未弐の夢事典へ


【動物】・【生き物】…自己の側面。自然に調和し生き延びる為の自己の本能。人間の生物学的欲求や反応の全て(生存欲求・食欲・生殖の欲求・親としての願望・運動と休息の欲求・社会的欲求・恐怖反応・怒り・子供や配偶者の為に何かを提供したい願望・家や巣や縄張りを持ち守ること・社会的地位や階級の維持)。その動物の様な誰か。◆沢山の動物や生き物が出てくる…色々な自己の側面を持っている状態。様々な秘めたる可能性。沢山の希望や欲望。様々な種類の人間の存在。◆動物の牙・角…攻撃性。保身の手段。強い性欲。権力。◆獰猛な動物…自己の心の痛みや傷。獰猛で怖い父親や男性。自己の獰猛な側面。◆獰猛な動物が死ぬ…自分のマイナス面がなくなりビッグチャンスが到来する。◆珍獣…個性的で風変わりな人。自己の中の風変わりな部分。◆動物に攻撃される…自己の攻撃性。性的欲望。危険・トラブルの暗示。◆動物を放置・動物いじめ…自己の動物的な部分や獣性(性欲などを含む全ての本能)を認めようとしていない。緊張や抑うつ、病気の原因になるので要注意。それを認め如何に上手く付き合って行くかが課題。◆動物を食べる…本能的な知恵とエネルギーの統合。パワーを得る。力に溢れて図に乗ること。◆動物の赤ちゃん…幼い頃の自分自身。その動物の特性を秘めていること。◆動物の赤ちゃんを育てる…自己の中にある動物的直感等を育てようとしている。◆子供と一緒にいる動物…幼児期の基本的欲求。親としての気持ち。◆話す動物・光輝く神聖な知恵のある動物…重要な直感的情報。◆動物の死骸…一つのことに幕を引く。その動物の象徴する何かが死滅する。◆動物の大量死・動物が絶滅する…集団アセンション。◆共食い…同類の何かがせめぎあうこと。葛藤。 →【動物園】【怪獣】【魚】【鳥】【虫】【ペット】

未弐の夢事典へ