未弐の夢事典へ


【顔】…自己イメージ。他人からどう思われているか気にする気持ち。心の奥の感情・態度を表すこと。自己の感情を隠すこと。女性器。その人の感情。※表情がポイントで、そのままの意味となる場合も多い。◆笑顔の人を見る・微笑み…「それで良い」ということ。他人の引き立てを得る。評判が良くなる。◆見ず知らずの顔…自分の未知の部分。◆ゆがんだ顔…偏見が強く物事の妨げとなる。逃げ隠れせずに困難に立ち向かう必要性。体調の変化。◆ぼんやりとした不鮮明な顔…師。それで良いかどうか自己に問い質している。◆しっかり存在しているのに顔だけが見えない…コミュニケーションでのトラブル。不毛な恋愛。悲恋。◆青白い顔・腫物がある顔…身近な人に変化がある。その人の気力や体力の消耗。◆ひたい・おでこに吹き出物がある・ただれる…対人面で要注意。実際に目立つところに吹き出物が出来る予兆。◆眉毛が伸びる・眉毛が長い…瑞祥。長寿。◆眉を落とす…失意。病気。◆眉を書く…再生。運気の好転。◆眉ペンを貰う…(女性の夢)良い人との出会い。◆棒で顔を殴られたが痛くない・手で顔をゴシゴシ洗う…性的接触願望。◆剣で顔を切りつけられ禊ぎをする…処女喪失。 →【洗う】【顎】【えくぼ】【鏡】【口】【シワ】【鼻】【額(ひたい)】【黒子(ほくろ)】【まつ毛】【目】

未弐の夢事典へ