未弐の夢事典へ


【図形】・【形】・【パターン模様】…心の内面。心模様。心理的構造が視覚的に表現されたもの。様々な情報や経験によってもたらされた概念や認識。精神(内的)世界の秩序と混沌。生活パターン(習慣や信念)。生存のサイクル。※図形によって意味や解釈が異なる。ユングがマンダラ(曼荼羅)と呼ぶ「人間の本質の中核」は四角形と円で描かれる。◆図形を描く・図形が現れる…意思の働きを高め考えをまとめようとする気持ち。◆美しいチェック柄…考えが整然とまとまる。◆綺麗なハート型…愛に溢れている。ロマンチックな気分。◆十字形…人間の神秘。完全なバランス。苦しい試練。困難。不必要に背負い込んだ苦しみ。正と悪の区別。禁止。一つずつ仕事を完成させ終わらせること。身体を常に意識して暮らしていること。◆ダイヤ形…(羅針盤の針の様に)選択。進むべき方向。◆円や四角などの図形の中心…自己。◆相反する図形の中心…葛藤。◆雑然とした図形の中心なら…障害。◆図形の中心に位置する人や動物…重要性。◆ドーナツや五円玉の様に中心の無いもの…自己を見失いがち。ノイローゼの傾向。気分転換を図る必要性。◆ドット模様・点・斑点…中心部。ヒント。気がかり。手がかり。◆星型(六角形)…心とからだと魂の個人的調和。◆星型(五角形)…身体や人生のすべてとの関わりを感じている。◆三日月形…女性らしさ。女性器。女性特有の創造プロセス。◆らせん形…日々の繰り返し。習慣となっている事柄。より深い認識や洞察に徐々に向かうこと。◆三つ巴…三者間のバランスが取れていること。上位三人の実力が甲乙つけがたい状態。三人の勢力争い。男女の三角関係。◆バーコード…隠された情報。秘密の感情や思い。読み取れない気持ち。現状分析の困難さ。 →【円形】【三角形】【四角形】【十字架】【数字】【勾玉(まがたま)】

未弐の夢事典へ