盗聴器の種類と解説-盗聴器盗撮発見調査と特殊対策 スキャンロックサービス

盗聴器の種類

■ここ数年間で、盗聴器のカテゴリに収まると思われる情報収集機器の種類、機種数も多くなり、最近販売されるタイプはより小型化され、偽装形態も多種多様化し、特に最近のタイプは偽装型盗聴器が多数開発されて来ている様です。もし犯人に多少の電気知識が有り、またその人物がその気に成れば何時でも雑誌や専門種などで知識を深めれば誰にでもあらゆる物の中に盗聴器を忍ばせることも出来ますし、また電池等に工夫を凝らした特殊な盗聴器や自作の偽装型や周波数改造型などの特殊周波数型なども作れてしまう恐れもあるのです。
此処では現時点で一般に誰でもが購入可能なタイプの盗聴器を紹介いたしますので大よその盗聴器の概念だけでもご理解下さい。

小型電池内臓式盗聴器 盗聴器本体とコイン電池等が一体化された、特に何処にでも忍ばせる事に重点を置いた盗聴器。
日用品偽装型盗聴器   傘や電卓、ACアダプターなど様々な日常生活で使われる製品の中に、実際にはそれとは分からない形でメーカーで予め高度な偽装を施された盗聴器。このタイプは最近非常に多機種販売される為、中々それと見極めるのが難しいタイプ。
外部電源依存型永久発信盗聴器 これは盗聴器本体部分と取り付けられる側の機器や回線ごとに電圧や電源の種類毎に専用に作られ、小型サイズで制作可能なタイプ。多少の知識で誰でもが独自の設置方法や改造などにも応用されやすいタイプ。
延長マイク型盗聴器 少し離れた場所から、特に第三者による便乗盗聴を防ぐ目的で使われる機種で、盗聴器部分はマイクで代用する為その部は極力小さく出来るメリットと電池交換が手元で出来る為一度設置されると厄介なタイプ。
ICレコーダー型盗聴器 此方も第三者による便乗盗聴を防ぐために使われる機器で設置が何処にでも可能な点が大きなメリット。また発見も難しい。
コンクリートマイク型盗聴器 マンションや会議室などで犯人がその部屋への侵入が難しい場所で、後に証拠を残さず一時的に厚い壁裏等から盗聴するタイプ。
電話回線設置型盗聴器 主に通話中の会話を盗聴する為の盗聴器ではあるが、部屋の音声や会話を拾うタイプの物もある。
デジタル型盗聴器 盗聴器自体は犯人が設置した携帯電話を使うが、最大の利点は盗聴している犯人は何時、何処にいても携帯電話の電波が届く地点であれば盗聴可能な点(移動する車の中やホテルなど)が大きな特徴。
NET盗聴器 被害者が普段使うパソコン本体やスマートフォン等の中にスパイウェア、マルウエアに類似する悪意のあるソフトウェアをインストールする事で、パソコンが動作中の場合、パソコン内臓の機能を乗っ取る形で様々な情報を盗み出すタイプ。更に最近この機能を使った盗聴や盗撮を行うソフトも一部で出回って来ております。
高度な特殊機能型盗聴器 盗聴器本体は小型が良いが、必要の無い一般人などには便乗盗聴させたくない、盗聴している事を知られたく無い、更に被害者に盗聴している事を悟られたく無い等。最近はこの様な特殊用途を満たすべく開発された最新盗聴器もいくつか販売されて来ております。
盗聴器販売価格にさらにもう少しお金を出せば、より発見を困難にした専用受信機のみで聞ける
スクランブル盗聴器
(SCR-100T,SCR-100R)(4種類の周波数を決められたコードに従い1秒間に20回高速切り替えを行う為、従来の受信機では正確な受信は不可能。)
手元のリモコン受信機により盗聴器の動作自体をコントロールする
リモコン盗聴器(この機種は仕掛けた本人が専用受信機で聞いている間だけ電波を発信する為、電波が発信されていない間は通常の受信機や盗聴発見器での発見は極めて困難な盗聴器。
注:<KRT-400T,KRT-400R>や<RC-SLEEPER>-(この方式は現在、2社から販売され、大きく分けて2機種が存在している模様)
近年販売された
リモコンスクランブル盗聴器
(SCR-200T,SCR-200R)リモコン盗聴器とスクランブル盗聴器の機能を合体させた製品も販売されて居ります。
さらには市販品と周波数をずらした
特注のリモコン盗聴器をメーカーに特別に制作依頼されたスクランブル盗聴器、リモコン盗聴器の特殊周波数タイプも存在する模様。
AM変調盗聴器、さらには携帯電話に外部マイクを接続しオート着信機能を利用し携帯電話の通話により盗聴するデジタル盗聴器
やさらに室内側で極微弱電波を利用した特殊なリモコン盗聴器を仕掛けておき室外側に専用の受信機と携帯電話利用式デジタル盗聴器を接続し日本全国から盗聴を行う方式の盗聴器-(KUR-400Z,KRT-400RZ)、さらに通常では盗聴器の電波が届かない遠方へ盗聴電波を飛ばす為の盗聴波中継器(RP-300A,RP-300D)まで存在します。
又、その気になればインターネットで
海外製の特殊盗聴器を輸入する方法も考えられます。去年ある無線ショップで携帯電話の内部を取り出しサイズを小さくしたデジタル盗聴器を車のルームライト内に仕掛けられているのを発見されたとの報告記事が載せられていました。それだけ盗聴器の高度化、偽装化が進んでいるのが現実です。
また近年の無線器のデジタル化の波に拠り、
デジタル簡易無線機を応用する形態でのデジタル盗聴器やデジタルアマチュア無線機などもその候補に挙げられます。現在無線ショップでデジタル方式の携帯型無線機(縦10cmx横6cmx奥行3cm)が数社より販売されて居りますが、それらをほんの少し個人で改造(外付けのPTTスィッチ、内臓VOX機能付き)等を追加して新たな秘匿性の高い長距離型デジタル盗聴器として利用する事も十分可能と思われる。
特定小電力デジタルトランシーバー
(DJ−P35D)は、デジタル通信方式に加え独自のケアモニタ機能(受信機側でペアに成る送信機側付近の音声を遠隔操作に拠って監視する事が出来る機能)が加わったデジタル式のリモコン盗聴器とも捉えられる驚異の盗聴器機能が備わっている事で有名なトランシーバーです。
この様に盗聴器等の無線通信機器の世界は日々進化を遂げつつ有ります。現在の技術力はこの様な水準にまで進歩してきています。


                       更に詳しくは此方のサイトをご確認下さい。



                一般に販売される盗聴器の参考写真
長時間発信型盗聴器(ULX-40) コネクタ型盗聴器(BC-700) コンクリートマイク型
盗聴器
(SK-300)
リモコン式盗聴器
(KRT−400T.KRT−400R)
リモコン盗聴器セット(RC-SLEEPER) リアルタイム追跡型GPSロガー
(WillGPS RT1050)
長時間追尾用間欠発信器(KTB-900S) 電話用小型盗聴器(UT-700) スクランブル式盗聴器(SCR100T,SCR100R) デジタルアマチュア無線機(ID-31) デジタル簡易無線機
(ICDPR3)
デジタル特定小電力トランシーバー
(DJ−P35D)



    Copyrite(C)2005 盗聴器発見調査,盗聴盗撮特殊対策 スキャンロックサービス All Rights Reserved.

盗聴器発見調査,盗聴盗撮特殊対策 スキャンロックサービスの盗聴器の種類と解説
盗聴,盗撮の現状と被害 盗聴器の種類 盗撮カメラの種類 自己防衛の方法と対策
当社の盗聴盗撮発見調査機材 会社の基本方針 盗聴、盗撮発見調査料金 スペアナ特性測定実験
会社の概要 盗聴盗撮質問フォーム 盗聴盗撮よくある質問Q&A X線透視調査について
盗聴器発見のHOME 特殊盗聴盗撮調査 金属探知器調査について 盗聴盗撮全国出張料金表
1