ギャラリー15

八ヶ岳賛歌

口絵1 口絵2 口絵3 口絵4

花井 豊太郎



私は故郷でもある八ヶ岳の山域が好きで、よく通っています。
ご存知のように、岩稜のアルペン的な南八ヶ岳と、苔むす森と池の北八ヶ岳、
南北およそ30kmに及び、変化に富んだ顔を見せてくれるこの山懐に
浸りたくなるのです。
そんな美しい自然がいつまでも残って欲しいという気持ちを込めた
今回のギャラリーで、「八ヶ岳の山」を少しでも感じて頂ければ幸いです。



作品 (クリックで幅1024、高さ768ピクセル程の拡大画像を表示します) 作品番号
(画像サイズ)
タイトル
作品説明
水の旋律 Photo 1
(336kb)

水の旋律
八ヶ岳の渓谷は幾筋かあるが
萌える新緑から流れ落ちる滝は
瑞々しい。
水糸のごとく流れる滝を
切りとった。

5月上旬
川俣川東沢にて
霧雨に咲く Photo 2
(326kb)

霧雨に咲く
梅雨入りと共に、山のピークの
撮影は期待できず、
足は自然と森に向かう。
これも霧雨けむる白樺林に入り、
つつじ咲く雰囲気に
癒された一枚。

6月中旬
八千穂高原にて
原生林に映えて Photo 3
(387kb)

原生林に映えて
雨模様の山行でも、
森に入ると意外に雨が少なく、
しっとりとしていい感じだ。
根元から伸び始めた樹々の
葉先の緑が、薄暗い森の中で
一際映えていた。

7月上旬
峰の松目にて
山の朝 Photo 4
(339kb)

夏山の朝
晴れた山の朝は、
いつも爽やかだ。
日の出前から
ガスが消えるのを待って、
朝を表現できる時間ぎりぎりに、
やっと横岳が顔を出した。

8月上旬
赤岳にて
ブロッケン Photo 5
(140kb)

ブロッケン
阿弥陀岳にカメラを
構えていた朝、
突如、目の前のガスに
自分の影。
ブロッケン現象が数秒現れて
思わずシャッターを押した。

8月中旬
赤岳にて
ガス巻く岩稜 Photo 6
(195kb)

ガス巻く岩稜
山頂での朝・夕の撮影は、
山の情景の面白さを
味わわせてくれる。
夕方、横岳にガスが湧き上がり、
隠れる前にと、すばやく撮影。

8月中旬
赤岳にて
赤岳晩夏 Photo 7
(250kb)

赤岳晩夏
硫黄岳に向かう途中で
振り返ると、
逆光で光る縦走路の先に、
主峰赤岳が聳えていた。


9月上旬
横岳にて
権現岳と南アルプス Photo 8
(274kb)

権現岳と南アルプス
文三郎道から一汗かいて
赤岳山頂に立つと、
360度の展望に感嘆。


9月中旬
赤岳にて
白駒池秋色 Photo 9
(383kb)

白駒池秋色
高見石から眼下の白駒池が、
真紅の首飾りをした様に
見えて感動。
急ぎ下り、
秋空に紅葉の池を撮影。

10月上旬
白駒池にて
白樺爽秋 Photo 10
(344kb)

白樺爽秋
台風一過、
爽やかな晴天に恵まれ、
白樺林に点景する紅葉に、
雲と青空を背にした
秋の白樺が映えて爽快だ。

10月中旬
八千穂高原にて
 北八つ展望 Photo 11
(459kb)

北八つ展望
荒天明けで、
寒風吹きすさぶ山頂。
霧氷の草紅葉が眩しく
綺麗だった。
凍えながら展望撮影。

10月下旬
北横岳にて
晩秋の頃 Photo 12
(436kb)

晩秋の頃
八ヶ岳は、涸沢のような
鮮やかな紅葉は少ないが、
淡い黄葉が主体の味わい深い
秋彩を見せてくれる。
そんな尾根の晩秋に
安らぎを感じた。

10月下旬
蓼科山にて
冬の訪れ Photo 13
(424kb)

冬の訪れ
前日来の小雪混じりの
風雨があけ、
山は雪化粧に一変した。
原生林の緑に樹氷がついた
美しい光景に感動。

11月上旬
北横岳にて
樹氷の山 Photo 14
(335kb)

樹氷の山
吹雪いた後の新雪の中を、
膝まで埋まりながら
頂上に向かう。
ふと振り向くと
逆光に樹氷の山が
きらきら輝いていた。

1月中旬
北横岳にて
春を待つ沢 Photo 15
(237kb)

春を待つ沢
いつものこの時期、
沢にできる雪の形が面白い。
陽射しで影ができる
短い時間に撮影。


2月中旬
柳川北沢にて
阿弥陀岳早春 Photo 16
(387kb)

阿弥陀岳早春
凍てつく雪を踏みしめ
硫黄岳の登りに取り付く。
振り返ると阿弥陀が
朝の斜光に輝いていた。

2月下旬
赤岳鉱泉上部にて

作者

はない とよたろう
花井 豊太郎

花井 豊太郎 ****** プロフィル ******

1994年1月 山岳写真同人四季入会。
入会以来、四季の写真展および
四季の写真集に出品。
撮影フィールドは、主に八ヶ岳と
北アルプス。
これからも、ピークから樹木・水などまで
「山を感じられる」作品づくりに努めたい。
愛用のカメラは、ゼンザブロニカETRSi、
ニコンFM3A

ご覧になった感想を doujin_siki@yahoo.co.jp へお寄せ下さい.


本ホームページに記載の記事、写真の著作権は
山岳写真同人四季、もしくは本会の各会員に帰属します。
禁転載   Copyright (C) SHIKI 2005
All rights reserved.

表紙へ戻る