DRAGON GYM ドラゴンジム仙台 立ち技最強の格闘技ムエタイ(タイ式キックボクシング)ジム

DRAGON GYM ドラゴンジム

〒984-0051 宮城県仙台市若林区新寺3丁目5-10

TEL/FAX 022-291-1966

●営業時間

平日  16:00 ~ 22:30
土曜  17:00 ~ 22:30
※日曜・祝日・祭日は休業

ドラゴンジムの歴史

ドラゴンジム 代表 佐藤 亮

ドラゴンジム代表 佐藤亮

秋田県出身 1966年生まれ
幼少の頃よりブルース・リー、ジャッキー・チェンに影響を受けて各種空手、ボディービルに熱中する。 18歳で上京しワタナベ学園社会体育専門学校に入学。その後フルコンタクト空手道場に入門。 22歳からキックボクシングの名門目黒ジムでキックボクシングを学ぶ。 入門後半年で新空手大会に出場しトーナメント準優勝。23歳で単身3ヶ月間のタイ修行に行き、 パタヤでムエタイデビュー。判定負けするもムエタイの魅力に取りつかれる。 以来タイと東京を行き来しながら地方スタジアムや草ムエタイでキャリアを積む。 26歳でムエタイの名門SVGに移籍する。 27歳で交通事故で怪我をして一時的に秋田に帰省するが、そのまま秋田県湯沢市にDRAGON GYMを設立。
今までに村上リエやモニカなどの女子世界チャンピオン、若山龍嗣、ダイナマイト柿崎など日本チャンピオンを育て上げている。

ドラゴンジムの歴史

年 月 日 出  来  事
DRAGON GYM設立 秋田県湯沢市総合体育館を練習場所にしてDRAGON GYMを設立。
NO NAME HEROES 初の自主興行となるチャリティーイベントNO NAME HEROES蹴撃開始を湯沢市総合体育館で開催。
東京のSVGから主力選手を呼び、湯沢市総合体育館で 獅子王蹴撃伝説シンサック・ハリケーンを開催。
常設ジムオープン 湯沢市愛宕町に初の常設ジムを オープンする。
DRAGON GYM湯沢を移転 現在の湯沢市柳町に DRAGON GYM湯沢を移転。
ムエタイを広める為に仙台に移転。
同年6月にはZEPP仙台でNO NAME HEROESを開催する。 仙台に移転 NO NAME HEROES
榴ヶ岡公園の隣りにDRAGON GYM仙台をオープン。
アグレッシブなムエタイを目指しBREATHLESS MUAY THAI1を 仙台BEEBベースメントシアターで開催。
初のアマチュア大会となるアマチュア格闘技オープントーナメント Aリーグ1を宮城県武道館で開催。
村上リエ、WPMO女子世界ライト級王者 タイ・プーケットのバングラスタジアムで村上リエがBARINIKA(ノルウェー)を破りWPMO女子世界ライト級王者(東北では初の世界チャンピオン)になる。
Aリーグを開催 現在の新寺3丁目にジムを移転し、アマチュア大会Aリーグを開催する。
村上・モニカ タイ・バンコク王宮前広場特設リングにて村上リエがワンソンチャイワールドタイトル63Kg王者となる。モニカもMUAYTHAI AGAINST DRUG66Kg王者となる。
東日本大震災。
ジムを再開 震災後僅か8日でジムを再開。
大震災復興チャリティーイベント戦場1をZEPP 仙台で開催。
戦場は14回を数えて今現在も続いている。
モニカがワンソンチャイワールドタイトル66Kg王者になる タイ・バンコク王宮前広場特設リングでモニカが プライナーラ・リズボー(ブラジル)を破り ワンソンチャイワールドタイトル66Kg王者になる。 同時にクイーンズカップMVPも受賞する。
ドラゴンジム石巻支部オープン 東松島市に常設ジムの ドラゴンジム石巻支部がオープン。
DRAGON STADIUMオープン 被災地の東松島市に日本初となるムエタイスタジアムDRAGON STADIUMを オープン。
若山龍嗣、スーパーフライ級王者となる 後楽園ホールにて若山龍嗣が J-NETWORKスーパーフライ級タイトルマッチに4RKO勝ちし、 スーパーフライ級王者となる。
戦場11 ドラゴンボクシングスタジアムにおいて戦場11を開催。
DBS初代スーパーフライ級王者若山龍嗣、初代ライト級王者晃希、初代スーパーバンタム級王者裕喜が誕生。
ジムを法人化し、社名を(株)PINK DRAGONとする。
ドラゴンジム東京オープン 東京世田谷区にドラゴンジム東京をオープン。
戦場14 ベストウエスタンホテル仙台にて行われた戦場14で、DBS初代フェザー級王者ダイナマイト柿崎が誕生。

ジム設立から22年。現在は宮城県仙台市に本部を置き、秋田県の湯沢市(常設ジム)、秋田市、由利本荘市、大仙市、宮城県石巻市(常設ジム)、東京都世田谷区(常設ジム)に支部を展開している。宮城県東松島市には試合場のドラゴンスタジアム(観客250人収容)がある。ジム主催のチャリティームエタイイベントは100回を超えて今現在も続いている。今までに村上リエやモニカという女子世界王者、若山龍嗣、ダイナマイト柿崎など日本王者を育成している。ムエタイを通して社会貢献すること、優れた人材を育成することを目標として仙台にとどまらない活動を続けている。


Page
Top