有紀 おじゃまします〜

GM さて。自己紹介の準備はお済みですか〜?

銀之丈 自己紹介一応用意よし。

有紀 は〜い

椿 ・x・)

GM 了解です。では、自己紹介後にOPに入りますね

GM 準備ができた方からどうぞ〜〜

 

銀之丈 では....

銀之丈 「"内なる獣"...僕は抑え続ける事が出来るのだろうか」

銀之丈 「ん?彼女は何処かで....」

 

銀之丈 "漆黒たる悪魔の業爪牙(デビルズ・ファング)" 威綱 銀之丈(いつな ぎんのじょう)

銀之丈 チルドレンでありながら、非日常を避け日常の中にて過ごす高校生。

銀之丈 ウロボロス/キュマイラ/ブラムストーカーのトライブリード

銀之丈 忌避なる悪魔の名を冠せられたのは、如何なる訳か...

銀之丈 彼の一撃は、如何なる防御をも無効化し命(存在)を奪うと言われているが、はてさて。

銀之丈 HP32 IV4 基本侵食率37%【対抗種】

銀之丈 エンブレム『スティールマインド』所有。

銀之丈 シナリオロイス:"白い羽を纏う少女"  ■□後述

銀之丈 PC間ロイス:"繋ぎ隔てる青いリボン"高坂 有紀 ■誠意□隔意

銀之丈 「うん、彼女の能力は僕のとは大違いだ。人を助ける為のその力とその想いは特に」

銀之丈 (己の手の内を眺めつつ)

銀之丈 PLは御神楽。

銀之丈 以上、宜しくお願いします。

 

有紀 「わたしの名前はは高坂有紀、コードネームは”コルドンブルー”です!」

有紀 「お父さんとお母さんの帰りを待っているのもだいじなこと・・って分かってます・・けど、やっぱりできる事ならもう少しお手伝いしたいんです。」

有紀 「すっごい人だったのに・・・いえ、だからこそ悩みがあったのでしょうか。できる事ってなにもなかったのかな」

有紀 16歳の高校生。黒曜石の瞳、黒の長髪に青いリボンを結んでいます。

有紀 UGNのエージェントである両親やみんなの力になりたくてイリーガルに志願しました。

有紀 なので日常を謳歌する普通の高校生です。

有紀 性格は・・臆病?

有紀 自らは攻撃能力を持たない完全な支援型。

有紀 コードネームはお気に入りのリボンと趣味の料理より

有紀 “繋ぎ隔てる青いリボン”高坂 有紀”

有紀 【シンドローム】ソラリス/オルクス 【ワークス/カヴァー】高校生/高校生

有紀 【行動値】4【HP】24【基本侵食率】31% 戦闘支援型

有紀  http://feriz.shin-gen.jp/DX_kousaka2.html

有紀 PC間ロイス:“陰に潜むもの” 浅井 守里 さんに ■親近感/口不安

有紀 「わたしも、支援なんですよ〜/獣って言うくらいですし・・いっぱい食べるのかな」

有紀 シナリオロイス:"偽神の盟約" 冴丈 当真 さんに 口尊敬■悔悟 

有紀 「少し年上なだけなのに、すごいです/何かできなかったのかな・・・」

有紀 PLは夕凪です。 不束者ですがよろしくお願いいたします! 鍾会は以上です〜

 

守里 「お気になさらず。これも任務ですから」

守里 「任務外の事は感知しませんので、ご勝手にどうぞ」

守里 “陰に潜むもの”浅井 守里(あさい まもり)。

守里 もとは日本支部直属のチルドレンだったが、"輪廻の獣"と交戦し撃破するも自身が取り憑かれてしまう。

守里 現在は実戦の少ない奈々市支部で活動している。

守里 与えられた任務は確実にこなそうとするが、逆に任務以上の事は殆どしない。例外は"輪廻の獣"関連の事象。

守里 砂を利用した最低限の攻撃能力を持ってはいるが、支援をメインとしている。

守里 ブリード:ピュア シンドローム:ウロボロス Dロイス:《輪廻の獣》

守里 【HP】31 【行動値】11 初期侵蝕率:33%

守里 PC間ロイス:“凝結する砂”蓮原しおり ■連帯感/無関心 「まぁ、よろしくお願いします」

守里 シナリオロイス:OP後提示

守里 PLはsevenです、よろしくお願いします。

守里 以上。

 

しおり 「え、えっと・・・始めましてっ!!蓮原しおりといいますっ。」

しおり 「UGNエージェントとしてバイトしながら、高校に通っています。」

しおり 「一生懸命がんばりますので、よろしくおねがいしますっ!」

しおり 「レネゲイド・・・これは誰かを守るために使うもの・・・」

しおり 「誰も傷つけたりはしないっ!」

しおり 蓮原しおり、16歳、高校に通いながら、弟と妹と共に生活している。

しおり 基本的には自己主張をしないタイプだが、戦闘時は仲間の前に立ち盾となる。

しおり あ、英語は苦手です(何

しおり HP:27 基本侵蝕率:32% シンドローム:モルフェウス/サラマンダー Dロイス:砂使い

しおり PC間ロイス:"無銘の騎士剣" 常夜 椿(■尊敬/□恐怖)

しおり 「私よりも年下なのに、自分の力で生きている・・・すごいなぁ」

しおり シナリオロイス:"廻り続ける歯車" コートハロルド=サトー (■信頼/□猜疑心)

しおり 「本部エージェントでえふびぃあい・・・スゴイ人です」

しおり PLはちむです。やさしくしてください(何

 

椿 「月見に洒落込もうかと思ったら何故か厄介事を押し付けられた。おまけにFHときたもんだ」

椿 「……金にならないなら余り突っ込みたくはない…面倒事は御免被る」

椿 かつて別の市で何でも屋をし、海外出張(クロドヴァ)に出向していた彼だったが、

椿 体内のレネゲイドが変異し、体調が悪化。体調が回復するまでの間、何でも屋は一時休業、

椿 健全な高校生活を送ろうとした………が、気づいたらここでも仕事をしていた。

椿 三つ子の魂100までという諺を素でやっている男である。

椿 シンドロームはエンハイキュマのクロスブリード。回数制限白兵キャラと見せかけた反撃上等キャラである(何

椿 シナリオロイス"解析不能なる獣" 王=蝮蛇に□仕事の種か ■面倒そうだ

椿 PC間ロイス“漆黒たる悪魔の業爪牙” 威綱 銀之丈に □好奇心 ■コードネームながっ!

椿 PLは抱月です。いじょうよろすくー!

 

GM GMはお馴染み”第3の鍋の具材”カササギです。

GM 本日もよろしくお願いします!(ペコリと頭を下げ

しおり よろしくおねがいしますっ、(ペコッ

守里 よろしくお願いしまーす

銀之丈 お願いします。

有紀 よろしくお願いいたします〜

椿 よろすk

======================================

Opening Phase 1 -白と黒の邂逅- boy meets girl

Scene Player 威綱 銀之丈 Place 奈々市中央公園 Entry 不可

======================================

銀之丈 #1d10+37 登場

ダイス Gin_5na:1d10+37=2(2)+37= 39

GM あらw 順当ですね〜

銀之丈 初期が高いからねーw

GM では、ナレーションを〜

 

柔らかい日差しが降り注ぐ快晴の大空の下。君は学校からの帰り道に、何の気なしに奈々市中央公園に寄っていた。

「たまには公園で平和を感受するのも悪くない」そんな軽い気持ちで寄ってみたのだが・・・

そこで。白い日傘を差した一人の少女と出会う。

透き通った白い肌。白い日傘に白い服。そして僅かに色のついた銀の髪は日が当たってないのにも関わらず輝いている。

そんな美少女は公園のベンチにポツンと座り、日傘から覗く木漏れ日と鳩、そして噴水を眺めていた。

 

GM ナンパ男A(?)「おぉ、すげー美人。おいっ、声かけようぜぇ?」

GM ナンパ男B(?)「やめとけよ。どこから見たってどこかの令嬢だろう?あんなのに手を出したら後で何が来るかわかんねぇよ。」

GM と、近くのナンパ男達が遠巻きに彼女を見ている。

GM 放っておけば、厄介ごとに巻き込まれるのは間違いない(何

銀之丈 それじゃ、虫除け用に近づくか(何

GM 近づく君に気づいたのか、その少女は君の方に顔を向ける。

銀之丈 「...よぅ。待たせたね」あえて、ナンパsに見せ付けるよう、彼らの後方から手を上げつつ近寄る

GM ???「・・・・あら。お待たせしたのでしょうか?」

GM とトンチンカンな返事を返す少女。

GM なお、遠目で分かるくらいにナンパズはすごすご引き返していったのが分かる。

銀之丈 「まぁ、待ってない。というならそれはそれでいいんだけど(苦笑」会話しつつ取り巻きを見て....

銀之丈 「...と、悪かったね。ちょっと絡まれそうだったから、勝手に待ち合わせした事にして」早々に彼女に暴露

GM ???「はぁ。絡まれそう・・・でしたか。」 その表情は全く何が起きたのか理解していないようだ。

銀之丈 「...余計なお世話だったかな?(苦笑」

GM 凄く天然というか・・・世間知らずな印象を受けますねwこの子からw

GM 「いえいえ。折角ですから、座りませんか? 心地よいですよ?」

銀之丈 「しかし、此処で何をしていたの?」 それじゃ、遠慮なく。ということで、ベンチに座りつつ

GM とポンポンと空いた手で隣の席を叩く

銀之丈 あれ?これって軟派か?とか頭を過ぎったりするが、意識の隅にそれを追いやりつつ

GM 「あの親子連れ・・・・もっと言えば、あの子を見ていました。」 と右手でついっと4歳くらいの女の子を連れた親子連れを指差す。

銀之丈 「んー....」どんな子かな?と、その指の先を見つつ

GM 幼稚園の帰りがけなのでしょう、黄色の帽子を被ったお下げの可愛い子です。

GM 「・・・・人を眺めているのって楽しくありませんか?」 ふわっと微笑みように話しかけてくる。

銀之丈 「あの子を?」特段変わった風な感じではないよね?

GM ですね。

銀之丈 「ん〜。そうだね」肯定とも否定とも取れるニュアンスを含んで

GM 「・・・でも、お話をするのは今日で初めてですね。」 と、そこで気づいたように、あらと顔に手を当てて

GM 羽衣「まだお名前を伺っていませんでした。私の名は、 天篠 羽衣(あましの うい)と申します。」

銀之丈 「うん、初めて...かな?」時々此処は来るけど、見かけた事は無かったと思うし

GM 羽衣「貴方はここで何を?」その視線は手に持ったカバンとかに注がれている。

銀之丈 「あぁ。えーと...僕は威綱、威綱 銀之丈(いつな ぎんのじょう)。まぁ、適当に縮めて呼んでもいいよ」言いづらいだろうし

銀之丈 「学校の帰り、なんだけど」珍しいかな?と思いつつ  同い年位なんだよね?

GM ですね。でも、明らかに羽衣ちゃんは学校とかに通っている雰囲気はありませんね

銀之丈 「....中、見てみる?」まぁ、興味惹いてるなら、鞄を開けつつ好きに見せてあげよう

GM 羽衣「いつな・・・・ぎん・・・銀之丈様ですか。」反芻するように、何度か唱えて

GM 羽衣「・・・あ、はい!」と目を輝かせて

銀之丈 「...様付きで呼ばれたのは初めてかもしれない(苦笑 ぎんちゃんとかでも、呼びやすいのでいいよ?」半分照れて首元ぽりぽり

GM 羽衣「ギンちゃん・・・銀さん、銀君・・・・」しっくりくるのを選んでいるようだ。

GM 羽衣「では・・・・銀様。学校とはどのようなところなのでしょう?」

銀之丈 様付きからは外れなかったのか(笑

GM 結局、縮めただけでしたw >しっくりくるの

銀之丈 「んー。同じような年頃の人と一緒に勉強したり、運動したり遊んだりして過ごす処かな?」>学校について  まぁ、鞄の中身を取り出して話すなら、それらの話も絡めつつ

銀之丈 「様...かぁ。うん、まぁ呼びやすいのでいいよ、と言ったのは僕の方だしね(苦笑」何か照れくさいらしい

GM 羽衣「はぁ。楽しそうな場所ですね・・・・」 あら、そうですかと頬に手を添えて小首を傾げながら君の話を聞いている感じがしています。

銀之丈 「天篠さんは、学校とか、そういう感じの処には行ってないの?」反応としては行ってないんだろうなとは思いつつ

GM 羽衣「・・・・・あら、いけない。もうこんな時間でした。」

GM 羽衣「・・・あ、はい。学校、というものには行ったことはありませんね。」

GM 羽衣「では、申し訳ありませんが・・・私はこれで失礼させて頂きますね。」と立ち上がってペコリと頭を下げる。

銀之丈 「あぁ、時間か。天篠さん、もし問題なければ、途中まで一緒しようか?」

銀之丈 此方は鞄に中身を戻しつつ

GM 羽衣「あぁ、いえ、大丈夫です。」

GM 羽衣「今日は話すことができまして楽しかったです。」 日傘を担ぎなおしながら、

銀之丈 「ん、そう?...それならいいけど。うん、こっちも楽しかったよ」それには嘘が無い様な笑みを返して

GM 羽衣「またお会いできることを楽しみにしていますね。」と柔らかく微笑みながら、ちょっと小首を傾ける。

銀之丈 「そうだね。この辺はそれなりに良く通るから、時間帯が合えば...かな?」

GM あら、では、またここに来ますねと言って去っていく羽衣ちゃん・・・・それを見送る君だが・・・そこで君は気づく。

GM どこかから君達を見てる視線が・・・!<知覚>で判定を(目標値:8

銀之丈 #1r10+0 知覚......って、無理だーw

ダイス Gin_5na:1r10+0=4(4(4))+0= 4

GM では、見ている人影は見つけられなかったw

銀之丈 天篠さんに夢中です(違

GM が・・・、キョロキョロと周りを確認した君の目に、一枚の白い羽が降りてくる。

銀之丈 視線は感じるけど、誰かは判らない 状態なのね

GM ですね。

銀之丈 「ん?.......羽根?」掌に乗るように手を伸ばして

GM 手に取ると・・・鳥の羽というよりは雪化粧で作られた羽という印象を受ける。

GM なにより。

GM 体内のRVがざわつく感じがする・・・・!これはRVで作られたもだと直感が告げている!

銀之丈 「(一瞬顔を顰めて)...これは、普通の...じゃないな」掌に集まる自分の"喰らう"力が集まるのを感じて、直接触らない様に袋に慎重に入れなおして

GM 気がつくと、目の前にいた少女はいない・・・。まるではかなく消えた白昼夢のようだ。

銀之丈 「....夢...という訳ではないよね、これは」何か歯車がゆっくりと動いた様な気がして

銀之丈 「...気のせい、だよね」その"嫌な予感"を振り払うように そして一報で彼女の微笑みを思い出しつつ

銀之丈 既に人通りの消えた公園を後にした...

GM ただ、嫌な予感だけと白い羽を残して・・・午後の昼下がりは過ぎていく。

======================================

Opening Phase 2  -笑顔の裏側で- hazard call

Scene Player 高坂 有紀 Place 自身の部屋 Entry 不可

======================================

GM 登場をお願いします

有紀 #1d10+31 リマインドソウル正式搭載のコルドンブルーが2点挙げます!

ダイス Yuuki-k:1d10+31=1(1)+31= 32

有紀 さすがりまいんどそうる

守里 関係ぬぇ(何

GM え・・・エンブレムにそんな効果があったのですかw

GM では、ナレーションに行きますね〜

 

〜回想〜

彼・・・”冴条 当真”と出会ってからもう2年になるであろうか。

彼は面倒見の良い兄貴として、UGNではOVへの初期指導や精神的なケア、雑務一般を担当していた人である。

常に笑顔を絶やさず。そんな”お兄さん”に連れられて、君は奈々市にあるアミューズメントパークに来ていた。

いつもの訓練の後、息抜きを兼ねて連れてこられたのだが・・・周りにはたくさんの人だかりができている。

今日は何かイベントがやっているらしく、家族連れやカップル達の姿が多く見られていた。

 

GM 当真「ふむふむ・・・・今日はヨーロッパ展をやっているのか・・・」 パンフレットを覗き込み

有紀 「それでこんなに人がいっぱい・・・楽しそうですね〜」

GM 当真「最近、訓練詰めだったからね・・・いや、いい息抜きになってよかった。」

GM 当真「・・・どうだい?有紀ちゃん。ソラリスのエフェクトの扱いには慣れたかな?」

GM 当真「幸い、僕もソラリスの《狂戦士》使いだからね・・・久々にやりがいのある仕事ができてよかった。」 その笑顔は屈託のない誇らしげな表情をしている。

有紀 「はい、冴条さ・・先生のお陰で。 お父さんもお母さんも、またおいしくなったって言ってくれました!」

GM 当真「あははは・・・!また《隠し味》を使ったね、有紀ちゃん」

有紀 「あはは、こっちのほうがずっとおいしくできちゃうのですもん。 戦う力はやっぱりありませんけど」

GM 当真「そうか・・・でもね、これだけはよく覚えておくんだよ、有紀ちゃん。」ちょっと真剣な顔をして

GM 当真「エフェクトを使うということは、その人をRVに感染させることでもある。」

GM 当真「使うな・・・とは言わないけど、エフェクトの多用だけは避けること!」 いいね?と一転して笑顔で諭してくれる。

有紀 真剣な眼差しで聞いたあと、笑顔に変わったところで一緒ににこっと 「はい!」

GM 当真「なにより・・・僕としてはもっと有紀ちゃんの手作りの料理が食べたいなぁ」と冗談っぽく言う。

有紀 「そ、そうですか・・? 」ちょっと照れつつ 「おいしくないって言わないです?」

GM 当真「言わないさ〜〜なんたって、可愛い生徒の手作り料理だよ?」

GM 当真「とはいえ・・・食べる機会も当分先になっちゃうかな」

有紀 えへへっ 「じゃあ、今度お弁当を・・・」 言いかけて 「どうしてですか?」

GM 当真「実はね。有紀ちゃん。僕はそろそろお別れを言わないといけないんだ。」

GM 真剣な表情になって続ける。

GM 当真「実は・・・今度、UGNで新しいプロジェクトに参加することになったんだよ。」

GM 当真「そのプロジェクトはUGN内でも極秘でね。しばらく有紀ちゃんにも会えなくなると思う。」

GM 当真「ちょっと残念かなぁ・・・こんな可愛い生徒の下を離れることになるしね。」最後は笑顔で締めくくる。

有紀 え? え? と はなしがすすむつれ顔色が暗くなりますが

有紀 「極秘・・ってすごいです。わたしだけじゃなくって、もっと沢山の人から頼られてるんですものね」 一転にこっと 少し光るものがありますけれど

GM 当真「うん・・・・やっと、やっと自分の力が認められたんだ。だから、寂しくなるけど・・・笑顔で送り出してくれると嬉しいな。」 こちらも寂しそうに、でも誇らしげに笑う

有紀 「先生ならきっと大活躍です! だから、良くなったら・・ご飯が食べたくなったらでも、教えてくださいね。」  「それまでに、も〜っとおいしいご飯が作れるようになっちゃってますよっ」

GM 当真「うん、楽しみに待っているよ。」

GM そう笑顔でお別れを告げた”先生”

GM その次に彼の噂を聞いたとき・・・君は信じられない思いだった。

GM 何故なら・・・・次に聞いた噂は”彼は自殺した”というものだったからだ・・・・

〜回想終了〜

 

GM 真夜中の自室にて。唐突に鳴り響く携帯電話。画面には非通知と簡潔に書かれた文字だけだった。

GM 外は静かで・・・最近の事件の影響もあってか、人の姿もない。

有紀 え、わわわわ 慌てて携帯を取って出ます

有紀 「はい、高坂です〜」

GM では。ぴりりりと鳴る携帯に出ると・・・しばらく静寂が続く。

GM そして。

GM 当真「・・・やぁ。久しぶり、有紀ちゃん。」

GM と唐突に。搾り出すように、懐かしい声が聞こえた。

有紀 「あ、あれ・・・今日訓練の日でしたっけ。ごめんなさい、すぐに!」 と慌ててベッドから落ちます

GM その声に一瞬、呆けたような空白があった後

有紀 「きゃあ」 床にどーんと

GM 当真「君は相変わらずだね、有紀ちゃん。」ちょっと苦笑するような、眩しいものを見るような口調で返答する

GM 当真「ととと、大丈夫かい?」

有紀 衝撃で少しずつ頭がくりあに 「あれ、まだ夜ですよ。先生」  「って・・・あれ・・・? 先生・・ですよね?」

GM 当真「・・・・・あぁ、僕だ。」

GM 当真「世間的には”死んでいる”僕だね。」自嘲気味に呟く。

有紀 「そうですよ、あんな噂があって・・・無事だったんですか?? 」 喜びを隠そうとせずに

GM 当真「・・・有紀ちゃん。どうか落ち着いて真剣に聞いて欲しい。これは大事な話なんだ。」

GM その言葉には反応せずに、切羽詰った口調で伝えてくる。

 

GM 当真「僕を・・・・・止めて欲しい。」

 

有紀 「止める・・・?」

GM 当真「そうだ、僕はもう限界なんだ・・・・だから、君の手で止めて欲しい。」

GM 当真「すまない・・・つらい役目だけど・・・・君にしか頼めないんだ・・・」

GM そう呟くような言葉を残して、唐突に電話は切れる。

有紀 「あの、先生・・・? どういう・・・」 切れた電話を持ったまま

有紀 数分とまったあと、両親に相談しにいっていいのかなぁ

GM それは大丈夫ですよ〜 >両親に相談

GM 両親側から、樫村さんのところへ連絡がいきますしね。

有紀 ありりですっ

 

後で、支部から「詳しい話を聞きたいので、支部にいらしてください」という返信がきますね

煌々と月光が世界を照らす。どこかで野犬の遠吠えが響く。

それは・・・どこか不吉な予感を想起させた・・・

======================================

Opening Phase 3 -アメリカから来た男- He is American

Scene Player 浅井 守里&蓮原 しおり Place  Entry 不可

======================================

GM まずは登場をお願いします

しおり #1D10+32 っと

ダイス Shiori-H:1d10+32=5(5)+32= 37

守里 #1d10+33 登場

ダイス Mamori-A:1d10+33=8(8)+33= 41

GM あら、40を超えた方がw

守里 はっはっは(何

しおり あらら

GM では、ナレーションを始めますね

 

赤き血の化け物が人を襲う――――通称:赤き血の獣事件と名づけられた事件にキミ達は投入されていた。

降って沸いたように起きる化け物は事前対処が難しく・・・今もキミ達は通報によって事件現場に急いでいた。

・・・しかし。いざ現場に到着してみると、既に周囲は封鎖され”事件の後始末のような様相”を見せていた。

その事件現場の中心に立つ一人の男。歳は30代前半くらいか。

やや派手なネクタイに一見して高級そうなスーツに身を包み・・・その男はテキパキと周りのUGNエージェント達に指示を出していた。

 

GMエージェントE「了解っす!ただちに、血痕の解析を依頼させますっす!」

しおり 「ほえ〜・・・誰でしょうあの人??知ってます?守里さん??」疑問符を頭の上に出しながら

守里 「私も初めてみますが」

しおり 「とりあえず、UGNの方・・・ですよね・・・」

守里 「うちの支部のエージェントがいるので間違いないかと」Eの方を見つつ。

GM そんな風にひそひそ話しているうちに、件の男がカツカツと近づいてくる。

しおり 「ひ、ひえっ!」びくっと守里さんの背中に隠れる

GM 「You are・・・あ、えーと、キミ達は・・・今回の事件を担当している者たちだな?」

GM 「私の名はコートハロルド・サトーという。アメリカから来たUGNのエージェントだ。」

守里 「お初にお目にかかります。UGN奈々市支部所属"シャドウハイド"浅井 守里です」と敬礼。

しおり 「蓮原・・・しおりです。」ひょこっと礼

GM サトー「ふむ、守里にしおり・・・か。」 記憶するかのように、記憶を探るかのように呟く。

守里 「迅速な対応を感謝します」

しおり 「え、えっと・・・私たちの上司・・・ということになるのでしょうかっ」

GM サトー「うむ、たまたま近くを通りがかったのがよかったな。」

守里 「…そうでしたか」

GM サトー「そうだな・・・私のUGN内での地位は”UGN本部エージェント”というのにあたる。」

守里 「おや、本部の方でいらっしゃいましたか」

GM サトー「あと、FBIにも所属しているが・・・まぁ、こちらはいいだろう。」

しおり 「はわっ・・・本部の人でしたかっ」ますますちっちゃくなる

GM サトー「堅くならないでくれ。これでも堅苦しいのはキライでね。」言った後に、ん?今のは苦手のほうがよかったか?と口に出して考え込む。

守里 「それは失礼しました」といいつつも堅い対応は変わらない。

しおり 「えふびぃあい・・・スゴイ人なんだな〜」と独り言

GM サトー「ともかく、ここを管轄している支部長に会いたい。 案内してくれるだろうか?」

守里 「かしこまりました。支部の方にご案内します」

しおり 「ご案内しますっ」守里さんの後にあわてて言う

GM サトー「すまない。そうだ・・・これは日本の風習には合うのか?」といいつつ、手を差し出してくる。

GM 要は握手を求めている感じだ。

守里 「問題無いかと」と手を差し出す。

しおり 「よろしくお願いしますっ」後から手を差し出す

GM では、力強く握って、上下に動かしてくれますw

GM それはもう・・・ぶんぶんと音が出そうなほどにw

しおり 「はわわわわ・・・」振り回されて

守里 「……」されるがまま。

GM サトー「よし!案内してくれ! できれば、道すがらキミ達の知っている範囲でいいから、事件の詳細を聞きたい。」

守里 「了解しました。道中で説明させていただきます」

GM それはもうキラキラと、爛々と目を輝かせて歩き出す。

しおり 「なんかいろいろとスゴイ人です・・・」守里さんを間に挟んで歩きだす

守里 シナリオロイスのサトーさんに■有為/猜疑心にて取得します。

GM 了解です!

GM て、猜疑心がきましたかw

守里 初対面だから、的な意味合いが強い

GM なるほど

 

異様なオーラを振りまく謎のアメリカ人でかつ本部エージェントの人。

それは君達に・・・・波乱の幕開けをイメージさせるのに充分なパワーを持っていた・・・・

======================================

Opening Phase 4 -蛇は眠らず- behind  the snake

Scene Player 常夜 椿 Place 自宅への帰り道 Entry 不可

======================================

GM 登場をお願いします

椿 #1d10+32

ダイス Tubaki:1d10+32=7(7)+32= 39

椿 あがった(・x・

GM あらwおめでとうございますw

GM では、ナレーションを〜

 

白い月が煌々と照らす夜。徐々に秋深まる群青の世界で、君は自宅へと道を急いでいた。

最近の暗い噂のせいか、君以外には人気を感じない。

 

突如として、前方に張られる《ワーディング》。君は急いで駆けつけると・・・

道のど真ん中で、何か脈動するモノと対峙していた”長身で眼鏡をかけたやすぎすの男”がいた。

 

椿 「…………さて、帰るかね」

GM その男は駆けつけてきた君を見るなり

GM ???「あぁ・・・ちょうどよいですねぇ。処分に困ってたんですよ。」

GM と押し付ける気満々なセリフを吐いた(何

椿 「(半眼で)──ゴミの処理は自分でするんだな。その口調だとどうせ作ったのは貴様だろう」協力する気はとりあえずなし

椿 さあ、とりあえず理不尽な台詞で襲い掛かってくるがよい!よく分からないもので(何

GM しぎゃーと奇声を発する黒い塊。徐々に夜闇に紛れるように血臭が混じる。

GM 大丈夫!この塊はエキストラだよ!(マテ

GM 眼鏡の男「いえいえ、こちらとしてもこんな場所で”力”を出したくないのでしてねぇ・・・」

椿 「全くこんないい月が出ている中で無粋な真似は控えたいんだが」さぱっと切り捨てる

GM 眼鏡の男「何やら”ご同業”もいるようですし・・・あとは任せてしまおうかなと。」

GM 眼鏡の男「・・・・・ほぅ。」 そのセリフに目を細めて

椿 「…自分のケツくらい自分で拭いてほしいものだな。これじゃあ折角の月見が台無しだ」

椿 そうしてあっさりと肉塊(何)を真っ二つ(何

 

GM 眼鏡の男「貴方がいいますか? ウォーモンガー(戦場帰り)さん?」

 

GM 眼鏡の男「・・・・ほう、思ったより思い切りがいいですね。」その手際に感心したように呟く。

椿 「月見一つ楽しめないほど無粋な人間になった記憶はないさ。大半、話が合わないって言われるがね」

GM 眼鏡の男「月夜は私も好きですよ。ぞくぞくするような悪寒が走りますからね。」

GM ねぇ?貴方もそうでしょう?と目と口に張り付いた笑みで問いかけてくる。

椿 「──やれやれ、その手の輩か。・・・何故に俺の周りには倒錯者ばっかり犇くかね・・・ってこれもサガのようなものか」

椿 ひしめく と お読みください(何<犇く

GM 眼鏡の男「そう、邪険にしないでくださいよ。周りにそういうのが集まるのは・・・ほら、同じ穴の狢とかこの国では言いませんでしたっけ?」

椿 「あーお宅華僑系か。道理で日本語が通じないと思ったわ。日本語と侘び寂を多少でも学びなおして出直して来い。ってこれの処理くらいはどうにかしておけ」

GM 眼鏡の男「・・・・おっと。」 これの処理で気づいたんだろう

GM 眼鏡の男「・・・もっと話していたかったんですけどねぇ・・・今日はこの辺で帰らないと」仕事が詰まってましてねと付け加える

椿 「で、用事がないなら俺は退場して月見を楽しみたいんだが・・・って片付ける気もしないのか。之だから蛮族紛いの奴は扱いに困る」

GM 眼鏡の男「・・・・その化け物の残骸はプレゼントしますよ。どうぞ、お好きに調査してください。」それじゃ、あっしはこれでと闇に溶けるように消えていく。

GM その椿のセリフに、UGNにでも駆け込んだらどうですかねぇと呟いて奴は消えた。

椿 「……さて、之は喧嘩を売られたと見ていいんだろうかね。まぁ、どうせFHだかSoGだかそのあたりだろうが。・・・ま、よしみで連絡だけしておくかね」ぽちぽちとUGNに連絡してその場を去ろう

GM では、UGNに連絡しようとしたところで君は思い出す。

GM あいつの顔、どっかで見たことなかったっけ?と記憶を辿ると・・・

GM 2週間前くらいに樫村さんが Let's!要注意人物! と書かれたリストに載ってた奴の顔によく似ていました。

GM まぁ、ぶっちゃけるとFHの工作員リストですw >Let's 要注意人物リスト

椿 「………あ、アレそういえばFHだったか。って、よくある話だな(何」

椿 気にせず電話で終わらせた(何

GM あらw

椿 実際、直接身内に危害加わってもいないからなー

椿 <現在じゃ親切心で教えてあげる程度だww

GM 思いっきり挑発したのにw >ウォーモンガー

椿 ・x・) その程度の挑発でなびくほど椿は沸点低くありませんというか、否定はしてない部分あるしなw  ってところで他何かあるけ?

GM こちらからはありませんね。

GM あとは締めのセリフだけです

 

夜闇に混じる血臭。それは”いつもの”非日常を感じさせるには充分な気配を纏わせていた。

月を眺めながら少年は更に歩く。闇の向こう側へとーーーー

======================================

Middle Phase  1 -歯車が廻り始める- open combat

Scene Player 浅井 守里&蓮原 しおり Place 奈々市支部 Entry 可

======================================

GM シーンプレイヤーの方は登場をお願いします

しおり #1D10+37 よっと

ダイス Shiori-H:1d10+37=5(5)+37= 42

守里 #1d10+41 登場

ダイス Mamori-A:1d10+41=10(10)+41= 51

守里 わはー(何

しおり あわわ・・・

GM おめでとうございますw

GM では、ナレーションにいきますね

 

一夜明けて翌日。各PC達は奈々市支部にて思い思いに集まっていた。

そのなかでも、浅井 守里と蓮原 しおりの両名は昨日の事件の報告書をエージェントから受け取り。

支部の奥で話しているコートハロルド氏と樫村さんがいる前に佇んでいた。

 

しおり 「うぅ・・・文字がいっぱいです・・・」報告書を読みながら

守里 「……」無言で読む。

GM 次々と報告書を流し読みするコートハロルド氏。

しおり 内容としては目新しいものはない感じでしょうか?<報告書

GM そして、キミ達の入室に気づいたのだろう、樫村さんは君達に声をかけてきた。

GM 樫村「やぁ、お疲れ様、浅井さんに蓮原さん。」

しおり 「お疲れ様ですっ」と、礼

GM 樫村「そこにコーヒーのポッドを置いてあるから、好きに使っていいよ。」

しおり 「ありがとうございます〜」と言いながらも、コーヒーは飲めないので、手をつけない

GM サトー「Ummm・・・Oh、キミ達か。」 ここでやっとサトーさんも君達に気づく

守里 「お疲れ様です」形だけの返答。

しおり 「佐藤さんっ、おはようございます」ペコッと礼

GM サトー「ん? 私の名前は別に佐藤ではないが・・・あぁ、語感の関係か。」

しおり 「はえっ・・・佐藤さんだと思ってました・・・すいません」

GM サトー「Um? いや、大丈夫だ。佐藤と呼んでくれてもかまわん。」 ところでと話題を変えて

GM サトー「この事件についてなんだが・・・今月に入って急に活発になってきていると思わないか?」

守里 「同感ですね」

しおり 「う〜ん・・・そういえば、今月いっぱい報告書を読んだ気がします・・・」

GM 樫村「そこで、コートハロルドさんと相談して、人員の拡充を決定しました。」

守里 「拡充、ですか」

しおり 「新しい仲間ですねっ」目をキラキラさせて

GM 樫村「昨夜、不審人物を見かけたという常夜 椿さん。不審人物から連絡を受けたという高坂 有紀さん」

有紀 不審人物じゃないですよ!?

GM 樫村「コートハロルド氏が、この事件に関わりがありそうだという推測に基づきまして」

GM 樫村「こちら側の事件に参加してもらうよう要請を出しておきました。」

GM 自殺した人から連絡を受ければ充分に不審人物ですw

椿 #1d10+39 登場

ダイス Tubaki:1d10+39=6(6)+39= 45

しおり 「はいっ、了解しましたっ」ピシッと敬礼

有紀 #1d10+32 では出ましょうか この流れなら・・・!

ダイス Yuuki-k:1d10+32=10(10)+32= 42

しおり あわ〜・・・

椿 「まぁ、そういうことだが、問題はないか?」どこからともなく登場(何

有紀 先生助けて

GM ム・リ☆ by先生

守里 「2人の名前は聞き及んでいます」

有紀 「不審人物じゃなくて先生です! 不思議でしたけど・・」

しおり 「えっと、えっと・・・みなさん、よろしくおねがいしますっ」

GM 樫村「互いに年齢も近いですし、仲良くしてください。」にこっと笑顔で

有紀 「えっと、どういうことか分かりませんけれど・・・ "コルドンブルー"高坂有紀です。よろしくお願いしますね」ぺこり 「浅井さんと・・・」

守里 「"シャドウハイド"浅井 守里です」と最低限の自己紹介。

しおり 「あっ、蓮原しおりですっ」

GM で、こんな感じでどうです?と目線でコートハロルド氏に問いかける樫村さん。

有紀 「蓮原さんですね。」にこっと

椿 「常夜 椿・・・まぁ、"無銘の騎士剣"ってコードネームでも名前でもかまわない」

GM 対して、コートハロルド氏は顎に手を当てて

椿 まーコードネームなんてここ以外つかわない ですが

GM サトー「・・・ふむ、あと一人くらいは欲しいな・・・」と呟く。

しおり 「高坂さんに、くれいも・・・常夜さんですねっ、よろしくですっ」

銀之丈 では、そこに、そんなことになってるとは露知らす

有紀 「常夜さんも、またよろしくお願いします」にこっと  「ところで、わたしは迷子になった先生にお弁当を届けたいのですけれど・・・何の集まりなんでしょう」

銀之丈 「店長、いますか?」コンビニ口から入店(ぇ

しおり 「えっと、そこのあめりかんな佐藤さんが、集めたそうですっ」

銀之丈 #1d10+39 登場

ダイス Gin_5na:1d10+39=5(5)+39= 44

GM 樫村「いません。」と定番の挨拶をw

守里 「支部長ならこちらに」ジョークの通じない奴であった。

有紀 「でも、いないそうです」

銀之丈 「ちょっと、羽根拾ったので、一応見ておいてください」定番の挨拶を流しつつ、羽根の入った瓶を取り出して

GM 樫村「これは・・・RV・・・? わかりました、後で解析班に回しておきます。」

守里 「…わざわざここに持ってくるという事は、ただの羽では無いのでしょう?」

しおり 「うわぁ・・・真っ白〜・・・」

GM と受け取って、エージェントEへポーンと更に回す。(何

有紀 「きれ〜い・・・」

銀之丈 「それじゃぁ、宜しくお願いします」他のPCとは、ちょっと間を空けた感じで立って

GM サトー「ふむ・・・・君は・・・威綱 銀之丈君か。ちょうどいい、君もこの事件を担当してもらおう。」

銀之丈 「うん。"僕の力に反応した"から、RV絡みだとは思うけどね」

銀之丈 「......はい?」>事件を担当

GM 樫村「唐突過ぎますよ、コートハロルドさん。えぇと・・・最近、起きているRV事件を知っていますか?」と銀之丈に顔を向けて

銀之丈 「えっと.......話が見えないんですけれど?......一斉送信で送られてる情報程度は」

GM 樫村「実は、今月に入り事件が活発化しているので、早急に手を打たなければと判断しまして」

銀之丈 「でも、僕に回ってくるのって、事後処理じゃ?」

GM 樫村「人員を一気に集めて、早期解決を図ることにしました。」

銀之丈 「...........(天井見て)(周囲見て)......」

GM コートハロルド「君の能力・経歴は見せてもらった。前衛としても申し分ない。」

しおり 視線が合ったのでペコッと礼

銀之丈 「....."支部長"。それは、本気で?」

有紀 ?マークで見てます

GM 樫村「・・・はい、”本気”です。」 笑顔で

銀之丈 「まだ、"まともに制御できてない"んだけど...」迷惑かける気がする  と言外に

GM 樫村「とと、言い忘れていました。この事件は本日からコートハロルド=サトー氏が陣頭指揮を執ります。」

銀之丈 「あ、はじめまして。威綱銀之丈です。」おじぎ

しおり 「はえっ・・・佐藤さんですかっ」ちょっと、びっくり

GM 樫村「本来は管轄外ですが、コートハロルド氏たってのご希望でして」

しおり 「いつな・・・ぎんのじょうさん・・・ですねっ、覚えました。よろしくですっ」名前を噛みながら

有紀 「威綱さんって・・・オーヴァードだったんですね。よろしくお願いします!」 あくしゅあくしゅ

GM では、あとはよろしくお願いします、私は羽の解析をしないといけませんのでと言って樫村さんはそそくさと退出

銀之丈 「呼び辛いのは分かってますので、適当に略していいですよ?」

GM 分かる人は分かる、樫村さんは逃げたw

椿 「…まぁ、仕事というからには早速此方も行動するとするかね」

GM コートハロルド氏に全部押し付けてw

有紀 「本店の人が直接・・・なんだか大変な事になってそうですね」

守里 「よろしくお願いします、サトーさん」

銀之丈 「....えっと。まぁ、経歴を見てるならいいか。それじゃ、私も参加します」チルドレンに本来拒否権なぞねーw

守里 デスヨネー(何

しおり 「改めてよろしくおねがいしますっ、佐藤さん」

GM サトー「”力”の制御は実戦を通してこそ、体得できる。よろしく頼む。」 と皆を順に見ながら

有紀 足を引っ張らないようにしないと・・・そして先生は何に巻き込まれてるのか更に不安に

銀之丈 「皆さん、"実戦が絡む仕事"は初めてですが、宜しくお願いします」

守里 「貴方の力、見せてもらいますよ──"デビルズ・ファング"」

GM サトー「さて、改めて事件の概要を知っておきたい。各自、会議室に集合を」

守里 「了解」

しおり 「無理はしないでくださいねっ」威綱君に

椿 「まぁ、なれることさね」

銀之丈 「.....見せたくも、見たくも無いのが本音なんだけどね(苦笑」まぁ、その時はお見せします、多分。 と付け加え

GM といって、GMからは以上です。

しおり 「あ、はいっ、会議なら、お茶淹れてこないとっ」あわあわ・・・

銀之丈 「了解しました」>集合

有紀 「はい! お茶ならわたしがいれますよ〜」

しおり 「はわ・・・じゃあ一緒に準備しましょうっ、給湯室はこっちです〜」

有紀 調達してよさそうでしょうか?

GM あ、調達はどうぞです〜

有紀 #5r10+6 では、目標12のUGNボディアーマーを鍋敷から解放・・っ

椿 あ、此方も調達するかー

GM どうぞ〜

守里 鍋敷きて(何

有紀 あら・・

有紀 #5r10+6      えい

ダイス Yuuki-k:5r10+6=8(8(7,3,8,7,8))+6= 14

椿 #2r10+10 アームドスーツ(目標15)をー

ダイス Tubaki:2r10+10=18(10(10,6)+8(8))+10= 28

銀之丈 鍋敷きw

椿 なぜまわったし

しおり #4R10+4 UGNボディアーマーをっ

有紀 この前来た時に敷いておいたのですよ

しおり #4R10+4

ダイス Shiori-H:4r10+4=9(9(1,2,3,9))+4= 13

GM いいのか、奈々市、そんな鍋敷き放っておいてw

しおり 鍋敷から開放できたっ

椿 ・x・)

守里 《コンセントレイト/無形の影》UGN戦闘服を調達します、目標値は18

守里 #7r7

ダイス Mamori-A:7r7=15(10(4,5,6,6,6,6,9)+5(5))= 15

守里 あ、足りねぇ(何

銀之丈 惜しいw

守里 侵蝕率は57%へ

GM あらw

有紀 惜しいです・・ そして侵蝕が独走態勢に

GM では、シーンを切りますね〜

======================================

Middle Phase  2 -事件調査と急展開- intelligence gathering

Scene Player 常夜 椿 Place 奈々市支部 Entry 可

======================================

椿 #1d10+45

ダイス Tubaki:1d10+45=10(10)+45= 55

椿 あ、ちょっとやばめ?

GM おめでとうございますw

椿 まーいざとなったら登場しないシーン作ればいいk

GM なんで皆さん、高いのでしょうw

GM そんなことも言ってられなくなりますよ?w

GM では・・・

 

会議室に改めて集められたPC達。そこでは、簡略ながら事件の概要の説明があったあと

コートハロルド氏が「これは私の推測だが・・・この事件には複数の犯人が関わっているとみている」と切り出した。

 

しおり #1D10+42 お茶持って登場っ

ダイス Shiori-H:1d10+42=10(10)+42= 52

有紀 #1r10+42 涙を呑んで

ダイス Yuuki-k:1r10+42=2(2(2))+42= 44

しおり おぉw

有紀 素晴らしい

椿 ・x・)

守里 わはー(何

GM おめでとうございますw

椿 (のろいのろいのろい(何))

しおり うわ〜(何

GM サトー「事件発生とその区域の調査、その報告書からあまりにも突発性が強すぎる。」

しおり 「複数の犯人・・・ふぁるすはーつですかっ」

有紀 「とっぱつせい・・行き当たりばったりってことですか?」

GM サトー「つまり、”隠蔽工作をしている奴がいる”と見て間違いないだろう。」

椿 「ふむ、続けてくれ」

有紀 こちらはお菓子を並べつつ

GM サトー「うむ、赤き血の獣は行き当たりばったりで出没するのに、対して我々は大して情報を掴んでない」

GM サトー「事件の頻度や性格から考えて、事件を起こしている者が隠蔽工作をしている時間はない」

しおり 「それで、複数の犯人・・・ですか」

有紀 「なるほど〜 それで、暴れてる獣さんと後でお片付けする人がいる・・・と。」 サトーさんの前にお煎餅をすすめつつ

GM サトー「よって、複数の犯人が考えられる。」だからこそ、人員の拡充を行ったのだと締めくくる。

GM サトー「うむ、各自、その線から洗ってくれ」と有紀ちゃんの返答に満足げに返す

銀之丈 「広範囲に当たらせて、尻尾をつかもうということですか?」とかいいつつ登場(席に着く

椿 「まぁ、その方針を聞かれた所で、調査するべきことは基本変わらないのだがね。現状では

銀之丈 #1d10+44 登場

ダイス Gin_5na:1d10+44=4(4)+44= 48

有紀 「さすがコロンボさんの国です・・」 尊敬の眼差しでみつつ 「分かりました!」

しおり 「了解ですっ。コロンボさんの国??」

GM さて、そろそろ情報項目を出しますね〜

有紀 「違いましたっけ・・・? 。じゃあ、Xファイルの国ですね。 ともかく、調べましょうっ」

しおり 「つまり、かっこいい国なんですねっ」

有紀 じゃぱにーずエビセーンをすすめつつ

GM 情報項目は・・・(ごそごそ

 

GM ☆コートハロルド・サトー:<情報:UGN><情報:警察><情報:アメリカ><情報:FBI>

GM ☆”赤き血の事件”:<情報:UGN><情報:噂話><情報:ウェブ><知識:RV>

GM ☆"偽神の盟約" <情報:UGN><情報:FH>(なお、ロイスを持っているものに限り達成値に+2される。)

GM ☆極秘プロジェクト:<情報:UGN><知識:RV>

GM ☆"解析不能なる獣" 王=蝮蛇(ワン=フーショー):<情報:UGN><情報:FH><情報:裏社会>

 

GM 以上です!

椿 てんてー

椿 ・x・) 目標は?(何<財産ポイントの関係で確認したい

銀之丈 情報しかねーw

守里 知識もあるよ!(何

GM 目標値はクローズです。但し、足りない分はこちらから申告します。

有紀 GMさま質問です

GM あ、はい

椿 後、得られる情報はどの技能でも一緒け?

GM です。 >どれも一緒

有紀 "偽神の盟約" について調べる事になるのでしょうか? 現時点だと先生=とは思えなさそうで

GM あぁ、なるほど "偽神の盟約"=冴丈 当真 です。(つまり先生です)

有紀 ぁ、えっと PCから見て 先生を調べたら行き着く感じでいいのかなって いみわかりづらくてごめんなさい

GM ですねw

有紀 多分OKです ありりです!

GM とりあえず、この時点での不審な点は全て洗えとのお達しですw

椿 まーあちしは裏社会でブーストできるから華僑FHしらべるけど ほかはどうするけ?

GM >もちろん、椿君や有紀ちゃんの話も聞いていますし

有紀 不審じゃないですけれど先生を希望です

しおり 佐藤さん、かなぁ・・・

GM どうぞ〜

椿 流石にPL進言で情報が開示されるってことは ないよね(’’?

GM あう?PL進言ですか?

銀之丈 噂話がある事件を かな。コネがある

有紀 では、一番手 先生を調べます!

有紀 情報:UGNで

GM どうぞ〜

有紀 #5r10+2+2 ロイスと情報収集チーム 助けてお父さん

ダイス Yuuki-k:5r10+2+2=18(10(10,4,7,10,2)+8(6,8))+2+2= 22

椿 まぁ、今はまだ気になるってレベルでもないけどなー(何

椿 #4r10  王さん調べるよ!裏社会コネつかって!

ダイス Tubaki:4r10=7(7(3,7,2,5))= 7

GM うん、充分です〜

椿 7だとどれだけ たりない?

椿 (全情報開示まで

有紀 何か間違えたのかと思いました ありがとうお父さん

GM 最後までですと・・・6ですね

椿 じゃあ6つ買おう

椿 <財産P

GM 了解です

椿 で、残り財産P13点

しおり #6R10+2 ☆コートハロルド・サトーを<情報:UGN>で、コネ:UGN幹部使用

GM どうぞ〜

守里 潤沢すぐる(何

しおり #6R10+2

ダイス Shiori-H:6r10+2=7(7(5,6,3,4,7,6))+2= 9

GM うん、全部開示ですね〜

しおり よかった・・・

銀之丈 #3r10+1 ☆”赤き血の事件”<情報:噂話>にて コネ:噂好きの友人 使用

ダイス Gin_5na:3r10+1=7(7(7,1,2))+1= 8

銀之丈 財産は1Pしかありませんw

GM うん、その1点で全部開示ですw

しおり おぉ

銀之丈 では、使用します。

GM では、情報を開示します〜

 

☆コートハロルド・サトー

5.アメリカを中心に活躍しているUGN本部エージェント

ハーバード大学法学部を卒業後、ロースクールに通いながらUGNロサンゼルス支部長補佐として3年間勤務。

司法試験合格後、UGN本部エージェントに抜擢されると同時にFBIに転職。今に至る。

キャリアを見て分かるとおり、バリバリのエリート。日本においては藤崎弦一(上級p91参照)と同等の権限を持っている。

8.コードネーム:ワーカーホリックの名の通り、最大の特徴は”不眠不休で活動し続けること”

というのもノイマンに過剰発症しており、頭と体が常に活動し続けるようRVが強制力をかけていることが原因である。

そのため、休息するには睡眠薬と(RV用の)鎮静剤が欠かせないという。

 

☆”赤き血の事件”

4.最近、奈々市で起きている連続殺人事件。現時点で7件目。

噂になりだしたのは3ヶ月前からであるが、今月になって一気に死傷者が増えた。

遺体はほとんど見つからず辛うじて血痕を残すのみ。目撃情報によると、血の塊のような化け物に襲われたらしい。

9.現場に残った血痕の解析結果、冴丈 当真のDNAが検出。どうも”赤き血の獣”は彼の従者らしい。

一定の時間しか持たない習性があり、限界活動時間が近づいてくると主人の元へ戻ろうとする。

この習性を利用して、隠れ家を割り出すことも可能。

GM →アジトの場所が判明しました。

 

☆"偽神の盟約" 冴丈 当真

5."偽神の盟約" 元UGNチルドレン。ブラムストーカー/ソラリスのクロスブリード。

「驕りかもしれないけど、UGNチルドレンとして人々を救いたい」という夢を持っていた純粋な人。

しかしチルドレン時代の成績はパッとせず、実力を伴っていなかった。笑顔の裏で、その事実に歯噛みしていたらしい。

その後、彼の能力に関して新事実が発覚。「うまく活用すれば世界が変わる」とまで噂されていた。

その能力を活かすための極秘プロジェクトが発足された。・・・のだが、1年後に彼の自殺をもってそのプロジェクトは凍結されている。

そのプロジェクトの中身は現在も封印指定がかかっており内容が分からないようになっている。

 

☆"解析不能なる獣" 王=蝮蛇(ワン=フーショー)

8.ジャバウォックというコードネームを持つ情報工作を専門とするFHエージェント。

名前と姿形しか知られておらず、その素性や能力には謎も多い。異様に生還率が高いことが特徴といえば特徴。

ちなみに、シナリオプロット段階において、”変態”としか書かれておらず、ゆえにGMからは変態と呼称されている。

13.その正体は・・・”(小)悪党の美学”というわけ分からない美的感覚に支配されたジャーム。

通常、ジャームというのは常に衝動に支配されているため善悪や社会常識の概念が欠落しているが、

彼の場合、裏返し(=悪側)の概念として善悪や社会常識が理解できる。

そのため、ジャームでありながら極めて柔軟な対人能力を有する稀有な人材(?)である(情報工作員なのもこのため)。

 

GM 以上です

椿 で、GMよ。工作員がかかっている代物は現在判断できるのか?(何

椿 <あからさまに怪しいのが2つ3つあるんだがw

GM 現状では、D《工作員》は使われておりません

銀之丈 GMロックですか.....

GM 使われた場合は明示しますが・・・極秘プロジェクトに関しては、単純にシナリオ上の障害と見ていただければ

GM >ある条件によって解除されるもの

しおり 「えっと、えっとー・・・アジトが判明しましたっ」ピシッと佐藤さんに

有紀 アクシズが封印したのなら コネ:大統領で上手くいくか程度ですよね

有紀 「先生・・・」しゅんと

GM サトー「ふむ、では、襲撃をかけるとしよう。」

銀之丈 「引き換えに、今度提供者に、昼飯奢る事になりましたが」財産1P分の意味で

椿 「また面倒くさい奴だなこいつ・・・」

しおり 「高坂さん、元気出してくださいっ。きっと、先生には何か理由があるんですよっ」

有紀 「捕まってたり、酷いことされてたり、お腹すいてたりしなければいいのですけれど・・・」

銀之丈 「実際に会って、確認してみるのも....」

しおり 「先生に、おいしいお弁当をもっていってあげましょうっ」

有紀 「ありがとうございます、蓮原さん、威綱さん」にこっと 「早速用意してきますね!」

GM サトー「各自、<調達>があるなら申告するように」(メタ

有紀 お弁当は何を調達するべきかしら・・ 先生の好きなものの目標値は・・

銀之丈 30です(まて

椿 めたすぐるわ

椿 んじゃ、調達ー

GM サトー「なお、ロイスの調整をしたい者も申告するように」(更にメタ

椿 おまwww

GM 便利なんですもん、この人w

椿 #2r10+10  強化素材(目標15) めざすよ!

ダイス Tubaki:2r10+10=5(5(1,5))+10= 15

有紀 PDWと同レベルって何がすきなのでしょう・・w

椿 ちょうど手に入った。これでスネークブレードry

GM おめでとうございます

有紀 「ろいす・・・って何ですか?」

守里 おめ!(何

有紀 おめでとうございますー!

有紀 材料調達しますよ 頑張りますよ・・!

有紀 #5r10+6 えい

ダイス Yuuki-k:5r10+6=11(10(4,10,6,1,9)+1(1))+6= 17

有紀 にゅーん・・

GM 17Pの材料が手に入りましたw

銀之丈 #1r10+0 レザージャケット7....

ダイス Gin_5na:1r10+0=6(6(6))+0= 6

銀之丈 惜しい(ぁ

GM 無念><

有紀 仕方ないのでその材料でお弁当作りを・・

しおり #4R10+4 応急手当キット目標値8を

ダイス Shiori-H:4r10+4=9(9(4,2,4,9))+4= 13

有紀 #1r10+13 1/10で暴君ハバネロが

有紀 #1r10+13

ダイス Yuuki-k:1r10+13=3(3(3))+13= 16

守里 何しとん(何

GM サトー「しかし・・・・今まで何の情報も出なかったのに、ここでアジトか嫌な予感がするな。」

GM 何を合成しているのですかww

有紀 あんまりできは良くないですけれど 達成値16のお弁当ができました

有紀 2低かったら《妖精の手》だったのに

銀之丈 「誘われてるんじゃないでしょうかね、これは」現場って良く分かりませんが と付け足しつつ

GM よかった・・・普通のお弁当だ><(ハバネロ弁当とか簡便

GM 勘弁><

椿 ・x・)

しおり 「でも、他にあてもないですし・・・行くしかないのですっ」

GM サトー「ふむ、かもしれないな。一応、待機組も残すか。」

有紀 「準備・・・できました! どうぞっ」 とみんなにお弁当を作りつつ

有紀 じゃない、渡しつつです;

銀之丈 「あ、うん。ありがとう」受け取りつつ

しおり 「高坂さん、ありがと〜」

GM サトー「では、昼食休憩後、アジトに襲撃をかけることにする!」

GM サトー「襲撃には私も出よう。待機組は樫村氏と支部にて警戒態勢を」

しおり 「了解ですっ」クリスタルシールドを背負いながら、ピシッと敬礼

銀之丈 「了解しました」

GM では、シーンを切りますね〜

銀之丈 はいなー

========================================

GM 次のシーンに出る方は申告を

銀之丈 襲撃であれば出ます。

GM あ、襲撃組です >次のシーン

有紀 出ます!

GM ふみゅ 2人でしょうか?

しおり しおり行きます〜

GM あ、了解です〜

GM では、3人でOKですか?

守里 ですかね、自分は待機で

GM 了解です。では・・・・

========================================

Trigger Phase 1 -アジト襲撃- decoy & scarecrow

Scene Player  高坂 有紀&威綱 銀之丈&蓮原 しおり Place 廃ビル Entry 不可

========================================

銀之丈 #1d10+48 登場

ダイス Gin_5na:1d10+48=5(5)+48= 53

しおり #1D10+52 クリスタルシールドを背負いながら登場

ダイス Shiori-H:1d10+52=5(5)+52= 57

有紀 #1d10+44 50%を死守・・!

ダイス Yuuki-k:1d10+44=6(6)+44= 50

有紀 ぁぅ

GM お見事w

銀之丈 死守したw

GM では・・・

 

再開発に取り残され、閉鎖された廃ビル群。情報にあった敵のアジトはその一角にあった。

周りをエージェントで封鎖し、退路を塞ぐとキミ達はその廃ビルに突入する。

キミ達が足を踏み入れると、待ち構えていたように《ワーディング》が張られた・・・

 

しおり 「完全に誘われましたね・・・」警戒態勢をとって

GM そこから伝わってくるのは悲哀。どこか絶望的な感情を混ぜた他者を奈落に引きずりこむかのようなワーディングだ・

銀之丈 「......みたい、だね(苦痛顔」ざわり.....そのワーディングに反応して、"内なる獣"が起き出す

GM サトー「・・・そのようだな。敵はこの感じだと3Fにいるか。」

有紀 ぴくっとそちらに向いて 「すごい・・悲しい・・」

GM サトー「よし、3Fに昇るぞ。各員、奇襲に警戒しながら進撃するように。」

しおり 「はいっ」背中のシールドをかまえながら階段を昇る

有紀 「は、はいっ」 ところで、前もって調達って難しいかしら

銀之丈 「...了解....」半分意識を体内に向けつつ

有紀 と、いうことで付いていきます

GM カンカンカンッと足音を響かせて昇る。その先にある部屋には・・・・

GM 赤い色のした獣を3匹従えた、冴丈 当真がいた。

有紀 「せ・・・先生・・!」 駆け寄ろうとして獣を見て止まります

GM サトー「You・・・・貴様がこの事件を起こした首謀者か。」 銃を構えて

しおり 「・・・」無言で一歩前に出て、みんなの前で盾をかまえる

GM 当真「来たんだね・・・有紀ちゃん。」そして、右手を上げて獣を前面に押し出す。

GM 当真「・・・この事件を起こしたのは、この僕だ。」

有紀 「先生っ お弁当も・・・作ってきたんですよ!」 とさっきのお弁当を・・・ 「お友達いっぱいは分かりませんでしたけれど」

GM 当真「分かっているんだろう?有紀ちゃん。僕は・・・今、君と敵対している。いや・・・僕は今、FHに所属しているといったほうがいいかな。」

銀之丈 「..........」交渉中である事は判ってるので、暴れださないように押さえることに必死になってる

有紀 「ですよね、だから助けに・・・え?」

しおり 「・・・」二人の会話を聞きながら、高坂さんの傍らで、何があっても守れるように構えている

GM 当真「あの”自殺”のあと・・・・僕はFHに拾われた。そして、今までFHに”使われてきたんだ”」

有紀 「何を・・・」

GM 当真「もう・・・・UGNに戻るつもりはない。何故なら・・・・あのプロジェクトで僕は”知ってしまった”から。」

GM 当真「帰ったら、改めて調べてみるといい。帰れたら・・・ね。」といって、戦闘態勢を取ります!

 

GM 衝動判定はなし 戦闘に入ります!

有紀 「そ、そんな。せんせ」 というところで戦闘開始><

銀之丈 『...何時マデ、ソウヤッテイル..."全テ"喰イ尽セ...』  戦闘了解

しおり 「高坂さん・・・」 戦闘態勢に

GM 従者と当真のIVは15です。

有紀 はや〜い

GM IVの申告を

有紀 4でございます

しおり 5です〜

銀之丈 「...ごめん、皆。僕からは離れておいて...」『悪足掻キヲ...』 IV4です

GM あ、言い忘れてた>< サトーさんのIVは27です。

しおり うわっ

IV:サトー→当真・従者群→しおり→銀→有紀

有紀 もっと上がw

GM 位置関係はこんな感じ [当真・赤色の従者×3]←10m→[PC達・サトー]

銀之丈 10m....

銀之丈 ビル内部がそんなに広いなんて(ぁ

GM 収容人数の関係ですw

GM では、始めます!

有紀 片付けてたのですよ 来る前に シーと広げて

●第1ラウンド

●セットアップ

しおり なしです〜

GM サトーさんが《ファンアウト》を宣言

銀之丈 螺旋の悪魔 を使用

銀之丈 +3% 56%へ

GM PC達は各自動いてください〜

有紀 \\サトーさんかっこいい//

しおり さすが〜

銀之丈 本当はエンゲージしたいんだが無理なので 最大の9m前進

GM サトー「よし!有紀君は下がれ・・・!銀之丈君は前に!」

有紀 「で、でも・・・」 お弁当を持っておろおろ

銀之丈 「.....(無表情」『指図スルトハナ...ダガ、在ルモノハ、全テ我ガモノトスル』

有紀 銀ちゃんの変わり様に驚いて 「・・・わかりまし・・た」 9m下がります

しおり 高坂さんが下がったのを確認して、威綱君のエンゲージへ

GM 了解です。 では・・・

●イニシアチブ

●コートハロルド=サトー IV:27

GM では、銃を構えて、獣にパンパンッと撃つ。

GM 獣を一体撃破。終了

●冴丈 当真&赤色の従者 IV:15

GM 《射撃+C:ブラムストーカー+赫き球+ブラッドバーン+痛みの水》

GM で銀之丈君、しおりちゃん、有紀ちゃんにそれぞれ攻撃

GM #5r7+2 銀之丈君へ

ダイス GMkassgi:5r7+2=13(10(1,2,3,7,4)+3(3))+2= 15

銀之丈 暴走中につき喰らうw

しおり 「威綱くんっ」《砂の結界》+《氷盾》 クリスタルシールドを使ってカバーリング

GM #2d10+20

ダイス GMkassgi:2d10+20=11(6,5)+20= 31

GM 31てーん!装甲有効!

しおり 装甲8ガード27で、ノーダメージ!!

GM かたっ!Σ@@

有紀 かたーい

GM #5r7+2 では、直接!

ダイス GMkassgi:5r7+2=14(10(7,9,10,5,1)+4(2,4,4))+2= 16

しおり 侵蝕57→62へ

しおり 《氷盾》だけ使ってガード

GM #2d10+20

ダイス GMkassgi:2d10+20=8(3,5)+20= 28

しおり 同じく、ノーダメージです

GM 無念・・・てか、放心が入らない!?

椿 ひでえ

GM #5r7+2 なら最後!有紀ちゃんへ!

ダイス GMkassgi:5r7+2=16(10(7,6,4,1,6)+6(6))+2= 18

しおり 「威綱くんっ、大丈夫っ?!」血の弾丸を受け止めつつ

有紀 #1r10+1 回避の冴えを見せる時

ダイス Yuuki-k:1r10+1=3(3(3))+1= 4

GM #2d10+20 やっとダメージだーー!

ダイス GMkassgi:2d10+20=11(7,4)+20= 31

GM 31点、装甲有効、放心つきw

銀之丈 「...」感謝と、邪魔者としての混ぜた視線を返して(何

有紀 31-8 23点でのこり1点ですw

GM あとちょいw

しおり 「高坂さんっ!!」 振り返り 侵蝕62→65

有紀 「きゃ」 おろおろしてたら撃たれて転びます。 お弁当ごと

●蓮原 しおり IV:5

しおり マイナーはなし

しおり メジャーでヒールを高坂さんへ

しおり #2D10+1

ダイス Shiori-H:2d10+1=12(2,10)+1= 13

しおり ということで、13点回復です 「高坂さんっ」 侵蝕65→67

有紀 「あ、ありがとうございます・・・」 よろよろと立ち上がろうとしてます

しおり 以上です〜

●威綱 銀之丈&高坂 有紀 IV:4

有紀 「うう・・・そっか、止めて欲しい・・のですものね。 なら、わたしのできることで・・っ」

有紀 《タブレット》+《戦乙女の導き》+《導きの華》

有紀 D+3 攻撃力+5 達成値+10を銀ちゃんへ

有紀 50+6%です〜

銀之丈 感謝

有紀 「お願い・・します。威綱さん・・!」

有紀 以上です(

銀之丈 GM。中途成長宣言をば

GM あ、はい

銀之丈 ブラムス《血の宴》1Lv新規(15exp)

銀之丈 キュマ《ハンティングスタイル》1Lv新規(15exp)

GM 了解です

銀之丈 では....

銀之丈 『サテ...喰ロウテヤロウ』「...みな、離れて...おいて...」

銀之丈 mia:《破壊の爪/ハンティングスタイル》+4% にて敵にエンゲージ

銀之丈 MJ:白兵《渇きの主/血の宴/コンセ》+9% で、エンゲージ内全てを抉る(抉ったものは消滅と言う形で喰らう

GM こいやーー!(ビクビクッ

銀之丈 69%へ。

銀之丈 #9r7+4+10 補正込

ダイス Gin_5na:9r7+4+10=14(10(3,6,3,3,3,6,7,2,2)+4(4))+4+10= 28

銀之丈 うわーひくーいw

しおり はわわわ・・・

GM 《インベンション》:4 で全員当たりますw 

(GM注:セッション終了後、侵蝕率ボーナスを足すことを失念していました><)

銀之丈

しおり よかったw

GM ダメージこいやーw

銀之丈 対抗種効果も乗って....

銀之丈 #5d10+9+12+5

ダイス Gin_5na:5d10+9+12+5=25(7,1,1,10,6)+9+12+5= 51

銀之丈 51点装甲無視

有紀 つよ〜い

GM うわっ 凄い火力 Σ@@

しおり さすが〜

GM 全員消滅しました><

銀之丈 4点回復して、3点ダメージ で HP29/32 に

有紀 まって! 先生も消さないでください!?

しおり 「・・・」威綱くんの火力を見て呆然と

GM ふむ・・・では

銀之丈 『コンナモノカ』ぎん...と、敵が消えたのを見て、味方の方向に視線を向ける

GM その一撃に消し飛ぶ当真。しかし・・・崩れる途中で徐々に輪郭を変える。その姿は獣と同じだ。

有紀 「す、すごい・・・」 一瞬呆けてから 「先生は・・・っ! じゅう・・しゃ?」

GM サトー「《不死者の人形》を使って、姿を変えていたか。」

しおり 「け・・・獣?!」驚きながらも、威綱くんより一歩前へすばやく移動

有紀 「なる・・ほど〜・・ お二人とも、大丈夫ですか??」

GM どこからか声が響いてくる。《声なき声》を使って、遠距離から一言

しおり 「高坂さんこそ大丈夫ですかっ??」振り返りつつ

GM 当真「有紀ちゃん・・・全てを見届けて欲しい。僕があの日掴んだ真実を。そして、その結末を。」

GM 当真「最後の場所で待っているよ・・・・」

有紀 「わたしは・・なんとか」お陰さまで と少し痛そうにしつつ笑みを見せます そしてひっくりかえったお弁当に視線をやりつつ

有紀 「いったい・・・何があったんでしょう・・・」

GM サトー「ふむ。囮として使われたか・・・ ということは、支部が危ないな。」

銀之丈 「...はは、は....やっぱり、まだ...無理か...なぁ...」脂汗流しつつ、自分で自分の腕を抑え込みつつ『無駄ナ足掻キヲ...』

しおり 敵がいなくなったのを確認して高坂さんの方へ 「高坂さん・・・先生は・・・」

有紀 では、ここで連絡・・ということでプロジェクトについて情報収集を

GM どうぞ〜

銀之丈 「...ごめ、ん。抑え込...む、まで...離れてお...いて」といいつつ、部屋隅までいって、他人寄せ付けない(何

有紀 「分かりません・・・けど、止めてあげないと。今度は・・ 威綱さん?」 ここで連絡が・・あるかどうかはダイス目!

有紀 #7r10 コネ:UGN使用

有紀 #7r10

ダイス Yuuki-k:7r10=9(9(8,9,2,6,7,5,8))= 9

しおり 「あわあわ・・・」威綱くんの近寄りがたい雰囲気に慌てて

GM 成功です!

GM では、情報の開示を

 

☆極秘プロジェクト

1.2年前にUGN内にて発足した極秘プロジェクト。現在は凍結・破棄されている。

日本支部長:霧谷 雄吾の名によって”封印指定”がかかっており、このプロジェクトの詳細については不明である。

封印を解くには、支部長と同等の権限かそれに準じる権限がないと解除できない。

 

GM 以上です

有紀 「〜・・だそうです。」 電話で伝えられた事を みなさんに 特にサトーさん

銀之丈 「......」どさぁっ 仰向けに倒れこむ。 が、これまで放っていた凶暴な気配は形(なり)を潜めた模様

しおり 「威綱さ〜んっ」慌てて駆け寄る

有紀 「サトーさん、どう・・・ 威綱さん!?」 駆け寄って介抱を

GM サトー「ふむ・・・とりあえずは、まずは支部に帰ることが優先だな」 倒れた銀之丈を見て

銀之丈 「...こうなることも、報告書にはあったと思いますが...」それでも"使う"のですか? と

GM サトー「いつまでも、そのままにしておけないだろう。むしろ、そのような弱気が喰われる原因になっているのかもしれないな。」

しおり 「あっ、高坂さん、擦り傷ついてますっ 今、絆創膏を張りますねっ」 ということで応急手当キットを

有紀 「ありがとうございます、蓮原さん」にこっと では、こちらで・・

有紀 #2d10+13   えい

ダイス Yuuki-k:2d10+13=11(5,6)+13= 24

有紀 丁度全快! そして調達を

銀之丈 「.....関わらせないのが一番とも思いますけどね...」起き上がりつつ...

GM どうぞ〜

有紀 アルティメイド服 目標20 正直なところ・・

有紀 #5r10+6 難しそう

ダイス Yuuki-k:5r10+6=16(10(8,10,10,1,4)+6(6,5))+6= 22

有紀 Σ

GM おめでとうございますw

守里 ありがとう!(何

有紀 では、お留守番組みにおいてきたのでしょうね

しおり じゃあ、戦闘用きぐるみを(何

しおり #5R10+4

ダイス Shiori-H:5r10+4=8(8(3,7,8,4,1))+4= 12

しおり 失敗〜

GM あら><

有紀 惜しい・・

GM では、そろそろシーンを切りますね

========================================

Trigger Phase 2 -支部長の負傷- sneak attack

Scene Player  常夜 椿&浅井 守里 Place 奈々市支部 Entry 不可

========================================

GM 登場をお願いします

守里 #1d10+57 登場

ダイス Mamori-A:1d10+57=2(2)+57= 59

椿 #1d10+55

ダイス Tubaki:1d10+55=8(8)+55= 63

椿 ・x・) ひゃっはーぼーなすだー!

GM 順調な方が一人w

GM では・・・

 

コートハロルド=サトー率いる襲撃組が去って20分。

後詰めとして残されたUGN職員の中には緊張と安堵が混在した不安げな表情を浮かべる者もいた。

突如、張られる《ワーディング》。それは・・・まるで奈落の底に引き込まれるような不安定感を想像させた。

王=蝮蛇「どうやら陽動はうまくいったようですねぇ。」

正面から堂々と現れるジャバウォック。

 

椿 「……まー誰か来るとは思っていたが、先日のゴミ不法投棄していた華僑系か」

守里 「……」すっと椿の後ろに。

GM 変態「おや、この前の少年じゃないですか。しかもチルドレンまで」

GM 変態「思ったより頭の切れる方がいらっしゃるようですな。」

椿 つ、つっこまないんだからね!w  >変態

守里 「ここから速やかに立ち去りなさい」

椿 「で、念のために聞いておこう。用件は何だ?」

GM 変態「とはいえ・・・まぁ、今回は堂々とお相手してあげますよ。」

GM 変態「ご冗談を。FHがやることといったら一つでしょう?」肩をすくめて

椿 「電気街で一部の嗜好を持った奴ら相手に色々売りさばくのか」

椿 (間違ってないけど違います(何))

守里 「では、排除させていただきます」周囲を真っ黒な砂が渦巻き始める。

GM 変態「それはどこかの都市の大剣を両手にもった少年がやることでしょう?」

椿 「……その辺はさっぱり分からんが、面倒なことは嫌いなんでね。さっさとはじめようか」

GM 変態「さて・・・時間も惜しいですし、さっさと初めますからねぇ」

椿 どこかの都市のスパルタンなんて知らないんだからね!w(何

 

GM ジャバウォックはIV:14で

椿 IV7-2の5で

守里 11ッス

守里 あ、メイド服で下がって8です

IV:変態→守里→椿

GM 位置関係は [変態]←10m→[椿・守里]←5m→[樫村]

守里 樫村さんいるんかい(何

GM いますw てか、相手の狙いが樫村さんですw

椿 よーかしむらー盾にしようぜ!  ・・・あれ?(・3・)

守里 アレ?(何

GM 侵蝕判定はなし!始めます!

●第1ラウンド

●セットアップ

GM こっちはなし〜

守里 無し!

椿 TargetLock → 華僑系に  侵食63→66

GM 了解です では・・

●イニシアチブ

●ジャバウォック IV:14

GM マイナーはなし

椿 来いよベネット!飛び道具なんざ捨てて素手で!w

GM メジャーでE『虚実崩壊』を宣言!

守里 ちょ(何

椿 ・・・あるぇ?

GM 空間に虚偽情報をばら撒き、真実を覆い隠す!

GM E『虚実崩壊』の効果は”ジャバウォックが取得している全エフェクト名を「不明」に書き換える”!

GM よって、以降、こいつが使うあらゆるエフェクト名が”不明”になります。

 椿 見破る方法はないって ことけ?

GM はい。

GM では、PCの番です〜

●浅井 守里 IV:8

守里 マイナーで5mバックして樫村さんと同位置に移動

守里 メジャー:《コンセントレイト/原初の赤:砂の刃》でそこの変態を攻撃

守里 #7r7+3+3

ダイス Mamori-A:7r7+3+3=26(10(7,9,8,5,10,10,9)+10(10,4,8,9,7,7)+6(1,2,6,2,6))+3+3= 32

守里 32と出た

GM 《不明+不明+不明》を使ってガード

GM ダメージをどうぞw

守里 #4d10+3 ダメージ

ダイス Mamori-A:4d10+3=19(7,1,2,9)+3= 22

椿 あ、流石に個数は分かるのか

守里 ガード5点無視の22点です

GM はい、個数は分かりますw

GM 7点通って・・・反撃! HPダメージ9点アゲル☆

守里 ぎゃー

椿 あーこいつ片方サラマンダーだな

GM うふふ、さて?w

守里 侵蝕率は64%、HP22/31へ

守里 「……これ、は…?」

GM 変態「うふふ・・・わからないでしょう?」

GM 変態「私の実体が!これこそが私が情報工作員をしている理由なのですよ!!」

●常夜 椿 IV:5

椿 マイナーでせっきーん

椿 メジャーで《光速の剣+コンセ+主の右腕》 侵食66→71

椿 #7r8+12

ダイス Tubaki:7r8+12=36(10(4,2,3,5,10,9,7)+10(5,10)+10(10)+6(6))+12= 48

椿 達成48ガード不可でお願いします

GM #7r10

ダイス GMkassgi:7r10=9(9(9,8,2,4,4,5,6))= 9

椿 ・x・) 回避か

GM 回避できず><

椿 #5d10+9+9+2

ダイス Tubaki:5d10+9+9+2=25(8,8,1,1,7)+9+9+2= 45

GM さすがにガードを封じられるとw

椿 45点装甲有効・・・ってのびないね

椿 ・x・) そしてかしむらーは仕事しろ(何

GM ふみゅ。では・・・・

GM 戦闘不能になったわけではありませんが

GM E《不滅の妄執》を使って、HPダメージを0へ

守里 おや

椿 不滅の妄執の変則利用か

GM 以降、こいつにはどれほどダメージを与えようと復活してきます。

GM 正確には不滅の妄執の効果で、こいつは倒せない!と分かります。

椿 究極存在でない所が味噌だね!w

椿 <衝動的な問題だろうがw

守里 「…これは?」

GM 45点のダメージを喰らっているにも関わらず、喰らった先から回復してきますね

GM 変態「生還率が高い、という情報がありませんでしたか?」

椿 「まーなんとなく想定は出来ていたが。どうやら死に様は子悪党らしく惨めな死に様でないとダメって事らしいな」

GM 変態「その”理由”ですよ。」

GM 変態「では・・反撃に移るとしましょうかねぇ!」

GM 《不明》を使ってメインプロセスを得ます!

GM マイナーで《不明+不明》

GM メジャーで《RC+不明+不明+不明+不明》を使ってシーン攻撃!

GM ドッジに-2DPです

椿 まぁ、かもん!

守里 かまーん

GM #15r7+14

ダイス GMkassgi:15r7+14=43(10(8,8,8,4,8,2,4,10,6,7,2,7,3,9,3)+10(2,5,5,10,6,6,3,6)+10(8)+10(8)+3(3))+14= 57

守里 固定値たけえな(何

GM 57てーん!

椿 PC限界+1なのがいやらしい!w

守里 ダイスが0になるので回避不能

椿 食らったらどーなるかが分からないのは痛いなー

椿 まぁ、回避する。だめもとで

椿 #5r10-2

ダイス Tubaki:5r10-2=11(10(10,7,7,3,7)+1(1))-2= 9

椿 まーむり

GM #6d10+30

ダイス GMkassgi:6d10+30=32(3,8,2,5,9,5)+30= 62

GM 62点、装甲有効で

椿 リザレクトー

椿 #1d10+71

ダイス Tubaki:1d10+71=5(5)+71= 76

守里 装甲で10点引いても足りねぇ(何

守里 #1d10+64

ダイス Mamori-A:1d10+64=9(9)+64= 73

守里 うちらより問題は隣にいる支部長なんだが(何

GM えぇ、もちろん・・・

GM 黒い触手がウネウネと動き・・・樫村支部長を貫く

椿 ・・・

GM 周りに散る極彩色の赤色。ごふっと血を吐き、樫村支部長は倒れた。

椿 おまい、リザレクトすれ(何

GM 身も蓋もないですねw

守里 サボってばっかで100%越えてる事はあるまい(何

椿 ひどいいいようだ(何

GM それを見届けると、ジャバウォックは満足そうにエフェクトを使って退場した・・・

守里 「支部長…!」医療トランク引っ張り出して手当をする。

椿 「・・・さて、身体張ってもらって恐縮と言いたい所だが」

椿 実際様態はどーよ

GM かなり危険な状態ですね

椿 どこで侵食率上げたんだ。こやつ(何

守里 とりあえず医療班来るまでトランクでできうる限りの事はします

GM 心臓を一撃で貫かれましたので・・・死にはしませんが、病院には運送となります

守里 じゃあうちらも治療するか、医療トランクもある事だし

椿 「さて、陽動までして頭を狙ったということは・・・」ま、内通者がいる可能性も考慮した

椿 かもーん(’’

GM 樫村「つばき・・・くん。浅井さ・・ん。あとを頼みます。」

守里 「了解しました」

守里 #2d10 椿さんをレッツ治療

ダイス Mamori-A:2d10=9(7,2)= 9

守里 #2d10 自分も

ダイス Mamori-A:2d10=10(1,9)= 10

守里 HP19/31へ

GM 了解です。

椿 「ふむ。いつもの狸ね入りではないということか。まぁ、病院に行く前に確認だ。食らった感覚としてシンドロームは把握できるか?」

椿 HP14に

椿 (まー分かったら苦労はしないだろうが、念のため聞いてみる)

GM 樫村「いえ・・・・いや、あの能力は私と相性が・・・悪いですね・・・」はははっと乾いた笑いをあげる

GM 樫村「貸・・・猫”レンタルキャット”として・・・・相手の能力が分から・・・ないのはまずいです」

椿 「・・・そもそも前線に出るタイプではないからな。まーはやく直しておけ」

守里 「後は私達がやっておきます」

GM 樫村「お願い・・・します。そして・・・早く、あの・・・能力に対処を。」

守里 「任務了解しました」

GM 樫村「おそら・・く、あの不死身と・・・能力隠しは・・・・なんらかの・・・繋がりがあります。」

GM 樫村「そ・・・こから探って・・・みてください・・・」ガクッと気絶

椿 「さて、不覚を取ったわけだがこれからどうするね?」

椿 と、かしむらー搬送見届けつつ問おう(何

守里 「調べるしかないでしょう、このままでは戦いになりません」

椿 「ま、そうだろうよ」ってことでGMよ。なんか情報収集ふえるのか?w

椿 (次のシーンならそれでもいいがw)

GM 情報項目は増えますが・・・それは次の情報収集シーンで出しますねw

守里 はーい

椿 じゃ、あちしは・・・調達なんかするか?

椿 なけりゃセーフハウス調達する(何

守里 自分はもうないな(何

椿 じゃ、セーフハウス調達するー(何  GMよろしいか?

GM どうぞです〜

椿 #4r10+10 (目標15)

ダイス Tubaki:4r10+10=7(7(3,7,3,7))+10= 17

椿 成功

GM おめでとうございますw

守里 おめ(何

GM では、シーンを切りますね

 

身を隠したジャバウォックは先ほどの出来事を考える。

というのも、さっきの襲撃は実際は”支部長を狙ったものではない”からだ。

王=蝮蛇「・・・まだUGNでも”白い羽の少女”は保護していないようですねぇ。」

王=蝮蛇「・・・なら、こちらから先に襲わせて頂くとしましょうか。」

携帯を取り出し、何事かを連絡するジャバウォック。

次なる獲物は・・・・

========================================

Trigger Phase 3 -少女との再会- second missing

Scene Player  威綱 銀之丈 Place 奈々市の通り沿いにて Entry 可

========================================

GM 登場をどうぞです

銀之丈 #1d10+69 登場

ダイス Gin_5na:1d10+69=9(9)+69= 78

銀之丈 緊張してるようですw

GM あらww

しおり #1D10+67 出ておこう

ダイス Shiori-H:1d10+67=4(4)+67= 71

 

偽のアジト襲撃からの帰り。キミ(達)は「支部が襲われ、樫村支部長が負傷した」という連絡を受けた。

コートハロルドさんは支部の命令系統を復帰させる為、先に帰還。

キミ(達)は、倒れた威綱 銀之丈を介抱しながら帰路についていた。

その途中で、特徴的な姿を銀之丈は見かける。

 

しおり 「威綱さん・・・歩けますか??」肩を貸しながら

GM 白い傘に白い服。天篠 羽衣の後ろ姿だった。

銀之丈 「...うん、ありがとう。でも、僕からは離れているほうがいいよ」でないと、何時"獣"が喰らうか判らないから

銀之丈 「...と、一寸待って」で、肩から離れて(何

しおり 「あ、あぅぅ・・・」何も言えずに困る

しおり 「って。ほえ??」

銀之丈 「...天篠さん」その後姿に向かって

GM 天篠 羽衣「あら。またお会いしましたね。」

GM と振り返ってコロコロと鈴が鳴るような声と共に少女は君達に笑顔を向けた。

しおり 「わ〜・・・可愛い・・・」

銀之丈 「散歩...です?」 まぁ、無理して平然を装ってるというのは気づいていいよw>しおりん

GM 羽衣「始めまして。天篠 羽衣と申します」

GM ペコリと小首を横に傾げて、挨拶をする。

しおり 「はっ、始めましてっ。蓮原 しおりと言いますっ。」慌ててペコッと

しおり 「お友達・・・ですか??」どちらに聞くでもなく

GM 羽衣「お友達・・・ですか?」それは本当に分かってないような顔で聞き返す。

銀之丈 「...ん....まぁ。ちょっと話した仲ではあるけどね」事実は事実として

GM 羽衣「初めてご両親以外の方と話したのが、この方だったのですよ。」

GM 羽衣「あら?どうかしましたか?銀さま。お顔が優れないようですが。」

しおり 「はわっ、そうでしたっ。威綱くんを早く支部まで送らないとっ」

GM と言って、懐から白いハンカチを取り出して、顔を拭こうと近寄って来る。

銀之丈 「...あぁ、まぁ。一寸....ね(苦笑」流石に何をしてきたとかどうなったとかは言わない....が

GM そこで気づく。敵意ある《ワーディング》が張られる。

銀之丈 「あまり、近づきすぎないほう...が」

しおり 「えっ?!」あわてて盾をかまえる

銀之丈 (ぞくん.....っ)抑え込んでいた"獣"が再び目を覚ますGM バタバタと昏倒する周りの人々。遠くから咆哮をあげる赤い血の獣

GM そのまま獣は疾駆して君達に襲い掛かる・・・・いや、その動きは羽衣ちゃんを狙ったものだ。

GM 羽衣「・・・・・え?」

銀之丈 「此処は危ないからはや...っ」

GM 獣は大きく腕を振りかぶり・・・・

しおり すばやく羽衣前に回りこみカバーリング「危ないっ!!」

GM ガキッと前面に出された盾にその爪を阻まれた。

銀之丈 『...又、オ前ラカ...』

GM 今頃、気づいて驚いたように後ずさる羽衣ちゃん。

しおり 「羽衣さん、怪我はない!??」

銀之丈 「...ま、止め...」『五月蝿イ』そのままその獣を抉る

GM 羽衣「・・・あ、はい。なんとか・・・このお犬さんは?」

しおり 「わからないの・・・私たちに敵意を持っている、ってこと以外」と、ぼやかして返答

銀之丈 『...フン』抉った場所からは血も滴らず、ただただ喰われた歯型の様になっており

しおり 「威綱くんだいじょう・・・ぶ??」

銀之丈 『所詮ハ、コンナモノダ...』数振りで血の獣は喰われきった

銀之丈 『次ハ....』「...早く、逃げ...て...」『五月蝿イ』一瞬正気に戻ったが、直に飲み込まれ

銀之丈 しおりんと羽衣たんに狙いを定め

GM そのとき、天篠 羽衣は持っていた傘を放り投げ、両手を組んで何事かを呟いた。

しおり 「え?え?!」状況を飲み込めず、ただ盾を向けるだけ、たいしたガードにならない

GM 辺りに舞う白い羽。その姿は祈りを捧げている天使のように見えた・・・

銀之丈 『居ル者全テハ、我ガ贄也...』そして、二人も喰らおうとして........

GM あるエフェクトを使用して、銀之丈の侵蝕値を-3点下げます。

しおり 「はわわわ・・・こんどは白い羽が・・・」

GM この効果によって、銀之丈の中にあるRVでできた”獣”を鎮めますね。

GM 羽衣「サンクトゥス、サンクトゥス、サンクトゥス・・・・・」

銀之丈 「.....くぅっ」その効果のお陰で、ぎりぎり軌道を逸らし  が、勢いは殺せず、道路に一人倒れこむ

銀之丈 侵食は78-3=75% に。

しおり しばらく呆然としているが、「・・・はっ、威綱くんっ!!」慌てて駆け寄る

銀之丈 受身も取らずに倒れ込んだ為に、盛大に擦り傷は作ってるものの

GM 心に染み渡るようなトリアスギオンの一節を謳い上げた羽衣は・・・・・銀之丈と同じタイミングに倒れこんだ。

銀之丈 「....あはは....みっともない...なぁ...」

GM その様は・・・まるで糸を切られた人形のような倒れ方だった・・・

しおり 「はわっ、羽衣さんもっ」

銀之丈 「...天篠...さん...!?」倒れた音を聞いて動きづらい身体を無理して起こして、近寄....

銀之丈 が、結局。触れる事を恐れて、しおりんに任せ

しおり 「はわ・・・え、えっと・・・」

銀之丈 此方は携帯で支部に連絡を

しおり 「あわわ・・・・落ち着け、落ち着け、わたしっ」と深呼吸

銀之丈 「介抱を....お願い。僕が支部に連絡入れておくから....」

しおり 「わかりましたっ」といって、羽衣の介抱を

銀之丈 「.............はい、お願いします、車両を一台。大至急。えぇ、そうです....」連絡交渉中

しおり 「羽衣さ〜ん、起きてください〜・・・・・・うぅ、だめだ・・・」

銀之丈 「車両、回してくれるって................その.......ごめん」顔色は先程より更に悪いがそれ処ではない感じで

GM エージェントE「遅れましたっす!」 と言って現場にUGNエージェント陣が到着する。

しおり 「い、いえっ、気にしてませんからっ」

しおり と、言いつつもちょっと涙目なしおりん

銀之丈 「彼女をお願いします。蓮原さんが付き添いで....」迷惑かけるので僕は徒歩で向かいますから、と

GM エージェントE「救急車はまだですが・・・車を用意したっす!」

しおり 「はいっ」エージェントと協力して羽衣を車に乗せる

GM そして、羽衣、銀之丈、そして何故かしおりんも。車に詰め込まれて病院へ急行する。

GM >まとめて急患と判断されたらしい。

GM こうして。一つの遭遇は幕を下ろした・・・・

======================================

Middle Phase  3 -残酷な真実- secret experiment

Scene Player 高坂 有紀 Place 奈々市支部 Entry 可

======================================

GM 登場をお願いします。

有紀 #1d10+56     2・・・・!

ダイス Yuuki-k:1d10+56=1(1)+56= 57

椿 ・x・)

有紀 完璧です

GM おめでとうございますw

GM では・・・

 

アジト襲撃組が支部に帰ってみると、そこにはあちこち破壊された奈々市支部があった。

先に帰ったコートハロルド氏と、支部長補佐のアレッさんが陣頭指揮を取る中。

とりあえず、目の前の問題を解決する為、PC達は合流し作戦を練ることになった。

 

有紀 「はぅ・・・酷い事になってます。お手伝いしたいですけれど、まずは・・ですよね」

椿 まーあれだ。情報収集シーンということか

GM ですね

有紀 何が調べられますか!

GM ・・・・の前に。

GM エージェントE「・・・・緊急事態っす! 市の各所にて、血の化け物が一斉に湧いたようっす!」

GM サトー「・・・ちっ。攪乱作戦に出たか!」

GM ここでジャバウォックがD『工作員』を使用! 本拠地の所在を隠します!

有紀 「えええ、い・・いっせいって・・・っ」

GM 本拠地の場所を判明させるには目標値30の判定に成功してくださいw

GM で、追加の情報収集項目は1つだけ

GM ☆ジャバウォックの不死について:<知識:RV><情報:学問>

GM また ☆極秘プロジェクト は条件を解除することで、判定なしで閲覧可能です。

 

守里 #1d10+73 登場

ダイス Mamori-A:1d10+73=9(9)+73= 82

守里 わはー(何

GM おめでとうございますw

守里 「……大元を抑えるしかなさそうですね」

有紀 「そうです、こういう時こそ落ち着いて・・・」 お茶を淹れて・・ 2回回せるなら《妖精の手》で事足りるので

椿 あー

有紀 そのままでお願いしてもいいでしょうか? 現状2人なので華すると手が足りなく

椿 妖精+導きがあるなら

椿 ・x・) 工作員99%抜ける

守里 財産ぶっこみ戦法か(何

椿 実は財産P使えるからな (GM注:後に、D《工作員》は財産Pを使って目標値をあげることはできても、破るための達成値には作用しないことが判明しました。

 

GM なのですよねーー

守里 自分が調査担当して椿さんにぶち抜いてもらう?

椿 まぁ、それでいいなら此方がやるぞ。他の情報はあきらめることになるがw

有紀 誰でもいいのでとにかく手が欲しいですw

椿 じゃあ登場

椿 #1d10+76

ダイス Tubaki:1d10+76=4(4)+76= 80

椿 ヒャッハー失敗確立が0.1%まで下がった

椿 ・・・まぁ、工作する?

守里 じゃあ支援タイムか

GM 下がりすぎ、下がりすぎw

守里 要するにファンブルしなけりゃ(ry(何

椿 ・x・)

有紀 ありりです! では・・・ 《要の陣形》+《導きの華》 ハーブティーでも

有紀 演出では、他の方にも配ってます

有紀 57+5% 達成値+10

守里 では工作員ぶち抜きに挑戦

守里 《コンセントレイト/無形の影》 侵蝕率88%

守里 #9r7+10

ダイス Mamori-A:9r7+10=36(10(1,1,1,10,2,8,5,10,1)+10(8,7,5)+10(7,3)+6(6))+10= 46

守里 わっはーい

椿 やふーい

GM おめでとうございますw

GM て、妖精の手も必要なかったのですかw

守里 結果論だが(何

椿 まぁ、よきかなよきかな

GM では、本拠地の場所が分かります。現在、彼らは・・・アミューズメントパークにいますね

GM >PC△OPで行った場所に

守里 「……──ということで」ばさっと書類を机に放る。

椿 じゃーこちらは残りの情報いくわー

GM 了解です!

椿 情報:学問で・・・

GM どうぞ〜

椿 #4r10

ダイス Tubaki:4r10=9(9(4,7,4,9))= 9

椿 で、いくつ足りない?(何

有紀 華入れてます

GM いえ、それで充分ですw

椿 じゃあ19か

GM では、情報を開示しますね

 

☆ジャバウォックの不死について

9:ジャバウォックのE『不滅の妄執』は”どんな能力か相手が分からない”ことに発端がある。

それは能力を含めて、相手の認識力を強引に曲げているからだ。

よって、何らかの手段でジャバウォックの”シンドローム”を暴けば、『不滅の妄執』は解除されることになる。

 

GM 以上になります

有紀 あの変なレーダー・・・!

GM 変なレーダーw

有紀 「お二人とも、さすがですね! あとは・・・」  サトーさんを呼んでもいいかしら 霧谷さんルートはお任せします

椿 「まぁ、少し待て。まずは霧谷日本支部長から順だ。基本的に日本でやってる実験の大半アレが関与しているからな」

守里 「霧谷日本支部長の名前で封印されてますしね、樫村支部長は入院中ですが、ザナルディ支部長代行経由なら連絡が取れるかと」

守里 と椿さんに。

GM ふみゅ、では、霧谷さんに連絡を入れる方向で?

守里 椿さんが霧谷さん、高坂さんがサトーさんルートかな

椿 「じゃあMrに頼んでつないでもらうか」

GM では、まずは・・・霧谷さんに

有紀 「リーダーがそこにいらっしゃいますし、そんな事しなくてもとおもいますけれど・・」首を傾げつつもお任せします

椿 「(かくかくしかじか)」時間短縮のため交渉は早送りしております(何

GM アレッさん経由で繋がれた日本支部長への連絡は迅速に行われた。

GM 霧谷「・・・・事情は分かりました。」

椿 「態々忙しい中頼むのは申し訳ないと思うが、凍結した本人から事情を聞くべきだと思ってね」

GM 霧谷「・・・・凍結を解除することは可能です。あの計画は、後味が悪い結末なだけで”禁忌”というものではありませんから。」

GM 霧谷「それだけに覚悟が必要です。それでも、かまいませんか?」

椿 「構わない。訪ねたのはこちら側だからね」

GM 霧谷「・・・・分かりました。暫しお待ちを。」といって、通信機器の向こう側で何事か指示を出す。

GM 霧谷「では、データはそちらに送信しておきます。あと、くれぐれも内容を閲覧したら、データはすぐに破棄してください。」

椿 「ああ。即時廃棄する」

GM その返事に満足そうな顔をして、霧谷さんのからの通信は切れた。

GM おめでとうございます!では、最後の情報を開示しますね!

 

☆極秘プロジェクト

被検体:冴丈 当真を中心とした極秘プロジェクト。実は彼の血液には、対象をOVにする効果がある(エフェクト:《抱擁》《治らずの病》の効果)。

その効果の特筆性は”本来、RVへの適正があっても50%の確立で変容に耐え切れずジャーム化し死亡する”というOVへの覚醒を、ほぼ100%のレベルでOVにできることにある。

>上級に、RVへの適正があっても50%の確立でジャーム化するという記述がある

また、OVになった後も、彼の血液を飲めばRV侵蝕率が安定するという副次効果もあった。

UGN内のOV推進派にとって夢のような能力であり、それが極秘プロジェクトの設立に繋がっている。

 

・・・・のだったが。極秘プロジェクトによって研究し続けるうちに、新たな事実が発見された。

それは”血液によって覚醒した場合、徐々に基本侵蝕率が上昇し遠からず発症したOV全員がジャームになる”という最悪の結末である。

これは血液の安定化も含まれ”安定した分の侵蝕率も次回の基本侵蝕率に回され、よりジャーム化しやすくなる”という罠であった。

この発見をもって絶望した”冴条 当真”は自殺を敢行。UGN上層部もこのプロジェクトを闇に葬る決断を下す。

 

GM という内容でした。

守里 「……成程」

椿 うーぬ。

椿 GMよ、被験者リストはのってるか?

GM 被験者リストは載ってますが

椿 具体的に言うと、ステッキージャームとか、ステッキーエリートさんとか

GM そんな名前の人はいませんw

椿 ・x・) まぁ、リスト自体に見覚えのある奴はいないか

椿 (そもそもリストがあるかは不明だが)

GM というより、被験者は全員、UGN内で処理されてます。

GM さて、この後、どうしますか?

GM このままアミューズメントパークに行っても、ジャバウォックさんに倒されます。 >不死身ですので

椿 (PC3のOP見てないんでサトーさんが何故辺境に来たのかがなぞなのよねー)

GM (あ、やっぱり、その点が引っかかりますよね〜〜)

椿 因みにログってどこかにあがってる?(’’;)

GM OP収録は既に、PC ↓◆↓、ち瓦栃埆犬靴瞳納板に載せてます

椿 おk

椿 流し読みした。こちらに来た事情が全く触れられてねえ!

椿 ・・・奴に確認するか。

椿 (ってかたちでいいですか?)

GM はい、直接尋ねるのでしたら、サトーさんも対応してくれますね

椿 まぁ、裏での会話は最後にして先に此方との対応か

GM ですね

椿 「まぁ、こんな中聞くべきことではないと思うが一つ確認したいことがある。率直に言おう。何故この市に来た?本部からの命令にしても対応が早すぎる」

GM サトー「・・・・Um?」ダンベル片手に報告書を流し読みしながら

GM 突然入ってきた椿君に目を向ける。

椿 「俺も多少は命令系統に関してかじってはいてね。こういう防衛・・・起こったことに対応するタイプの組織はどうしても出遅れる傾向がある。基本人員が少ないUGNならなおさらだ」

GM サトー「・・・・ふむ。この事件が解決したら言おうかと思ってたが」

GM サトー「実は、私はこの事件を仕組んだ真犯人を知っている。」

GM サトー「私はそいつを追って、アメリカから来たのだ。」

守里 「対応の異常な早さは気にはなっていましたが」

椿 「ふむ。なるほど・・・道理は通っているか。で、もう既にこの舞台に登場しているのか?そいつらは」

GM サトー「いや、表舞台にはまだ立ってないな。とはいえ・・・」

GM サトー「あの”ジャバウォック”とかいう奴。確か”ヴェノムロード”と接点があったはずだ。」

椿 「"毒の道"ね。聞いたことはないがセルかコードネームかなにかか?」まぁ、知らないのでさらっと聞こう

GM サトー「いや、個人のコードネームだ。何でも”ポイズンマスター”の称号を送られながら、それを拒否したという。」

GM で、実は、この人。マスターキラーの称号を持ってますw

椿 「なるほど。何らかの因縁があってそいつを追いかけているうちにここに着いた・・・ということか」

椿 mjd!

守里 エンブレム!(何

椿 やべえ疑ってごめんなさい(何

GM サトー「ふむ。これで疑いは晴れたかな?」

椿 「ま、大体は。済まないね、職業柄・・・というか、経験上どうしても気になってね」

椿 「あ、それとだ。チェッカーの注文頼めないか?」

椿 ということで調達Time

椿 OK?

GM OKです!

椿 #7r10+10  まー正直失敗要素ないですが一応手配師を使おう

ダイス Tubaki:7r10+10=13(10(4,2,7,10,2,3,7)+3(3))+10= 23

GM おめでとうございますw

椿 財産使う必要もなく成功

GM サトー「では、これをもっていきたまえ」と一番新しいのをくれる

有紀 同じく調達、魔晶石シールドを

有紀 くりすたる

GM どうぞ〜〜

有紀 #5r10+6 えい

ダイス Yuuki-k:5r10+6=9(9(7,1,3,9,8))+6= 15

有紀 10点の財産を使用 手に入れます

GM 了解です!

GM ロイスの取得の申告もどうぞ〜

GM Sも今の内に〜

椿 変態にSロイス

GM 了解です

有紀 そして・・・"偽神の盟約" 冴丈 当真 さんに改めて ■尽力/口不安 で取得してSへ

GM 了解です!

銀之丈 "赤い血の獣" に□執着■敵愾心 と......

銀之丈 此方はGM相談兼ねて "今回関わった仲間" に □尽力■悔悟 でS化申請

GM 了解です!

有紀 クリスタル重箱にお弁当を詰めて準備OK

GM 難しいところですが、そのSも許可しますね〜

銀之丈 感謝

椿 「遠回りになってしまったか・・・まぁ、しょうがない。過ぎたことは後で悔いるとして先に進むか」

椿 ってことで戦場へーって以上していいですか?(何

GM OKです。

しおり あ〜っと・・・ロイスいいですかっ

GM どうぞです!

しおり 天篠羽衣 に ■庇護/□猜疑心でロイス を取得

GM 了解です〜

しおり Sは今回は指定せずに、1枠あけておきます〜

GM 了解です!

椿 実際2枠あいてまーす!w

銀之丈 宣言忘れたぽいので、今更....(※OP1後の感情となってます)

銀之丈 シナリオロイス"白い羽を纏う少女" に ■庇護□不安

銀之丈 「純真というか、世間知らずというか...まぁ、放っておけないよね?」

銀之丈 にて。

GM 了解です

守里 樫村支部長に有為/■悔悟で取得、Sロイスに指定します。

GM 了解です。

GM では、シーンを締めますね

======================================

Climax phase -裏切り者の末路- double cross

Scene Player All  Place アミューズメントパーク

=====================================

UGN経由で警察から外出禁止令が出た奈々市の一角にて。

客払いも完了し、無味閑散としたアミューズメントパークに立つ二人の男。

その内の片方は・・・偵察から帰った血の化け物を足下に従え、報告を聞いていた。

 

GM 当真「来たか・・・有紀ちゃん。」

GM 王=蝮蛇「・・・いいんですかい?」

GM 当真「あぁ。・・・迷惑な話かもしれないが。あの子に”闇の真実”とやらを伝えることをもって、僕の生きた証とする。」

GM 王=蝮蛇「・・・・・最後に野暮な話で悪いんですがねぇ。あなたは彼女のことが好きだったんですかい?」

GM その問いに冴丈 当真はしばらく固まったかのように沈黙し。

GM 当真「・・・それこそ今更だろう。」

GM と答えて。高坂 有紀へのロイス■淡い恋心/□劣等感をタイタスにし冴丈 当真はジャーム化します。

GM 当真「・・・・・・・・・・・さようなら、有紀ちゃん。」

GM RVの侵蝕によって濁った視線の先には、アミューズメントパークにたどり着いたPC達がいた・・・

 

GM 登場を

守里 #1d10+88 登場

ダイス Mamori-A:1d10+88=8(8)+88= 96

椿 #1d10+80 ヒャッハー登場だ

ダイス Tubaki:1d10+80=7(7)+80= 87

しおり #1D10+71 っと

ダイス Shiori-H:1d10+71=8(8)+71= 79

銀之丈 #1d10+75 登場

ダイス Gin_5na:1d10+75=1(1)+75= 76

銀之丈 病院から抜け出してきました(

有紀 #1d10+62 うう・・

ダイス Yuuki-k:1d10+62=7(7)+62= 69

GM なんか1人だけ突出してるw

守里 ヒャッハー(何

GM 頑張って!強く生きて!(何

 

GM 荒涼とした世界に立つ2体のジャーム。

GM 片方は明らかに狂っているように唸りをあげ、片方も狂っているかのように笑う。

GM 変態「・・・・ここまでたどり着きましたか。」やれやれ、工作するのも苦労したんですがねぇと嘯く

 

守里 「あのくらいで私達が欺けると思うなら、甘い想定だと言わざるを得ませんね」

椿 「アミューズメントパークにいるって調べはついてきてみれば、ふたを開けてびっくり、ゴーストタウンと来たものか」

しおり 「もう・・・戻ってこないのね・・・高坂さんの先生は・・・・」

椿 「で、何か言いたいことがあるなら語るといいさね。最後の言霊(ことば)になるかもしれないからな」

有紀 「来ましたよ。先・・・生・・」 状況を見て少し折れそうになりつつも

GM 変態「そうですねぇ・・・実は、こちらもないのですよ。」 見てください、私の相方はあんな風になってしまいましたし。と続ける

椿 「そうか。ならば俺としてははじめたい気分ではあるのだが・・・君らは何か言いたいことはあるかい?」と、皆を見る(何

GM その視線の先。”恐怖”に取り付かれたジャームが一人ぶつぶつと唸るだけだった。

GM 当真「・・・・恐い恐い・・・他人が恐い・・・世界が恐い・・・・自分が恐い・・・・」

GM 当真「役立たずな自分なんてもう嫌だ!」

有紀 涙をためつつ 「限界だって言ってたのに、止めてって、初めて頼ってもらえたのに」

守里 「私も早く始めたいですね、任務以外の私情など邪魔なだけです」

銀之丈 「僕は正直、こういう所へは来たくなかった...だけど」ぞくり....とする気配を漂わしつつ

しおり 「高坂さん・・・」

有紀 「先生は役立たずなんかじゃないです! 先生のおかげで・・OVの友達もいっぱいできて、お留守番以外もできるようになったんですよ?」

有紀 クリスタル重箱をあけて、「エフェクトなしでもこれくらいは作れるようになったんです」

GM 当真「有紀ちゃん・・・・そうだ。君もいつも光の中にいる・・・それが僕には眩しくて仕方がなかった・・・・」

GM 当真「だからこそ・・・・恐い。君に捨てられるのが。君に頼られるのが。・・・・君と話すのが。」

有紀 「そんな・・・っ わたしはただ・・・」

GM 変態「さて。UGNの皆様方。そろそろ始めたほうがいいと思いませんか?」

守里 「それだけは同感です」

銀之丈 「高坂さんが"先生"と慕う貴方の感情は、判らない事は無いです。似た恐怖は僕も持ってるモノだから」

銀之丈 「だけど......だからといって"仲間"を見捨てる程達観もできないから...だから、"此処からは逃げない"」

有紀 「ごめんなさい、待ってくださって・・変態さんも」

GM 変態「このままでは・・・・”彼女”はつらい現実と向き合うだけですよ?」

GM 変態「ほう・・・何かありますか?」目を細めて

椿 「ま、これも仕事なんでね。お互いさっぱりといくかね。悔いるなら後にしてもらうさ」

椿 ・x・)ほほう

しおり 高坂さんの前に立ちはだかりつつ、冴丈当真に□希望/■失望でロイス を「高坂さんは傷つけさせない・・・高坂さんと・・・あなたのためにもっ」

しおり (で、いいですか?)

GM 了解です

有紀 「ぁ、いえ・・・お礼は言わないとって・・本当に」  変態さんにもぺこり

GM 変態「・・・・・ありがたく頂いておきましょう。」 鼻の上をボリボリと削る。

有紀 「ごめんなさい、先生。間に合わなくて、気付けなくて・・・せめて、今の・・先生を止めて・・あげてください。こんな事も一人でできないんです」

守里 「言われなくとも」

GM 変態「では、こちらもお礼に。この人は最後まで貴方のことを気にかけていました。最後まで生きる努力してください。」 とジャームにしては妙に優しい声をかける。

銀之丈 『言ワレルマデモ無イ。ソノ元凶ハ、我ガ頂クモノデアル故ニ』

GM そして、徐々に大きくなる《ワーディング》

椿 じゃあカウンターオートで使うか。チェッカーを

GM 了解です。では・・・ジャバウォックのシンドロームは・・・

GM エグザイル/ウロボロスのクロスブリードです!

椿 「物は試してみるか。(ぽちっと)・・・最近ウロボロスがメジャーなんだろうかね。弾屋の奴も気にしていたみたいだったが」

GM 変態「へぇ・・・・そこまでたどり着きましたか。これは・・・久々に本気を出すとしますかねぇ!!」

GM 《不滅の妄執》を解除!!

GM そして、敵意あるワーディングがPC達を包み込んだ・・・!

GM 衝動判定を(目標値9)

守里 #9r10+1 衝動判定

ダイス Mamori-A:9r10+1=16(10(2,4,8,10,3,3,4,10,1)+6(2,6))+1= 17

守里 #2d10+96

ダイス Mamori-A:2d10+96=7(5,2)+96= 103

守里 成功で103%

しおり #2D10+4 失敗できないカバーキャラ

ダイス Shiori-H:2d10+4=6(5,1)+4= 10

守里 ダイス目危ない(何

しおり #2D10+79 あ、危なかったw

ダイス Shiori-H:2d10+79=16(7,9)+79= 95

GM こわっ ギリギリw

しおり 成功の95%です〜

有紀 #2r10+1   「本当は・・・こんな事で見てもらいたくなかったです・・けれど」

椿 「ま、お互い因果よな。片や衝動に操られるように突き進み、片や拠り所に縋り付く様に前を向くのだから」

ダイス Yuuki-k:2r10+1=5(5(4,5))+1= 6

椿 #3r10+6+1 衝動判定

ダイス Tubaki:3r10+6+1=9(9(8,3,9))+6+1= 16

守里 高坂サーン(何

椿 #2d10+87 成功して侵食上昇

ダイス Tubaki:2d10+87=10(4,6)+87= 97

椿 うひゃー

銀之丈 #5r10+0 衝動/スティールマインド

ダイス Gin_5na:5r10+0=9(9(5,7,9,7,6))+0= 9

有紀 ここは・・衝動に負けてる場合じゃないですよね 《妖精の手》!

有紀 69+4%

銀之丈 此処ではぎりぎり保ったが.....

GM あらw

有紀 #1r10+11

ダイス Yuuki-k:1r10+11=8(8(8))+11= 19

銀之丈 #2d10+76 侵食

ダイス Gin_5na:2d10+76=9(5,4)+76= 85

有紀 #2d10+73  えい

ダイス Yuuki-k:2d10+73=7(2,5)+73= 80

しおり 「全て私が受け止めて見せるっ!!」 仲間の前で盾を構え直す

有紀 今回なんだかいろいろとダメな気がしてきました 蝋燭が燃え尽きそうな感じ・・こんな侵蝕率なんて

GM が、がんばれ!

椿 こっちなんて別の意味でダメだからな!w

GM え、どういう意味でw

椿 セットアップにエフェクト使う→侵食率100おめでとう!w

椿 ・x・) そんな意味です(何

GM おめでとうございますw

守里 こっちは今の時点で100だ!(何

GM さらにおめでとうございますw

 

GM えぇと、ミドルからIVが変わった人〜?

銀之丈 今の処変わりません(ぁ

GM なお、当真君の本当のIVは16です

守里 変わってませーん

しおり 変わってません〜

有紀 はやいなぁ

有紀 変わらずです〜

GM 支援系ですからw

椿 かわるわきゃねー!

有紀 《アクセル》がもう少し安ければ・・

GM では

IV:当真→従者群→変態→守里→椿・しおり→銀・有紀

GM

GM 位置関係をば [変態・当真]←5m→[赤色の従者]←5m→[PC達

GM では、参ります!

椿 おのれへんたいめー

椿 あ、従者は何体?

椿 (1でいいのかい?)

GM 3体です

GM IVのところに従者群と記載しているように、3体います〜

しおり 了解ですっ

GM では・・・

 

●第1ラウンド

●セットアップ

しおり ありません〜

有紀 なしです!

守里 無し!

椿 ターゲットロックを変態に

椿 侵食率100打よクソ!w

GM 敵側はなし!

GM おめでとうございますw

銀之丈 《螺旋の悪魔》宣言 暴走状態 攻撃+12 +3%=88%

●イニシアチブ

GM 当真君がオートでE《孤独の叫び》を使用

GM 対象は守里さんに

GM 感情は・・・守里さんに一任しますが、ネガティブで取ってください

守里 らじゃ、では有為/■憤懣にて取得

GM 了解です。

GM 続いて・・・・

GM E《怯えのまなざし》をすかさず使用!

椿 おまwww

守里 ひどい!(何

GM 当真君にロイスを持っている人は即座に”暴走”を!

GM くらえやーーーーーー!!

守里 「い、あ───く…」

しおり 「・・・っ!!」 

椿 えっ?

銀之丈 うわー

椿 ろいすなんてしりません><

椿 (つか、今回初対面だしね!)

銀之丈 同じく持ってません そして変わらず 暴走してますw

有紀 「わたしと会わなければ・・・こんな事にはならなかったのですよね。結局・・・繋ぎ止めるどころか引きずり落としてるだけなんじゃ・・」

守里 「うあああああぁぁぁぁaaaaaaaaaaa!?」白い仮面を付け、真っ白になった毛並を持つ獣へと変化する。

椿 「ネガティブ思考は構わんが、周りに撒き散らすのはどうなんだと俺は思うんだが・・・ジャームに何を抜かしても、無駄か」

有紀 「ごめんなさい、ごめんなさい、あそこに立つべきは、落ちるべきは・・・」 自分を抱きしめるようにして必死で謝ります

GM 変態「ククククッ さぁ、本当の姿を見せてください!アルマ・レグナムよ!!」

有紀 ソラリス暴走も二人・・・って先生は暴走みたいなものですよねー

しおり 「誰も守れない、そう、私なんていらない、私なんて・・・」当真くんの恐怖を見て墜ちる

守里 「アア、ゥ、ぐがAAAAHHHHHHHHHHHHHHHH!!」今までとは全く違う声で、天高く吠える。

GM 自分自身への絶望的な恐怖を付与していますからね〜

GM では、改めて!

●冴丈 当真 IV:16

GM マイナーはなし

GM メジャーで《RC+狂戦士+ポイズンフォッグ+抱擁+遠隔操作》

GM で従者のエンゲージに支援

●赤色の従者 IV:15

GM 《射撃+C:ブラムストーカー+赫き球+ブラッドバーン+痛みの水》

GM で・・・二人抜けるのか

GM 楽だし。暴走組から1人抜かそう

GM #1d4

ダイス GMkassgi:1d4=4(4)= 4

GM しおりちゃんが抜けたかw

しおり おっとw

GM では、銀君・有紀ちゃん・守里さんにそれぞれ射撃!

GM #13r7+2

ダイス GMkassgi:13r7+2=45(10(10,6,5,10,2,5,2,1,6,9,9,1,4)+10(6,5,10,8)+10(8,4)+10(9)+5(5))+2= 47

GM で、銀君に

銀之丈 何かキター

銀之丈 ということで。喰らいます

GM #5d10+20

ダイス GMkassgi:5d10+20=41(7,9,8,8,9)+20= 61

GM 61点!

銀之丈 #1d10+88 リザレクト

ダイス Gin_5na:1d10+88=2(2)+88= 90

GM つぎー

GM #13r7+2

ダイス GMkassgi:13r7+2=51(10(10,8,7,5,1,7,9,2,3,3,5,7,10)+10(5,10,8,3,5,3,10)+10(10,7,2)+10(7,5)+10(9)+1(1))+2= 53

銀之丈 HP2/90%

GM で有紀ちゃんへ

有紀 ダメージください><

GM #6d10+20

ダイス GMkassgi:6d10+20=23(1,3,3,5,3,8)+20= 43

GM あれ?低い?w

有紀 ガードしてたら生きのこってたのに・・っw 《リザレクト》

有紀 #2d10+80 起源種の力・・・見せてあげます!

ダイス Yuuki-k:2d10+80=18(9,9)+80= 98

有紀 ・・・

しおり うわ・・・

GM あと2w

守里 ゴリっと(何

有紀 「ダイス様も死んだほうがいいって言ってます・・・」

GM では、最後〜

GM #13r7+2

ダイス GMkassgi:13r7+2=34(10(10,10,10,4,5,3,3,7,6,8,8,8,3)+10(1,7,10,3,2,5,7)+10(2,8,2)+4(4))+2= 36

しおり 冴丈当真をタイタスに、即昇華 暴走回復 「みんなを・・・守らなきゃっ!!」

GM 守里さんへ〜

GM #4d10+20

しおり 「守里さんっ、危ないっ!!」《砂の結界》+《氷盾》 クリスタルシールドを使ってカバーリング

しおり さぁ、ジャスト100%だ、死にたくない(何

GM あら?

ダイス GMkassgi:4d10+20=17(5,6,2,4)+20= 37

GM 37てーん!

しおり えっと・・・100%なってないから・・・装甲有効で2点通ります〜

守里 「UUUUUUOOOOHHHHHHH!!」感謝の声などなく、ただ天にむけて吼える。

GM 2点かw

守里 PLからはありがとうと言っておこう(何

GM 本格的に攻撃が通らない予感がw

GM では

●ジャバウォック IV:14

GM 変態「さぁて・・・本気で行きますよ!」

GM マイナーで《不明+不明+不明》

GM 《RC+不明+不明+不明+不明+不明》でPC全員を攻撃!(ドッジに-2DP 命中した相手に”重圧”と”邪毒3”をプレゼント!)

有紀 いやぁぁぁw

椿 もげぁー!

守里 げあー

GM なお、全員が対象です

椿 じぶんも ふくめ?

銀之丈 邪毒が痛いな.....(まぁ、とはいえ、喰らうしかないが

GM いえ、PC全員です

椿 ですよねーw

GM 当たり前ですがw

椿 まーとりあえずふるよろしw

GM #15r7+14

ダイス GMkassgi:15r7+14=53(10(9,10,2,4,5,6,6,9,7,1,1,8,5,6,1)+10(8,6,6,3,10)+10(8,1)+10(8)+10(10)+3(3))+14= 67

GM 67!

GM 闇色の触手をウネウネと動かして全員を攻撃する!

有紀 かもーんです!

GM #7d10+20

ダイス GMkassgi:7d10+20=38(5,6,6,3,8,8,2)+20= 58

椿

GM 58点!

GM 装甲有効!

椿 一応回避試みたいがまぁ、避け連だろうからクラってタイタスしとくか。

GM あぁ、すみません><

しおり ガード宣言してなかった(何

GM 回避をどうぞ〜 ガードの宣言をどうぞ〜

守里 暴走なので回避不能。

有紀 今度は上手くいくことを祈って・・・ いえ、シナリオロイスのタイタスで起き上がります 感情変えてるのでもうタイタスになってますよね

銀之丈 #1d10+90 安心の《リザレクト》

ダイス Gin_5na:1d10+90=8(8)+90= 98

椿 ・x・) まぁ、とりあえず回避エフェクトなんてないので食らっておこう。で、…ステータス異常直せるならリセットは使わない

銀之丈 HP8/98%

椿 タイタス・・・というよりは自傷ジャームにロイスをとって即タイタス昇華で復活

GM ですね >感情を変えている

銀之丈 『小賢シイ.....』とはいいつつ、しっかり喰らってますがw

椿 <感情は □同情 ■無関心

しおり 「今度は・・・椿くんっ!!」《砂の結界》だけと クリスタルシールドを使ってカバーリング

椿 まぁ、ガードしてくれるなら無傷でロイスが即タイタスになるだけだw

守里 ではこっちはサトーさんのロイスを昇華してHP12で復活

GM 了解です

椿 「すまん。助かった」

有紀 「後で悔止むのは分かりきってます・・・でも・・っ」 HPは11へ

GM しおりんは生き残った・・・?

しおり 羽衣くんへのロイスを昇華、HP12で立ち上がる「謝る必要はないですっ」

有紀 この期に及んで瑕一つないクリスタル重箱

GM 了解です

GM では・・・

●浅井 守里 IV:8

守里 待機

●常夜 椿&蓮原 しおり IV:5

椿 先に言っておく 待機(何)

椿 <支援待ち

しおり 待機します〜

●威綱 銀之丈&高坂 有紀 IV:4

有紀 先に参ります

銀之丈 お願いします

有紀 マイナーで暴走解除

有紀 GMさま、途中成長を申請します

有紀 《ポイズンフォッグ》1レベル 《中和剤》 1レベル 合わせて30点

GM 了解です

有紀 そして・・ 《ポイズンフォッグ/中和剤/導きの華/癒しの水/戦乙女の導き/狂戦士》

有紀 まずは回復

有紀 #6d10+2

ダイス Yuuki-k:6d10+2=32(1,9,2,9,8,3)+2= 34

有紀 皆さんのHPを34回復させて、

有紀 暴走以外のBSを回復  そして、 達成値:+14 ダイス:+15 CR値:−1 ダメージ:+5

椿 フル回復(’’

守里 まんたーん

銀之丈 全快しましたw  HP32/32

椿 HP33/33

しおり 全快です〜27/27

有紀 「もともとは、先生に使い方を教えてもらったんですよ。だから・・・」

有紀 98+13% 以上です!

銀之丈 では。従者を掃討します

GM どうぞ〜

銀之丈 『フン...."前ト同ジ"カ...』mia:《破壊の爪/ハンティングスタイル》+4%=102% で、従者群にエンゲージ

銀之丈 『我ガ贄ト成リ果テヨ』喰う(ぁ  MJ:白兵《渇きの主/血の宴/コンセ/原初の赤:光速の剣》+11%=113%

銀之丈 #23r6+4+14

ダイス Gin_5na:23r6+4+14=34(10(4,5,9,1,1,10,3,2,1,4,3,3,1,4,10,5,10,7,6,6,1,2,6)+10(2,7,4,6,4,9,3,2)+10(8,6,8)+4(4,1,2))+4+14= 52

銀之丈 低いな(orz

GM まぁ、従者なんで

GM 《インベンション》:4で当たりますw

銀之丈 #8d10+10+15+5 装甲無視

ダイス Gin_5na:8d10+10+15+5=50(2,5,7,9,6,9,9,3)+10+15+5= 80

銀之丈 80点....

GM 吹っ飛んだw

しおり さすがっ

守里 そりゃ従者じゃ80点は持たんよな(何

GM 80は従者には耐えられませんw

銀之丈 従者。ご馳走様でした。8点回復-3点 で HP29/32

椿 従者が「私が従者だといつからry

椿 とか、抜かさない限り耐えるのはむずいよね

GM ですね〜

GM 次は待機組?

銀之丈 『腹ノ足シニモナランワ』次の獲物を見つつ「...暴れ...る...な」駆け引き中

銀之丈 (ということで、以上

●常夜 椿&蓮原 しおり(待機組)

椿 じゃあ行動は決まる

GM どうぞ

椿 マイナー行動前にスネークブレード遠距離攻撃対象に(射程15m)

椿 メジャーで《コンセ+光速の剣+主の右腕》 侵食率100→105

椿 「ま、様子見と洒落込むか」 ということで、変態をねらいまああああす!

GM どうぞ〜

椿 #23r6+12+14

ダイス Tubaki:23r6+12+14=22(10(9,5,4,5,6,10,3,9,9,3,7,4,2,2,10,2,3,7,2,2,8,10,4)+10(4,2,2,3,1,3,2,1,2,10)+2(2))+12+14= 48

椿 ・・・あっれー?

GM ガードできないから素回避しかできないけどね〜w

椿 TORIGOE発動しすぎじゃね?

GM #7r10

ダイス GMkassgi:7r10=15(10(10,4,8,8,8,4,4)+5(5))= 15

GM あたり><

椿 じゃあ泣く泣くダメージ

椿 #5d10+9+12+4+3+5

ダイス Tubaki:5d10+9+12+4+3+5=29(3,2,7,10,7)+9+12+4+3+5= 62

椿 62点装甲有効

椿 「物は試しとは言うが、なかなか扱いが難しいものだな・・・」実は初めての遠距離(何

GM ふみゅ。後の布石のために

GM ここはそのままくらいますw

GM 変態「痛いですねぇ・・・結構、効きましたよ」

しおり しおりいいですか〜??

GM どうぞ〜

しおり マイナーで《シールドクリエイト》「砂を集めて・・・壁にするっ!」

しおり メジャーで《物質合成》クリスタルシールドとシールドクリエイトを合成「そして、一体化っ!!」

GM 本格的に攻撃が通らなくなりましたねw

しおり 「うん・・・大丈夫、守れる、できるっ!!」 侵蝕102→110 以上です〜

椿 ・x・) 何このこ こわい

守里 ひっどいな(何

銀之丈 ひっどいなw

しおり 装甲入れたら54点止められます(何

●浅井 守里 IV:8

守里 マイナー:無し

守里 メジャー:RC3+《コンセントレイト/原初の白:さらなる力/幻想の色彩》 対象:銀之丈

守里 #24r6+20

ダイス Mamori-A:24r6+20=45(10(1,9,9,4,10,7,9,1,3,8,10,2,3,1,4,9,2,7,3,3,8,4,5,4)+10(6,2,1,3,8,8,2,2,5,8)+10(7,6,4,7)+10(2,6,5)+5(5))+20= 65

守里 すごくもったいない成功しつつ銀之丈を未行動へ移行、侵蝕率116%へ。

銀之丈 確かにもったない

銀之丈 ありがたくっ

守里 「UUUUUUOOOOOOOOOHHHHHHH!!」叫び声でもう1体の獣のレネゲイドを強制的に賦活する!

守里 以上!

●威綱 銀之丈(さらなる力のため)

銀之丈 GM成長申告をば

GM どうぞです

銀之丈 ブラムス《血の宴》1Lv→2Lv(5exp)

GM 了解です

銀之丈 mia:移動して敵にエンゲージ

銀之丈 『従者程度デハ、味ガ無イカラナ』ぐわっとかみつくように  MJ:白兵《渇きの主/血の宴/コンセ/暴食の神蛇/原初の赤:光速の剣》+15%

椿 リアクション封じかい(’’

GM ごふっ

銀之丈 範囲/ReEF使用不可/EF装甲無視/ガード不可

GM 素回避><

銀之丈 128%になって

GM #1r10

ダイス GMkassgi:1r10=1(1(1))= 1

銀之丈 #8r7+4

ダイス Gin_5na:8r7+4=15(10(2,2,3,9,3,2,5,1)+5(5))+4= 19

GM ファンブルw

(GM注:なお、ここでも侵蝕率ボーナスを忘れてます。ほんとは4Dですね^^;)

椿 お前は今ないていい(何

守里 1(何

GM #7r10

ダイス GMkassgi:7r10=6(6(1,3,5,1,5,6,2))= 6

GM どっちもダメでしたTT

銀之丈 こっちも目がいまいちだったが.....

銀之丈 #4d10+10+15

ダイス Gin_5na:4d10+10+15=28(9,9,6,4)+10+15= 53

有紀 先生に《妖精の手》を上げたくなりました

銀之丈 53点装甲ガード無効

守里 充分たけえ(何

GM 当真は残った

銀之丈 8点吸収3点消費で 変わらず HP29/32

椿 ぬ?は?

椿 ・x・) 変態 は?

GM ジャバウォックは《不明》を使ってHPダメージを0へ

銀之丈 (何

しおり 透過・・・ですかね

GM さて?w

守里 《虚無への回帰》という線もある(何

椿 まー効果はおなじなんですが!w

椿 <どの道ダメージ0

GM では・・・クリンナップへ

●クリンナップ

椿 なし(’’

しおり 何もないです〜

守里 無し!

有紀 そんなものはありません!

銀之丈 螺旋の悪魔の効果切れ

GM こちらもなしです

●第2ラウンド  

●セットアップ

守里 無し!

しおり 無しですっ

GM ジャバウォック&当真が《ヴァイタルアップ》

守里 わはー(何

銀之丈 螺旋の悪魔 攻撃+15 暴走状態(継続) 131%

GM 前のラウンドでするのを忘れてました!w

有紀 誰か、ゴッドウィンドを・・っ

守里 無い(何

銀之丈 覚えろと申すかw

GM おかげで、ジャバウォックが切り札を切る羽目にw

しおり 不明じゃないんだな(何

GM あぁ、そういえば。

GM ジャバウォックは不明ですね

銀之丈

椿 まぁ、FPA(何

椿 侵食率111に

有紀 ありません!

椿 ふたりはHP300か・・・

有紀 「先生と変態さんが同じ事をしてますけれど・・・・変態さんのほうは分かりません・・っ」

守里 300は詰むわ(何

椿 「・・・一応名前で呼んでやれって思うんだが」

●イニシアチブ

しおり 「変態さんって・・・名前あったんですかっ?!」

GM 変態「それは失礼ですねぇ」

GM 変態「そんな失礼な子にはお仕置きですよ!」

有紀 「ご・・ごめんなさい。わたしは"コルドンブルー"高坂有紀です。 貴方のお名前は?」

GM ジャバウォックが《不明》を使用!

銀之丈 『GMガ変態ト言ッテイルカラナ。仕方ナイ』やれやれ、なポーズ(ぇ

椿 「・・・時たま、俺よりひどくないか?おぬし・・・」

GM でメインプロセスを得て

GM マイナーで《不明+不明》

椿 <海老もとい有紀(何

GM 《RC+不明+不明+不明+不明+不明》でPC全員を攻撃!(ドッジに-2DP 命中した相手に12ダイスペナルティ(マイナーで解除可)をプレゼント!)

しおり 加速する時が何時の間にやら・・・(何

有紀 「え・・・?」>つばきさん

守里 12はキツイ(何

GM #15r7+14

ダイス GMkassgi:15r7+14=35(10(7,7,3,1,7,3,6,1,1,1,9,3,7,10,9)+10(9,7,8,10,1,5,7)+10(8,6,4,3,1)+5(5))+14= 49

しおり 魔神の心臓かぁ・・・

GM 49で攻撃!

GM 変態「あっしの名はワン=フーショーだぁぁぁああ!」といって黒い触手で乱舞!

椿 「・・・流石にムカついたのか」

有紀 「ごめんなさいごめんなさいごめんなさい>< だって、名札にそう書いてあったので・・っ」

銀之丈 『ヤレヤレ』ぁーぁw

しおり 「これで・・・守るっ!!」《砂の結界》+《氷盾》 物質合成した盾を使って椿くんをカバーリング

守里 暴走により回避不能

有紀 ガードっ

GM #5d10+20

ダイス GMkassgi:5d10+20=26(8,6,7,1,4)+20= 46

GM 46点、装甲値有効!

守里 持たないので当真のロイスを昇華してHP12で復帰

有紀 ありがとうクリスタル重箱 8+12 20点引いて4点残ってます!

しおり えっと・・・46・・・ガード値46・・・ノーダメージ!!

椿 なん・・・だと・・・?

GM かたっ!Σ@@

有紀 どなたか奇跡入れます? タイタス痛い方

銀之丈 堅いなw

有紀 すご〜い

銀之丈 ということで "赤い血の獣" をタイタス昇華して復帰

GM RCにガード不可がないことを知ってて!(ぎりぎりぎり

守里 前の銀さんかな?(何>痛い

銀之丈 あ、来るなら取り下げで

有紀 では、銀の字さんの《奇跡の雫》

銀之丈 感謝。

しおり 次、威綱さんに砂塵の城壁も飛ばせますので〜 侵蝕110→115

有紀 111+6% HP9で復活どうぞ!

GM では

●冴丈 当真 IV:16

GM メジャーで《RC+狂戦士+ポイズンフォッグ》

●ジャバウォック IV:14

GM お待たせしました、本命!

GM マイナーで《不明+不明》

GM 《RC+不明+不明+不明+不明+不明》でPC全員を攻撃!(ドッジに-2DP 命中した相手に12ダイスペナルティ(マイナーで解除可)をプレゼント!)

GM もう1発どうぞ!!

有紀 「また・・・いっぱい来ますよ!?」

GM #23r7+14

ダイス GMkassgi:23r7+14=35(10(1,2,2,8,7,2,9,9,2,4,2,8,7,2,10,10,8,3,7,1,8,1,6)+10(6,7,6,8,4,8,1,7,8,8,4)+10(10,1,5,10,3,7)+5(3,5,3))+14= 49

しおり 「次も・・・受け止めますっ!!」

椿 「ジャームって侵食気にしなくていいって時点で凶悪だな・・・」

GM ダイス増えたのに、達成値が変わらないw

GM ナニヲイマサラー

守里 PC間のしおりさんを昇華してDロイス《輪廻の獣》起動、攻撃を失敗にします!

守里 「AAAAAAAAAAHHHHHHHHHHHHH!!」黒い触手を食らいつくし、全員に届く前に吸いつくす。

椿 「これが輪廻の獣(アルマ・レグナム)の力って奴か・・・」

しおり 「こ・・・これは・・・守里・・・さん??」

有紀 耳を抑えて 「わぁ・・・これが、アルマの力・・」

GM 変態「やりますねぇ・・・!まさかこれほどとは!!」

銀之丈 『....フン...』享受しつつ   感謝です@PL

有紀 「でも、あんなもの食べたら、お腹壊しちゃいませんか?」

●浅井 守里 IV:8

守里 「UUUUHHHH……」喰った触手を咀嚼し堪能する。待機で。

●蓮原 しおりIV:5

しおり 待機ですね〜

●威綱 銀之丈&高坂 有紀 IV:4

有紀 いきます〜

有紀 今度は分散してますから 要ですね・・

しおり しおりんには支援いらないのです

有紀 les trois etoiles(三ツ星)  《タブレット》->《要の陣形/導きの華/癒しの水/戦乙女の導き/狂戦士》

有紀 自分としおりさん以外に

有紀 達成値:+14 ダイス:+15 CR値:−1 ダメージ:+5 HP:7D+2 をプレゼント!

有紀 #7d10+2 回復・・は正直飾りですけれど

ダイス Yuuki-k:7d10+2=26(1,3,2,8,2,4,6)+2= 28

有紀 何だか酷い

椿 28点がかざりとな

銀之丈 ありがたく HP32/32

守里 まんたーん

椿 どりーんく!

有紀 「星は、自分が光ってる事に気付かない・・・のかな。 みなさん、もう少し・・ですっ」

GM 次、どうぞ〜

有紀 ぁ、ごめんなさい

GM あ、はい

有紀 人´∀` )( ´∀`人 イーミナイジャーン♪ですけれどマイナーでDP解除を;

有紀 いみない・・です

守里 おま(何

椿 ・x・)

GM www

椿 まぁ、たいきしてもええぞー

GM おまけがつきましたw

有紀 ともかく、そんな感じです;

椿 <銀さーん!

銀之丈 さて。では此方が

銀之丈 待機というか 放棄?

椿 一応待機って言っておけw

椿 (なにがあるか わからんし)

銀之丈 あぁFPAがあったか

銀之丈 では、待機(ほくほく

GM では

●常夜 椿 IV:0(フルパワのため)

椿 あちしの行動じゃー。待機なんてコマンドはあっちにはねー!w

椿 マイナーで5m接近しよう。因みにブレードのびたまま

GM やってもいいですよ〜 意味ないけどw

守里 そりゃ0ですしね(何

しおり 待機したら、即回ってきますねw

椿 メジャーの前に

椿 途中成長 おk?

GM どうぞ〜

椿 レーザーファン1lv と マスヴィジョン3lv

GM 了解ですw

椿 累計40点Exp消費して

椿 メジャーで《コンセ+光速の剣+レーザーファン+主の右腕+マスヴィジョン》  侵食111→123 ガード無視の範囲攻撃だよ!w

GM やめて!?もう先生は限界よ!?(何

椿 #23r6+12+14

ダイス Tubaki:23r6+12+14=33(10(5,4,1,10,7,5,2,4,3,7,5,1,1,3,5,6,1,8,5,6,10,1,5)+10(1,10,2,9,2,4,5)+10(5,6)+3(3))+12+14= 59

椿 ・・・伸びが悪いなどうにも

GM #5r10 先生

ダイス GMkassgi:5r10=8(8(4,8,7,4,8))= 8

GM #7r10 変態

ダイス GMkassgi:7r10=9(9(6,1,4,6,9,5,7))= 9

GM 喰らいました><

椿 #6d10+9+3+4+20+20+5

ダイス Tubaki:6d10+9+3+4+20+20+5=31(8,1,6,1,7,8)+9+3+4+20+20+5= 92

椿 92点装甲有効で

守里 うわーい(何

GM 先生は消滅しましたw

守里 アッー(何

しおり ヴァイタルアップもむなしく・・・

銀之丈 あららら

GM ジャバウォックはHP10点で残ったよ!

銀之丈 10点><

守里 じゃあ銀さんが軽ーく殴れば!(何

椿 「・・・ま、蜘蛛の糸に撒かれて消えろ・・・と、いっておこうか。見た目が蜘蛛の巣に見えたし」相棒を縦横無尽に振り回し

●威綱 銀之丈 IV:4(待機)

銀之丈 『コレデ、動キヲ封ジタツモリカ.....ハンッ』束縛を喰らいつつ ということで、DP解除

銀之丈 演出も兼ねて単体最大攻撃(何

有紀 って、待って! 先生消滅は・・っw

GM どうぞ〜

銀之丈 MJ:白兵《渇きの主/コンセ/暴食の神蛇/原初の赤:光速の剣》+12%=143%

GM ちょ、高いw

銀之丈 ガード不可/ReEF使用不可/EF装甲無視/装甲無視/命中時HP+[Lv*4]回復

しおり これは、ひどいw

椿 なーむー(・人・)

銀之丈 #24r6+4+14 オレサマオマエマルカジリ

ダイス Gin_5na:24r6+4+14=31(10(2,1,10,5,6,3,9,5,1,2,1,5,4,2,7,6,8,6,5,1,9,8,4,10)+10(4,8,10,4,8,3,2,3,1,2)+10(4,4,9)+1(1))+4+14= 49

GM #7r10

ダイス GMkassgi:7r10=7(7(2,3,7,7,4,3,6))= 7

GM ダメージこい!

銀之丈 #7d10+10+15+5 がぶりっ

ダイス Gin_5na:7d10+10+15+5=39(8,6,7,1,1,7,9)+10+15+5= 69

GM 文句なく吹き飛びましたw

銀之丈 低めか?69点装甲無視

しおり おーばーきる〜

GM 6倍のダメージでオーバーキルw

守里 69で低めは無い(何

有紀 なむ・・w

GM 復活はなし!戦闘終了です!

椿 あらま

GM ないですよ〜

銀之丈 『...次ハ...』「....これで終わりだ」『...フン』

有紀 「先生っ・・・!」 駆け寄って抱き起こします

守里 「UUUHHHH……」その姿が徐々に戻っていく。

しおり 「おわ・・・った??」 盾の合成を解除しつつ

銀之丈 「.....ぷはっぁっ」ぜいぜい....そして、彼の足元には"喰いかけ"の変態(何

GM 当真「あ・・・あ・・・有紀ちゃん・・・・」 さらさらと形が崩れつつ

守里 「AAAHHHH……う……」着衣がボロボロの姿でもどる。

GM 当真「恐い・・・何もできない自分が・・・恐かったんだ・・・」とRVの侵蝕で濁った目を天空に向けつつ 

しおり 「守里さん・・・だいじょうぶですかっ?!」

有紀 「先生は・・いっぱいやってくれましたよ。」

守里 「…問題ありません」表情が暗い。

GM 当真「君だけは・・・・・そうならないでくれ・・・」そうして。掲げた右手が力なく落ちる。

有紀 「大変だった事も、楽しかった事も。い〜っぱいくれました。」

しおり 「うん、それなら・・・よかった・・・です。」   振り返り、無言で、会話する二人をみつめる

GM 冴丈 当真はもう語らない。でも、その死に顔はどこか満足そうだった・・・。

有紀 「その中でも、やっぱり・・上手く扱えて・・褒めて頭を撫でてくれて。 わたし・・いっぱい覚えたんです。練習したんです・・料理だって・・」

椿 「………ま、ともあれ仕事終了か。さっさと必要なことをやるぞ。嘆くのも悔やむのもその後だ」と、連絡を入れる

有紀 「だから、だから・・また・・なでてくださいよ。もう一回だけでいいですから。」 貯めるだけで耐えていた涙が空知らぬ雨となって地に落ちます

守里 「……任務は終了ですね」

有紀 ぐずぐず・・・ そこから堰を切ったように泣きじゃくって・・

GM ポツポツと雨が降り注ぐ。 徐々に水滴はその雨足を増していき・・・

しおり 「高坂・・・さん・・・」なんて声をかけたらよいかわからず、立ちすくむ

GM 一人の少女の泣き顔を隠していった・・・・

銀之丈 「.........」何か言葉にしようとして、何もできず只々それを眺めるだけで......

椿 「・・・はぁ。このままだと皆風邪を引く。速やかに戻るぞ・・・泣くなら後にしろ。奴がそれを望んでいると思うのなら、別だがな」

椿 と、泣いている有紀を無理やり立たせるようにして

有紀 「・・・」 椿さんの言葉で少し止まってから涙を拭いて

有紀 先生をぎゅっとしてから 「ごめんなさい。ありがとう・・・ございます」 無理やりににこっと

有紀 先生を持って? 後に続ける・・・かしら

椿 「……やっと来たようだな。それじゃあ撤収作業急げ!」事後処理のための回収班が来たことを確認し、あえて強く言う。エージェントではないが恐らく俺の役目だろうなと思いつつ

しおり 「は、はいっ、撤収ですねっ」

銀之丈 「...うん、判った」その指示に従って やることはやっていく

守里 「了解」と踵を返してはなれる。

銀之丈 ある意味"これまでやってきたこと"なので、淀みはない

GM では、そろそろシーンを切りますね〜

======================================

バックトラック

======================================

GM Eロイスは《虚実崩壊》《不滅の妄執》《孤独の叫び》《怯えのまなざし》の4つです

GM 各自、Eを適用するかどうか申請したあと、バックトラックをお願いします。

守里 侵蝕率116%、Eは使わせてもらいます

銀之丈 最終 143% Eは使用する。

銀之丈 #4d10-143 E分がっつりー

ダイス Gin_5na:4d10-143=19(3,5,1,10)-143= -124

守里 #4d10-116

ダイス Mamori-A:4d10-116=22(6,1,10,5)-116= -94

椿 最終123% 現状ロイス3 Sロイス1 タイタス1 空き1

有紀 133% 使わせていただきます

守里 あら帰還確定(何

しおり 侵蝕115% E使います〜

椿 一応使っておこう

有紀 #4d10-133  先生助けて・・!

ダイス Yuuki-k:4d10-133=28(9,6,3,10)-133= -105

椿 #4d10-123

ダイス Tubaki:4d10-123=29(7,8,6,8)-123= -94

しおり #4D10-115

ダイス Shiori-H:4d10-115=18(2,9,2,5)-115= -97

椿 でけえwww

GM ww

有紀 先生張り切ってる

しおり 帰還確定が3人w

椿 もうバックトラックしたくねえってことで 銀さんのロイスをタイタスにして昇華します。もう長いコードネームで呼ぶ気がうせた(何

GM おかしいなぁ・・・計算ではちょうどのはずなんですけどw

銀之丈 124% D*1 初期*2 シナリオ*1 PC間*1 仲間(S)*1 獣*1

銀之丈 銀さんと呼ばれるのか 今後w

守里 侵蝕率94%、Dロイス1・初期2・Sロイス1・タイタス3、勿論通常で。

椿 94% ロイス2 Sロイス1でふっときます

有紀 銀の字でもいいですよ!

椿 #3d10-94

守里 #3d10-94

ダイス Tubaki:3d10-94=18(9,8,1)-94= -76

ダイス Mamori-A:3d10-94=10(4,1,5)-94= -84

椿 76通常帰還

守里 84%

銀之丈 #6d10-124 通常振り狙ってみる(ぁ

ダイス Gin_5na:6d10-124=35(9,9,3,4,7,3)-124= -89

しおり 椿くんが15歳に見えないショックでタイタスに

守里 84%通常帰還

守里 よかったね銀さん!(何

しおり 残ロイス3 侵蝕97 通常振りで

椿 おまwwww

有紀 105% D:1 S:1 ロイス:3 :タイタス:1 空き:1 で

椿 通常で戻れるだろjk

しおり #3D10-97

ダイス Shiori-H:3d10-97=14(1,8,5)-97= -83

有紀 意地でもリマインドソウルっっっっ

有紀 そして通常です

銀之丈 通常振り 89%にて。

有紀 #5d10-105  えい

ダイス Yuuki-k:5d10-105=19(1,9,7,1,1)-105= -86

しおり 通常振りで83%帰還です〜

有紀 !?

椿 まぁ、1ぞろじゃなくてよかったNe

有紀 3カードです

椿 9が2つだったらフルハウスry

有紀 ちょっと先生が呼んでましたね・・

GM では、皆様、帰還おめでとうございます!

有紀 ここであえて9と7を交換・・っ

有紀 は・・ともかく、みなさまおかえりなさい!

守里 おかえりなさいませー

銀之丈 皆さんおかえりーそしてただいまー

GM 戻り忘れた方はいませんね?w

しおり おかえりなさいませっ

GM さて。GMが用意しているEDは実は一つだけです。

椿 おかえりー

椿 なんだってー

守里 支部で話し合いスか?(何

椿 まぁ、GMEDちゅうに考えられればいいんじゃね

GM あとは、PCの希望で追加で設けますが・・・

椿 <個別ED

有紀 PC1だけ?

GM いえ、ALL一つ分だけですね

GM あとは、個別で希望者がいれば追加しようかなと

銀之丈 えっと。羽衣たんどうなったんだろう?

守里 自分はサトーさんなり樫村さんなりに報告できれば

椿 椿はそうだなー

椿 なんだろう。今回平均年齢がひくいのか?

銀之丈 GMEDで語られるならそれで。

GM それはALLで報告されます >羽衣さん

GM ですです。 >全員、低い

銀之丈 高校生だしな。皆15.16

しおり 守里さんに同じく〜

GM もっとも。奈々市では結構な確立で十代が集まりますがw

銀之丈 それじゃ、今は特にないかな>語られる

GM では、まずは総合EDで

有紀 個別・・・亡くなっちゃいましたし どうすればいいかしら

GM それから、希望者がいれば個別にいきたいと思います。

銀之丈 了解

守里 はーい

GM 先生は・・・チルドレンだから親類縁者いないのですよね・・・ >孤児だから引き取られた

有紀 は〜い

銀之丈 墓参りとかして、吹っ切ろうとするシーンとか?>有紀たん

GM では・・・・(以降は、裏で〜

======================================

Ending Phase 1  -今後の方針- after plan

Scene Player ALL Place 焼肉店

======================================

3日後。事件の後片付けも終わり、コートハロルド・サトーに呼ばれたキミ達は。

何故か。奈々市に有名な焼肉店の鉄板を囲んで座っていた。

サトー「では、僭越ながら、”鍋奉行”なるものをやらして頂く。」

という盛大に日本の風習を勘違いした一言と共に、”お疲れさま会”はスタートした。

 

椿 「鍋奉行の意味を知っているか公僕」(何

守里 「……鍋?」

しおり 「は、はいっ、お願いしますっ」灰汁取りの準備をしつつ

GM サトー「まずは肩ロースを4人前、次はミノを・・・」

GM と次々と注文をとるサトーさん。

有紀 「そうですよ、これは鉄板から・・鉄板代官とか」

椿 「……案の定一部勘違いして覚えてるくさいな…」

銀之丈 「えっと。流石に上の人にやってもらうのは恐縮というか....」来た皿とかコップはこっちが受けて配るw

銀之丈 「...宴会部長をやる、って言わないだけよかったかも」

GM サトー「・・・うむ?どうした。年頃の少年が箸が進んでないのはいかんぞ。」 ほれ、そこの肉を食えと箸で指し示す。

守里 「……御馳走になります」と礼をしてもぐもぐ。

椿 「あぁ、野菜ぜんぜん頼んでないじゃないか。野菜も頼まんと肉の味が混ざる」割と野菜も頼む人(何

有紀 「殿下、それはまだ早いと思います!」

GM サトー「・・・それもそうか。では・・・野菜セットを・・・うむ、そうか」手をつけようとした箸を引っ込める。

銀之丈 「指し箸は....と、レアで食べる人はお早めにどうぞ」わいわいw

しおり 「はわわっ」みんなのペースについていけない

GM そんなこんなで。お疲れ様会は進んでいき・・・・

椿 「まぁ、余り仕切らんでも焼肉パーティーは自由にやってもらって構わないと思うぞ。Mrサトー」

GM サトー「・・・・・さて。この辺で、まずは休むか。」と箸をおく。

守里 「………」最後の1枚を食って箸を置く。

GM サトー「・・・まだ、私が奈々市に来た目的を告げてなかったな。」とポツリと

しおり 「もぐもぐ・・・」大量に余った野菜を食べながら聞いている

銀之丈 「あ、お茶を人数分お願いします....」受け取って各人に渡しつつ

椿 「あぁ、先ほど聞いたときにはあるエージェントをおってきた・・・くらいしか聞いていないが」

GM 椿には伝えていたが、改めて皆に言う為だろう。また何故か椅子に座ったまま、正座を敢行している(何

椿 あぁ、うちだけなのなwww

椿 <しってるの

GM ですw 問いかけたのは君だけなのでw

椿 まぁ、その方向で進めてくれ(何

有紀 「たまたまじゃなかったのです?」

GM サトー「私が奈々市に来た理由は・・・ここに潜伏しているFHエージェント、通称”ヴェノムロード”薬師寺 行洋の拿捕だ。」

GM サトー「今回の事件の背後に、ヴェノムロードがいる。私の”勘”がそう告げている。」

GM サトー「よって、私は本日付けで、奈々市に対ヴェノムロード対策本部を設置することにした。」

GM サトー「・・・威綱 銀之丈、高坂 有紀、両名は対策本部への移動を命ずる。樫村奈々市支部長、霧谷日本支部長の承諾も取ってある。」

銀之丈 「..............はい?」

GM サトー「また必要に応じて、奈々市に所属しているUGNやイリーガルにも手を貸してもらうことになるだろう。」

有紀 「は、はい! ・・・はい?」

しおり 「はわ・・・たいさくほんぶ・・・」

GM サトー「そのときはよろしく頼む。」と深々と頭を下げる。

守里 「………」

守里 「任務とあらばいつでも手はお貸しします」

しおり 「は、はいっ、よろしくおねがいしますっ」慌ててペコッっと

椿 「まぁ、その辺の話、外部の人間である俺が聞いても構わなかったのか?」

椿 完全に外部の人間です!(何

銀之丈 「...異動命令に対しては拒否権が無い事は重々承知してますが...どうして僕なのでしょうか?」だって、使えない奴だよー?

GM サトー「あぁ、かまわない。君には見込みがあるからな。」と椿君に顔を向けて

銀之丈 少なくとも自分はそう思ってるし、現にそうやって運用されてた経緯もある。ということで、頭上に?を浮かべて

GM サトー「・・・・君か?そうだな・・・君には、ある少女の監視・・・いや、世話をしてもらいたい。」

椿 「どーも。まぁ、縁がこれ以降あればよろしくといっておこう」

GM といって、懐から写真を出す。

GM サトー「見覚えがあるだろう・・・・?」 そこには天篠 羽衣が写っていた。

銀之丈 「...!...天篠、さん?」どうして?という視線をサトーに向けて

GM サトー「失礼だが、彼女の経歴を洗った。そしたら、意外な事実が出てきた。」

 

GM サトー「彼女には、戸籍がない」

 

銀之丈 「....え?」なんで....

銀之丈 って、こいつも正規の戸籍があるか怪しいものだが(ぁ

GM サトー「誰とも繋がりがない。まるで、空白のような存在だ。」

銀之丈 正規:UGNに与えられた以前のと言う意味で

椿 「ジャームになる危険性が高いということか」

銀之丈 「....そういえば...公園で話したのが両親以外で最初...と言ってたな」

GM 戸籍うんねんは珍しいことではありませんが・・・この歳になっても、何もないのが不自然なのです。

しおり 「羽衣さんが・・・ほえぇ・・・」

GM サトー「それも・・・ある。それ以上に、この時期に彼女の存在が出てきたというのが奇妙なのだ。」

銀之丈 「わかりました。僕でよければ」椿の発言とかが後押しとなって>ジャームに〜

GM サトー「とりあえず、今のところは何も手がかりはない。とはいえ・・・このまま、放っておくわけにはいかない。」

銀之丈 「...奇妙?」あの力だろうか と想いを巡らしつつ

GM サトー「そこで・・・・暫定的だが、彼女は私と養子縁組をすることにした。」

GM つまり、彼の監視下に置いたわけですね。

銀之丈 「ロリk.....いや、何でもないです」

GM サトー「・・・・・なにか?」ぎろっと

銀之丈 「イエナンデモアリマセン」首横に振り振り

GM サトー「というわけだ。天然な上に、危なかっしい。彼女を社会で導く存在が必要だ。」そこで、キミ達の出番だというわけだと続ける。

GM サトー「私が君達を集めたのは、もう一つある。彼女の殊遇についてだ。」それを相談したいと告げる

GM サトー「彼女を・・・・学校に行かせるべきか否か?それを相談したい。」

銀之丈 「僕は...行かせるべきだと思います」仲間は、大切だから。それは、自分が肌身に感じてる事でもあるから

有紀 「それに楽しいですしね〜」

守里 「私は関知しないのでお任せします」

しおり 「仲間っていうのは、なにより大事ですっ」

GM サトー「・・・・ふむ。椿君、君は?」

椿 「俺の意見か?・・・まぁ、俺は人生の落伍者のような代物だから余り参考にはならんがそれでもいいのなら」

GM サトー「私は日本の風習については疎い。」

GM だから頼むと言外に告げて

椿 「そうだな。絆を深めるという意味においては他の奴らがいっているとおりだ。だが、リスクもある」

守里 「そちらは貴方がたにお任せします」

椿 「絆が足枷になる場合もある。言葉に直すと簡単ではあるが実に対処に困るリスクがね」

GM サトー「・・・・ふむ。」それを頭の中で吟味し

GM サトー「・・・・・まぁ、正直に言えば、これは彼女の希望でもある。」

GM サトー「”公園のベンチで出合った男の子に学校とは楽しいところだと教えてもらいました”」

銀之丈 「....ぶふっ!?」げふげふw

GM サトー「・・・・この男の子とは、君のことだろう?威綱 銀之丈君」半眼で

椿 「その辺を踏まえて、なお対応できるという意思があるのならば問題はない。……彼女の意思があり、尊重させたいのならば、そうしてやるべきだ」

銀之丈 「えっと.....はい。僕です」

椿 「・・・といった所だ。後はお前さんが他が決めて進むといい」

GM サトー「まぁ、言った以上、責任は取りたまえ。他の方も彼女の護衛を頼む。」

守里 「それが任務ならば」

銀之丈 「そう思ってくれたことは、純粋に嬉しいです。ですから、僕は学校に行く事は賛成で、その責任は負うつもりでいます...」

しおり 「守る事なら任せてくださいっ」

GM サトー「話はこれで終わりだ。あとは好きなだけ食いたまえ」と真っ先に自分が箸をつける。

守里 「………」許しが出ると同時にもぐもぐ。

椿 「おぬしら・・・」

有紀 ず〜っと上の空で考え込んでます

しおり 「もぐもぐ・・・」余った野菜を食べる

銀之丈 「...高坂さん、どうしたの?」そういえば、異動の件からずっと悩んでるみたいだけど と

GM サトー「どうした?有紀君」

有紀 「え、ぁ・・えっと。」  少し悩んでから意を決したように 「異動のお話ですけれど・・・少し・・考えさせていただいてもいいでしょうか?」

GM サトー「私はかまわない。強制ではないからな。」

有紀 「ありがとう・・ございます」 ぺこり と

GM サトー「・・・・じっくり考えてみてくれ。」その眼差しは優しい。

GM サトー「さて、しめっぽくなったな!では、各自、たくさん食ってくれ!」

GM その言葉と共に、お疲れ様会はリスタートした・・・・

======================================

Ending Phase2  -在りし日の記憶- teacher & student

Scene Player 高坂 有紀 Place ある訓練施設にて

======================================

そこはUGNが設けている訓練施設の1つだった。・・・・奈々市にはここまで大規模な訓練施設はない。

ゆえに、初めて自身が住んでいた町を離れ、遠い施設にきたときは心寂しかったものだ。

そこで。冴丈 当真 と 高坂 有紀 は出合ったのだった。

 

彼は懇切丁寧にRVの制御法を教えてくれた。

今、思えば、彼が親切だったのは強烈な自分への劣等感の裏返しだったんだろう。

それだけに、自分が習得した技術を他人に教えるのが好きだったんだと今では思う。

 

GM 当真「いいかい・・・大きく息を吸って・・・吐いて・・・その中で自分と対話する感じを掴むんだ。」

有紀 「は、はいっ。」 す〜は〜 す〜は〜 目を瞑って

GM 当真「RVなどただのウイルスに過ぎない。本当に大事なのは、自分がそれに飲み込まれてしまうことだ。」

GM 当真「だから・・・まずは、自分を見つめることが大事だ。」

有紀 「レネゲイドはウィルス、レネゲイドはウィルス・・・自分をのみこまれないようにじ〜っと・・」

GM 当真「迷ったり悩んだりしたら、まずは自分に問いかけてみるといいよ。・・・・きっと。答えはそこにある。」

GM と自分の胸をトントンと叩く。

有紀 「はい・・!」

有紀  「・・・・(わたしは、明日の晩ご飯は何がいいと思いますか?)」

GM 当真「ちょっと有紀ちゃん。」苦笑するように。どうやら、知らずに声を出していたらしい。

有紀 「・・・(エビフライ、ハンバーグ、カキフライ、すぱげ・・) え、ええ?」 意識を乱したので、頭の上で《癒しの水》が暴発してみたり

有紀 「あう・・・」

GM 当真「有紀ちゃんは本当に料理が好きだね。・・・とと。」その暴発音に驚く

有紀 「ご、ごめんなさいっ」しゅんと

GM 当真「いや、いいよ。何かに打ち込めるって本当にいいことだから。」笑顔で頷く。

有紀 「あの、先生は・・・好きなものってありますか?」

GM 当真「・・・・そうだなぁ・・・ 僕は子供っぽいかもしれないけどオムライスが好きでね。」

GM 当真「昔は寮で暮らしていたんだが。月に1度、回ってくるオムライスが本当に楽しみだった。」

有紀 ぱっと輝かせて 「わたしもオムライス大好きです! 」

有紀 「先生になるための寮ですか?」

GM 当真「そうか・・・それはよかった!そうだ、前々から聞こうと思ってたんだけど、有紀ちゃんはなんでそんなに料理が好きなの?」

有紀 っと 上のはなしでお願いします(先生に

GM 当真「いや、チルドレンという僕たちみたいな人がいるところさ。」

有紀 「えっと・・・お父さんも、お母さんも。先生みたいにお仕事で忙しくて、」

有紀 「でも、お料理を作ると二人ともすっごい喜んでくれるんです」 寂しそうだった表情が明るく

GM 当真「なるほど・・・ご両親の為か。」うんうんと頷く。

GM 当真「ならば、有紀ちゃんに取って置きの裏技を教えてあげよう。」

有紀 「うらわざ・・・ですか?」 目を輝かせて

GM 当真「通称《隠し味》ていうんだけどね?これはソラリスの力でご飯がとぉ〜ても美味しくなる技なんだ。」

有紀 「わぁ・・・是非、教えてください!」

GM 当真「うん、簡単な技だし、修行にもなるから明日の訓練から教えてあげるね。」

有紀 「わ〜い! ありがとうございますっ 約束ですからね?」

GM 当真「うん、約束だ。」と小指を出して指きりげんまんをしてくれる。

 

GM それは幸福な日々だった。

GM 今思えば、自分の最も得意なエフェクト《隠し味》をそもそも教えてくれたのが、先生だったのだ。

GM 目の前には、今は誰も人がいないガランとした部屋がある。

GM ここで、自分は昔、先生に出合った。そして、RVとは大切な人のために使う者だと教えてくれた。

GM 今も、その誇りは胸の中にある。

 

有紀 「そう、ですよね・・・わたしも怖いです。けど、先生も今は一緒に居てくれるんですから。」

有紀 抱えてたエビクッション(M)をベッドの上において 勢いよく立ち上がり

有紀 「今日はオムライスにしようっと!」 と部屋を出て行こうとして、

有紀 扉のところで立ち止まります

GM そこでピピピと携帯の音が鳴る。

有紀 「そ、それも大切だけど・・ぁ わわ」  慌てて出ます

有紀 「はははい、高坂です!」

GM サトー「This is・・・いや、私だ。コートハロルド=サトーだ。」

GM サトー「返事は確か、今日までだったな?どうする?心は決まったか?」

有紀 「サトーさん、丁度よかったです。 はい、ばっちりと!」

有紀 そして、一度目を瞑って深呼吸してから

有紀 恐らく、予想通りの言葉をその口から紡ぎます。

GM サトー「・・・そうか。わかった。では、奈々市に戻ったら、改めて連絡をくれ。」

GM サトー「今後について打ち合わせをしよう。」

有紀 「はい! 不束者ですが〜・・・よろしくお願いしますっ」

GM サトー「あぁ、こちらこそよろしく頼む。」と言って電話が切れる。

有紀 電話をしまって もう一度部屋を見渡して

有紀 「行きましょうっ」 と笑顔で言ってその部屋を後にします

======================================

Ending Phase3   -アカシャの蛇- come back again

Scene Player ヴェノムロード Place アミューズメントパーク

======================================

破壊され尽くしたアミューズメントパーク一角にて。今夜も月が煌々と周りを照らし出す。

カツンカツンと靴音高く。黒いコートを着た男は血痕の後にも見える場所で足を止めう。

 

GM ヴェノムロード「・・・・・首尾はどうだ?ジャバウォック」

 

GM その問いかけに血痕のようにも見える闇は大きく盛り上がり・・・影の触手を乱雑に振り回す。

GM その中心点から沼地に引きずり込まれた人の手のようなものが生え。次に胴体が。顔が。足が生える。

GM RB《不死生命》を使用!復活します!

 

GM 変態「・・・・やれやれ。今回は苦労しましたよ。とはいえ・・・今回のは見込みがあるんじゃないですかねぇ。」

GM ヴェノムロード「・・・・・・・そうか。」 陰鬱そうに、その問いかけに答える長身の男。

 

GM ヴェノムロード「では・・・第2段階に入ろう。」

 

                                        ・・・to be continued?

======================================

アフタープレイ

======================================

■セッションに最後まで参加した:1点

GM どうぞです!

銀之丈 頂きます。

椿 Thx

有紀 いただきま〜す

しおり いただきますっ

■シナリオの目的を達成した:5点

GM 達成しました!よって、どうぞです!

銀之丈 頂きます。

椿 ありんすー

しおり やた〜

■Dロイス&Eロイス

GM D《工作員》

GM E《虚実崩壊》E《不滅の妄執》E《孤独の叫び》E《怯えのまなざし》

GM の5点になります。

■最終侵食率による経験点:0〜5点

GM 各自申告を〜

椿 通常帰還76% で、5てん

守里 84で5点

しおり 通常振り83%で5点です〜

銀之丈 通常振り 89% にて、5点域

有紀 通常86% 5点です!

■Sロイスがタイタスにならなかった:5点

有紀 先生に保持してます〜

しおり Sロイス未取得なので、0点〜

守里 支部長に保持のまま終了

銀之丈 仲間に保持したままにて

椿 Sロイスの保有は変態に保持

■良いロールプレイをした:1点

GM 自薦他薦どうぞ〜

守里 自薦無しの、他薦を全員に

銀之丈 椿たんを筆頭に全員に。あと、まもりんの暴走も良かったと思うー

しおり 安定のウロボロスのお二人を筆頭にみなさんへ

有紀 皆さまを、筆頭は・・・椿さんかしら

椿  RPに関しては皆様方に他薦。自薦は・・・しない方向でw

GM では、皆様に1点をw

■セッション中、他のPLを助けるような発言や行動をした:1点

GM これも同じく、自薦他薦で〜

守里 同様に自薦無しの、他薦を全員に。

有紀 皆さまを 筆頭は・・・銀の字さんで

銀之丈 全員に他薦ですなー。というか、暴走RPで迷惑かけたー

しおり まとめていただいた大人な椿さんを筆頭にみなさんへ〜

椿 他薦でおねがいします。自薦はうん。正直あまりうごいてなかったきがry

GM では、皆様に1点をw

■セッションの進行を助けた:1点

GM ・・・皆様に支えられて、このセッションは無事に終わりました><

GM MBAでも決めようかなと思いましたが・・・・私にはムリです><

GM 皆様に1点を!!!

■事前告知

GM 告知セッションですので1点を

■ログ編集:3点

GM したい方!!(きれいな笑顔で

椿 ぱす><

守里 お任せします!(何

有紀 お願いします!(とっても笑顔で

しおり パスしますっ(ニコッっと

銀之丈 お願いします

GM 私のセッションは私しか編集してない気がするーーーーー><

銀之丈 キャンペになると 難易度が格段にあがるんだーw

GM まぁ、いいかw では、僭越ながら、私がw

有紀 ええ、普段にもましてw

●総計

PC:威綱 銀之丈(PL:御神楽さん):25点

PC:高坂 有紀(PL:夕凪さん):25点

PC:浅井 守里(PL:sevenさん):25点

    :蓮原 しおり(PL:ちむさん):20点

PC:常夜 椿(PL:抱月さん):25点

GM(25+25+25+20+25)÷2+3=63点

しおり Sロイスだな、うん(何

GM で、いいのかな?

GM ですねw

椿 OK

守里 OK

しおり だいじょうぶです〜

有紀 OKで〜す

GM そこでしか違いがありませんでしたw

GM では、お疲れ様でした!

有紀

椿 ・x・) ともあれ、おつかれさま?

守里 お疲れーッス

有紀 GM経験点 もう+1じゃないかしら?

有紀 告知ですよね

GM ひとまずはここで解散です。・・・・ハッ!Σ@@

銀之丈 中締め ってことで。お疲れさまでした   ですね。告知分が追加で入りますな

GM GM(25+25+25+20+25)÷2+1+3=64点

GM ですね><

GM お騒がせしました><

GM では、とりあえず、WF第一話はこれにて終了とさせて頂きます

GM 改めてお疲れ様でした!

椿 おつかれーい

有紀 おつかれさまでした!

銀之丈 お疲れ様ー

守里 おつー

しおり おつかれさまでした〜

有紀 ・・・ところで、先生のコードネームってFHになってからですか?

GM ですね。

有紀 ありりです〜

GM 元々は極秘プロジェクトにおいて”神の盟約”というコードネームがつきました。

GM >それ以前はコードネームはなし

有紀 了解です〜

GM で、自殺。その後、FHに鞍替えして”偽神の盟約”へ

GM という道筋を辿ってます

有紀 なるほど・・・

GM なお、彼の能力はFHからみた場合、大変有用なもので >ジャームとはいえ兵士を大量生産できるので

有紀 それは確かに

GM FHに鞍替えした後は、各地をたらい回しにされ、ジャームを作るという任務についてました。

有紀 それで使われていた と

GM そして、精神的に耐え切れず、今回の事件を引き起こして幕引きをはかったのです。

GM ですです

GM では、こちら落としますね〜〜

 

※※※舞台裏にて (WF第一話 ハザードコールとは)※※※

さて、改めて参加してくださったPLの皆様、ありがとうございました。

本セッションはWFの記念すべき第一話であり、GMの想定としては”キャンペーンに関わってくる重要人物(PC含む)の顔見世”的な位置づけとしてシナリオを組ませて頂きました。

また、本セッションの実質的なPC 福畆膺邑)は、PC△陵紀ちゃんであり、ヒロインとPC,陵蹐澆少ないのも、キャンペーン全体で流れている事件と、第一話で起こっている事件が全く別なものなため、参加者に無用な混乱を与えないように配慮したものだからです。

 

さて。何故、第一話においてPC△鮗膺邑(=PC 砲砲靴燭里?

それは、PC△縫ャンペーン全体に強いモチベーションを持ってもらいたかったから、です。

というのも、PC,麓村船劵蹈ぅ鵑板樟寨蹐爐里覇圧”佞韻砲いて心配はしていませんでしたが、PC△砲弔い討倭蠡佚にやや間接的な絡みになってしまいます(キャンペーンの運用の都合上)。

そこで、第一話においてあえて”シナリオロイスを失わせること”で、今後同じ状況に遭遇したときに、強い意志をもって運命をひっくり返そうとしてくれるキャラになって欲しいとの思いで第一話のシナリオを組むことにしました。

有紀ちゃん・・・のPLである夕凪さんにもその意図が伝わってくれるよう願いつつ・・・

今後のPC,PC△里干萍を楽しみにしています。

 

さて。気になるジャバウォックさんのコンボですが。

セッション後のネタバレとして大事に保管していたのですが・・・・残念ながら、深夜遅くに終わったため、その機会がありませんでした。

そこで、僭越ながら、ここに記載しておきたいと思います。

マイナーが 《オリジン:レジェンド+原初の青:オウガバトル+極光螺旋》

(なお、第▲薀Ε鵐匹らオリジンはする必要がないのですが・・・PC側を混乱させるため、あえて使用していました。)

メジャーの基本コンボが 《RC+C:エグザイル+無機なる四肢+異形の祭典+原初の赤:大地の牙》

それに加えて《原初の虚:ギガノトランス》、《細胞侵蝕》、《原初の黒:魔神の心臓》を状況に合わせて。

イメージはちょうどハガレンの”プライド”っぽく影からみにょーんと触手が伸びる感じです。

で、ガードが《崩れずの群れ+歪みの体+原初の紫:戦士の知恵+自動触手》 となります。

(崩れずの群れが入っているのは当真をかばうため。もっともセッション中は、ガード無視ばっかり飛んできたので、かばうと落ちる可能性が高く使いませんでしたが)

また《虚実崩壊》で全取得エフェクトを”不明”に書き換えた理由は・・・・

 塢毀任量兌后佞硫鮟条件(シンドロームが判明すると無効)を隠すため

RBであることを隠すことで、RB《不死生命》という最後の切り札を残すため

という二段構えの構成で生存することに特化するためでした。

 

なお、余談ですが。当真の《RC+狂戦士+ポイズンフォッグ+抱擁+遠隔操作》も・・・

ポイズンフォッグで範囲拡大、射程至近へ→遠隔操作で射程伸ばす→遠隔操作は技能:シンドロームなのでRCエフェクトを組み合わせる必要あり→抱擁を追加 という構造になってます。

またシナリオ上のデータ的なギミックはジャバウォックに(虚実崩壊、不滅の妄執)。ロールプレイ的な方面は冴丈 当真に(PC△瞭睫未鯏按譴靴沌韻襦砲函¬棲里北魍篳担させました。

 

では、次回は”学校編”ということで。”日常を強く意識したシナリオにしたい”と思っています。

参加者の皆様、また今回は参加できなかったせぱからの皆様、その節はよろしくお願いします。