未弐の夢事典へ


【泥】…生命の原始的、感覚的基礎。混沌としたもの。泥沼にはまり込んだ様な気持ち。過去の経験のためらいと成長の可能性。身体と身体の持つ自然治癒力。体液。◆泥で身体が汚れる…体調不良。◆泥だらけの道を歩く…深みにはまろうとしている。物事の停滞。膨らんでいく損失。◆泥沼に足を取られる…反社会的行為やうしろめたい冒険に足を踏み入れ失敗する警告。◆泥まみれ・周囲が泥だらけ…生活改善の必要性。成長していない状態。◆泥沼に埋もれた状態…性的能力に関する障害。絶望や失望した気持ち。誰かの助けが必要。◆泥で滑りそうになりながら歩く…性的夢想。◆泥で転ばない様にと思う…性的快感を引き伸ばしたい気持ち。◆泥ですべって転ぶ…性的エクスタシー。 →【滑る】【土】

未弐の夢事典へ