帆柱自然公園
皿倉山の山頂を中心に権現山・帆柱山・・・などの山々が連なり、一帯が自然公園の指定区域内です。北九州国定公園と自然休養林が含まれ、キャンプ場・アーチェリー場等がある。山頂からは遠く洞海湾や北九州市が手に取るように見れるし、夜間に見る景色は”100万ドルの夜景”と言われている但し、土/日の最適季節シーズン中は車での登頂は道幅が狭いので事故及び混雑防止の為に禁止になりますが、平日はゆっくりと車で登れますし、権現平には駐車場(約10台程度)も完備しています。
●帆柱ケーブルで山頂へ
山麓駅から山上駅まで標高差441m、全長1100mを片道約5分間で登る。引き続き山頂まではリフトスロープカーが有りますので何方も気軽に皿倉山頂までは行けます。温暖な気候4〜10月の週末・祝日は夜9時までモノレールが運行します。上下線は同じロープで操作する為に中間にはるか号かなた号が離合する場所があります。四季折々の花が咲きとても綺麗です。
山麓駅舎
冒険の旅の始まり !?・・・出発〜
帆柱ケーブルカー
運行範囲 山麓駅〜山の上駅
1100m
種類 ケーブル
大人 片道 420
往復 800
小人 片道 210
往復 400
運転間隔は約20分間隔
問合せ先;093-671-4761
山の上駅舎
ケーブルカーよりフロープカーへ乗り換え口
スロープカー
営 業 平日 am10:00~pm5:30
土日祝、春・夏休み am10:00~pm8:30
乗車賃 大人 200円
小人 100円
運転間隔は約10分間隔
フロープカー定員40名モノレール式
運行範囲 山上駅〜展望台駅
159m
市街が一望できるパノラマ展望台(鉄筋コンクリート造り)3階建て
平成19年12月28日稼動開始
展望台駅舎
展望台駅へ到着後駅舎の屋上より100億ドルの夜景を見ればきっと貴女はうっとりするよ。間違いなし!!
山麓駅とJR八幡駅間の無料シャトルバスが約30分毎に毎日運行
最近は下界がはっきりと見えることが少なくなり残念です。
新日本三大夜景の一つ皿倉山の100億ドルの夜景を満喫しよう!
私は初めて皿倉山からの夜景を見ましたが遠賀郡・八幡西区から小倉南区・苅田町までの約250度の夜景が見れて新日本三大夜景の一つに選ばれただけの素晴らしさを見ることが出来ました。乗り物が平日はpm6:00で終了(土日、祝日はpm9:30)するので心残りな気持ちでスロープカー〜ケーブルカーに乗り継ぎ乗車して下山しました。冬の間はとても寒いので防寒完備で行きましょう。但し、2Fの展望レストランが営業していますので絶景を満喫しながら軽食を楽しめます。
九州へこれれたら一度は訪れていただきたい場所です。昼間は玄界灘・周防灘・洞海湾・関門海峡等の海・山・街を含めた北九州市の全体をほぼ見渡す事が出来ます。
スロープカーで展望台に到着すると眼前の地面に埋め込まれた無数の蓄光石がブラックライトに照らされて幻想的な雰囲気を見る事が出来ます。 夕日が沈む直前の権現山のシルエットが浮かび上がる美しい光景。勿論、日の出も素敵ですよ!。
夕暮れの中で曽根干潟や足立山がぼんやりと見えます。
帆柱自然公園
 詩碑
北原白秋の詩碑
皿倉山及び権現山には電波塔が沢山立っています。
 詩碑
帆柱山の歌
ききの海辺の船もよい
船も帆がなきゃ行かれない
お供についたくまわにが
 山で帆柱きりました
その時きった帆柱は
 帆柱山の杉でした
野口雨情の詩碑
昭和32年11月建立
皿倉山の頂上へ登る階段の途中に設置
皿倉山ビジターセンター(旧国民宿舎”山の上ホテル”
       電話 093-681-5539

レストラン・宴会場のスペースを山の自然を満喫してもらう為にレクチャルームに改装して使用を継続する計画です。予算3億7000万円です!
山登り
ハイキングコース内図は
写真をクリックすれば拡大版表示
◎森林浴ウォーキングコース
コース 一周 時間
皿倉山山頂詩碑めぐり 1.5km 約30分
権現山周回自然観察 2.3km 約40分
帆柱森林植物健康ウォーク 1.8km 約40分
帆柱自然公園散策路
皿倉山→皿倉平→権現山→権現の辻→帆柱山→花尾の鞍→花尾山→河頭山→花尾分れ→皿倉平
八幡東区
●皿倉山(622.2m) ●権現山(617.2m)
山の上駅舎・其の他の設備・数多くの電波塔が見える皿倉山頂。
国見岩
国見岩の下に下りると国見稲荷大神が祀られている
皇后杉
権現山には皇后杉の巨木が林立。自然を満喫出来る熊野三所権現を祀る市瀬鷹見神社の奥の院が有る事から権現山と言われる。山頂には祭祀遺構と思われる跡があったが第二次世界大戦中は陸軍高射砲陣地が構築され削り取られた。また、当山の西8合目附近に鷹見神社・社僧の坊住[見光山神呂寺]があったことから坊住山とも呼ばれた。山頂の広場は城跡と言われています。
皿倉平 権現の辻
皿倉山の9合目で権現山との中間 この場所から帆柱山や花尾山へ向かいます
八幡西区
●帆柱山:(488.0m) ●花尾山:(351.0m)
花尾城跡
本丸跡 二の丸跡
古井戸の跡
花尾山全体が山城跡であった様子を見ることが出来ます。河頭山を除いた他の山にも城が存在した。
●河頭山:(213.0m)
巨石の山
山全体に転がる巨石。
河頭山(帆柱公園には属していない)から花尾山を周回する万歩コースがあり元気な方が闊歩しておられます。他の山と様子が違って山中には異様なほど巨石が数多くゴロゴロと横たわりとても不思議な光景を見ることが出来るので必見です。椿が咲きます。
九州自然歩道
皿倉山(起点)→尺岳→福智山→英彦山→/古処山→三郡山→宝満山→基山[至背振]:西コース
犬ヶ岳→経読岳→大平山[至耶馬溪]:東コース
と有り、総距離261kmです。
Top