未弐の夢事典へ


【唱える】・【呪文】…言葉を強調する気持ち。主張。念力を呼び起こそうとすること。神秘的パワーへの願望。祈り。呪い。※何の為に何を唱えているのかで意味が変わってくる。◆独り言の様に重要なことを唱える…身に染込ませようとしている。忘れないでおこうとする気持ち。 →【祈る】【呪う】

未弐の夢事典へ