う??」 とても、要注意人物の口から出てくるとは思えない言葉に首をひねる

銀之丈 ...(ぴくっ)」その声に、一瞬表情が動く

GM ヴェノムロード「…詳しくは、そこの彼に聞くがよい。」

銀之丈 .....」今度は苦虫を噛み潰した様な苦渋の色を浮かべる

しおり 「銀くんと・・・関係がある・・・」羽衣ちゃんかなぁ・・・とか思いつつ

しおり 「でもっ、少女を救うなら、こんな方法じゃなくてもっ・・・」 どんな方法かは知らないが、FHというだけでなにかよくないことと感じて

銀之丈 ......」先ほどの位置から、一歩も動く事なく。二人の会話が耳を撫でる

GM ヴェノムロード「……私がFHに行ったのは、ただの結果論に過ぎない。そして、私には時間がない。」

GM ヴェノムロード「多少の強硬手段が取らせて頂く。」

しおり 「……それは、あなたの“護りたい”人なの??」 時間がないという言葉を聞いて

GM ヴェノムロード「無論。…それに10年をかけたのだ。」

しおり 「そうなんだ・・・」 と、ここで ヴェノムロードに■同情/□隔意 でロイスを

GM 最後の言葉にだけ明確な意思を込める。

GM 了解です

銀之丈 それをさせた要因としての銀之丈という個体としては 知らないとはいえ、その会話は心を刻むにはあまりにも十分で。

しおり 「それなら・・・その人を“護って”あげて・・・」すこし悲しげな顔になりつつ

銀之丈 その言葉が引鉄になったのか

銀之丈 「!」"二人から"逃げる様に、俯いたままその場から駆け出していく

しおり 「銀くんっ?!」 彼のことを振り返りつつ

有紀 そして、人影とぶつかります

有紀 #1d10+41 2!

ダイス Yuuki-k:1d10+41=8(8)+41= 49

有紀 銀ちゃんにぶつかられたので《リザレクト》分も含まれてるに違いないです

銀之丈 前を見ずに走っていたが為に、それを認識したときには既に遅く。いや、そもそも認識しようと思っていたのかも怪しいほどに。

GM そうなのですかw

銀之丈 勢い良く、衝突した。

有紀 「蓮原さん、威綱君が・・・・って・・きゃ!?」

しおり 「あわわ・・・あわわわわ・・・」二人がぶつかるのを目の当たりにして

銀之丈 銀は ふらついて、躓いて、そのまま地面に受身を取らずに落下。大層痛そうな音が暫し耳に残る

有紀 正面衝突でひっくり返ってからそちらを見て 「威綱君・・・ 無事だったんですね。 みんな・・天篠さんだって心配して・・・!」

しおり 「だ、だいじょうぶっ!?」慌てて近づいて、銀くんを起き上がらせる

銀之丈 ...」額と鼻から流血させながら、だが、その痛みは気にしてない様に立ち上が....

有紀 「みんなが来ますから、逃げなくてももうだいじょ・・・・」 そして彼の後ろに見慣れない?人が

銀之丈 が、足を挫いたのか、再度倒れる。

GM そこには君たちのあたふたした姿を陰鬱な表情で眺めている人が。

しおり 「はわっ」 あわあわしつつも銀くんのことを支える

GM ヴェノムロード「……君か。冴丈 当真が気にかけていた人物は。」

有紀 転んだまま、視線をそちらに 「貴方が・・・"ヴェノムロード"さん・・・ですか。」

GM それには、沈黙で肯定の意志を返す。

有紀 「冴丈さんはわたしの先生です・・!」

GM ヴェノムロード「……ふむ。では、彼の意志は伝わったということか。」

有紀 「・・・はい、先生はわたしの中に、いまでもいますから・・・っ」

GM ヴェノムロード「……結構。手間暇かけて偽装工作した甲斐があったとういうもの。」

GM ヴェノムロード「……そうだな。一つ言っておくことがあったか。」

GM ヴェノムロード「冴丈 当真は誰も殺していない。」

有紀 先生との思い出とか、別れが軽くフラッシュバックして少し言葉に詰まってます

有紀 「・・・え?」

しおり 「有紀ちゃん・・・」 銀くんを支えつつ黙って会話を聞いている

GM ヴェノムロード「……あの時、私は病院で運ばれてきた冴丈 当真の従者が傷つけた被害者を治療していた。」

GM ヴェノムロード「無論、病院で治療に当たっていたことも。UGNに死者7人という偽装情報も流したのもジャバウォックの仕業だ。」

有紀 「・・・!」

有紀 「そう・・・ですか。よかった・・・。 でも、なんで」

GM ヴェノムロード「……ふむ。一つには彼がそうと望んだのが大きい。」

有紀 「先生が・・ですか?」

GM そこで、一旦区切って。わずかに思案するような顔になった後。

GM ヴェノムロード「…では、一つ聞こう。高坂 有紀よ。冴丈 当真のような末期患者を救うにはどういう方法があるかね?」

GM ヴェノムロード「……OVが死ぬというのは何も肉体的に死ぬだけに限らない。」

GM ヴェノムロード「……ジャームとなって、自身の死体が死傷者を増やす病原体となる。」

GM ヴェノムロード「……それがOVの『死』というものだ。」

有紀 「・・・・」 今まで見てきたいろいろな人の死も走馬灯となって

しおり 「・・・」 しおりも何かを考えるような表情に

GM そして、有紀ちゃんは一つの事実に気づく。

GM サトーさんは言っていた。ヴェノムロードのFHでの活動は『失敗作の延命』であると。

GM 彼はもう何度も何度も。この重い事実に突き当たってきたのだろう。

有紀 そっか、延命・・・なのですよね

GM 失敗作を引き取り、延命を施しても。最後にはジャーム化し自身の手で処理する。

GM それが彼の歩んできた10年なのだ。

GM です。 ゆえに、この人の言動は陰鬱なのです。 >延命

有紀 この人は、どれだけの死をみてきたのかしら 「分かりません・・・けど」

有紀  「・・・・先生は、あんなになっても。最後は・・満足そう・・でした。 そして、先生は今でもわたしの中にいてくれます。 それは、貴方のお陰・・・なのですよね。 その事は、ありがとう・・ございます。」

GM ヴェノムロード[]

GM 間違い><

有紀 転んでたままだったのに気付いて 慌てて起き上がってぺこり

GM ヴェノムロード「……そうか。そこでそうと言える君は強いのだろう。」

GM ヴェノムロード「……見習うがよい。威綱 銀之丈よ。」

銀之丈 ......」顔を向けることはない が、肩がぴくり、と動いたということは、その声は届いているようだ

 

GM サトー「……ここにいらっしゃいましたか、先生(doctor)。」

GM その声に振り向くと。急いで駆け付けたのだろう、息を切らせたコートハロルド・サトー氏が立っていた。

しおり 「あっ、佐藤さんっ!!」 交通渋滞にでも巻き込まれて走ってきたのかな??とか思いつつ(何

GM 吐く息は荒く。冬の寒気相まって白く立ち上る。

有紀 「でも・・・ 「さ、サトーさん!」

GM サトー氏はヴェノムロードをじっと見つめた後…おもむろに両手を地面につけ土下座のような姿勢を取る。

 

GM サトー「先生!お願いです! UGNにお戻りください!!」

 

GM と一言叫んで、頭を下げる。

しおり 「ほえっ、ほええっ、佐藤さんっ?!」 その行動を理解できず混乱

有紀 「え? ええ?」

GM その姿勢をしばらく眺め続けるヴェノムロード。その彫刻のような顔はピクリとも動かない。

GM そして、吸った息を吐くかのように。

 

GM ヴェノムロード「……それはできない。」

 

GM とキッパリと拒絶した。

GM サトー氏「何故です!? この10年間、私は先生を迎えるために本部エージェントまで上り詰めました!」

GM サトー氏「先生の人格を慕っている人は大勢います!日本支部長やMr.藤崎も受け入れに賛成してくれています!」

GM 何故と…そこで言葉を詰まらせるコートハロルド・サトー。

GM その姿を見て……毒の王は、口元を引き結んだ真剣な表情で答える。

GM ヴェノムロード「………君がこれだけ私を慕ってくれているのは純粋に嬉しい。それは偽りなき本心だ。」

GM ヴェノムロード「……だが。私には時間がない。」

GM そして、おもむろに右の腕を上げ…その袖口をまくる。

GM その腕は黒く…暗く。昏く紫色に変色していた。

GM その腕を見て、先生、それは…と口を開けて驚くコートハロルド・サトー。

GM ヴェノムロード「……私の強すぎる”毒”は私自身をも飲み込もうとしている。どんなに長く持っても半年。既に…私の命は尽きているのだ。」

しおり 「それで・・・時間が・・・ない・・・」 あまりの出来事に思考がついていかない

GM そして、バサリと漆黒に染まった白衣を翻し。

有紀 「自分の毒・・で・・?」

GM ヴェノムロード「医者として心からお礼を言おう。あの日、あの時、助けた少年が強く育ってくれたことに。」

GM 次に会うときは敵同士だな…さらばだ…と最後に呟いて。

GM ヴェノムロードは去って行った・・・・・・

しおり 「・・・え、えっと・・・とりあえず??」 ヴェノムロード去っていくのを確認するが、どうしたらいいか、わからず

有紀 「え〜っと・・・ そうですよ、と、とりあえず・・! おかえりなさい、威綱さんっ」

銀之丈 ........半年.....それを......か」ぽそりと呟き、逃走の気配は消える

しおり 「そ、そうですっ!おかえりなさいっ」 銀くんに

GM 突きつけられた事実を胸に。

GM そこには2人の少女と、一人の少年。

GM そして、失意に沈んでいる一人の男性の姿があった……

 

GM では、ちょっと長くなりましたが

GM 調達をどうぞ!

有紀 クリスタルお鍋を

有紀 #5r10+6 えい

ダイス Yuuki-k:5r10+6=9(9(9,3,4,7,5))+6= 15

有紀 さすがにまわらず・・失敗で

銀之丈 鍋ってw鍋ってw

GM いつもの有紀ちゃんでしたw

しおり じゃあ、しおりも鍋をっ

しおり #4R10+6

ダイス Shiori-H:4r10+6=7(7(4,7,7,3))+6= 13

銀之丈 ボディーアーマーを。

しおり まわらず、失敗

有紀 お腹へってそうですから シチューでも作ろうかと

GM 銀ちゃんはなしで?

銀之丈 #1r10+0

ダイス Gin_5na:1r10+0=1(1(1))+0= 1

銀之丈 そりゃ、解放されたばっかだしなーw

しおり ふ、ファンブル・・・

GM ですね〜

有紀 捕まってる間に背がのびて今までのが使えなく

GM では、シーンを締めますね!

銀之丈 はいな

======================================

Middle Phase  4 -選択の果て- 

Scene Player常世 椿 Place 奈々市支部 Entry

======================================

GM まずは登場をどうぞです。

椿 #1d10+48

ダイス Tubaki:1d10+48=2(2)+48= 50

椿 よし

GM おめでとうございます?(何

GM では、ナレーションにいきますね

椿 ・3・)

 

GM 銀之丈と失意のサトー氏を連れて、君たちはUGN奈々市支部に戻ってきていた。

GM 空気は重く。それは銀之丈が失踪し、対策本部として君たちが集められたときよりもなお暗く淀んでいた。

GM 針の落ちる音すら聞こえさそうなほど静寂のみが場を支配している。

 

椿 「で、何か弁明は?」

有紀 #1d10+49 えい

ダイス Yuuki-k:1d10+49=6(6)+49= 55

椿 流石に依頼を受けました。現実は前のシーンでした。じゃあ、納得はしない(何

1d10+45 合流

しおり #1D10+51 っと

ダイス Shiori-H:1d10+51=6(6)+51= 57

#1d10+45

ダイス Misaki-Y:1d10+45=7(7)+45= 52

銀之丈 #1d10+52

ダイス Gin_5na:1d10+52=8(8)+52= 60

有紀 銀ちゃんは検査とか受けたのかしら

「銀くんが戻ってきたんだって?」と来てみれば男二人の生気が抜けてると

銀之丈 ......何も....」>弁明

GM はい。一応、体の異常は見つかってます。 >銀之丈

しおり 「あ、岬さん・・・」 ウルウルした目で見つめる

「彼が銀くん・・・随分とイメージ違うわねぇ」前シーン会話内容はここでかくしかかな

銀之丈 Dが使えなくなった というのは、判らんかもね。判ってもいいけど

有紀 どういう異常が?

銀之丈 ウロボロスの細胞が、順調に育ってる ってヤツだろうね

椿 「・・・・・・・やれやれ、酷い茶番劇に参加させられた感が拭えんが、・・・とりあえずこちらとしては仕事の内容そのものは終わったか

椿 <銀さんもどったし

「とりあえず今は落ち着いてもらって、また後で話をしましょ」

銀之丈 完全に、2話後半の覇気は無くなってる。寧ろベクトルが真逆

GM ”内なる獣”の情報については、情報項目をありましたし知っていてよろしいかと。

GM >後、銀ちゃんが言うなら、Dロイスの消去についても

椿 「─後は報酬だけはしっかりと払っておいてくれ」と、だけいって去ろうとしますが(何

銀之丈 そこら辺は、結果として、銀の責任 という諸々の話に波及するからなぁ

ここで椿が行ったらシーンが切れるがw

GM 切れますねw

有紀 なんというメタ的な脅迫

椿 まぁ、正直椿としては

しおり シーンプレイヤーの暴動(何

椿 キレてもいいレベルだとおもう(何

銀之丈 思う(ぁ

有紀 キレたらいいんじゃないかしら

椿 まぁ、シーン進まない品!このままだと

銀之丈 .........サトーさん。まだ、僕を任務に就けておきますか........?」天井を見上げたまま(但し焦点は合ってない)

椿 蛙、一応シナリオロイスのノムたんに □遺志■無関心  みさきーぬには □あの二人の母親だけはある ■しかしこのパワーは苦手

GM 了解です。

GM では…

GM それには答えず。

GM サトーさんはポツリポツリと独り言のように語りだした。

GM サトー「先生とは…もう12年前になるのか。その時にお会いした。」

GM サトー「私は…当時、いや今でも。レネゲイドウイルスの脳への過剰発症によって、不眠症の兆候にある。」

GM サトー「それが只の不眠症ならいざ知らず。レネゲイドウィルスによるものとしては、当時では解決策がなかった。」

GM サトー「それを抑えてくれたのが、先生(=ヴェノムロード)なのだ。」

GM サトー「…まぁ、後は君たちの知っての通りだ。」

銀之丈 .............................今回の一連の発端は、僕が全ての原因らしいです.......

しおり 「佐藤・・・さん・・・」

GM サトー「……迷惑をかけたな。これ以上、指揮を執るのにふさわしくないと判断するなら、後は日本支部長に代わる。」

まぁ、ここは銀くんに話してもらましょう。と他の人を制しましょう

GM サトー「君が原因だと思うなら、解決策を探ればいい。」

椿 「なるほど、で?あれをそちらに戻す理由だけで、犠牲になった人間に対して、それで納得しろと言うつもりかい?…ま、問い詰めるのは後にして、依頼人にも話を聞いておくか。」

椿 ということで霧谷にも事情を説明してもらう

銀之丈 "内なる獣"の事は、多分色々既に知ってるとは思うけど」天井をやはり見たまま

銀之丈 「その実験体として、僕はそこに居た。そして、その際に、僕の代わりに、一人の女性が身代わりとなった.....

銀之丈 「あとは、その人の代わりとして生まれてきた彼女を巡って、物事は動いてる...

しおり 「その女性って・・・?」 ヴェノムロードの言葉を思い出しつつ

銀之丈 ..................」顔を皆の方に向けて

銀之丈 「天篠 美衣....羽衣ちゃんの、オリジナル。彼女の将来を、僕が奪った事になる

しおり 「そして、ヴェノムロードが助けたい、“護りたい”人・・・」

銀之丈 ...うん。そういう意味においても、原因としては、僕に、なる」

銀之丈 ということで、詳細についてはかくかくしかじか と、拉致られた処で聞いてたことを話すよ

GM 了解です

銀之丈 あわせて、獣の状況についても。

GM 了解です

銀之丈 「あと、知っての通り、獣は僕の中で別の個となりつつある。だから、僕がその""を扱う事は、もう、できないかな」

「誰が原因とかはなしにして、それじゃあ銀くんはこれからどうしたいのかな?」と聞いてみる

銀之丈 本当、お荷物にしかならないよね、これじゃ。 と少しばかり冗談めかして話はするが、そのやりとりは、本当に表面的なものでしかないのは、聞いてる皆は即見破れるレベル

銀之丈 ......判らない」ぽつり

椿 「解りたくないの間違い…ではないか。考えたくもないの間違いにしか見えんな」

有紀 いないよりはいたほうがまだマシですよね と、いう事で ここでシチュー鍋を持って壁|-)チラッ ≡ヾ(*゜▽゜*) 只今参上♪

1有紀 参上

椿 空気よんでねえ!(何

GM お見事ですw

有紀 GMさま、料理スキルで振ってみてもいいかしら・・

銀之丈 さすが、外さないw

GM どうぞ〜

有紀 PCは空気呼んでますよ;

有紀 #1r10+13 ありりです!

有紀 #1r10+13

ダイス Yuuki-k:1r10+13=9(9(9))+13= 22

GM 残念、クリティカルせず><

有紀 くぅ、惜しい 「皆さん、シチューができましたよ〜 お腹が減ってはどうするかも決められませんし 威綱君も、お腹減・・・あら?」

じゃあそれに乗るか・・・「うわ〜〜〜おいしそう〜みんな折角だし食べよ、食べよう〜」

しおり 「そ、そうしましょうっ!!」

GM サトー「私ももらってもいいかな?」

有紀 「もちろんです、い〜っぱい作りましたから!」

「うん、おいしいっ。有紀ちゃんあたしと結婚して!」

銀之丈 .........ありがとう」よそってもらって目の前にありはするものの

しおり 「・・・熱そうです\\\

しおり 「・・・熱そうです・・・」と、ふーふーしつつ食べる

GM サトー「うむ、うまいな。」 さて、と言葉を区切って

銀之丈 それに手を付ける様子は無い。

GM サトー「このまま沈んでいても仕方があるまい。まずは目先の問題を片づけるとしよう。」

有紀 「でしょう? このじゃがいも、クラスの井伊君が分けてくださったんですよ〜 威綱君が見つかったって言ったら、是非って」

GM サトー「目下の問題は、威綱 銀之丈の中の獣の処理だ。」

椿 「目先も何も現状、俺の仕事は終わってるわけだがな・・・」

有紀 「爆発くらいするくらいおいしいから、是非食べさせて爆発させてあげてくれ って。 だから、早く元気に・・・威綱・・君?」

しおり 「椿くん・・・」 言ってる事は間違ってないが・・・という感じで

GM サトー「私に対して不満もあるだろうが……ここで放っておくと、ジャームが1体増えることになる。」

椿 「これは公私のつけ方の問題だ。感情的に理解できないとは思うがそれはそれ、これはこれ。フリーランスだからこそ余計に気をつける必要がある」

GM サトー「……そうだな。常夜 椿くん。改めて仕事の依頼を受けてくれないか?」

椿 「・・・依頼か。流れ的には大体の予想はついているが、改めて」

GM サトー「依頼内容は、銀之丈の中の獣の処理だ。」

GM サトー「本人の現状はともかく。中に眠っている獣は今や別個の存在として大暴れしようとしている。」

GM サトー「その被害をUGNとしては食い止めなければならない。」

しおり 「はいっ」 佐藤さんの言葉にうなずいて

椿 「で、とめる目算はついているのか?」

「ふふふ、椿くんもまた1つ大人になったわねぇw」

GM サトー「これは何も椿くんへの依頼だけではない。他の方にも。当初の依頼の目的は達成した。」

GM サトー「そのうえで、改めて協力を頼みたい。」 と頭を下げて頼む。

有紀 「もちろん・・・です! 何ができるのか・・分かりません・・けれど」

「もちろんよね〜」

しおり 「もちろんですっ!!」 っと、ここでサトーさんに■尽力/□無力感 でロイスを

「ただ今の銀くんじゃ、例え内なる獣をなんとかできたとしてもただの抜け殻同然になっちゃうわねぇ・・・」とこれは直接言うわけでもなく

GM サトー「…止める算段は、この資料の中にある。さすがは、樫村氏の部下だ。いい仕事をしてくれる。」

GM ロイス、了解です

銀之丈 ......別に、抜け殻という訳じゃ....ない」いえ、誰がどう見ても抜け殻です

椿 「ま、多少言いたいこともあるが、依頼は受けておくことにしよう」

しおり 「えっと・・・この資料の中に・・・」資料の山に見る前からぐったりしつつ

GM サトー「皆、ありがとう。」

GM さて。

GM では、最後の情報項目ですが

GM ☆”内なる獣”に対処する方法:<知識:RV><情報:学問>

GM となります。

「そうそう、例え理不尽でも従わなければならないときがある。それが大人の世界なのよ〜」しみじみ

しおり ではっ、サトーさんからお金をもらったしおりがっ

銀之丈 無駄使いしてなければいける(

有紀 ふぁいとーですw

GM どうぞ〜

しおり #4R10+2 情報収集チーム使用 「ま、まずはどこから読もう・・・」

ダイス Shiori-H:4r10+2=17(10(6,9,10,8)+7(7))+2= 19

GM クリティカルしていますねw

しおり 「足りるかな??」 お財布持ちつつ

GM はい、十分です。両方とも10でした。

GM では…

GM ☆”内なる獣”に対処する方法

GM 選択肢:【肉体】あえて獣を分離させ獣を殺害する方法

GM あえて獣に隙を見せ、分離を促し、その上で始末する方法である。

GM 利点は”内なる獣”の戦闘力が格段に下がることである。

GM 欠点は銀之丈の戦闘力も下がること(取得している全エフェクトのレベルがマイナス1(最低1Lv)される)にある。

GM また奈々市に被害が出る可能性もある。

 

GM 選択肢:【精神】銀之丈の精神の中へ入り獣を始末する方法

GM 銀之丈の内部へと侵入し、精神世界で獣と雌雄を決する方法である。

GM 利点は現実に死傷者がPC達に限られること、銀之丈が全力を出せることである。

GM 欠点は内なる獣も全力を出せること、そして、この手段を実行できる人物がPCにはいないことである。

 

GM 以上の二つです。

しおり 「・・・この二つの案が有力ですっ!!」

GM どちらの方法を選ぶかによって、次のFSの判定が変わります。

銀之丈 あっと、GM確認

銀之丈 Lv-1は以後ずっと?

GM いえ、このシナリオ終了まで ですね

銀之丈 了解です

しおり 「・・・銀くんは・・・どう思う??」

銀之丈 『クックック。今コイツニ聞イテモ、無駄ダナ』にたり。とした口形をとり、声が漏れる

有紀 「獣さん・・・!?」

しおり 「えっ?!・・・・・・えっと、そっか・・・」 獣が喋るんだ、そこまで・・・と思いつつ

銀之丈 『此方ヲ抜キニ話ガデキテイルト思ウナヨ?』

銀之丈 『奴ハ俺デアリ、俺は俺ナノダカラ....

有紀 「じゃあ・・獣さんは、どっちで対処されたいですか」

椿 「まー手っ取り早いのはまとめてズバっとすることなんだが、流石に目覚めが悪いし、他の連中求めにかかるだろうからな」

椿 「で、どうやってくたばりたい?

銀之丈 『ハン。"オマエゴトキ"に、本来ノ俺ヲ倒セルトハ思エンガナ』にたり と椿へ顔を向け

しおり 「・・・じゃあ、,な??」 獣の言葉を素直に受け取り4 椿 「馬鹿か貴様。現状貴様を消すのに対して力が必要ないということ失念しているだろう。・・・状況を見て犬のように放すんだな」

椿 #話すんだな   だな

銀之丈 『ソモソモ。俺ニハ実体ナゾ無イ(クックック』

「そうね・・・じゃあ精神内に干渉できるって人はここにはいないかしら?」

銀之丈 『コイツト一緒ニ処分シテモ、受肉機会ガ流レタダケダ』

しおり 「う〜ん・・・RCを使う人すらいないような・・・」

有紀 「じゃあ・・・本来の力で負けたら、納得してくれるんですね」

本来の力=精神内だしね

椿 「…あぁ、後はコールドスリープって手段もあったな

椿 「そうすれば永遠に引き伸ばされるだろうなぁ・・・

GM サトー「……そういうことが出来る手段を持つ人がいるにはいる。」

しおり 「こ、こーるどすりーぷっ?!」

銀之丈 『デキルモノナラナ』

GM サトー「……彼女なら、な。」

椿 「現状ならできるだろうよ。何せ実体がない=現状手も足も出ないって言ってるものだからな。・・・まぁ、どうやらあちらはあちらで方法考えてるらしいので、これ以上は話し相手になってやれそうにもないがね」

「それってもしかして羽衣ちゃんのこと・・・?」>サトーに

GM サトー「……あぁ。彼女の能力は精神感応。しかも、元は美衣のクローンだ。」

GM サトー「始まりにも彼女が関わっているなら…今回のような対処にはうってつけだろう。」

「この話の発端が銀くんと彼女なら、また終らせることができるのもこの2人しかいないと思うのよね〜だったら彼女を抜きでこのお話は進めることはできないんじゃないかしら」

しおり 「羽衣ちゃん・・・かぁ・・・」

有紀 「そうですね、あの・・・力なら。」

銀之丈 ....あ、駄目...だ。これ以上、僕に関わらせちゃ」彼女達の名前が挙がってるのを聞いて

GM サトー「……ふむ、銀之丈。では、一つ聞くが」

GM サトー「君が消滅したとしても……彼女が喜ぶのかね?」

銀之丈 ......」それには無言を返す

GM サトー「羽衣も…まして、美衣も生きている。君は自分の罪から逃れるために彼女に逢いたくない。だから、逃げるという選択肢を選んでいるのではないのだろうか?」

GM サトー「…しっかりと考えるがいい。」

GM サトー「…さて。では、誰か羽衣ちゃんを呼んできてくれ。」

銀之丈 『ハッハッハ。流石ダ流石。良クワカッテルジャナイカ。ソノ通リダヨ。今ノコイツノ中ハナ』

しおり 「有紀ちゃん・・・」有紀ちゃんの方を見て

有紀 「天篠さんを、呼んできます。」

しおり 「うんっ」

有紀 「例え、関わるかどうかを決めるのは・・・彼女の意思ですから。 それがどんな結果を生むとしても」

有紀 と、いうことで退出しま〜す

 

GM では、最後に

GM 調達があるなら、どうぞです

有紀 ちょっと自省してクリスタルお鍋の蓋 目標25

有紀 #5r10+6 まわって

ダイス Yuuki-k:5r10+6=8(8(1,4,8,4,8))+6= 14

有紀 あうう

UGNボディアーマーを

#6r10+4

ダイス Misaki-Y:6r10+4=9(9(3,7,4,4,6,9))+4= 13

ゲットでもこれは銀にあげるか

椿 じゃあ

しおり しおりもお鍋を

GM おめでとうございます〜

椿 強化素材挑戦

椿 #2r10+10 目標15

ダイス Tubaki:2r10+10=7(7(3,7))+10= 17

椿 よゆうっす

しおり #4R10+6

ダイス Shiori-H:4r10+6=13(10(7,10,7,9)+3(3))+6= 19

しおり これに佐藤さんからのお小遣い5点と、もともとあった1点を加えて25!!

GM おめでとうございます〜

GM あらww

GM おめでとうございますw

銀之丈 #2r10+0 獣『調達?ソウダナ、肉トカ』応急手当キット

ダイス Gin_5na:2r10+0=6(6(6,4))+0= 6

しおり ということで有紀ちゃんへお鍋を

有紀 ありがとうございます><

銀之丈 そして、足りなかったw

GM あらw

GM では、シーンを切りますね

有紀 シチューは売り切れてました まる

======================================

Middle Phase  5 -記憶の彼方へ-

Scene Player 吉永 岬 Place 奈々市支部作戦会議室 Entry

======================================

GM では、登場をお願いします

#1d10+52

ダイス Misaki-Y:1d10+52=2(2)+52= 54

銀之丈 #1d10+60 獣で登場(

ダイス Gin_5na:1d10+60=2(2)+60= 62

しおり #1D10+57

ダイス Shiori-H:1d10+57=8(8)+57= 65

しおり 侵蝕トップにっ(何

GM おめでとうございますw

椿 #1d10+50

ダイス Tubaki:1d10+50=3(3)+50= 53

椿 53 一気に順位が(’’

有紀 #1d10+55 そのげんそうをなんとかかんとか

ダイス Yuuki-k:1d10+55=3(3)+55= 58

GM では、ナレーションに…

 

GM 作戦会議室には先ほどの面々と。そして、天篠 羽衣が呼ばれていた。

GM 羽衣の能力は現状4人までが限界であり

GM では、私が残ろう、とサトー氏が辞退して。残りの面々で銀之丈の記憶へと潜ることになった。

 

GM 羽衣「では、皆様。準備はよろしいですか?」

「おやつは300円までだからねっ」

椿 「特に問題はない」

しおり 「は、はいっ、バナナをたくさん持っていきますっ」

GM 羽衣「…え、おやつが必要なのですか!?」

「バナナは・・・セーフね」

有紀 「必要なわけではないですから。だいじょうぶですよ〜 必要な人だけです」

しおり 「いつでも大丈夫ですっ!!」 盾を用意しつつ

GM 羽衣「な、なるほど…あ、はい。では、みなさん、隣の人と手をつないでください。」

「はーい♪おーてーてーつーないでー」」

有紀 「分かりました!」

GM そして、両手を組み、何かに祈るかのように目を瞑る羽衣。

GM 部屋の中を白い羽が舞い…

GM 徐々に皆の意識が暗闇へと引きずり込まれる。

GM そして、意識が落ちる直前。

GM 羽衣「銀之丈さん。あなたが持つ<意志>の強さ。それは誰から貰ったものなんですか?」

銀之丈 .....それ........」そして、意識は闇に落ちる

GM 羽衣「貴方は、あの人の意志を受けついでいるのです。それを忘れないで…」

 

GM 目が覚めると…そこは、どこかの研究所であった。

GM 白い光るリノリウムの床を亡霊のような研究員たちが忙しく行き来している。

GM No34は昨夜、ジャーム化したらしい…」「浸蝕率が高止まりしたままだ…No47はもうダメだな…」

GM 研究員達が口々に話す内容は、常にRV・ジャーム化・浸蝕率の単語が混ざっている。

GM コレがプロジェクト・アダムカドモン。かつて…銀之丈がいた世界。

GM この中に。件の”獣”が隠れている…

 

しおり 「はわわっ、ここは・・・」周りを見渡して

「これが銀くんの記憶の中の世界・・・」

有紀 「研究所・・・ですね。ここに、威綱君に天篠さんのオリジナル、ヴェノムロードさんもいた・・」

GM 研究者は全員、幻なのだろう。ぶつかってもすり抜けていくだけだ。

椿 興味なさそうに見ていたりする

有紀 ぶつかっては謝りつつ

GM では

 

GM 名称:記憶の探訪 終了条件:3ラウンド経過 完了条件:進行値15

GM 初期の判定:<知覚><情報:学問> 難易度:8 最大達成値:30 経験点:3

GM 支援判定:【精神】【社会】

GM 失敗した場合:『無限を継ぐ者』の効果が発揮され、銀之丈は死亡する。

GM 特殊ルール:銀之丈のみ、常に判定を<意志>で行うことができる。

 

GM となります。

GM では、IVの申告をお願いしますね〜

銀之丈 できる。しなくてもいい.....(肉体以外は精神か)

銀之丈 IV4です

こちらは7

有紀 4です〜

しおり 「さっそく、捜索開始ですっ!!」

しおり IV4です〜

椿 現状まだアームドスーツ装備してないので7あつかい。CXで装備する扱いにする(何

GM です。これは銀の記憶なので。”思い出すこと”で判定ができるという解釈をしています

椿 って、酷い状況できますか?w

GM 了解ですw

GM できます!(何

しおり しおりはパンダのきぐるみを着たまま〜(何

GM では、ハプニングチャートを

GM #1d100

ダイス GMkassgi:1d100=96(96)= 96

椿 おまw

GM 96:順当な進行。このラウンド中に進行判定に成功したキャラクターは、進行度を+1得る。

GM (何かを投げ出した

椿 まてよwwwww

いいいのがきたw

椿 まぁ、最初に行動するけど、問題はあるかー?

有紀 ありません〜

銀之丈 美衣たんの支援がw(

GM では、改めて

●第1ラウンド

知覚だから椿からでいいね

●セットアップ

GM 何かある人ー?

しおり ありません〜

銀之丈 ありません

ないー

椿 そんなものはないw

有紀 ありませーん

GM では…

●吉永 岬 IV:7

椿も7なので後にします

椿 まぁ、以前からやるべきことだったことを今、言いなおすぜ!途中成長でコンセのLvを2から3にあげるぜ!実はいまさらっつーオチだ!

椿 ・・)OK?

GM OKです!了解です!

GM (血の涙流しながら

椿 ・3・) ということで、順番OK?

GM こっちでしたね、すみません。

GM では…

●常夜 椿 IV:7

椿 まぁ、マイナーはないんですが、・・・一応知覚関係で補正つきそうなウサギの耳とか猫の瞳は効果なさげですか?

GM ふみゅ。

椿 一応それっぽい絵(何)は流れてるっポイから念のため

GM なるほど。猫の瞳は暗くないからダメですが…

GM 《ウサギの耳》は判定の達成値に+1するとしましょう

椿 ひゃっほい

椿 まぁ、メジャーで《コンセ+水晶の眼》 侵食53→57

椿 #4r7+2

ダイス Tubaki:4r7+2=12(10(6,10,1,9)+2(2,2))+2= 14

椿 14・・・まぁ、問題はないか

GM 補正で15 1+1+13点ですね!

GM 早いよ!もうイベントですよw

GM 進行値3イベント:目の前を少女が横切って行った… 

GM その外見は天篠 羽衣によく似ている。見失わないように気を付けなければ!

椿 いや、補正込みで14・・・まぁ、いみないね!w

GM 以降、難易度を11に変更する。

GM あ、なるほど 了解です…結果が変わらないw

●吉永 岬 IV:7

11は素だと成功はきついなぁ・・・ということで待機

GM では・・・

GM あれ?3人が団子状態?

椿 おまいら(’’

GM IV:4でしたい人!挙手をお願いしますw

有紀 は〜い

銀之丈 (支援待ち

GM では・・

しおり 同じく支援待ち

GM 高坂 有紀 IV:4

●高坂 有紀 IV:4

有紀 「記憶・・・お邪魔しますね」  領域を広げて辺りを把握

有紀 マイナーアクションはなし

有紀 《導きの華/戦乙女の導き/ポイズンフォッグ》  侵蝕率1しかかわらないもので 58+6%

有紀 自分含めて全員に D+ 達成値+10 オマケで攻撃力+5

GM 誰を殴るのですかwww

有紀 扉・・とか

GM なるほどw

銀之丈 結果、銀の精神にダメージがw

有紀 《ポイズンフォッグ》がシンドロームなんですよ!w

GM デスネーーー

GM では、次は

●蓮原 しおり IV:4

しおり お先にいきますっ

GM ふみゅ?先に銀ちゃんが振りますか?

しおり 銀くんは全部意志判定なので、社会が振れるしおりが先に

GM 了解です

しおり マイナーなしで、メジャーで<情報:学問>で判定

しおり ダイスは4+1+3で8個と

しおり #8R10+2+10  情報収集チーム使用 「女の子を追いかけますっ!!」

ダイス Shiori-H:8r10+2+10=7(7(2,5,4,7,6,6,4,2))+2+10= 19

GM 惜しい、あと1ですねw

しおり むぅ・・・まぁまぁか

GM 進行度3P獲得。現在、6P〜〜

GM イベントはなしです

●威綱 銀之丈 IV:4

銀之丈 ...此処は....」ふらっと、自然と足が進み

銀之丈 mia:なし

銀之丈 MJ:意思にて代行判定《スティールマインド》使用

銀之丈 #8r10+0+10

ダイス Gin_5na:8r10+0+10=8(8(6,2,8,4,7,5,4,6))+0+10= 18

銀之丈 むふ。回らなかったかー

GM 進行P3点獲得 現在、9P

GM 進行値7イベント:羽衣らしき人物を追ってある部屋の中へと君たちは駆け込んだ。

GM そこでは。羽衣によく似た人物が、5歳くらいの小さな男の子に話しかけている。

GM よく見ると、誰かに似ている……? これは…昔の銀之丈君と美衣だろうか?

GM 以降、判定を<知識:RV><交渉>に変更し、難易度を8に変更する。

交渉かぁここは一気にやっちゃうか

まだDBもまだだし

●吉永 岬 IV:7(待機)

「あれが子供のときの銀くん?だと隣にいるのは・・・」

GM 美衣は幼い銀之丈に何か言って励ましている。

交渉で判定 《コンセントレイト:OR/領域調整》侵食+458

6r8+5+10

#6r8+5+10

ダイス Misaki-Y:6r8+5+10=23(10(2,7,10,8,2,4)+10(10,1)+3(3))+5+10= 38

GM おめでとうございますw

GM 最大達成値突破ですねw

読口術で読み取ろうw

GM 進行度は3+1+15P獲得。 現在、14Pって、あと1

椿 かささぎぽん

椿 おまえはいまないていい

それにしても・・・羽衣ちゃんに似てるわね・・・って当然か

GM (グスグスグス

GM 進行値10イベント:「…フン ソロソロ 三文芝居モ 終ワリニシヨウカ」

GM 突然、響く人外の声。その声は…目の前の昔の銀之丈らしき男の子から発せられていた。

GM それは突然膨れ上がり…みるみるその形を獣と人の合いの子のような形へと変わっていく。

GM 「ダブルクロスドモ コノ十年間 ワレハソイツノ中デ 人間トイウモノヲ 見テキタ」

GM 「口デハ 真っ当ナコトヲ言イツツモ 結局ハ 他人ノコトナド 気ニカケナイ」

GM 「ソンナ”エゴ”ノ塊デアルオマエ達ト ワレノ何ガ違ウトイウノカ?」

GM 以降、判定を<意志>に変更し、即座にハプニングチャートを振り結果を適用する。

GM というわけで。

GM #1d100

ダイス GMkassgi:1d100=55(55)= 55

GM 55:膠着した状況。修正は何もない

GM ポイっ (ICを投げ捨てる音

銀之丈 正確にはボーナスが無くなったんだから(ひろいひろい

GM あうううう・・・

椿 因みに意思11?

GM では、次は…

GM いえ、前のイベントで8に下がってますので

ここはせっかくだし銀がやるのがいいんじゃないか

GM 難易度は8デスネ

GM それもそうですね。

GM では

●第2ラウンド

●セットアップ

椿 なし(’’

なし

GM 色々省略

GM ハプニングチャートなんでなかったよ!なかったんだってば!(涙

銀之丈 省略って(何

●イニシアチブ

GM 出番奪いたい人いますか?w

椿 銀さんまかせる(

銀之丈 任されるまえに、みぃねぇに台詞ある?(

GM ふみゅ。では…

待機で銀でいいんじゃない

GM 美衣「大丈夫…お姉ちゃんがついているからね。」

GM そう言って、実験への恐怖心を取り除くかのように、頭を撫でる。

銀之丈 「うん、わかった」PCらの傍で聞こえる少年の声

銀之丈 ということで、変貌した元少年現獣とは対照的に  PCらの傍にいるのは 少年に戻った銀之丈

GM 美衣「ほら、一緒に帰ってきましょう?今度は何して遊ぼうかな?」

●威綱 銀之丈 IV:4

銀之丈 .......今度は、みぃねぇを助ける事」

銀之丈 ということで、意思にて判定

GM どうぞ〜

銀之丈 #5r10+0

ダイス Gin_5na:5r10+0=25(10(2,2,9,2,10)+10(10)+5(5))+0= 25

銀之丈 何この、感情とのリンク(

椿 なにこれこわい

GM 進行度+3点 おめでとうございますw

GM FS判定、クリアしましたw

GM 『内なる獣』「…フンッ シカシ貴様ガソノ少女を犠牲ニシタ事実ハ

GM 変ワルマイ」

銀之丈 ...でも、まだ確定した訳じゃない。助けられる可能性があるなら、ちゃんとやり切るだけだ。それが、みぃねぇとの約束でもあるから」

GM 『内なる獣』「イイダロウ。チョウドイイ。直接、貴様ラヲ蹴散ラシテ。ワレノ復活ノ贄トシヨウ。」

GM では、シーンを切りますね

銀之丈 あ、と。ロイスをば

有紀 ぁ、しばしお待ちを わたしもロイスを

GM あ、了解です

椿 あ、Sのタイミングか

椿 ・・) …

銀之丈 みぃねぇ にロイスを取得  ■憧憬□悔悟

銀之丈 と。

「銀くん・・・自分の大切なもの・・・見つけたみたいねっ」

椿 獣に □八つ当たりだ ■無残に散れ   で、Sロイスをとろうかと

GM 了解です

有紀 「決めてくださったのなら、言える・・・。 お手伝い・・・させてくださいっ。 それが、青いリボンのできる唯一の事ですから」

銀之丈 ういたん にロイス ■庇護□不安

有紀 銀ちゃんに ■尽力/口不安

「でもまだ、大変なのはこれからよ。まだ若いんだからもっと無茶しなさい」

有紀 そのままSろーいす

銀之丈 でもって、獣のロイスをS化 決別する意思を籠めて

GM 了解です

こちらは銀をそのままSにしよう。彼の成長を見届ける感じで

GM 了解です〜

あと羽衣にも■慈愛/□不安で取っておこう

しおり えっと、ロイスか・・・7枠全部埋まってるから・・・

しおり 「あなたにも”護る”ものがある。私にも”護る”ものがある。それが譲れないのは同じ・・・かぁ」という感じで、ヴェノムさんをSロイスに

GM 了解です

GM では、ロイスの申告は以上でよろしいでしょうか?

銀之丈 以上です。

しおり はいっ

椿 Ok

おk

有紀 OKで〜す

GM では、シーンを切りますね

======================================

Climax phase -失われていた刻- lost time 

Scene Player All  Place  記憶の中で

=====================================

GM 登場をお願いします

しおり #1D10+65 戦闘前に80%行きたいなぁ

ダイス Shiori-H:1d10+65=2(2)+65= 67

#1d10+58

ダイス Misaki-Y:1d10+58=8(8)+58= 66

銀之丈 #1d10+62

ダイス Gin_5na:1d10+62=5(5)+62= 67

有紀 #1d10+64

ダイス Yuuki-k:1d10+64=8(8)+64= 72

有紀 戦闘前に・・・超えそうだなぁ

椿 #1d10+57

ダイス Tubaki:1d10+57=7(7)+57= 64

椿 ・・・64か

GM まぁ、だいたいみなさん、一緒ですね!

GM では…

しおり だいたい・・・だいたい

 

GM 銀之丈の内に潜む獣が吼える。

GM 周りを忙しく歩いていた研究員も。医療器具のような実験施設も。そして…美衣の姿も

GM その衝撃に薙ぎ払われるように消えていった。

GM 後に残るのは、白く。鈍く光るリノリウムの床だけ

 

GM 『内なる獣』「貴様ラノ命、残ラズ喰ラッテヤロウ!」

しおり 「・・・・・・」無言で一番前に立ちはだかり、盾をかまえる

有紀 「ご飯ならご馳走しますけれど・・・命は、あげられません・・!」

銀之丈 「約束と責任と。今全てを飲み込める状態じゃないのは」

銀之丈 「わかってる。けど、だけど。今のオマエとは、もう.....」拳を握り、対決姿勢をとる少年

しおり 「・・・・・・私の“護る”もの、それは、今ここにいる仲間、・・・誰にも傷つけさせないっ!!」 誰に言うでもなく、自身に言い聞かせるように言う

椿 「まあエゴがどうとか言ってたが、所詮生き物は己の本能(エゴ)でしか動いてねぇんだ。それを女々しくギャースカギャースカと・・・喚きすぎなんだよお前さん。

椿 「単に潰すか潰されるか、其れだけで十分だろ。」

椿 俺たちの関係なんてのはさ・・・と(

「そうねぇ椿くんのいう通り。結局のところ誰もが自分の護りたいもののためにってエゴで生きてるのよねぇ。つまり人に寄って違うのは当然よね」」

GM 『内なる獣』「…クックック、ソノ”エゴ”ヲ醜イト言イ合ッテイルノハ ドチラダロウナ?」

GM そして、放たれる殺気

GM 衝動判定を(目標値10

椿 9じゃないところが味噌だな!

銀之丈 味噌だな。

基本9として成長させてるからあんぁ

椿 #2r10+7 まぁ、衝動判定

ダイス Tubaki:2r10+7=6(6(4,6))+7= 13

椿 普通に余裕ですが

しおり ふぅ・・・シナリオで一番緊張する所(何

有紀 #2r10+1

ダイス Yuuki-k:2r10+1=7(7(6,7))+1= 8

#4r10+4

ダイス Misaki-Y:4r10+4=5(5(5,5,3,3))+4= 9

しおり #2R10+5 思い出の一品使用「こんなところでっ・・・」

ダイス Shiori-H:2r10+5=8(8(8,6))+5= 13

椿 #2d10+64

ダイス Tubaki:2d10+64=8(7,1)+64= 72

うぉ9なら成功なのに

銀之丈 #5r10+0 《スチールマインド》使用。みぃねぇの言葉を胸にっ

ダイス Gin_5na:5r10+0=14(10(10,6,6,9,1)+4(4))+0= 14

椿 ・・・侵食率のびねEEEEEEEEEE

銀之丈 いったーw

銀之丈 #2d10+67

ダイス Gin_5na:2d10+67=9(5,4)+67= 76

しおり #2D10+67 ぷりーず80!!

ダイス Shiori-H:2d10+67=12(5,7)+67= 79

GM 皆様、おめでとうございますw

有紀 これは悲しいので 《妖精の手》 成功しておきますw

銀之丈 衝動成功 76

GM いろいろ悲喜こもごものご様子でw

有紀 #2d10+72

ダイス Yuuki-k:2d10+72=10(8,2)+72= 82

こっちもカバーできないからなぁ妖精いこうか

しおり ぐはっ・・・成功で79%・・・

#2d10+66+4

ダイス Misaki-Y:2d10+66+4=18(10,8)+66+4= 88

有紀 《妖精の手》を使わなければ80いかなかったのに・・・(

一気に上がったなぁ・・・成功88%

GM では、戦闘を始めます!

椿 「まぁ、他の誰かがどういってたのかなんて知らんし、それについて貴様と問答する理由もなし。だが、これも仕事なんでね。─恨み辛みはあまりないが、貴様には死んでもらうとするか」

GM 位置関係 []10m[PC]

GM IVの申告をお願いします

椿 CXじゃ装備してるんで5だよ!

有紀 4で〜す

7で

銀之丈 IV4変わらず

しおり パンダのきぐるみで4ですっ

GM 内なる獣は6です…て、何、この遅い集団w

銀之丈 それでも6もあるのか(

IV:岬→獣→椿→しおり・銀・有紀

GM ちょこっとあげましたw

GM では、始めますね

●第1ラウンド

●セットアップ

しおり ありません〜

銀之丈 今回は使いません(どやっ

GM ”内なる獣”は《螺旋の悪魔+ヴァイタルアップ》を使用します

有紀 覚えてません!

椿 FPAといいたいところだが、侵食率が足りないのでターゲットロック(´・ω:;.:...

なし

GM ”暴走”状態へ

●イニシアチブ

椿 蛙、一応侵食率は72→75へ

GM まぁ、さっそく

GM ”内なる獣”は《加速する刻》を使用!

椿 ・・) せっかちね

●”内なる獣”(加速)

しおり 「さっそく、来るっ?!」 使えないと思われる(何 盾を構える

GM マイナーで《破壊の爪+完全獣化+究極獣化》

GM メキメキとその姿を変える獣。その顔を白い仮面が覆うが…

GM 内圧に耐え切れず、白い仮面にヒビが入り、砕け散る。

椿 て、遠距離攻撃だっけ。(

GM そして…

GM 『内なる獣』「冴丈 当真デアッタカ。」

GM 『内なる獣』「奴ノ肉ハ珍味デハアッタナ。」

GM 《赤色の従者+D業師:愚者の軍団》を使用!従者を3体出します。

有紀 「・・・・!」 食べてましたっけ

銀之丈 従者食べまくったなぁ

GM 冴丈 当真が作り出していた従者と寸分違わぬ従者を3体作り出します!

しおり 「あ・・・あの従者っ!?」 過去の戦いを思い出す

GM そして、続いてイニシアチブに《従者の疾駆》を3回使用!

GM 1体を後ろに配置。残りをPC達のエンゲージへ

有紀 「姿まで、先生と一緒・・・貴方はっ」

GM 位置関係修正 [従者1]5m[]10m[従者2・従者3PC]

GM で、終了

●吉永 岬 IV:7

従者は行動済みだっけ?

GM と言い忘れました

GM はい、従者は行動済みです

GM 赤色の従者はIV:12

どうせエンゲージされて移動できないしなぁ・・・それなら範囲支援待ちで待機で

有紀 しかも2桁とか

IV:従者→岬→獣→椿→しおり・銀・有紀

GM 了解です

●”内なる獣” IV:6

GM では、改めて マイナーでPC達に接敵

GM メジャーで《白兵+C:ブラム+渇きの主+原初の赤:光速の剣+血の宴》

椿 こいよべねっとー

GM で、PC全員を攻撃!

椿 んー。まだミスディレクションつかわなくていいかい?

GM 『内なる獣』「喰ラウガイイ。」

まだリザできるけど他に使いどきないかもしれないから

やってもいいけど

椿 じゃあ、使っとくか。侵食足りないし

しおり 自分の侵蝕次第で

銀之丈 そこは任せる 銀は大丈夫かね。

逆に椿は上げたいでしょ

椿 侵食75→80に

椿 <ミスディレクション:対象を単体に直しとけ

しおりはガード化の攻撃以外は受けないほうがいいしね

GM では…そうですね…

銀之丈 こいよべねっとー(何

椿 (によによ

GM 椿だと殴られますし。まずは有紀ちゃんに

有紀 よりによって・・・!

椿 「まぁ、そうだろうな」

有紀 従者に気を取られているところに迫る影が

まぁ判定をどうぞ

GM 有紀ちゃんに牙をむく!

GM #21r7+10

ダイス GMkassgi:21r7+10=34(10(3,3,1,3,5,1,7,4,7,3,3,3,9,10,8,1,9,2,1,6,9)+10(5,6,8,8,3,2,10)+10(3,3,8)+4(4))+10= 44

GM 44で(にこやかに

有紀 先生が助けてくれます 回避っ

有紀 #1r10+1 6はいきたいなぁ

ダイス Yuuki-k:1r10+1=2(2(2))+1= 3

GM 残念☆

有紀 参りましたか

GM では、カバーリングはなし…でしょうか?

しおり 《砂の結界》で を有紀ちゃんをカバーリング 「大丈夫、私が護るからっ!!」

GM では…

GM 『内なる獣』「…クックック。予想ドオリダナ」

GM #12d10+30

ダイス GMkassgi:12d10+30=58(9,9,7,2,5,2,2,3,3,5,6,5)+30= 88

しおり 「えっ?!」獣の言葉に反応して

GM 88てーん!ガード不可、装甲無視!

有紀 「は、蓮原さん・・・!」

しおり それは・・・普通にリザレクトします

しおり #1D10+81

ダイス Shiori-H:1d10+81=9(9)+81= 90

GM では《原種暴走+喰らわれし贄+背徳の理》を使用!

椿 あぁ、これから常に範囲攻撃か

GM 攻撃+9 判定+6D 範囲化へ

銀之丈 自己Baff....

GM で、メインプロセスの最後に

GM 《夜魔の領域》を使用!

GM IV:0で御行動になります

GM 未行動><

GM では、次は…

しおり 「・・・」ウロボロスに自身のレネゲイドを喰われつつも立ち上がる 「まだ、負けて・・・いられないっ!!」

GM ・・・・誰?^^;)

GM IV:4

銀之丈 支援待ちw

しおり FPAしてないので、椿くんでは??

GM あ。なるほど

椿 いや、あちしIV5なんですが!w

GM では、椿君で

椿 ・x・) まぁ、支援まつ?

●常夜 椿 IV:5

待っていいかと

椿 待つか。待機

ポイズンフォッグで全員かかるし

GM では…改めて

GM どっち?w

しおり まとめてイニシアチブ表示しちゃえばどうでしょうか(何

GM そうしましょうか〜w

●威綱 銀之丈&高坂 有紀&蓮原 しおり IV:4

有紀 攻撃を待つので 待機!

しおり 同じく待機で〜

椿 て、待機じゃなくて

椿 ・x・) 先にユー気の行動にすりゃいいだけじゃね?

椿 ゆーきちゃん

いや夜魔の後に〜ってことでしょ

椿 あぁ、そっちか

しおり 使い物にならない盾を構えなおす(何

GM ふむ…では

GM 攻撃の前に

GM E《衝動浸蝕:憎悪》を使用!

GM 衝動判定(難易度9)で。失敗しますと、衝動:憎悪の結果、PC間ロイスで取得したPCBS”憎悪”を取得します。

GM では、PCの皆様、頑張ってくださいw

椿 #3r10+7 じゃあ判定

ダイス Tubaki:3r10+7=46(10(8,10,2)+10(10)+10(10)+10(10)+6(6))+7= 53

椿 ・・・

椿 無駄にたけえ!w

しおり 椿何者っ?!

銀之丈 ちょw 狙われる!?w

5r10+4

#5r10+4

ダイス Misaki-Y:5r10+4=9(9(1,5,9,9,9))+4= 13

椿 確か侵食率も上がるからいやなのよね。これ

銀之丈 #5r10+0 スチールマインド使用

ダイス Gin_5na:5r10+0=19(10(5,10,9,7,6)+9(9))+0= 19

しおり #3R10+5 思い出の一品使用 「またっ?!」

ダイス Shiori-H:3r10+5=15(10(5,6,10)+5(5))+5= 20

有紀 #2r10+1 また・・ですって

ダイス Yuuki-k:2r10+1=7(7(7,2))+1= 8

銀之丈 みぃねぇの言葉、ぱねぇw>また成功

有紀 うわぁぁん 《妖精の手》!

椿 #2d10+80  侵食率上昇

ダイス Tubaki:2d10+80=11(6,5)+80= 91

椿 91か

椿 「ふむ。何か使用したようだが、・・・何かやったのか?」

銀之丈 #2d10+76

ダイス Gin_5na:2d10+76=14(6,8)+76= 90

有紀 #2d10+86

ダイス Yuuki-k:2d10+86=10(9,1)+86= 96

しおり #2D10+90

ダイス Shiori-H:2d10+90=12(7,5)+90= 1

椿 首をこきこき鳴らしつつ

2d10+88

GM 『内なる獣』「一人…100%以上ニナッタヨウダナ。」

有紀 「あなたの憎悪になんか・・負けません・・・!」

#2d10+88

あれ

#2d10+88

しおり 椿くんミスディレクション使ってるから96かと?

銀之丈 その分、がつーり  成功の90

ダイス Misaki-Y:2d10+88=10(2,8)+88= 98

ダイス Misaki-Y:2d10+88=4(2,2)+88= 92

最初の98を適用で

GM ふみゅ・・・まぁ、初めの方でお願いします。 >浸食率

GM では、改めて

●”内なる獣” IV:0

GM マイナーはなし

GM メジャーで改めて

GM メジャーで《白兵+C:ブラム+渇きの主+原初の赤:光速の剣》

GM で、範囲化して殴ります!

GM #27r7+10

ダイス GMkassgi:27r7+10=34(10(6,2,1,1,1,7,8,8,9,8,10,6,6,3,9,2,6,5,8,8,3,1,2,10,8,1,4)+10(10,8,9,4,5,2,7,2,2,2,2)+10(4,6,9,4)+4(4))+10= 44

GM …あれ?

GM 同じ44で^^;)

椿 じゃあ、今度こそ反撃するー

椿 《復讐の刃》で

椿 侵食96%じゃー

GM こーい!

椿 97%の間違いか。

椿 #8r7+12

ダイス Tubaki:8r7+12=33(10(8,7,2,9,3,10,8,5)+10(3,5,7,5,7)+10(3,7)+3(3))+12= 45

椿 微妙な出目(’’

しおり 《砂の結界》で を有紀ちゃんをカバーリング 「もういっかいっ!!」

《領域の盾》で自分を対象に。銀を庇う

あ、まった

使うと100超えてリザできないから逆に銀にかけて庇ってもらおう

銀之丈 おうけ。

銀なら10で無い限りはまだ100いかない

銀之丈 では、その支援を受けて庇う。

GM では、いきますよー

GM #12d10+39

ダイス GMkassgi:12d10+39=54(10,5,1,2,5,4,1,3,8,3,6,6)+39= 93

銀ちゃんを操って前に(ひでーw

GM 93てーん、いろいろ無視!

しおり 倍になって・・・186点・・・

椿 #5d10+21

ダイス Tubaki:5d10+21=27(7,7,2,5,6)+21= 48

椿 48点か。たった。まぁ、十分か

領域の盾分で1

しおり 《砂塵の城壁》使用 「そして、これで、防ぐっ!!」大量の砂塵で攻撃そのものを包み込み、受け止める 自身のダメージを0にします

椿 FPAなしだし仕方がない

GM 椿君の攻撃って、それには装甲有効です?

椿 有効だよ

しおり #1D10+1 侵蝕上昇&HP−8で残1

ダイス Shiori-H:1d10+1=6(6)+1= 110

復讐だから有効だね

GM では、10点引いて・・・・

銀之丈 こちらは、まー。ぎこちなく庇って 吹き飛ぶ

椿 「ふむ。流石に浅いか」

有紀 「蓮原・・さん・・ありがとうございます・・っ」

椿 #1d10+96 そしてリザレクト

ダイス Tubaki:1d10+96=8(8)+96= 1

椿 さあパーティの始まりだ。

銀之丈 #1d10+90 リザレクト

ダイス Gin_5na:1d10+90=10(10)+90= 100

GM 『内なる獣』「小癪な…」

銀之丈 でた(ぁ

でたなw

椿 あぁ、侵食105の間違い

しおり 「大丈夫っ!!傷一つついてないよっ!!」 

GM あら・・・

椿 で、従者も直撃するわけですがどーなんだ?

椿 <範囲化で

GM あ、ほんとだ。

椿 ・・・

しおり 知らなかったGM(何

椿 血の宴入れなかったから・・・(;・3・)

GM イベイション11でダメージがこれだから…吹き飛びますね♪

銀之丈 ぉぃ(==

従者乙

椿 「で、従者出した意味はなんだったんだと、聞いておこう」

しおり 希望的観測してよかった(何

しおり 「椿くんっ、まだ1体残ってますからっ」

GM それは答えませんねw

GM では、次は…

●威綱 銀之丈&高坂 有紀&蓮原 しおり IV:4

有紀 「むしゃむしゃしてやった。今は反芻している・・・って奴ですか・・・? 模倣の上に・・・許しません・・! 絶対に許しませんからっ」

有紀 と、いうことでお先に参ります

銀之丈 お願いします。

しおり どうぞ〜

有紀 《導きの華/癒しの水/戦乙女の導き/狂戦士/ポイズンフォッグ》

有紀 96+13%

有紀 #6d10+2 まずは回復

ダイス Yuuki-k:6d10+2=27(4,10,6,3,1,3)+2= 29

有紀 そして・・って 憎悪だれもかかってませんよね?

しおり 「よしっ、これで、護れるっ!!」 全快ですね〜

銀之丈 全快。 32/32。抵抗しました>憎悪について

有紀 よかった このままで

有紀 達成値:+14 ダイス:+15 CR値:−1 ダメージ:+ をエンゲージにいる味方全員(自分含む)

椿 憎悪って何ですか?(

有紀 獣さんと隔てるように青いリボンが取り巻き 力を

有紀 「貴方はこちらにも来させませんし、先生のところにも・・・行かせません・・! 誰のところにだって・・!」  いじょうです〜

しおり じゃあ、しおり盾作っちゃいますね〜

しおり マイナーで《シールドクリエイト》「砂を集めて・・・壁にするっ!」 で、これを所持品として

しおり メジャーで《物質合成》 クリスタルシールドとシールドクリエイトを合成「この盾と砂をあわせて・・・一体化っ!!」

しおり 光を反射し七色に輝く砂の盾を作り出す 「うん・・・大丈夫、守れる、できるっ!!」 侵蝕110118 以上です〜

銀之丈 では、IV4最後の銀が

銀之丈 mia《破壊の爪》+3=1

銀之丈 同じ漆黒の爪。ただし、黒曜石の様な煌きをその爪に宿し

銀之丈 MJ:白兵《暴食の神蛇/原初の赤:光速の剣/渇きの主/CR:ブラム》+12=115% にて、獣に攻撃

銀之丈 #23r6+4+14 支援諸々込み

ダイス Gin_5na:23r6+4+14=33(10(5,8,10,1,2,5,2,8,9,4,6,8,1,1,4,8,2,4,5,5,6,2,5)+10(6,9,8,10,5,3,5,10)+10(3,4,7,4,1)+3(3))+4+14= 51

GM 暴走状態につき回避はできません!こい!

有紀 《妖精の手》 でも入れておきましょうか

有紀 1+4%

銀之丈 感謝を では振り足し

銀之丈 #1r6+4+14+40

ダイス Gin_5na:1r6+4+14+40=21(10(7)+10(10)+1(1))+4+14+40= 79

銀之丈 あ、ちょっと惜しい(後1点でもう1D増えた的に

GM 高いなー ダメージをどうぞ〜

銀之丈 #8d10+10+5 装甲無視以下諸々

ダイス Gin_5na:8d10+10+5=41(7,5,2,8,7,2,1,9)+10+5= 56

銀之丈 むぅ。ダイスの割りには走らなかった 56

GM ふみゅ。それは今回普通にうけますね

銀之丈 「もう、僕は変わるんだ」

●常夜 椿 IV:5

椿 「ふむ。色々青春しているみたいだが、俺は俺の仕事(つとめ)を果たすとするかね

椿 まいなーはないのよ

椿 メジャーで《コンセ+光速の剣+マスヴィジョン+ピンポイントレーザー》 侵食率105→114

椿 #24r6+12+14

ダイス Tubaki:24r6+12+14=31(10(5,8,10,7,3,8,6,1,1,1,4,6,3,7,2,1,10,8,8,5,6,9,1,5)+10(1,2,7,5,1,5,3,5,2,8,6,3)+10(9,4,2)+1(1))+12+14= 57

椿 回らない。なきたい(’’

GM 暴走状態につき回避不可です〜

椿 #6d10+41

ダイス Tubaki:6d10+41=34(6,3,9,1,5,10)+41= 75

椿 75点装甲無視ですがなにか

椿 「まずは一撃・・・!

GM ふみゅ。それは落ちますね。では…

GM 《サクリファイス》を使用!

GM 従者のHP分まで瞬時に回復します!

しおり 「椿くん、さすがっ!!」

椿 「おー丈夫だ丈夫。後2回はフルで殴れるが、耐えてくれよ?」

●吉永 岬 IV:7

椿 と、嗜虐的な笑み・・・と呼ぶには獰猛なそれを獣に浮かべよう(

「ワンちゃんはワンちゃんらしく鎖にでも繋いでおかないとね」

「銀くんはもうあなたを必要とはしてないようだから。自分で前に進んでいけるようになったようだしね」

マイナーはなし。メジャーで交渉+《コンセントレイト:OR/領域調整/言葉の刃》

「“捕縛”!」

#27r6+19

ダイス Misaki-Y:27r6+19=65(10(5,2,6,5,7,8,10,1,6,9,8,2,1,8,5,3,8,5,1,5,2,4,4,3,1,3,3)+10(4,5,6,6,4,8,5,10,4)+10(7,7,4,3)+10(10,10)+10(10,1)+10(7)+5(5))+19= 84

しおり さ、さすがおねーさん

妖精の手も載せるか

GM なんか凄い攻撃がきましたw

銀之丈 流石おばs(そして赤い池ができる

GM では、暴走状態につき回避はなしで

#1d6+70+19

ダイス Misaki-Y:1d6+70+19=2(2)+70+19= 91

しおり おしいw (100的な意味で

ではダメージ

#10d10+7

ダイス Misaki-Y:10d10+7=65(8,9,2,10,1,8,3,10,7,7)+7= 72

72点装甲無視

GM 《虚無への回帰》を使用!HPダメージを0

しおり 「椿くんより、岬さんの方がすごいですっ?!」

あ、さっきのふりなおしがd6ってどうせ消されるかw

演出だけしようかw

GM どうぞw

幻影の鎖が巻きつき動きを止めると更に幻影の剣が出現し次々と突き刺さってゆく

GM それを影の衣を瞬時に纏って回避する獣

「これであなたの存在の力は無くなったわよ。あとはその外側のみねっ」

「あとは任せたわよっ」侵食は113

GM 『内なる獣』「…小癪ナ」

●クリンナップ

銀之丈 ありません。

椿 ありません

なしー

しおり ないです〜

しおり 有紀ちゃんもなし・・・と

GM 内なる獣が《不死者の恩寵》を使用

GM #3d10+10

ダイス GMkassgi:3d10+10=19(4,6,9)+10= 29

GM 29点回復します!

●第2ラウンド

●セットアップ

しおり 「回復っ?!」 七色の盾(使えない予感)をしっかりと握りなおす

しおり ありません〜

なしで

GM 獣が変わらず《螺旋の悪魔》を使用します。

銀之丈 やはり、今回も無しで(即席は演出思いつかなかった

椿 FPAFPA

IV:岬→獣→しおり・銀・有紀→椿

GM では…

椿 ・x・) ということで侵食率が114→118

GM ”内なる獣”は《加速する刻》を使用!

●”内なる獣”(加速)

GM マイナーで”暴走”を解除

GM メジャーで《白兵+C:ブラム+渇きの主+原初の赤:光速の剣》でPC全員を殴る!

GM #27r7+10

ダイス GMkassgi:27r7+10=32(10(4,2,6,9,6,1,7,3,1,2,1,3,2,3,4,8,3,8,10,5,2,10,4,5,3,8,7)+10(9,4,7,7,7,5,4,7)+10(4,7,6,1,6)+2(2))+10= 42

椿 復讐ry

GM 何故か失速していますね〜 42でw

椿 侵食率118→124へ

椿 なんか妨害あるけ?

GM ふみゅ。さすがにつらいので

銀之丈 でぃぞるばーかw

GM なけなしの《レネゲイドディゾルバー》!!

銀之丈 つばきんぐ つばきんぐ

椿 ぬ?

銀之丈 復讐したい?(

じゃあ椿庇ってもらうか

あぁ、銀も覚えるのか

銀之丈 (でぃぞ覚えの体勢

椿 んー。まぁ、できればしたい(

銀之丈 おうけ。

銀之丈 ということで、だ  GM(

GM はい(冷や汗

銀之丈 成長申請:《レネゲイドディゾルバー》1Lv(

GM 了解です(涙

しおり 《砂の結界》で を銀くんをカバーリング 「私が護るからっ、その間にっ・・・・ディゾルバーをっ!!」(何

GM 獣が咆哮を上げてPC陣に襲い掛かる!

銀之丈 「もう、好き勝手には、させない」獣と同等の、しかし、やや違う光を発して

銀之丈 《レネゲイドディゾルバー》使用。《レネゲイドディゾルバー》を打ち消す

こっちは《領域の盾》で銀を庇うか

有紀 どきどき

GM 黒い衣を纏って…常夜 椿からの攻撃から身を守る鎧にするが…

銀之丈 +6121

しおり 銀くん・・・ふたりにカバーされてます(何

あれ

しおりは椿じゃなかったのか

有紀 きっとどっちかが獣さん

じゃあこっちが椿を庇うよ

椿 「・・・どうやら、お前さん…あいつに見せすぎたようだな。どうやらお前から何かを学んで、自分の形にしたみたいだぞ」

椿 ということで改めて振るよ!

「“障壁”」不可視の壁で前に立ち・・・

椿 #9r7+12

ダイス Tubaki:9r7+12=31(10(7,3,6,7,1,6,1,10,4)+10(4,4,9)+10(9)+1(1))+12= 43

椿 さっきより低い

椿 ダメージ先щ(゚д゚щ)カモーン

GM #12d10+39

ダイス GMkassgi:12d10+39=48(1,3,7,2,3,4,4,4,5,7,7,1)+39= 87

有紀 《妖精の手》 でも入れておきましょうか

GM さっきより低い><

それに最後の《妖精の手》行こうか?

椿 いいよいいよ。どうせここで落とす気もないし

なら取り下げ

有紀 ふむむ 了解です

椿 #5d10+41

ダイス Tubaki:5d10+41=21(3,4,4,9,1)+41= 62

椿 62点装甲有効(

GM 『内なる獣』「チッ…ナラ」

銀之丈 うわーいw

椿 「おかげで、こちらの反撃が通せるようになった」

GM それでは落ちませんね〜 >さっきの回復と地味に装甲が効いていますw

しおり 変わった銀くんをみて、感情を不安にしていた銀くんへのロイスをタイタスにして昇華 「もう、銀くんは大丈夫、私も頑張らなきゃ!!」  HP13で立ち上がる

とりあえず庇ったので、内なる獣にロイス取得して即昇華で起きる

GM 『内なる獣』「貴様ノ…ソノ依存ヲ抉ッテヤロウ。」

銀之丈 まぁ、今は「みぃねぇ」効果で頑張ってる節はあるけどねw

銀之丈 何!?

有紀 ええと・・ けものさんに取得して昇華で 口憐憫/■憤懣

GM 満を持して獣がE《歪んだ囁き》を使用!

「あら、銀くんって実はシスコンだったの〜」

椿 まだもってたかーw

GM 天篠 美衣のロイスを…そうですね

しおり きっと7個積んでるんですよ

有紀 《衝動侵蝕》を?

GM ポジは任意ですが…ネガは”悔悟”で。

銀之丈 口に出してないからw>みぃねぇの事とかw

でも記憶の映像からそう感じてるんだよw

GM そして、それを表にすることで、3個のダイスボーナスをおってくださいw

しおり ぼ、ボーナス?!

銀之丈 33 (Gin_5na) みぃねぇ にロイスを取得  ■憧憬□悔悟(何

GM ダイスペナルティでした><

有紀 後悔が力をくれる・・・っ

銀之丈 そもそもが悔悟だったりする(

GM あら、ほんとでしたw

しおり つまり、表を変える・・・ってことか

GM では、そちらを表に

GM ですです

銀之丈 らじゃ。

銀之丈 つまり、暴走の切欠のシーンをフラッシュバックさせた んですね

椿 ・・)

しおり 「えっと・・・な、何が」何か起こった気がするが、何が起きたのかわからない

銀之丈 みぃねぇ のロイス向きを変更  □憧憬■悔悟

銀之丈 ......」がたぶる

銀之丈 銀之丈の精神とリンクしている世界だけに 如実にその様相が変わる

しおり 「はわわっ?!」

椿 「ぬ・・・

銀之丈 何も無かったその空間で、スライドショーの様にある場面が断片的に流れる

有紀 「わわわ・・・いきなり、なんですか!?」

銀之丈 そう。今回の事件の元とみえる、暴走が起きたその実験

銀之丈 その際起きた、研究所の 崩壊。

銀之丈 実験を行った人々や器具は間もなく霧散し

銀之丈 残るのは愉悦に歪む獣とPC そして、崩壊する世界

しおり 「こ・・・これは・・・」

GM そして、舞台は獣とPCへと巻き返される…

●吉永 岬 IV:7

「これは・・・銀くんの決意の表れね・・・彼は選んだのね。自分の進むべき道を・・・」

と知ったかぶって言ってみるw

まぁ今回は支援待たずに攻撃しよう

マイナーはなし

メジャー交渉+《コンセントレイト:OR/領域調整/言葉の刃》

有紀 「そ、そうなんですか・・?」 銀ちゃんに視線を

「鎖の次は・・・」

#12r7+5

ダイス Misaki-Y:12r7+5=33(10(3,7,5,8,10,3,7,6,6,9,4,2)+10(3,8,10,9,7)+10(3,7,2,1)+3(3))+5= 38

最後の妖精の手を入れよう

銀之丈 震えてます。ただ、確保された時の様に無気力にはなってない

GM 回避を捨てて《復讐の刃》!

ぶw

銀之丈 ちょま

銀之丈 おばさん

まぁいいやw

銀之丈 打消しいる?(

しおり カバーで問題ないかとw

もう一回使えるな。ここは消そう

銀之丈 いるなら使用するが

ガードきくからカバーでいいか

しおり 装甲も有効ですし

銀之丈 では、此方は静観で

椿 実はカバーリングには何の問題もないんだよね。復讐って

GM ナンデスヨネ

とりあえず振りたす

#40r7+5

ダイス Misaki-Y:40r7+5=25(10(3,2,7,1,4,3,4,8,6,5,5,2,3,4,5,8,5,3,7,4,1,8,3,4,4,2,9,1,2,9,3,2,4,6,3,7,2,10,7,8)+10(5,5,8,3,5,3,5,2,5,1,10)+5(3,5))+5= 30

tigauw

違う

しおり 40個振って30?!(何

椿 ・・・

#1dr7+45

ダイス Misaki-Y:1d6+45=1(1)+45= 46

椿 TORIGOEか・・・

まぁダメージいくよ

#5d10+2

ダイス Misaki-Y:5d10+2=22(3,10,1,3,5)+2= 24

装甲無視で。そちらもダメカモーン

あ、しおりがカバーです

GM 了解です。では…

GM #27r7+10

ダイス GMkassgi:27r7+10=55(10(9,4,10,4,6,5,6,10,2,2,2,9,3,3,9,2,3,1,8,1,8,8,8,1,2,2,2)+10(8,9,10,5,8,8,4,7,8)+10(7,1,1,3,3,3,3)+10(8)+10(8)+5(5))+10= 65

しおり 作った盾でガードして 《砂の結界》+《氷盾》で を岬さんをカバーリング 「盾がつかえるっ、いけるっ!!」

GM #10d10+39

ダイス GMkassgi:10d10+39=40(6,5,1,2,1,7,9,1,4,4)+39= 79

檻が出現し獣を取り囲む。侵食は128

GM 79てーん!いろいろ有効!

しおり えっと・・・ガード値48装甲12 で19点、残りHP13・・・

椿 ひでえ

しおり よし、《氷雪の守護》使用 「えっとえっと・・・あいすうぉーるっ!!」

しおり #4d10-19

ダイス Shiori-H:4d10-19=25(1,6,8,10)-19= 6

しおり わ〜い、ノーダメージ!! 120128

GM はわーー

GM では

●”内なる獣” IV:5

有紀 さすが

椿 6じゃなかったか?(’’

GM あ、ですね

椿とこちらの2回受けてもまだ残ってるか・・・

しおり 減少量−ダメージなので 正の数だとノーダメージになります

●”内なる獣” IV:6

しおり っとと、6って、そのことか(汗

GM では、マイナーはなし

GM メジャーで…

GM 《白兵+C:ブラム+渇きの主+暴食の神蛇》でPC全員を殴ります!

銀之丈 Reが使えないときたー

銀之丈 (どうせ何もできないからいっしょだーw

椿 まぁ、一応ふっとけ(’’

椿 ってあ

椿 ごめんちょっとまって

椿 じゃあ、ミスディレクション

GM 単体か…

GM では、銀之丈で

椿 「ま、反撃の打ち合いもオツだが、何度もやられるのも癪でね」

銀之丈 そこで、ディゾルバーでないのか(

銀之丈 (ディゾルバー用意してた

椿 一応ディゾルバーの対象にはできるな

椿 因みに侵食129

GM 復讐の刃の方が怖いのですよw

銀之丈 まぁ、結果は一緒だがなw

GM では、判定いきますね

GM #27r7+10

ダイス GMkassgi:27r7+10=45(10(1,3,10,2,2,3,7,9,6,2,2,6,9,7,4,6,7,4,3,4,7,10,4,9,3,10,8)+10(2,10,3,2,4,2,10,2,8,7,5)+10(4,9,1,7)+10(7,2)+5(5))+10= 55

しおり 作った盾でガードして 《砂の結界》で を銀くんをカバーリング 「よしっ、これならっ!!」

GM 順調に減ってるなぁ・・・w

銀之丈 っと、感謝

GM #13d10+39

ダイス GMkassgi:13d10+39=72(6,9,2,2,5,8,7,2,9,10,1,8,3)+39= 111

しおり 3桁は無理でしたw

ひっどいなw

椿 これはひどいw

GM あれ?w

しおり う〜ん・・・どのロイスを切ろうかなぁ・・・

銀之丈 これはこれで酷いな...

有紀 《奇跡の雫》入れます?

椿 いれといてもいいぞー

椿 (こっちはまだ何も削ってないし

しおり あ、侵蝕は問題ないのですが、RPが困りまして(何  くれるとありがたいです

ここで渋っても仕方ない。リソースは使っていこう。もうそうは続かないはずだ

有紀 は〜い では、《奇跡の雫》 「蓮原さん・・・!」 しおりさんの上に青いリボンが舞い降りて レイズ!

有紀 113+6%

●常夜 椿 IV:5

しおり 感謝です 「はわ〜・・・あいきゃんふらいっ!!な感じですっ」(何

GM あ、忘れていました

GM 最後の《不死者の恩寵》を

GM 使用して終了です!

椿 ・・) だがあちしはFPA

GM あ、さらに間違えていました

GM 《夜魔の領域》ですね

GM では…

●威綱 銀之丈&高坂 有紀&蓮原 しおり IV:4

有紀 では、お先に参ります

有紀 《導きの華/癒しの水/戦乙女の導き/狂戦士/ポイズンフォッグ》

有紀 #7d10+2 回復

ダイス Yuuki-k:7d10+2=35(1,8,6,1,1,9,9)+2= 37

有紀 達成値:+14 ダイス:+15 CR値:−1 ダメージ:+ を味方全員に

有紀 「そろそろ・・・終わりです。 しっかり送ってあげてください」

有紀 いじょうです

銀之丈 でゃ、今回はお先に

銀之丈 ...みぃねぇ......」目に涙を溜めて。先ほどまでの煌きが無くなった爪にて攻撃(

銀之丈 白兵《暴食の神蛇/原初の赤:光速の剣/渇きの主/CR:ブラム》+12=133

銀之丈 #20r6+4+14 捨て身、自棄ともいう

ダイス Gin_5na:20r6+4+14=53(10(7,6,7,1,4,4,7,9,9,7,3,7,4,10,6,1,5,2,8,3)+10(4,3,7,8,10,2,4,5,2,9,8)+10(4,7,4,1,8)+10(7,2)+10(7)+3(3))+4+14= 71

銀之丈 回るなぁw

GM 《復讐の刃》で

しおり さすがPC1

銀之丈 消さない。

GM #27r7+10

ダイス GMkassgi:27r7+10=16(10(9,2,10,3,7,2,4,2,4,3,3,9,4,4,7,8,5,3,10,8,5,4,8,9,9,2,7)+6(2,2,5,6,5,4,2,5,6,1,5,3))+10= 26

GM あれ?

しおり 作った盾でガードして 《砂の結界》+《氷盾》で を銀くんをカバーリング 「また来るっ?!」

GM では、ダメージを

銀之丈 #8d10+10+5 装甲無視

ダイス Gin_5na:8d10+10+5=58(10,10,1,4,10,6,10,7)+10+5= 73

銀之丈 73

GM #10d10+39

ダイス GMkassgi:10d10+39=70(7,6,4,7,9,4,10,10,3,10)+39= 1

GM ダメージは安定して高いですね…

しおり なにその究極獣化・・・

GM 《魔獣の証》を使用!HP30点で復活します!

有紀 にゃんとぉ

まだ粘るのかー

GM トライですからね〜

しおり 銀くんを巻き込みつつ吹き飛ぶしおり

椿 実はまだ3つしか使ってないのよね・・・

椿 @2〜3はあるのよね。可能性(’’

しおり 「さっきより、威力が上がってますっ?!」  椿くんのロイスをタイタスにして、昇華 立ち上がる 「つばきくん・・・決めて・・・」

銀之丈 ずさーっと倒れる。庇われたお陰で怪我はないので、起き上がってくるが

GM 蓮原 しおり IV:4

しおり え〜・・・30点は飛ばせないと判断 メジャーで自身に《ヒール》します

しおり #4D10+1

ダイス Shiori-H:4d10+1=27(4,4,10,9)+1= 28

しおり 全快 侵蝕135137 と以上です〜

●常夜 椿 IV:0FPAのため)

有紀 「蓮原さん、威綱君・・・大丈夫ですか!?」

椿 「さて、すでに満身創痍に見えるが、何か言いたいことはあるかい?」

しおり 「うんっ、私はまだまだ大丈夫っ!!」

椿 と、問うてみる

椿 わんころに

銀之丈 ......大丈夫」そう答えつつ "昔の"構えを取る

GM 『内なる獣』「…マサカ 貴様モ言ッタダロウ 倒スカ倒サレルカダト」

椿 「…その意義だけは認めてやるか……だがね」

椿 ここで途中成長いいですけ?

GM どうぞ〜

椿 《陽炎の衣》 をLv1で習得しちゃうんだぜ!

しおり うわw

銀之丈 あーあw

有紀 「威綱君・・・。」 「前を、見てください・・・! 後ろには、変えられないものだけがあるんですから。  助けたいんじゃないんですか!?」

有紀 ついにECSを・・

GM 反撃封じですか・・・・・・w

有紀 ECMでした

椿 「その程度の殺意でこの俺を潰すというその無知無謀傲慢甚だしい──!」

椿 言葉を発すると同時に、眼を背けたくなるほどの殺意が場を支配する───

椿 ということでマイナーで《陽炎の衣》を使って侵食率129→132

しおり 「つっ、つばきくんっ?!」 今まで見たことの無い姿に驚く

GM 了解です

銀之丈 ...」丁度顔を上げた先では、己の拒絶する−ある意味超えられない壁が−撃ち崩されようとしていた。

椿 そしてメジャーでさっきと同じコンボ・・・ではなく

椿 《コンセ+光速の剣+マスヴィジョン+ピンポイントレーザー+主の右腕》 あえて侵食率高くなるけど使うよ! 侵食132→144

椿 それじゃーふりまっせー

椿 #28r6+12+14

ダイス Tubaki:28r6+12+14=55(10(8,5,5,8,10,5,9,6,8,9,7,7,5,6,10,2,2,2,3,3,6,2,2,4,6,10,1,1)+10(5,10,4,8,10,7,9,2,7,9,1,1,10,7)+10(5,6,7,10,7,3,6,6,4)+10(8,1,5,7,10,6)+10(7,10,1,1)+5(1,5))+12+14= 81

GM どうぞ〜

椿 81

GM では、回避はしませんが

GM E超越活性:ショックアブソーブ》の宣言を

椿 あれってオートだったっけ?

GM ですね…あ

椿 一つ言っておく

椿 現在の攻撃力は70スタートの装甲ガード無視で9Dが+される

椿 ・x・) たえられる?

GM やってみないことにはわかりませんよ!

椿 じゃあだめーじいくぞーw

有紀 その意気や良し・・っ

椿 #9d10+70

ダイス Tubaki:9d10+70=37(3,4,4,4,2,3,6,2,9)+70= 1

椿 1点装甲無視

GM まぁ、100超えたらさすがに無理ですねw

GM それで戦闘不能です!

椿 「本能すら錆付かせた己の業を悔い、無様に死ね!」

椿 殺意でひるませた瞬間、悪鬼のように、単純に、純粋な力で眼前の獣に振り下ろす

銀之丈 .......凄い...」ただそれだけを、彼の背に投げる。

椿 「……戌が鬼に敵うはずがなかろうに。無様な奴だ」

GM 獣は塵ひとつ残さず消えていった…

椿 そうして、一瞥する

「もう少し子供染みてくれたほうが可愛げがあるのにねぇ」ふぅと終って一息

GM では、戦闘終了です!

しおり 「つばきくん・・・すごい・・・」 改めてロイスとりたいです(何

GM どうぞ〜

銀之丈 ...そうか、そうだよね。諦めたら其処で終わり...か」

銀之丈 そして、部屋の崩壊は止まる。

有紀 「鬼・・・ですか。鬼さんでも、逃げ出しちゃいそうな一撃・・です。」

しおり 「と、止まった・・・」 ふぅ、と盾の結合を解除しつつ一安心

「銀くんはいろいろとあるとは思うけど、まずは戻りましょうか」

有紀 「見送ってあげましょう! その先に助けを待っている人がいるんですから・・・」

有紀 「あ・・・崩れるのが・・止まったんですか?」

銀之丈 「うん。そうだね....出口は、こっち」そういうと、これまで閉まっていた扉が自然に開く

しおり 「・・・銀くん・・・」何かが吹っ切れたような彼に笑いかけて、後をついていく

椿 「・・・さて、戻るか・・・で、何か振り切れたか?銀之丞

椿 と、初めて名前を呼んだ(

銀之丈 「まだ、"終わった"訳じゃ無い...これからでもちゃんと助けだせる...よね」

銀之丈 「全部を吹っ切ったわけじゃないけど、ね」

銀之丈 そして、子供の姿から、今の姿に戻る

「うん、いい目になってるよ。最初に見たときよりもずっとねっ」

銀之丈 「とはいえ、椿君程の芯は持てそうにないけど(苦笑」

椿 「・・・何、人にはそれぞれ道がある。自分の道を進めばいいさ──

「今すぐに答えを出さないといけないものでもないしねー。さーて帰ろっ」

GM ひゅおっと風が吹く――――――――

銀之丈 「うん、そうだね。その時はまた、助けてくれると嬉しいかな−−−−  そして、辺りは再び光と風に包まれる.....

GM こうして。己との戦いが終わった一人の少年が現実に帰還する…

======================================

バックトラック

======================================

GM 今回、Eロイスは『無限を継ぐ者』『砕け散る絆』『衝動浸蝕』『歪んだ囁き』『超越活性』の5つです

椿 迷わず使いたい・・・!

GM Eロイスを使用するかどうかの宣言のあと

GM 現浸蝕率とロイスを申告してバックトラックをどうぞ〜

銀之丈 最終133% Eを使用します。

有紀 使わせていただきます!

有紀 131%

しおり 侵蝕137 D1 昇華2 ロイス4 っと、まずEを使用します〜

有紀 #5d10-131 えい

ダイス Yuuki-k:5d10-131=32(10,10,2,4,6)-131= -99

最終128。Eは使うかな。

銀之丈 #5d10-133 まずはE分

ダイス Gin_5na:5d10-133=28(6,10,2,5,5)-133= -1

しおり #5D10-137

ダイス Shiori-H:5d10-137=12(3,1,1,1,6)-137= -125

有紀 ・・・また、減り過ぎそうだなぁ

#128-5d10

ダイス Misaki-Y:128-5d10=128-41(10,10,4,10,7)= 87

しおり ・・・12?!

高いよ

ヴェノムさんと羽衣を切って通常振り

銀之丈 (バニッシュ)*1 初期(ういたん、みぃねぇ) シナリオ(S) PC間*1 空*2 通常にて

#87-3d10

ダイス Misaki-Y:87-3d10=87-13(8,3,2)= 74

よし通常帰還

銀之丈 #4d10-1

ダイス Gin_5na:4d10-1=18(7,2,7,2)-1= -87

椿 E路いす使います。因みにD1固定2、S1、シナリオ、PC間ロイス、開きが1なんで銀さんに ■好奇心 □憐憫でとって

しおり き・・・期待値が裏切った・・・(何  2倍振りします・・・

椿 #5d10-144

ダイス Tubaki:5d10-144=22(3,2,10,5,2)-144= -122

椿 また微妙だなこれwwww

椿 <6dで122めざせって

GM ガンバレ!☆

銀之丈 通常87%にて機関

しおり #8D10-125 期待値のバカ〜(泣

ダイス Shiori-H:8d10-125=33(9,2,3,5,3,6,1,4)-125= -92

椿 よし通常いく!

椿 #6d10-122

ダイス Tubaki:6d10-122=43(7,9,2,10,8,7)-122= -79

椿 ・・・

しおり よゆ〜

椿 通常79で帰還。アブねえよ逆に!w

GM あらw

有紀 D:1 S:1 ロイス:4 タイタス:1 99%

有紀 ういさんは元の場所に帰るでしょうから ういさんをタイタス・・・! 笑顔も戻りますよね

しおり 2倍振り92で帰還です

有紀 #4d10-99 リマインドせずに通常

ダイス Yuuki-k:4d10-99=17(3,3,3,8)-99= -82

有紀 やった・・久々に通常5点圏内

GM では、皆様、ご帰還おめでとうございます!

GM えぇと、例のごとくEDは決めてませんので

GM ご希望がなければ、一括EDになります

しおり しおりはそれで問題なしです〜

有紀 いいと思います

銀之丈 一括  てか、どんな一括か気になる(いや。銀絡みだろうが)

一括で軽くその後をやった後に個別は少し欲しいかな

GM 精神世界直後になりますね

GM 精神世界帰還の直後になりますね

椿 個別はほしいかも

一括だと人多いからごちゃごちゃしそうで

椿はきりたにんに文句か?

銀之丈 つばきんぐはきりたにんとの会話とかかにゃ?(

有紀 2分割?

椿 まぁ文句はあるだろうなぁ

椿 以前一般人巻き込んでるし

有紀 さらっと同意してるとか聞いちゃいましたものね

銀と羽衣のその後的なのを聞いて、あとで個別をちょっとってぐらいでいいかと

椿 それにつながる事件が実は茶番劇でしたってのは流石に文句の一つも言いたくなる(

しおり しおりは・・・佐藤さんと軽く会話できれば〜・・・ですね

GM では、まずは一括EDで行きたいと思います。

GM その後に個別があれば個別に

====================================== 

Ending Phase 1  -夢の終わりに-

Scene Player 威綱 銀之丈 Place 奈々市支部

======================================

GM 眼を開けるとそこには見知った少女の笑顔が一つあった。

GM 頭の後ろに柔らかい感触がある。天井を向いているところを見ると。どうやら膝枕をされているらしい。

銀之丈 .....ん。ただいま」一瞬みぃねぇの様だと錯覚したが、それは直に脇に置いて

GM 周りにはUGNエージェント達が駆け回る音が鳴り響く。

GM 羽衣「おかえりなさいませ」

GM その顔はまさに先ほどまでいた美衣の顔にそっくりであった。

銀之丈 「此方の事は決着した...かな。皆のお陰で」ゆっくりと−名残惜しそうに−起き上がって、言葉と共に仲間を見る

GM 個別にエージェント達に介抱されているらしい様子が見て取れる。

有紀 すみっこで両親に抱っこされてますね(

しおり シナリオロイス的に佐藤さんに起こされる感じで(何

銀之丈 「皆も、もうすぐ目を覚ますよ」ありがとうね、そして、心配かけてごめん と言いつつ

GM サトー「…大丈夫か。」

GM と、しおりの肩を叩くように介抱しているサトー氏

椿 目を覚ます。・・・どうやら終わったようだ

しおり 「う〜・・・あいきゃんふらいっ!!です〜・・・」とか言いつつ目を覚ます(何

「ふぁぁぁ〜あ」とあくびしながら目を覚まそう

GM 羽衣「…いえ、いいのです。何かとても怖い夢を見ていたのですね?」ずっとうめいていましたし。

GM と付け加えてくる。

銀之丈 「うん。そして、色々やる事もできた」

銀之丈 一人じゃ、無理だろうけど(苦笑 ともいいつつ

GM サトー「I can fly?

GM とサトー氏は本気で首をかしげていた。

しおり 「はっ?! 佐藤さんっ!!報告ですっ 任務完了ですっ」 ビシッと  あいきゃんふらいはスルーして(何

GM サトー「…そうか、それはよかった。」

GM 額の汗を拭うサトー氏。彼なりに心配だったのだろう。

「やることねぇ・・・何か見つけたみたいね〜」横から口出し

銀之丈 「追加報告。"内なる獣"の消滅により、僕の戦闘力は大幅減になりました」けど、その報告自体に陰は無い

銀之丈 ※要するに、D:対抗種 も消えた。と

GM サトー「それ以上のものを手に入れたようだな。」 フッとその顔を見てサトー氏も笑う。

銀之丈 ...それから.......」ちょっと言いよどんで

銀之丈 「警護の任を解除して頂きたく」

GM サトー「何か問題でも?」

GM 君の希望なら受け入れるがと付け加えて。

銀之丈 ...みぃねぇ....天篠美衣を助けたく思います」ういたんも だけどね

GM サトー「……わかった。その理由を断れることはできそうにないな。」 と君の瞳に何かを感じ取ったのかサトー氏は頷いた。

GM そして。傍らの羽衣はその言葉を聞いて

GM 羽衣「私の…お姉さんをよろしくお願いします。」

銀之丈 「僕と、天篠羽衣さんと...その諸々について、決着をつける必要があると、考えます」

GM と両手で銀之丈の手を掴んで頭を下げる。

GM サトー「……了解した。君の好きにしたまえ」

銀之丈 「ありがとうございます」

「銀くん・・・本当に大切なものが見つかったみたいね」冷やかす感じで言おう

銀之丈 ただ、護衛の任務としては外してもらうが、護衛を止めるとは言ってない。

銀之丈 「ちょっと違う...かな、それは。断片しかない過去の一片を取りに行く...という方が正しいかも」

銀之丈 僕にも、羽衣ちゃんにも。と

「でもその行為はキミにとって、十分に大切なものだと思うわよ?」

銀之丈 ...それは、終わってから考えます(苦笑」

「でも、それをやるって決めたら何があってもやり通しなさいっ」とどこかで聞いたことあるようなことを言う

銀之丈 「司さんと、同じ事を言うんですね」

「え〜〜っ!あたし司ちゃんみたいにきついこと言わない優しいおねーさんなのに〜」

銀之丈 「羽衣ちゃん。心配しないでもあの"おなじない"の通り、僕はちゃんと傍にいるから」何か身を引こう的な感じなういたんへ(何

銀之丈 「おばさんだと思う(ぽそ」

GM 羽衣「あ……は、はい!」

GM 花が咲き誇るような笑顔で答える。

銀之丈 まぁ、サトー氏はノイマンだから、銀の意図(任務でなく意思として護衛をする)事は感づいてくれw

GM 了解です

有紀 「お花がいっぱい・・ですね〜・・・ Zzzzz

======================================

Ending Phase2  -吉永家の日常- 

Scene Player 吉永 岬 Place 吉永家

======================================

居間でティーカップを片手にくつろぐ娘にあたしはキッチンから声をかける。

「そうそう、銀くんね。前よりいい顔になったわよ。まだ断片的ではあるけれど、自分の意志でやりたいことを見つけたみたいで」

『あっ、そう』興味のない返事が返ってくる。ひどいのよーママのこと司ちゃんみたいだって〜と付け加える。

「次回はそろそろ敵さんも本腰入れてくるだろうからあたしでは役不足だろうし・・・後は彼等に任せましょ」

「でも、椿くんがいるとはいえ、他にも頼りになる助っ人がいると心強いんだけど・・・」ふと娘の顔を見ると浮かない表情。

「あれ?もしかして司ちゃんの大事な人が巻き込まれたりしないか心配してるのかなぁ・・・?」

ブブゥ――――ッ!飲んでいたものが噴水のように吹き出るような音が聞こえる。

『べっ、別に心配なんかしてないわよっ』

「うふふ、大丈夫よ。例えそうなったとしてもあの子は強いから。特別な能力(チカラ)がある・・・とかじゃなくて、ココの強さがねっ」ポンッと拳で自分の胸を叩く

『・・・・・・わかってるわよ、それぐらい・・・』ぷいっとそっぽを向く娘。

そして玄関のほうから扉の開く音。『ただいまー』

「噂をすれば、我が家の王子様のお帰りね。それともお姫様かしら?」

そしてあたしは迎えに足を運ぶ。

「おかえりなさいっ。ご飯にする?お風呂にする?それとも、あ・た・・・」『母さんっ!!』居間のほうから怒鳴り声が飛んでくる。

それは代わり映えのない、いつもの風景――――

 

======================================

Ending Phase3  -仕事の後に- 

Scene Player 常夜 椿 Place 奈々市支部

======================================

GM 君は奈々市支部長 樫村 描の一室にいた。

GM 目の前にはモニターが一つ。部屋を舞うわずかな埃が画面の光を反射する。

GM そのモニターには。日本支部長 霧谷 雄吾の姿が映っていた。

GM  

椿 「まぁ、俺の言いたいことはある程度わかってると思うが、文句を言いにきた」

GM 霧谷「…そうですか。」 その顔は事件の顛末を知り、こうなることを予想していたのだろう。

GM 落ち着いた雰囲気を纏っている日本支部長の姿があった。

椿 「まぁ、君らが何をしようと基本的にはここまで怒ることはない。だが、今回は別だ。こちらに飛び火したからな」

GM 黙って聞く日本支部長。

椿 「道化に仕立てられたことに対しては、まぁ、ムカつくが良くあることだ。許容はできる。だが、今回お前さんがたの行動のおかげで・・・どれだけのいらん被害が出たかわかるよな」

GM えぇと短く答える日本支部長。

椿 「一般人に対して、記憶操作しなければ駄目なレベルの一連の事件。それが実は身内のボロでした。けど支部には黙ってましたじゃ、流石にこちらも許容はできない」

椿 前回、記憶操作された先輩が脳裏によぎる

GM 霧谷「言い逃れをするつもりはありません。対応の不手際は率直に認めます。」

椿 「…だが、其れでも止まれないか。それはそうだな。今止まったらそれこそすべてが瓦解するだろうからな

GM 霧谷「…この一連の事件。藤崎さんは放っておけと言われました。しかし…」

椿 「ま、それについてまで否定する気はないが、今回の件は流石に我慢がならなかったからな、だからあえて文句を言いにきた」

GM 霧谷「私にも感情に流された部分はあったのでしょう。」

GM 一縷の望みに縋ったと言ってもいいかもしれませんねと付け加えてくる。

椿 「望みか・・・パンドラの箱じゃあるまいし変に抱くものではないだろう。ma,

椿 「ま、元いたところの上司にも似たようなことをいったが、理想や感情を抱くのはかまわんが、それにばかり執着してると縛られて、FHと変わらなくなるぞ。

GM 霧谷「彼は…もう止まらないでしょう。それが”誰かを救う”というならなおさらに。」

GM 霧谷「…よく藤崎さんに言われますね。いい加減、その理想論を振りかざすのはやめろって。」

GM クスッと苦笑する。

椿 「ま、現実との折り合いをつけて貰いたい。彼ではないが、お前さんがそれだと他に影響が出る」

GM 霧谷「……UGNは矛盾を多く抱えた組織です。コードウェル博士の帰還しかり」

GM 霧谷「…それでも。OVと人との共存を謳う。それがUGNのあり方です。」

GM 霧谷「・・・・今回の件。肝に銘じておきます。」

椿 「ま、そうしてくれ。それでは、また縁があれば」

GM 霧谷「…はい。またよろしくお願いします。」

椿 と、一礼する

GM といって、モニターも切れる。

椿 「…ま、本来俺が言うことでもないんだろうがね…」

GM 沈黙が世界を支配する。

GM 電源が切れたモニターにうっすらと映る己の顔。

GM その顔の表情は・・・・・・・

椿 (鬼・・・か。こんな情けない面の鬼、本当にいるのかね・・・?)

======================================

Ending Phase4  -先生と生徒- 

Scene Player 蓮原 しおり Place 奈々市支部の一室にて

======================================

GM 事件の次の日。君は奈々市支部を訪れていた。

GM 事件の報告と報酬を貰うのが本来の用事であったが。

GM その場で、唐突に。サトーさんが”そういえば、英語の勉強を見てあげる約束だったな”と

GM それからはあれよあれよという間に。気が付いたら、君はサトーさんからネイティブによる英会話の授業を受けていた。

 

しおり 「な、なるほどっ、rとlの発音はそんなに違うんですねっ」 ネイティブな発音に感動しつつ

GM サトー「………日本人は巻き舌に弱いようだな。」

GM サトー「とはいえ。まずは、下手でもいい。とにかく話すことだ。」

しおり 「はいっ」 っと、ひたすら  ロックとロックに違いをつけて発音しようと苦戦中・・・・

GM サトー「そうだな…会話では一つ一つの正確に覚えるより。」

GM サトー「会話の流れから何を話しているかと推測する。それが人間だ。」

しおり 「ふむふむ・・・雰囲気を感じ取るのですね・・・」と、ノートをとる

しおり 「・・・・・・ヴェノムロードと佐藤さんについて・・・少し聞いてもいいですか??」 少し間をおいてから、ノートを方を見たまま聞く

GM その言葉に少し間をおいて

GM サトー「……あぁ、かまわない」

GM とポツリと答えた。

しおり 「さ、さんきゅ〜です・・・えっと・・・ヴェノムロードは佐藤さんの・・・“先生”なんですよね?」 顔をあげずに下を向いたまま

GM サトー「……そうなるな。ある意味では、命の恩人だ。」

しおり 「命の・・・恩人・・・ですか??」

GM サトー「先の事件でも少し話した通り。私は幼少のころ、ノイマンの過剰発症によって、休息することができなかった。」

しおり 「・・・・・・でも、その先生はあの事件で」

GM サトー「極度の不眠症が人間を死に追いやることもある。私は全身麻酔をして、初めて”寝ることが出来る”レベルだった。」

しおり 「そうだったんですか・・・」  ごめんなさい、発言が前後してます><

GM サトー「…そうだ。あの人は行き過ぎていた部分はあるとはいえ、医者だったのだろう。」

GM サトー「自身のせいで死ぬ人間を見捨てることが出来なかったのかもしれないな。」

しおり 「それでも・・・佐藤さんはUGNに残った・・・残るしかなかった・・・ですか??」

GM サトー「私や霧谷はUGNを選んだ。あの人はUGNを捨てた。」

GM サトー「言ってしまえば、それだけのことに過ぎない。」

しおり 「・・・そして、佐藤さんは『マスターキラー』の称号を・・・ヴェノムロードは『ポイズンマスター』と呼ばれるように・・・」 彼自身はその名前を受け取ってませんけど・・と

GM サトー「それでも。UGNでこそできることがあると私は思っている。」

GM サトー「……あぁ。この称号は私の誇りであり……だからこそ、その義務を今度は果たさなければならない。」

しおり 「そうですね、それでこそ、佐藤さんですっ!!  っと、最後にもう一つだけ・・・」

しおり 「ここまで来てしまってでも、佐藤さんはヴェノムロードにUGNに戻ってきて欲しかった・・・UGNに戻ってきて、彼にどうしてほしかったんですか??」 と、問う

GM サトー「……そうだな。あの人は知識の宝庫だ。…いや、綺麗ごとは言うまい。」GM サトー「昔、私を救ってくれたように。また誰かを救ってくれたら、と切に思ったよ。」

しおり 「なるほど、そうですか・・・あの人にも“護りたい”ものがあって・・・それはUGNでは“護れない”もので・・・でも、佐藤さんは・・・」 と、少しの間のあと顔を上げて

しおり 「さて、次のポイントはなんですかっ!!」 と、先ほどまでの雰囲気に戻る

GM サトー「そうだな…では、次は日常的に使う会話のいくつかを教えるとしよう。」

GM と、こちらもしおりんのトーンに合わせて言葉を軽くする。

======================================

Ending Phase5   -救いは遠く。煉獄にて悶え狂う- Lorddoll

Scene Player ヴェノムロード Place どこかの研究所 Entry 不可

======================================

GM カツンッカツンと灰色の世界で靴音が高く響く。

GM 難題に挑む哲学者のように眉間にしわを寄せたヴェノムロードは、傍らの人物に声をかけた。

GM ヴェノムロード「…少年は答えを出した。」

GM  

GM ヴェノムロード「…ならば我々も最終段階へと移行するとしよう。」

GM ヴェノムロード「……これだけ派手に動いたのだ。まもなく、ここもUGNに発見されよう。」

GM ヴェノムロード「MDS(マルチドールシステム)よ。お前はここでUGNと交戦し…時期を見て逃走しろ。」

GM MDS「………主は如何するのですか?」

GM その言葉を合図に。二人は足を止め…ヴェノムロードは目の前の等身大のカプセルを見上げる。

GM  

GM ヴェノムロード「……私は、計画の最後の障害となる相手を排除する必要がある。」

GM ヴェノムロード「どちらにしろ、ワーカーホリックとは決着をつけねばなるまい。」

GM ヴェノムロード「……ここを囮にすれば、奴は一人になる。ゆえに、君は無理はするな。時間を稼げればよい。」

GM MDS「……………………………………」

GM 片目に眼帯をした女性はギリッと密かに口を噛む。しかし、その音を…その表情を傍らにいるヴェノムロードは聞いていなかった。

GM 彼はただじっと。目の前のカプセルで眠る天篠 美衣に眼を注いでいた――――――――。

                                                        ・・・to be continued?

GM ======================================

GM では、改めて終了とさせていただきます〜

銀之丈 お疲れ様でした

お疲れ様でした

GM そして、すみません。さすがに限界・・・・

有紀 おつかれさまでした〜

しおり おつかれさまでした〜 

GM アフタープレイはBBSにてお願いします

銀之丈 じゃ、残りは掲示板でですね

GM はい

有紀 は〜い

椿 おつかれさまーす。そして( ゚Д゚) リョーカイ!!

GM では、皆様おやすみなさいませ

しおり 了解です〜

おやすみ〜

GM それでは〜

 

 

 

※※※舞台裏にて (WF第三話 ロスト タイムとは)※※※

 さて。改めて参加者の皆様、お疲れ様でした。

前回と同様、また時間がなかったため、アフタープレイとセッション上の感想、ネタバレ、裏話が掲示板になってしまいました(><

アフタープレイにも記載しましたが、そのためGM側が後半かなりミスを連発しています。

(ログでは編集の妖精さんがその辺を直してくれていますが^^;)

 

さて。WE3話のテーマは”威綱 銀之丈” メインテーマは”PC,硫甬遒箸料遇(決別)”です。

というのも、WF1話開始直後くらいに、銀之丈くんのPLの方から、”できればDロイス昇華をやってみたい”という要望がありました。

そのため、Dロイス昇華をシナリオ上のメインギミックに据えつつ・・・キャンペーン上の展開にどう巻き込むか。そこに苦心しました。

結論として出てきたのが、Dロイスは自分へのロイス、それの昇華なのだから、これはもう”自身の過去との決別”だろう!というものでした。

 

そのメインテーマを際立たせるにはどうすればいいか・・・・それには、銀之丈を精神的にフルボッコにしつつ、後の展開に繋がる重要なファクター

羽衣のオリジナルである”天篠 美衣”と、ラスボス級の敵キャラ”ヴェノムロード”の登場を盛り込みました。

そして、ヴェノムロードがとうとう表に立つのだから、その登場を際だたせるためにサトーとのイベントを盛り込む・・・

これがWF3話のシナリオプロット(GMの意図)の全容になります。

 

ヴェノムロードとサトーの複雑な人間関係はキャンペーン当初の構想段階からありました。

というのも、本キャンペーンの見所は”天篠 羽衣(現在)”と”天篠 美衣(過去)”の『天秤の選択』にあります。

サトー氏が現在の羽衣を守護し、対するヴェノムさんは過去の美衣の守護神です。

そこに単純な”サトー(UGN)は善で、ヴェノム(FH)は悪”という感覚を持ち込んでしまうと、感情論における迷い(醍醐味)がなくなってしまいます。

それでは面白くない。天秤はできるだけ重く、かつPCを徹底的に迷わせるものでなければならない。

その思いが、本セッションにおける展開に繋がっています。

 

さて。内なる獣を捕まえるイベントで選択肢,鯀んでいた場合、どうなっていたか?

その場合、獣は銀之丈が昔いた研究所に逃走し・・・FS判定ではPCの楽勝になるものの、CXではより強化された状態でPCの前に立ちふさがるという展開になっていました。

(加速する刻、加速する刻供通常のIV、夜魔の領域の計4回行動でかつ復活エフェクト満載の代わりに、従者なしというデータ構成になっていました)

 

実は、この選択肢は、選択肢 米体:現在:羽衣:エグザイル)と選択肢◆弊鎖澄Р甬遏美衣:ソラリス)の選択の暗示になっています。

詳しいことはWF4話に持ち越しますが、天篠 羽衣ちゃんのシンドローム:エグザイル/ソラリスは、肉体と精神の欠陥を埋めるという彼女のキャンペーン上の選択を意識した構成になっています。

そして、本セッションのイベントは間接的に、その選択のどちらを選ぶのか・・・今、どちらの天秤に傾いているのかをGM側が知る良いリトマス試験紙になるかなと思っていたのですが・・・結果的に目論見は外れてしまいました。無念(><

 

さて。第4話は物語の佳境”どちらかしか助けられない現実に直面してもらう”ことがメインテーマとなります。

と同時に、本作のもう一つの主人公”ヴェノムロード”に大きくスポットを当てる予定です。

 

ここまで読んでくれた方に感謝の意を表明すると同時に、ここまで参加してくれたPCの皆様にも感謝を。

では、またWF4話で会いましょう!