未弐の夢事典へ


【部下】・【家臣】・【家来】…部下との関係のあり方。支える人。実際に働くこと。管理される状態。立場の弱さ。統率力の無さ。実際に存在する目下の人。◆自分が家来になる…自信や自主性の欠如。誰かに引っ張ってもらいたい気持ち。◆家来やお伴を連れて歩く…支配力の高まり。リーダーシップを発揮出来る。仕事でも恋愛でもイニシアチブをとると良い方向へ進む。◆(男性の夢)家来を2人連れている…自分が「ペニス」家来2人が「睾丸」を表して「男性器」を意味することも。少々尊大でいぱった感情が伴い男性の強さを強調している。◆(男性の夢)家来に謝っている…比較的弱い立場の女性である恋人に後ろめたい反省の気持ち。自分の情熱を分かって欲しいと思っている。 →【上司】【店主】

未弐の夢事典へ