未弐の夢事典へ


【橋】…目前の重要な関門。人生の転換期。かつてない成長への好機。新しい人生方向への出発点・全く違う二つのものを繋ぐ・英知の伴った創造性のある直感力・変わり目・意識の到達レベルにおける変化・過渡期・新しいやり方への移行。通過点。出会いと別れ。境界。性的欲情と道徳的良心との境。生死の境界。◆新しい橋をかける…願望成就。◆立派な橋を渡る…限界を越えて努力すれば幸運が訪れる。精神的飛躍。恋の大進展。◆渡りにくい橋…受け身では道が開けないのでチャンスを掴むには大胆なジャンプが必要。◆どこまでも続く高架を見上げている…理想が高すぎてなかなか目的達成出来ない焦り。◆狭くて長く吊り橋の様に不安定な橋を渡って行く…行く末困難。危険な性的好奇心を持っているので要注意。◆橋を渡り切る…困難克服。目標達成。◆橋が壊れる…思いがけない挫折。試練。好機を逃す。人との絆や関係が壊れる。築き上げたものが崩れる。◆壊れた橋の傍に渡し船等がある・橋が壊れたので泳いで渡ろうとする…難関突破。◆向こうの橋・立体交差・陸橋・歩道橋…別の選択肢。違う行き先。大きな選択肢や迷い。◆橋の上で若者が待ち受けている…生き方を変えるべき時。◆橋の上で待っている美少年・美少女…「彼岸に導く者」を表すことも。◆橋で出会って同じ方向へ進む…運命の出会い。◆橋で誰かとすれ違う…その人との別れ。◆橋の下にいる人…自分と違う次元や世界観を持って生きている。◆橋から落ちる…競争に負ける。人生コースからの脱落。身辺の危険。◆橋の上から人を呼ぶ…変化に関与する人を必要としている。◆橋の向こうで誰かが呼ぶ…決断できずに迷っている。◆橋の向こうで故人が呼ぶ・橋の向こう岸に霞や美しい花畑、荘厳な景色…死の境界線。渡らなければ生還する。 →【渡る】

未弐の夢事典へ