フロントブレーキのパッド交換作業
 フロントのブレーキキャリパの隙間から見えるパッドの厚みがそろそろ1ミリ前後になってきた。そろそろバッドも寿命のようだ。
 交換作業はショップへ依頼した。自分で作業することも考えたが、それには、専用工具が必要になってしまう。キャリパの固定ボルトとパット゜のスライドボルトのヘッドが12Pの一般的でない形状をしている。さすがに、これを貸してくれとは言えないな。
 データとしては、フロントブレーキは約1100キロで寿命というデータだ。すでにリアのブレーキは約8000キロで交換済み。
 
 作業は、鮮やかに進行していった。
まず、キャリパの脱着である。素人は、キャリパの脱着をしたがらないが、プロの間ではキャリパの取り外しは当たり前で、また取り外しての作業の方がやりやすいという。
 見ていると確かに、取り外した方が作業の段取りは良いようだ。まず、キャリパを固定している2本のボルトを取り外す。さらに、パッドを固定している2本のボルトも取り外す。
 これでパッドは、ストンと外れてしまう。そして、一端キャリパは再度仮組みしておく。

ここで、重要なポイントは、パッド固定のボルトに付着しているパッドかすや錆が出でいれば錆を落とし、スムーズにパッドが動けるようにしておくことである。 見落としがちな作業であるが、必ず点検整備すべき点である。
 また、ボルト類はウエスの上に置かれ、扱いも丁寧である。
いきなり、コンクリートの土間に置かれてしまう場合もある。だからどうということはないが、そこには作業に対するショップやメカニック姿勢というものが自ずと表れてしまう。こいう丁寧な作業を期待できるショップ少ないのが残念である。
 取り外したパッドは結果的にまだ使える状況ではあったが、やはり気分的にも使用限界のようである。これでもまだ使えるよとはメカニックの弁ではあるが、私は限界の判断である。
 パッドの表面の色合いから銅系の焼結メタルパッドのようである。連結剤として何を入れているかは不明であるが、1セット7000円弱の値段は安くない。イミテーションなら3000円くらいだろうか?
 パッドのエッジをヤスリで落とし、交換直後の当たりとブレーキ鳴きの防止をしてくれる。この作業を、今でもしているとはなんと丁寧な作業なのだろうか。パッドのエッジを落とすことでどの程度効果があるのは疑問であるが、バイク好きのライダならこの作業の丁寧さは感動ものである。横浜のケンタロウスあたりから一般化してきた整備テクニックと聞いた記憶があるが。
ただし、メーカの新車状態ではこの行程は組み込まれていないようだ。新車納入時に確認したが、ハーレでも国産メーカでも未実施のようだ。

 ブレーキパッドのスチールプレート側に鳴き止めのケミカル剤を塗布している。国産乗用車では、たっぷりと固めの接着剤のようなケミカル剤が塗られているが、バイクでは薄く塗ってあることが多いようだ。この程度でどの程度の効果があるのかは疑問だが、これのおかげかどうかは不明だが私のハーレではブレーキング時は鳴きの現象はない。
パッドを組み込む前に、ピストンの清掃と摺動確認をきちんとやってくれた。このあたりも良い作業だ。
 パッドを組み込んで、ピストンを押し広げて、組み付けます。組み付けもハンドラチェットで締め込んでいきます。インパクトでバリバリとはやりませんよ。
 最後に、ブレーキレバーを握ってピストンを押し出します。よくこの作業を忘れてしまうショップがあるそうです。これをしないと最初のブレーキで、ブレーキが効かず大変危険です。だからパッド交換後は、ピストンを押し出してブレーキが効くように準備しておきます。
 普通なら、エアブロとクリーニングしてハイ出来上がりなんですが、メカにックはやおらバイクにまたがり、テストランしてきますと出ていってしまった。
 おお、やってくれるじゃなの。このあたりのサービスに対するショップの姿勢をアピールしてるな。

 ここまでの鮮やかな作業で数千円。安いと感じるか高いと感じるかは人それぞれだが、個人的には次回もお願いしますだな。
 こちらが期待するレベル以上の作業内容にプロの凄さを感じた。こんなの当たり前な内容だと思うが、はたしてこの当たり前の作業を当たり前として作業してくれるショップは少ない気がする。
 パット゜を取り外し、取り付けるだけの作業である。普段なら見逃しがちなその作業の裏に投入されているプロならではの整備テクニックに、あらためて感動です。