未弐の夢事典へ


【線路】…共同体。パートナー。組織の状態。社会的、一般的に受け入れられる方向性。習慣になっている思考や行動の経路。頑なな生活態度や習慣。柔軟性がないこと。決められた生き方に縛られている状態。親や周囲の期待が大き過ぎて息苦しい状態。◆一人で線路を歩く…仲間に遅れを取る。仲間や共同体との意識や目的の不一致。独立独歩の姿勢や状態。◆線路がどこまでも続く…穏やかで幸せな日々。暖かな幸運。健康。安らぎ。◆線路の行き止まり…進展がない状態。やむを得ず選択を迫られる。◆線路が途中で切れる・電車が脱線する…個人的な問題ではおさまらない大きな変化。社会の動乱。◆外国の線路・非現実的な風景を走る線路…波乱のある運勢。現在の組織を離れて独自の活動を始める。 →【駅】【電車】

未弐の夢事典へ