未弐の夢事典へ


【酒】・【アルコール】…刺激を与えるもの。感性。英知。感情を変化させる様な影響力をもつもの。友情や親密な関係を結ぶ前触れ。他人の影響を知らずに受けているのに自分の意志であるかの様な錯覚をすること。(未成年の夢)道徳的に許されない楽しみ。薬や幸運。毒や不運。◆お神酒を神棚に供える…願望成就。◆酒を造る・お神酒を飲む…慶事がある。◆お神酒がこぼれる…願いは叶わない。◆ワイン…人生を変える影響力。◆赤ワイン…血液。キリスト教。体調良好。◆赤ワインをこぼす…身内との喧嘩の暗示。◆ビール…潤いを与えるもの。◆ビールをゴクゴク飲む…欲求不満状態。潤いの必要性。◆酒を貰う…長寿。健康。幸運の訪れ。◆酒を他者に贈る…口論やいさかいに要注意。◆美味しいと感じるお酒…強運のサイン。運勢が回復する。◆酒を飲んで酔う…新しい価値観を身につける。現実から逃れ介抱されたい願望。◆酒で知人が酔っている…その人を大きな赤ん坊の様に感じている。◆目上と酒を飲む…出世のキッカケがつかめる。◆同性と酒を飲む…つまらない事で人とぶつかる。◆異性と酒を飲む…つまらない誘惑にのってつまずく。◆他者にワインやビール等を注ぐ…周囲に気を遣い過ぎている。◆一人で寂しく酒を飲む…今のやり方は間違っていて行き詰まる。◆宴会…何もかもチャラにしてしまい全てやり直しに。◆酒を飲んで馬鹿騒ぎする…口が禍で失敗する暗示。身体を壊す。◆酒に酔って伏す…病気の暗示。 →【バー】【酔っ払い】

未弐の夢事典へ