未弐の夢事典へ


【写真】…アイデア。創造的閃き。物事の認識方法。個性的人物。個性的なモノ。思い出。いつもは気付かない自己の側面。自分が誰かの記憶にとどめられたい願望。認められたい気持ち。自分の魅力を証明してくれるもの。写真に写っている「イメージ」がアイデアや企画のヒントになることも。◆アルバム…沢山の大切な思い出。様々な複数の認識方法。◆写真を撮る・撮影する・記念撮影…現実をしっかり捉えたい気持ち。何かに気付いたり記憶しようとする事。◆写真を撮られる…自己顕示欲。◆写真の現像…潜在的なものが意識上に現れた状態。◆青写真・写真の作成・現像処理…何かの計画を立てている。【DPE】…アイデア具現化のサポート。認識や閃きの手助け。曖昧な思い出をよりハッキリと思い起こさせてくれるもの。◆自分の写真…自己イメージ。客観的視点の必要性。◆自己の写真に欠点が見える…その性格上の欠点(我が儘など)を正す必要性。◆集合写真・記念撮影…写っている人達に対する感慨。写した時期や状況の再考。◆異性の写真を手にする…近々恋に落ちる。◆美しい風景の写真…優しい人と出会える。◆身内の写真…心理的な家族環境。近未来の姿。◆人物や様子が不自然な写真…実際にその人にトラブルがある。◆過去の写真を見つめる…その時の失敗や無視して来た事柄に再チャレンジ、再考しようとする気持ち。◆写真を破く・焼く・焼ける…忘れ去りたい気持ち。忘れ去られた寂しさ。写っている人物の変調。◆生存の人物が遺影になっていて表情が暗い…その人物の不幸や災難の暗示。◆心霊写真…霊魂などに対する興味。目に見えない力の存在を感じていること。不鮮明な認識等に対する不安や恐れ。 →【カメラ】

未弐の夢事典へ