弊社使用調査機材説明とスペック、仕様などの解説 スキャンロックサービス

弊社の盗聴盗撮調査機材について
弊社は特殊盗聴器や特殊盗撮カメラ等の調査発見機材の分野で国内の同業他社には無い、最新鋭の高精度な調査機材を数多く所有して居ります。また、使用する調査機材はすべて調査時の有効性を第一に考慮した機材を選別して使用して居り、さらに弊社では新たな調査機材(調査方法)を日々検討し、そして取り入れ、その結果。国内のどの他社よりもさらに精度の高い数多くの調査方法(調査項目)の追加調査が可能と成っており、現時点で国内では弊社のみが行える、様々なアプローチに拠る、高精度な盗聴盗撮調査(調査時点での見逃しが少ない高度な調査方法)を実現出来る。国内で数少ない業界最高水準(世界水準クラス)の盗聴盗撮調査機関です。 又、弊社は国内に出回るほぼ全てのタイプの盗聴器から中々発見する事が難しい高度な特殊盗聴、盗撮器の発見撤去までを専門に行う盗聴盗撮調査の専門会社です。

(弊社では日常的に各機材のメンテナンスを心掛けては居りますが、調査時点で全ての機材が常に完全な状態で使用できない場合も存在します。調査依頼の時点で特に重要な調査項目等では予め該当する機材のメンテナンス状況の確認をして頂く様、お願い致します。)
 
    弊社の設立時2005年4月1日時点での調査機材一式


           弊社の盗聴盗撮発見用、調査機材の説明

 
      ADBANTEST U3661
(ポータブル型スペクトラムアナライザー)

アドバンテスト社の小型、軽量(8.5Kg)、3電源対応の本格派のショルダー型(持ち運び可能な)スペクトラムアライザーU3661。
測定周波数範囲9KHz〜26.5GHz迄を連続的に計測できる為(フルスパンモード時)、本格的電波計測等には必須のアイテムと言えます。
主な機能として無線送信電力測定、占有周波数帯域幅,隣接チャンネル漏洩電力,変調度測定、音声モニター機能(FM.AM復調機能)、変調方式解析機能(ゼロスパンモード時)、内臓プリアンプON時-132dBmの高ダイナミックレンジ、高安定基準発信器(オプション装着済)、高性能周波数カウンター機能などの機能を併せ持つ高機能スペアナです。更にはオプションの外部バッテリー電源接続時には約1時間程度の屋外などでの動作も可能と成って居ります。




 
   NLJD(電子回路探知器)


英国のShearwater ECM社製 Locator Pro+(ロケータープロプラス)
Non Linear Junction Detector(電子回路探知器) は世界中の有力調査機関(米国政府調査チームなど)では必ず保有していると言われるほど普及しており、その有効性は1970年代頃から既に実証され実用化されておりましたが、その一方で非常に高価な機材で有った為、今現在の日本の調査関係機関の殆んどでも普及が遅れているのが現状です。
このNon Linear Junction Detectorの基本的動作は方向性の違う2つの導体の接合部分(ICやトランジスタなど)に高周波を照射した場合、その接合部分より第2次高調波と第3次高調波を放出する特性を利用し、その電波特性の違いからICやトランジスタなどを使った製品(例えば携帯電話や盗聴器又はその他の電子回路全製品)と異種の金属接合部(例としては錆びた鉄や硬貨など)との違いを検出し、誤反応の少ない盗聴器や盗撮カメラ等の電子機器全般の探知に応用した製品です。
又、この機材は通常の金属探知器(電磁誘導式など)とは違い、通常の単純な金属などにはまったく反応せず、また探査する盗聴器や盗撮カメラやマイクなどが例え電池が入っていない状態の機器や待機中の電子機器で有っても検出できる点に大きな特徴を持つ極めて有力な調査機材と成ります。



 
     "SPECTRAN"
  HF-6080&NF-5020
 (ハンディー型スペクトラム
 アナライザー)


ドイツのAARONIA AG製 HF-6080&NF-5020&HyperLOG 6080 (ハンディー型スペクトラムアナライザー)
このモデルは世界中で評価の高いAARONIA製ログペリアンテナ"HyperLOG6080"がスペアナ本体に付属した独特のフォルムが特徴的なモデルです、使用時にはスペアナ本体と専用の広帯域ログペリアンテナが完全に一体となる構造の為、その機動性の良さと指向性さらにはプリアンプを必要としないほどのトータルでの高感度特性を併せ持つリアルタイム計測が特徴の超小型のハンディー型スペアナです。
主なスペックとしては周波数1MHz〜7GHzの測定範囲とRBW100KHz時100dBのダイナミックレンジ、-30dBまでの自動ATT機能、AM,FM復調機能、高安定基準発信器。
スペアナとしての機能的には粗い表示性能を含め本格的スペアナと比べると機能面等では少し不満を感じる点も若干見受けられますが、盗聴器発見探査用途では必要十分なRBW100KHzから3MHzまでを切り替え操作が可能でさらに”RBWFLLモード”時にはほぼリアルタイム計測(僅か2〜3秒程度)でフルスパン(全周波数帯域幅)での周波数測定と出力値を3ポイントまで一覧で表示出来る機能は持ち合わせています。さらに任意の測定周波数範囲の変更なども可能。又、ピーク値計測結果からの音声確認モードへの切り替えが容易でAMとFMモードでの復調なども可能です。
また写真左のNF−5020の方は1Hz〜1MHzまでの周波数を本体内に内臓された高感度の3Dコイルセンサーが内蔵されており通常のスペアナは基より低周波のLF専用測定器でも計測不可能な周波数の分布状態をスペアナ表示出来る珍しいスペアナと言えるでしょう。さらにこの機種もAMとFMモードでの音声確認が可能。弊社はこの機能を電子回路や様々な電子機器で使われるマイコンごとに発生するクロック周波数の分布の違い等で電子機器の存在確認や識別用途等に使用します。



 
AR5000A&SDU5600&ARD300
  (本格固定受信機&スペアナ)
世界を代表する受信機メーカーAOR社の今現在でもトップクラスで通用する最高級受信機です。このモデルは受信機としての基本動作の信頼性が高く、海外でも過去に数々のベストバイ賞を受賞した経歴を持つモデルのバージョンアップモデルと成ります。感度特性、音質、機能性、フロントエンドからの多段高性能フイルター群、更には周波数を1Hzステップで設定可能など、基本性能で今だこの受信機を越えるモデルは未だ存在しません。このモデルの受信周波数範囲は10KHz〜3GHzと成ります。上部のスペアナは同社製の高速データ書き換え表示(DSPによるFFT高速フーリエ変換演算で従来のSDU5500に比べて圧倒的な高速表示を可能としています。10MHz幅表示時に毎秒6回更新描画)の最新スペクトラムアナライザーとの組み合わせによりアナログ波、デジタル波、映像電波、高速で周波数が変化するスクランブル盗聴器(特殊周波数タイプを含む)、さらには周波数ホッピングデジタル電波まで十分対応可能です。

 
      ALSETAC 35GR
   (小型超高性能受信機)
最新の技術の粋を極めて作られた全周波数帯で高価な業務用テストレシーバにも宿敵する高感度特性と受信性能、サーチ速度(現在販売中の受信機界でも最高スペック)を併せ持つ、現代の最高性能の双璧を成し得るとも称される、非常に小型で使い勝手の良い、俗称「小さな巨人」とも呼ばれます。
(受信周波数範囲10kHz〜3600MHz)

 
       ARD300
  (デジタルボイスコンバータ)
AOR社のデジタル音声復号機
デジタル業務無線、デジタルアマチュア無線などデジタル化された音声信号を再度アナログ音声に戻す事を目的に開発された業務用コンバータ。

 
    MICRNICS社MSA358
   (高性能携帯型スペアナ)

マイクロ二クス社MSA358型高性能携帯型スペアナ
このモデルは元々未知の電波計測を目的として作られたモデルであり、スペアナとしての基本性能で重要項目の1つである周波数走引速度(RBW設定100KHzステップ時に最小周波数50Hzから最大8.5GHzまでを僅か0..3秒で更新する凄さ)と本機内臓のプリアンプ回路(3GHzまで)による全周波数帯域で均一で高感度な電波測定が手軽に実現可能な点と、さらには大型の高解像度モニタによる視認性の高さが特徴。
機能的には最大値ピークサーチモードから順次時点のピーク周波数を10ポイントまで選び出せる機能を有する為、各測定地点での周波数観測の把握に強みを発揮します。また携帯型としての機動性の高さも併せ持つハンディー型スペアナです。
さらに弊社では外付けのプリアンプを使用した、全周波数帯で最高感度での調査が可能です。

 
   MICRNICS社MSA338
     (携帯型スペアナ)

マイクロニクス社MSA338標準型スペアナ
周波数密度の高い50Hzから3.3GHzまでの周波数間を手軽に電波計測が出来る測定器としてリアルタイム測定に特化させた中核モデル。
内部回路には全周波数帯域に対応したプリアンプやアッテネータ回路を標準装備しています。

 
      HP8648B
  (高周波信号発生装置)
HP社の高周波信号発生器HP8648B
弊社がこの機材を調査時に直接現地に持ち込んで調査をする用途での導入では御座いませんが、今後の弊社内での新たな技術開発や新しく仕入れたアンテナやケーブル類、スペアナなどの特性評価や性能確認など、さらには自社内で独自に製作した回路等の設計や動作確認、今後新たに開発する調査方法の確証等幅広い活用の場でこれから大いに活躍を期待している機材です。



 
  特殊プロ仕様RF探知器
 (0.5MHz〜25GHz対応型)

米国製最新RF探知器、0.5MHz〜25GHz(MF帯〜SHF帯迄)のデジタル及びアナログの電波を全域モード及び30MHz以下カット又は2GHz以下カットで電波調査するフイルターモードを備え、測定感度0.06uW、アナログ及びデジタル電波(80uS以下のデジタルパルスに対応)の出力計測、デジタル方式間欠パルス送信機の検出そして250段階でデジタル表示の電界強度計機能、FMモード音声復調機能内臓、また待機モードでは任意の信号レベル設定(閾値設定)による電波の新たな発射をブザー音で知らせると共に設定後の電波発射の時刻と信号レベルを内部メモリーに複数自動記録させることが出来ます。又PDC、GSM、TDMA、CDMA等の周波数ホッピング技術を使ったデジタル無線方式にも対応致します。

 
    Scout
&AR8200MK3
(アナログ周波数カウンター&ハンディー型受信機)
民生用では世界を代表する米国周波数カウンター専業メーカー、optoerectronics社のスタンダードモデル(ミニスカウト)ですが、他社が良く使用されているクラニシ製の周波数カウンター(ロケーションアナライザー)と当社が独自に比較検討した所、内部フィルター効果もあり探知距離で約1.5倍、計測スピードも群を抜くものが有り(某無線誌でも実証済み)当社での正式採用機種に成りました。又、小型で周波数自動保持機能も備えていますのでLCD部を目視確認出来ない様な狭い場所でキャッチした電波も見逃す事無く計測出来ます。又AM変調の電波の計測にも対応し周波数を読み取り,受信機で即音声復調出来るリアクションチューンモデルです。
 
     Digital Scout

  (デジタル周波数カウンター)
同じくoptoerectronics社の比較的新しい10MHz〜2.6GHz(300uS以下のデジタルパルス対応)デジタル周波数カウンターです。通常の周波数カウンターですと5mV程度の感度ですが、この機種ですと700uVに感度アップしています。探知距離は約2倍程度に成ります。当社ではデジタルで性能を最大限引き出せる様調整を行い、特性を考慮したアンテナと組み合わせて使用しています。又内部の1000chメモリーへの周波数自動記録機能と1回のサーチで全周波数範囲を対象に計測出来ます。パソコンとの連携により周波数と日付け時刻データを自動記録出来ますので将来、デジタル方式リモコン盗聴器にも対応可能。(只今準備中)
 
        X Sweeper

   (自動電波記録装置)
世界を代表する周波数カウンターメーカーoptoerectoronics社の最新最高峰モデルです。その特徴は30MHz〜3GHz迄の周波数の電波を数分以内に感度20uVの高感度(感度調整機能付き)で複数の周波数をカウント後、周波数、出力を一覧表示し、フォルダごとに最大100ch、フォルダ切り替えにより合計1000ch迄をメモリーに全データを自動記録できる点に有ります。また多彩な測定周波数範囲の選択を可能にするバンドパスフイルター機能、さらに待機モードでは周波数と信号出力、日付時刻のデータ、同一周波数カウント回数等のデータを自動的に記録して行きます。又FMモードでの音声復調機能も内蔵していますのでその場で電波を確認できます。(リアクションチューンにも対応しています)

 
        WaRP
 (ハンディー型スペクトラム
 受信機)


(株)ニシヤマ製 ハンディー型スペクトラムレシーバー"WaRP"(RA-6910)
スペック 周波数範囲9KHz〜2060MHz、最大2MHzスパン(RBW12.5KHz、ステップ周波数12.5KHz時)での繊細なスペアナ表示、AM,FM,SSB復調機能、高精度スペアナ表示機能、周波数カウンター機能及び周波数カウンターと内臓スペアナ機能連動機能を内蔵、1600chメモリサーチ機能を内臓。
此れと良く似た製品でAOR社のSR2000Aが存在しますが、あちらはAC電源専用の機種ですので同じ中級機として使う場合も電源の利便性の悪さと受信機性能の中途半端さ(確認時に良く使う周波数帯25MHz以下の周波数が欠けている点)がある為、弊社では使用していません。此方の製品は完全電池動作(電池6本使用)が可能で固定受信機では中級機並み(AR8600mk2程度)の受信機性能(感度や音質さらには動作安定性)を持つ為、電源が取りにくい場所での盗聴電波観測やスペアナで割り出された盗聴周波数の音声確認用途やさらには車の中等から弊社の固定受信機AR5000A+3&SDU5600の調査に肉薄するほどの高精度な盗聴電波調査が可能と成っております。





 
            AR8200MK3
    (高性能ハンディ受信機)

基本性能の優れた受信機メーカーAOR社の最高級ハンディ受信機
FM,AM,LSB,USB、CW等アナログ波全てに対応し、内部メモリ2000cH、また近隣周波数の割り出し用途等にも対応出来る高機能バンドスコープも装備する。ハンディ型で非常に使い勝手の良い、言わば基本性能に優れたベーシックハンディ受信機として、盗聴波スキャンや盗聴電波の位置特定用途などにも活躍します。
・受信周波数範囲 530KHz〜3000MHz

 
    IC-R20 同モデル2台

(2波同時受信ハンディー型受信機)
世界有数の無線機メーカー、アイコム社の新型最高級ハンディ受信機を2台使用致します。この機種の特徴は周波数150KHz〜3.3GHzの受信周波数範囲と内部RFアンプ回路による高感度受信、そして合計200CHものオートメモリーライトスキャン機能、更にこの受信機1台で2波同時受信が可能な点に有ります。当社では固定受信機では受信不可能な3GHz〜3.3GHz迄の電波サーチ及び特殊スクランブル盗聴器の確認、探索用途に使用します。

 
       RAZ-ir SX
      (熱画像カメラ)
サーマルイメージャー(熱画像カメラ)は特殊な偽装や擬態が施された特殊盗聴器や盗撮カメラなどの電源が入った状態の機器等の幅広い発見の用途や或いはリモコン式盗聴器などが電波を発しないで待機状態に有る電気回路部分(盗聴器が有る部位)を特定するための見極め能力に優れ、これは電化製品内部などの電子回路が密集する回路基板の中から電気の通り道(電源の動作部分を特定)する用途では、有る意味NLJDが不得意とする電気製品の内部調査などにも大変有効に働きかけると言う意味に於いて、現在世界中の有力盗聴発見業者がNLJDと共にその有効性を認めた比較的新しい調査機材として普及が進んでいる機材です。

 
       AVIO F30
     (熱画像カメラ)

国産製熱画像カメラ
可視光カメラと熱画像とを切り替えしながら熱の発生している部位を特定する事が出来るモデル。
さらにレンズにフォーカス機能がある為、小さな基盤上の熱の発生部位の特定や放射温度測定機能なども装備する。
ボロメータ解像度160X120画素を有する中高級モデルです。

 
      PROPOWER-5
  (PLC信号測定用
ネットワークアナライザ)

米国測定器メーカーPROMAX社のPLC信号測定用ネッワークアナライザPROPOWER-5
この機材は本来100Vの商用電源を利用した有線LAN信号の測定を目的とした測定器ではありますが、弊社ではこの機材を有線式盗聴、盗撮器の測定機材の切り札として今回導入する事と成りました。
その理由は通常、数キロにも及ぶ有線の上を流れる信号の上限周波数は大体30MHz程度まで(現在のインターネットで使われるADSLの限界周波数)で有るのに対し、この測定器は距離にして数百メートル程度の伝送距離の周波数1MHzから50MHzまでの周波数帯の確認が可能でありさらに、本体内プリアンプ回路の内臓に拠り非常に高感度に測定出来る事からこの機材を導入いたしました。
弊社ではそれ以外の信号線であるアナログの電話回線を使った特殊な有線式の盗聴器や盗撮カメラから出る信号の確認用機材として有線調査機材のメイン機種として採用する事と成りました。

 
   OWON HDS3102M-N
(ハンディー型デジタルオシロ)



OWON HDS3102M-N ハンディー型小型デジタルオシロスコープ
スペック的には使用周波数帯域幅100MHz、サンプリング周波数500MHz/s、1MB内臓メモリ、FFT周波数解析機能、DIMM機能内臓、3.7インチ高解像度液晶画面(QVGA表示対応)の小型ハンディー型デジタルオシロ。
この機材は様々な電子機器内部や出力端子等から出力される電気信号の分析や解析作業さらには電話回線や電灯線などに流れるアナログ、デジタル信号を最大100MHz(有線式周波数の限界値を超える)まで解析可能と成ります。



 
配線チェッカー&高感度プリアンプセット

配線チェッカー&高感度プリアンプ
屋内の壁裏や天井裏などに配線された電話線や100V又は200V用電灯線などで電話線や配電盤のブレーカを一時切断する事無く(活線状態)のまま、壁裏等で最大40cm程度離れた距離から配線位置を確認する事が可能な配線チェッカー。
さらに弊社特製のプリアンプ回路で電話線や電灯線回線等に流れる微弱な低周波信号(アナログ音声信号)を高感度プリアンプで音声を拡大し確認する事が出来ます。




 
        FL-999
   (コンクリートマイク)
サンメカトロニクス社の最高級コンクリートマイクです。マンションなどで壁や床などに伝わる極めて微弱な音声信号等をを最大限度まで引き上げる性能を誇って居ります。
又、各種の音声フィルターや突然の大入力による耳への被害なども最小限に抑える音声リミッター等も備えるハイスペックモデル。


 
       DoseRAE2
      (X線測定器)

X,r線放射線測定器。
万一のX線カメラなどを使用した盗撮方法などにも対応出来る計測機器です。そう言う特殊な場合などでのX線発生器の使用を検出致します。この機器は信頼の於ける米国製の製品である事と測定範囲が放射線エネルギー測定範囲20KeV〜6MeV、放射線線量範囲0,01uSv/h〜10Sv/hまでの測定が可能と成って居ります。


 
      MD7S-716EXT

 (直径6mmビデオスコープ)
ファイバースコープ式と比べ、さらに高画質と言われるビデオスコープ製品としては最細クラスの直径6mm(タバコ1本の直径が7.5mmです)の先端部照度調整機能付インターロック型プローブ(形状保持機能付き)ビデオスコープです。此れにより電化製品内部や壁の隙間、コンセント内部の奥、天井の奥の隙間等光の無い所を調べられます。又、小型の90度側方確認用反射ミラーの取り付けにより横方向の確認も可能と成って居ります。

 
(先端口径3mm極細ファイバースコープ)

此れまで確認不可能とされていた、極狭い隙間などから内部構造や不審物などの目視確認を可能にする光学式ファイバースコープです。弊社ではその他様々なサイズの先端部(レンズ部分)がコントロール(首ふり動作)出来るファイバースコープをも所持しています。
 
      HF-Detector

    (6GHz電波探知機)
ドイツ製の電波探知機です。周波数20MHz〜6GHz、感度0.1uW〜10mWの性能を有し、4段階の感度レンジ切り替えと10段階のLED及びブザー音の変化で電波の強さを表示します。
 
        TWR-850

    (本格派盗聴発見器)
日生技研(株)製、電波モニター28MHz〜2GHzの周波数を感度50uWでFMモードとWFMモードで音声確認しながら電波探索します。

 
       TB-2000
(盗聴妨害用ノイズ発生装置)

盗聴器やコンクリートマイクを効果的に妨害する女性の声、男性の声に適した妨害ノイズ音を発生。

 
       WCH-250X
   (高周波型映像受信機)

サンメカトロニクス社の高周波型映像受信機(対応周波数900MHz〜6GHz)
最新の監視カメラで使われる事の多いFM-TV方式の映像電波を高感度に確認することが出来る特殊な映像電波に特化した映像専用受信機です。

 
        WCS-99X2
    (監視カメラ発見器)
>
900MHz〜2700MHz帯のFM方式のNTSCとPAL両方式(おもにに900MHz,1,2GHz,2,4GHZ帯)に対応した無線電波を利用した盗撮カメラ(アナログ式)の映像及び音声確認が出来る映像受信機。
2本の専用アンテナを自動で切り替え、最大20秒間で切れ目のない連続した、良くある映像周波数帯の全周波数間を高速自動サーチを行うアナログ映像受信機です。また微弱な盗撮カメラの電波にも鋭く反応し、比較的微弱信号の送信機から最大約200メートル程度の距離(出力にも拠りますが)で映像受信が可能です。
従来のWCS-99Xから新型になり新たにウルトラ高感度モードの追加と周波数範囲の拡大、音声受信機能の追加とサーチのスピードアップが図られた模様。

 
                TP25
(RF SISTEM社制スクランブル
映像受信機)

RF SYSTEM社の1.2GHz帯で使用されるスクランブル及びノンスクランブル方式無線カメラの周波数、全16チャンネルをカバーする専用受信機です。

 
           START
   (望遠型レンズ発見器)

プロ用途向け、光学式カメラレンズ発見器
光学レンズ部分に4倍の拡大鏡を備え、およそ30m以内に有るピンホールレンズ等の発見に役立ちます。

 
      スパイファインダー
  (光学式隠しカメラ発見器)
本場アメリカ(米軍開発)で唯一特許を取得された光学式の隠しカメラ発見器。
この機器は無線式カメラや有線式カメラなどを問わずに幅広く盗撮カメラ(ピンホールレンズカメラを含む)を発見出来ますので、隠された監視カメラや無線LAN方式のデジタル式の無線カメラなどにも充分対応出来る製品に仕上がっている様です。最近は類似品も数多く出回って居りますがその中には充分な発見距離が引き出せない製品も在るようですが、この機種の場合は強力な赤色LED6灯とよく吟味された赤色フィルターの組み合わせに拠り、レンズの直径1mm以下の弊社所有のRF SYSTEM製ピンホールカメラなども約3メートルの距離からはっきり映し出すことが確認出来て居ります。

 
        CID-1000

 (CMOS、CCDカメラ発見器)
全ての盗撮カメラに使われるのCCD及びCMOSから出る15.75KHzの映像信号を探知し動作中の全ての種類の隠しカメラをLEDの点滅とブザー音で知らせます。カメラ以外にも反応する場合が有りますが、このタイプはカメラで反応が有った場合綺麗なブザー音がしますので誤動作を防ぐ事が出来ます。
 
          IC-R3ss

   (広帯域映像受信機)
アイコム社製のAM-TV,FM-TV両方式対応の高利得RFアンプ内臓の高感度映像受信機。かなり古い時期の製品ですが、当社の実験では数ある映像受信機の中でも最も高い感度を有しており、特に25MHz〜2450MHzのAM-TVモード時の映像受信機能(VHF,UHFなどの営業用TV周波数の受信範囲も完全カバー)やFM-TVモード時には900MHz〜1300MHz,2250MHz〜2450MHzまでをカバー出来るため(最新の映像発見器ではカバー出来ない帯域までもカバーしてくれている為)、今現在でも有効に機能して居ります。

 
   KTR-400R,KTR-200R
(リモコン、スクランブル専用受信機)
ミクロン電子製リモコン盗聴器(KRT-400T、KRT-400RZとKRT-800T、KRT-800TAのC,Fタイプ)の電池式及び電灯線式リモコン盗聴器専用受信機とミクロン電子製リモコンスクランブル盗聴器(SCR-200T,SCR-200TA)専用リモコンスクランブル受信機

 
       DMF10zoom
   (携帯型金属探知機)

独BOSH社の携帯型金属探知機です。
このモデルは磁性金属(鉄)又は非磁性金属(銅、アルミなど)の識別及びその金属までの凡その距離までを示す事が可能と成って居ります。又、それ以外にも空洞や電線の位置の確認等にも対応致します。

実際の調査では様々な用途に応用出来る為、小型で大変重宝している機材でも有ります。

 
      D-TECT 150
   (壁裏不審物探知器)

BOSCH社D-TECT150壁裏不審物探知器
この機器の基本的な動作はレーダー方式を使った金属探知機の部類に属しますが、壁裏などに隠れた広い面積エリアに存在する、特に金属質の物体の金属種の判別機能やその金属の大きさの情報、さらに存在する位置や深さなどの情報などの検出の精度が高い点と下位モデルと比べ金属識別可能な最大探知距離は6cmまで拡大しています。(またそれ以外の物体(桟など)の探知距離は15cmとなります。)に特徴があり、弊社のNLJD(電子回路探知器)や熱画像カメラ、スペアナ等と併用して使用する事に拠り、さらにより高い調査精度を確保する事が可能となります。

 
  Explorer SE&Coilのセット
 (超多機能型金属探知機)
英国MINLAB社製トップモデル金属探知器
この金属探知器は電磁誘導方式を採用したモデルと成ります。その動作原理は先頭に有るヘッドコイルから照射された電磁波が金属により歪められた変化を感知する事で様々な情報を得る事を可能としています。さらにこのモデルの大きな特徴は比較的深い地点にある小さな金属まで探知、識別する事が可能とされています。

世界中のトレジャー・ハンター憧れの深い金属探知距離と正確な金属の種別の見極め能力を併せ持ち、金属探知器として現在考えられるあらゆる機能や操作が可能と言われ又操作が最も難しい機器と評される。

その他の特殊盗聴盗撮調査機材は此方



    Copyrite(C)2005 盗聴器発見調査,盗聴盗撮特殊対策 スキャンロックサービス All Rights Reserved.

盗聴器盗撮発見調査と特殊対策 スキャンロックサービス 弊社使用調査機材説明とスペック、仕様などの解説
盗聴,盗撮の現状と被害 盗聴器の種類 盗撮カメラの種類 自己防衛の方法と対策
当社の盗聴盗撮発見調査機材 会社の基本方針 盗聴、盗撮発見調査料金 スペアナ特性測定実験
会社の概要 盗聴盗撮質問フォーム 盗聴盗撮よくある質問Q&A X線透視調査について
盗聴器発見のHOME 特殊盗聴盗撮調査 金属探知器調査について 盗聴盗撮全国出張料金表
1