ボンネット補修のため軽自動車と過ごしました


Jettaの補修は結局プロに依頼することに・・・最初からそうすれば良かったと反省。


その間、
代車としてスバルのステラに乗ることができました。
約1200km弱の走行というまだまだ新車の臭いの残る軽自動車です。
まず、乗り込んだ瞬間にその視界の良さと明るく上質な内装に感動してしまいました。

これはイイ、運転しやすそうだ。
ミッションはi-CVTで、信号待ちなどのシチュエーションでもエンジン音はかなり静かです。
振動の伝わり方もごくわずか。

ただし動いている時の音、つまり走行音のボリュームはどうも騒がしくて不快でした。
その音色もザワつく感じで、以前乗っていたレックスコンビよりはマシですがとても長距離は走れそうもありません。
「スバルは軽自動車造りが苦手なのかも知れないなぁ。」などと思ってしまいました。

でもハンドルが軽すぎます。 人差し指だけでもクルクル回せそう。
これはコーナーの連続するようなところでは非常に神経を使います。
もっとシッカリ感が欲しいです。
今回は高速走行はしませんでしたが、これではまちがいなく恐怖を感じるでしょう。

また、ブレーキのタッチもかなり不自然です。
とにかく少しの踏力でギュンッと効いてしまいます。
軽いハンドルと効き過ぎる不自然なブレーキ、騒がしいエンジン音で、いやでもこの上質な内装とのギャップを感じてしまいます。

スイッチの切り方がわからなかったのでずっとラジオを聴いていましたが感度は良く不満は全くありませんでした。
アンテナは可倒式で、手で簡単に扱えます。

さすがに燃費はかなりの好燃費でした。
i-CVTと
"とても回す気になれない!エンジン"が利いているようです・・・。


「フン、車なんて動きゃいいのさ。」というかた、経済的に街中を中心に走行したいかた、またはカラーリングによっては女性向きかなぁ〜
総じて明るく上質な内装の軽自動車に乗りたいかたには最適でしょうけどね。





To Home



とっても見やすいメーター類。 シフトポジションも点灯するので一見しただけで把握できました。