年   代 部   長 総監督 監   督 コ ー チ 主   将 主   務 あ ゆ み で き ご と
1925
(大正14年)
藤田 義彦      高橋 秀三 亀山  昇 明田 義一 クラブより部に昇格する。
学友会の幹事、高橋貞三氏の協力を得る。
部員総数20名。
1925.11.29
 創立50周年記念式典
烏丸通拡張され、アウ
ト・コートにて発足する。
1926
(大勝15年)
藤田 義彦      高橋 秀三 亀山  昇 明田 義一 八高、名古屋高商に勝つ、
(創部記念第一回遠征)
第1回日本学生相撲大
会優勝
12,25 大正天皇崩御
1927
(昭和2年)
河野  密      高橋 秀三 亀山  昇 明田 義一 簑島商業で合宿する。
第1回関西学生リーグ戦始まる。
京都連盟リーグ参加
 
1928
(昭和3年)
高橋 貞三   高橋 秀三    山形 槇雄 高安 進一 名古屋YMCAにて合宿練習する。
  (鶴前公園旅館)
第1回対明治大学定期戦  1勝2敗
天皇即位式滞在中
2,23 予科教室有終館出火焼失
総長以下理事全員引責辞職
第9回オリンピック大会(アムステルダム)
奉天大チーム来日する。
1929
(昭和4年)
二宮 源兵    高橋 秀三    山形 槇雄 高安 進一 東京遠征(第2回明治大学定期戦)早大、立教大と対戦する。 専門学校高等商業部新校舎岩倉移転
フィリッピン大學バスケットボールチーム来日(立教招待)
1930
(昭和5年)
松山  斌   高橋 秀三   山形 槇雄 高安 進一    12月 高等商業学校となる。
9,30 大日本バスケットボール協会創立
1931
(昭和6年)
松山  斌    高橋 秀三   後藤 正三郎 今村  誠 第1回 立教大定期戦始まる(於東京) 9,18 満州事変
1932
(昭和7年)
松山  斌    高橋 秀三   中川  稔 恩智 悦三 第2回 立教大定期戦(於京都一中体育館) 栄光館、ア|モスト館新島会館竣工
6,14 新島八重永眠
五,一五事件、犬養首相射殺
第10回オリンピック大会(ロスアンゼルス)
1933
(昭和8年)
松山  斌    高橋 秀三   山本 健一 恩智 悦三 鳥取にて合宿す。
チフスに感染し全員悩まされる。
明大バスケットボール部渡米
ハワイ大學バスケットボール
チーム来日。
1934
(昭和9年)
木島 誠三   高橋 秀三   辻村 良彦 山本  登 関西学生リーグ6位
入替戦で関大に敗れ2部転落 
室戸台風、関西に猛威
1935
(昭和10年)
木島 誠三    高橋 秀三 森   孟 中井 貴次 鳥居  献 夏期合宿、金沢市
歴代部長先生のなかでは和服ですごされたのは木島先生だけではなかろうか、バスケットのことは何もわからないと云いながら何事にも熱心
同志社商業高等学校武道場神棚設置事件おこる。 
1936
(昭和11年)
木島 誠三     高橋 秀三 森   孟 中井 貴次 勝本 常次郎 夏期合宿、若狭小浜にご指導願った事を今でも忘れられない。 2,26事件11,25 日独防共協定
第11回オリンピック大会(ペルリン)
第12回オリンピック開催地東京と決定
1937
(昭和12年)
菊川 輝太郎    高橋 秀三 森   孟 木内 邦明 湊  七三九    
1938
(昭和13年)
菊川 輝太郎    高橋 秀三 辻村 良彦 福間 正三 湊  七三九 中学校舎の移転に伴い練習コートも移転
アンツーカーコートができる。
5月、第1回東洋バスケットボール選手権大
会(神宮)
1939
(昭和14年)
菊川 輝太郎     高橋 秀三    近沢 正敬 久家 信一 2部より1部に昇格した年度。
アンツーカーのコートでの練習本格化練習前後のコート整理に新入生涙
9月、第二次世界大戦勃発
1940
(昭和15年)
菊川 輝太郎    高橋 秀三    高井 精三 佐藤 愛介 京大、立教には歯が立たず部員の数も少数、5対5の攻防がやっとできる。
粉河合宿で中毒合宿中止。
新島襄「良心碑」正門前に建立
日独伊三国同盟締結紀元2600年祝賀行事。
1941
(昭和16年)
児玉 実用    高橋 秀三    平野 和正 柏田 久彦 金寛珠(金安寛三)君新入生として入部、当時の長身センターとして関西6大學では京大と覇をきそう。
戦争に意気上る。
米穀配給、外食券制はじまる。
10・16、大學修学年限臨時短縮
12・8,真珠湾攻撃太平洋戦争に突入。
1942
(昭和17年)
児玉 実用    高橋 秀三    塚本 義夫 白井 俊夫 京大に惜敗、念願の関西リーグ優勝ならず、二位。
戦いも激しくバスケット用品の不足も目立つようになる。
新島襄遺品庫竣工。
運動種目の制限はじまる。
繰り上げ卒業はじまる。
1943
(昭和18年)
児玉 実用    高橋 秀三    牧野  修 田中 良生 19年1月京都聡合優勝大会京都二商クラブを下し優勝この大会を以てクラブ活動は戦争のため全面的に中断。 プール竣工12・1,第1回学徒出陣
4・18,山本五十六大将戦死
ゴルフ場の農園化
1944
(昭和19年)
児玉 実用   高橋 秀三    浅田 武澄 福田 正三 9月、在京メンバー(浅田・徳網・吉井)藤田洋服店々主主催にて戦前最後の送別会、これで全員軍隊へ入隊。 学徒勤労令公布
東京空襲始まる。
サイパン、グアム玉砕
1945
(昭和20年)
      高橋 秀三    森  文吾 福田 正三 10月、高橋氏と復員した森文吾氏の尽力にて、終戦後のクラブ活動再開される。
 21年2月、戦後初の公式戦関西学生学生選手権に京大を下し優勝
8・15 終戦
各種スポーツ復活のきざし。
1946
(昭和21年)
阿部  尚
 岡本 清一 
   高橋 秀三 辻村 良彦 森  文吾 福田 正三 6月、オール同志社の実現にて部員約50名を擁す。
7月、第2回関西学生選手権優勝。
8月、戦後第1回の合宿(於 松山)
秋、関西6大学リーグ戦再開。
1月、京都学生選手権大会再開京大に敗れ2位
教育の民主化勧告さる
11月、第1回国民体育大会
1947
(昭和22年)
児玉 実用   高橋 秀三 辻村 良彦 吉井  清 安井 三郎 7月、第1回西日本学生選手権準優勝
8月、第1回京大定期戦開催
1月、京都学生選手権大会優勝
新制中学、新制女子中学発足
大学体育を正課に決定
1948
(昭和23年)
児玉 実用   高橋 秀三 小森 正己 須藤 正彦 安井 三郎 小森氏コーチに迎える
リーグ戦優勝
夏期合宿、金沢 九頭竜
川渡し舟にて渡河
西宮体育館が唯一の試
合場。
新制大学設置(学制改革)
福井大地震
1949
(昭和24年)
児玉 実用   高橋 秀三 小森 正己 谷口 隆三 大倉 敬一 戦後初立教大戦、2勝す。
 リーグ戦2位 当時のスポニチ新聞批評「同志社自信過剰」とあり
商工2学部設置
湯川博士ノーベル賞受賞
同志社中学体育館新築
当時京都一の規模。
1950
(昭和25年)
児玉 実用   高橋 秀三 塚本 義夫 神先 荘治 小畑 喜作 立教定期戦2年連続優勝(2勝1敗)
名門山城高校より新人多数入学。
米進駐軍チ−ムとの対戦盛ん。
短期大学部設置
10・25,バスケットボール国際連盟に復帰
特需景気おこる。
1951
(昭和26年)
児玉 実用 高橋 秀三 辻村 良彦
須藤 正彦
小森 正己 山本 益三 橋本  弘 松本健等優秀選手集まる。
ワンハンドショット流行す。
関西学生リーグ入替戦にて山本主将奇跡のジャンプショットで1部残留。
同志社香里中、高設置
1952
(昭和27年)
児玉 実用 高橋 秀三 神先 荘治 神先 荘治 西島 靖之 橋本  弘 大型新人芥川入学 第15回オリンピック大会(ヘルシンキ)
新制大学による学生数急増。
1953
(昭和28年)
児玉 実用 高橋 秀三 辻村 良彦 神先 荘治 志賀 正明 河村 祐治 新入生は丸坊主で練習に専念する。多少抵抗あり 新人戦優勝。 2月、明徳館竣工。
1954
(昭和29年)
児玉 実用 高橋 秀三 辻村 良彦 神先 荘治 松本  健 西岡 昭七郎 松本健、芥川、田中、別府、柴垣の充実チーム同志社、長身時代のはしりとなる。 短期大学部発展解消
同志社大学2部となる
バトミントン世界選手権に上田益弘出場。
1955
(昭和30年)
児玉 実用 高橋 秀三 辻村 良彦 神先 荘治 芥川 芳男 西岡 昭七郎 西日本優勝
一岡・深田等新人入学
九州中津で合宿
女子大学デントン館竣工
高等学校礼拝堂竣工
神武景気時代
1956
(昭和31年)
児玉 実用 高橋 秀三 辻村 良彦 神先 荘治 田中 武己 広瀬 浩二 同志社、関学、関大三強時代続く。
人形寺で有名な宝強寺で合宿する。
3月、寧静館竣工。
猪谷千春、冬季オリンピック二位となる。
1957
(昭和32年)
児玉 実用 高橋 秀三 神先 荘治 神先 荘治 平岡  亨 中川 武洋 丹後宮津で春季合宿
春の合宿年中行事の一つとなる。
不況時代
1958
(昭和33年)
児玉 実用 高橋 秀三 神先 荘治 神先 荘治 一岡 淑夫 若林 義雄 リーグ戦無敗同士で関学大と決戦
一勝二敗で二位
リーグ戦中向日市で合宿す。
12月 高等学校桑志館・鶏鳴館竣工
フラフープ流行
1959
(昭和34年)
児玉 実用 高橋 秀三 神先 荘治 神先 荘治 細野 修司 石河 善康 リーグ優勝
当時のセンター細野、身長176cm名ガード西村活躍
日本電池新町工場買収弘風館竣工
皇太子結婚パレード
1960
(昭和35年)
児玉 実用 高橋 秀三 神先 荘治 神先 荘治 菅  竜男 一岡 偉雄 西日本学生2位
名シューター菅、G桑原頑張る。
静岡高校出身選手活躍目立つ。
第17回オリンピック大会(ローマ)
ラグビー部創立50周年式典。
1961
(昭和36年)
児玉 実用 高橋 秀三 神先 荘治 神先 荘治 桑原 英明 一岡 偉雄 岩田芳夫御所マラソンで名誉の負傷、心配する
全国から選手集まり最盛期迎える。
レジャーブーム始まる。
1962
(昭和37年)
児玉 実用 高橋 秀三 神先 荘治 神先 荘治 永田 勝也 山村 俊雄 西日本優勝 以来4連勝
桜田・松村・角田頑張る。
第1期ピーク始まる。
1月 尋真館竣工
3月 女子大純正館
5月 アモスト館ゲストハウス竣工
12月 大成寮竣工
1963
(昭和38年)
児玉 実用   築柴 善治郎 神先 荘治
細川  磐
角田 洋治 渡辺 鉅基 この3年間神先荘コーチの育てた大和等長身選手に細川磐氏をコーチに迎え、西日本学生3年連続優勝を始め、関西学生リーグ2年連続優勝、全日本学生選手権3位入賞等、戦後における黄金時代を迎える。 7月 神学館献堂
山岳部ヒマラヤ・サイパル・ヒマール登頂に成功。
ケネディ暗殺
1964
(昭和39年)
児玉 実用   築柴 善治郎 神先 荘治
細川  磐
和田 義彦 成田 公彦 9月 博遠館竣工
第1回全日本ラグビー選手権、同大優勝
第18回オリンピック大会(東京)
1965
(昭和40年)
児玉 実用   築柴 善治郎 神先 荘治
山本 益三
渡仲  澄 長田 明彦 3月 プール竣工
11月 90周年式典
 〃  大学会館開館
1966
(昭和41年)
児玉 実用 山本 益三 西島 靖之 西村 雅耶
酒井 恒夫
尾関 公彦 和田 正彦 大阪在住の若手スタッフを迎え現役の指導にあたる。
西日本学生準優勝
関西学生リーグ3位
インカレE組早大に敗れる
3月 扶桑館竣工
8月 高校体育館竣工
10月10日
第1回体育の日
1967
(昭和42年)
児玉 実用 山本 益三 西島 靖之 西村 雅耶
酒井 恒夫
宇野 昌弘 広中  昇 西島監督2年目
西日本学生選手権4位
関西学生リーグ2位
インカレH組明大に敗れる。
4月 至誠館竣工
吉田茂国葬
1968
(昭和43年)
児玉 実用 山本 益三 西島 靖之 西村 雅耶
酒井 恒夫
山合 成司 広中  昇 スタッフ3年目
西日本学生準優勝
関西リーグ4位
京都総合優勝
西村・酒井コーチ引退
西島監督関西学連理事となり深田氏に次期をたくす。
第19回オリンピック(メキシコ)にボート部エイト日本代表。
1969
(昭和44年)
児玉 実用 山本 益三 深田 繁男 深田 繁男 細井 賢司 小野 哲利 我が国初の2メータープレイヤージャンボ沼田選手入学。
全日本学生準優勝
敢闘賞 金下選手受賞
6月 全学バリケートスト半年間教学マヒ状態
学生運動各地で盛ん東大封鎖解除
1970
(昭和45年)
児玉 実用 山本 益三 深田 繁男 高原 邦嘉 林  民夫 富田  仁 アジア選手権日本優勝(東京)沼田選手出場
全日本学生3位
得点王・優秀選手賞 沼田選手
赤軍派学生よど号乗取り。
山岳スキー部立山遭難7名死亡。
山岳部ヒマラヤダウラギリ登頂成功。
1971
(昭和46年)
薬師川 虹一 山本 益三 深田 繁男 深田 繁男 藤原  徹 富田 正原 関西学生リーグ連勝街
道に向かってバク進。
天皇・皇后両陛下欧州
訪問。
1972
(昭和47年)
薬師川 虹一 山本 益三 深田 繁男 深田 繁男 鶴川 順康 福地  繁 沼田選手ミュンヘンオリンピック出場。
オールジャパンにて日本リーグ優勝の日鉱に快勝
同大バスケット史上最強チームと目されるもインカレで中大に惜敗ベスト8
名コーチ深田氏引退
第20回オリンピック(ミュンヘン)
田中首相 中国訪問
連合赤軍「赤間山荘」ろう城
グアムより横井庄一氏救出。
1973
(昭和48年)
薬師川 虹一 山本 益三 深田 繁男 桑原 英明 森  幹博 柳本  博 関西学生リーグ40連勝ならず、関学に敗れる、沼田・尾前の負傷、無念!
インカレ立教に敗れベスト8に同大の勇姿見られず
新図書館竣工
1974
(昭和49年)
薬師川 虹一 山本 益三 桑原 英明 桑原 英明 阪田 修三 楠神  博 阪田選手を除いてレギュラー選手大量卒業。
関西学生リーグ最優秀選手賞阪田主将
 
1975
(昭和50年)
薬師川 虹一   西島 靖之 鶴川 順康 松本 晴夫 杉原 久士 新入生の獲得無し
選手12名
同志社創立百周年記念
式典 京都国際会館
1976
(昭和51年)
薬師川 虹一   西島 靖之 鶴川 順康
藤原  徹
平  家文 大沢 稔彦 関西学生リーグ四年振りに優勝
創部50周年記念韓国遠
征 団長 築柴・副団長
 田中・監督 西島
 
1977
(昭和52年)
薬師川 虹一 山本 益三 大塚 貞巳 鶴川 順康 渡辺 善雄
(旧姓・宮川)
大沢 稔彦
三船 洋子
(旧姓・稲垣)
対京都大学定期戦14年
ぶりに再開
巨人軍王選手756号ホ
ームラン(世界最高)の
記録達成。
1978
(昭和53年)
薬師川 虹一 山本 益三 大塚 貞巳 金下 政弘 山田 文明 野崎 義夫 新人戦優勝 蜷川革新府政に終止符
相撲部の藤沢君第56代
学生横綱
1979
(昭和54年)
薬師川 虹一 山本 益三 大塚 貞巳 富居  富 山口  隆 野崎 義夫 体育会主催の4私大定期戦にバスケットボール部も参加。
西日本学生選手権10年ぶりに優勝。
同志社百年史完成
1980
(昭和55年)
薬師川 虹一 山本 益三 大塚 貞巳 富居  富
金下 政弘
石原 雅二 野崎 義夫 インカレで関東三位の筑波大を破るもベスト8に入れず。 相撲部の服部君第58代
学生横綱。
1981
(昭和56年)
薬師川 虹一   芦田 庄司 富居  富 和田 雅也 安田 仁裕 関西学生リーグ5年振りに優勝。  
1982
(昭和57年)
薬師川 虹一   芦田 庄司 富居  富 神足 孝裕 安田 仁裕 関西学生リーグ2年連続優勝。 水泳部の大畠君アジア大会で金、銀メダル。
1983
(昭和58年)
薬師川 虹一   芦田 庄司 富居  富
沼田 宏文
表  雅史 木成 義隆 新人戦優勝 日本海中部沖地震
上野総長勲一等瑞
宝章受賞。
1984
(昭和59年)
薬師川 虹一   芦田 庄司 富居  富
沼田 宏文
川合 正明 近藤 彰宏 神戸にてインカレ開催される。 上野総長逝去。
1985
(昭和60年)
薬師川 虹一   芦田 庄司 富居  富
尾前 光昭
浜田 孝美 儀満 靖子
(旧姓・藤井)
関西トーナメント9年ぶりの優勝。
創部60周年記念試合を対延世大とおこなう。
新島会館新築落成。
1986
(昭和61年)
薬師川 虹一   富居  富 尾前 光昭 竹島 和茂 井森  敏
(旧姓・岩本)
関西トーナメント2年連続優勝、関西リーグ4年ぶりの優勝。
浜田君学生VS日本リーグオールスターに出場。
インカレ惜しくも6位
田辺校地開校
全学部の1・2年生
田辺にて学ぶ。
1987
(昭和62年)
薬師川 虹一   富居  富 尾前 光昭 芦田 尚彦 井森  敏
(旧姓・岩本)
旭招待試合に招かれる。
関西リーグ2連覇ならず準優勝。
 
1988
(昭和63年)
薬師川 虹一   富居  富 尾前 光昭 近石 裕幸 前田 泰志 インカレ2年連続で秋田経法大に破れる。 商学部スポーツ推薦
選抜入試初年度
1989
(平成元年)
薬師川 虹一   富居  富 深田 繁男 宮本 善文 前田 泰志 インカレにて早稲田大を破るもベスト8ならず。 昭和天皇崩御、元号
改め平成となる。
1990
(平成2年)
薬師川 虹一   富居  富 深田 繁男 野々上 邦浩 佐藤 ひろみ インカレ2年連続早稲田大を破る。
北海道(旭川)で初めての合宿。
 
1991
(平成3年)
薬師川 虹一 富居  富 阪田 修三 山下 幸雄 勝谷 忠嗣 佐藤 ひろみ   神、文、経、工、各学部
のスポーツ推薦入試制
度が変わる。
1992
(平成4年)
薬師川 虹一 富居  富 長瀬  博 阪田 修三 吉川  力 坂田 美佐子 佐藤君オールジャパンにて優秀選手賞受賞 バブル経済の崩壊
各企業の採用が激減。
1993
(平成5年)
薬師川 虹一 富居  富 長瀬  博 阪田 修三 河野 秀孝 増見 衣代    
1994
(平成6年)
源馬 英人 富居  富 長瀬  博 阪田 修三
金本 二郎
田中 宏樹 増見 衣代 薬師川部長定年退職
新部長に源馬先生
工学部統合、大学院も田辺
1995
(平成7年)
源馬 英人 富居  富 尾前 光昭  阪田 修三 久保 修文 河合麻衣子 関西学生リーグ4位  
1996
(平成8年)
佐藤 義彦 富居  富 尾前 光昭 日下部大次郎
浜田 孝美
木本 憲宏 岡本  恵 全関西学生2位
西日本学生九産大に敗れベスト8
関西学生リーグ2位
 
1997
(平成9年)
佐藤 義彦 富居  富 尾前 光昭 日下部大次郎
浜田 孝美
竹原 太一 河村 久美子 全関西・西日本・学生リーグ準優勝。
京都総合優勝
インカレ仙台大に惜敗
オールジャパン出場権失う。
同志社バスケ部ホームページ開設(5月)
1998
(平成10年)
佐藤 義彦  富居  富 尾前 光昭 日下部大次郎
山本 泰三
清和 健太郎 安井明日香 全関西4位・西日本6位リーグ戦8位  
1999
(平成11年)
佐藤 義彦 富居  富 尾前 光昭 日下部大次郎
山本 泰三
長澤 諭史 安井明日香 京都総合準優勝
全関西3位・西日本6位
リーグ戦2位
インカレ28年ぶりベスト4
 
2000
(平成12年)
佐藤 義彦 富居  富 尾前 光昭 日下部大次郎
田中 宏樹
栗田  裕 大田 真理 京都総合優勝
全関西優勝・西日本4位・リーグ戦3位
シドニーオリンピック高橋尚子女子マラソン金メダル 
2001
(平成13年)
佐藤 義彦 富居  富 尾前 光昭 阪田 修三
島田 正彦
宮地 完登 藤原 晶子 京都総合優勝
全関西ベスト16・西日本4回戦敗退・リーグ戦9位
 
2002
(平成14年)
佐藤 義彦 富居  富 山下 幸雄 阪田 修三
澤田 晋一
奥田 秀樹 飯島奈津美 全関西ベスト8・西日本5回戦敗退・リーグ戦11位・史上初の2部転落 OB会副会長尼口氏逝去(11月)
2003
(平成15年)
佐藤 義彦
富居  富
長瀬  博 山下 幸雄 阪田 修三 林 卓司 吉田千春 全関西5位・西日本5位・リーグ戦初の2部も優勝で1部復帰果たす 阪神タイガース18年ぶりリーグ優勝
アジア大会6位アテネオリンピック出場ならず

部歌作詞者湊七三九氏逝去(10月)
2004
(平成16年)
田井 義信   長瀬  博 阪田 修三 武田 大輔 吉田千春 佐藤部長定年退職
新部長に田井義信先生
 
2度目の2部転落
アテネオリンピック  
2005
(平成17年)
田井 義信   鶴川 順康 渡辺 善雄
久保 裕(AC)
今井 貴彦 森田 文 京都総合2回戦で敗退、近畿総合への出場権失う。
2部リーグ戦優勝1部へ復帰 
 
2006
(平成18年)
濱 真一郎   鶴川 順康 久保 裕 土井 徹也 佐々木 桃子 新部長に濱真一郎先生
3度目の2部転落
 
世界選手権日本で開催(8月) 
OB会副会長別府氏逝去(10月)
2007
(平成19年)
濱 真一郎 副部長
富居  富
沼田 宏文 高原 邦嘉 満見 幸毅 田中 万貴 新スタッフにフルタイムコーチを迎える
関西選手権三位入賞
2部リーグ戦制止一部昇格決める
FIBAアジア大会(北京オリンピック予選)徳島で開催(7・8月)
2008
(平成20年)
濱 真一郎 副部長
富居  富
沼田 宏文 高原 邦嘉 熊谷 弘基 田中 万貴 1部リーグにて2位の好成績で8年ぶりインカレ出場権獲得
インカレ9年ぶりベスト8入り
9年ぶりオールジャパン出場(1回戦勝利は22年ぶり)
北京オリンピックバスケット男女とも出場ならず
2009
(平成21年)
濱 真一郎 副部長
富居  富
沼田 宏文 (HC)
高原 邦嘉
(AC)
榊原 大輔
田中 喜陽 船越 舞 関西選手権3位
西日本大会新型インフルエンザのため中止
関西選抜チームに田中、井関、植村の3名選ばれる
リーグ戦6位となり大阪インカレ出場ならず
9月政権交代民主党第1党へ
11月関西学連80周年記念式典
 2010
(平成22年)
濱 真一郎 副部長
富居  富
沼田 宏文 (HC)
高原 邦嘉
(AC)
榊原 大輔
井関 慎平 吉永 愛美 関西選手権4位
西日本大会
ベスト8
関西選抜チームに井関、植村の2名選ばれる
リーグ戦6位インカレ出場権逸す
バンクーバ冬季オリンピック
2011
(平成23年)
濱 真一郎 副部長
富居  富
沼田 宏文 (HC)
尾前 光昭
(AC)
加賀美伸彰
山崎 哲平 常山 咲香 関西選手権3位
西日本大会
ベスト8
フィッリッピン遠征、アテネオ大と親善試合
関西選抜チームに植村が選ばれる
リーグ戦4位インカレ出場権を得る
近畿総合4位

インカレ3年ぶり出場も1回戦関東1位青山学院に敗戦
新人戦28年ぶり9回目の優勝
3月11日東北地方太平洋沖地震M8.8未曾有の大被害
2012
(平成24年)
濱 真一郎 副部長
富居  富
沼田 宏文 (HC)
尾前 光昭
(AC)
加賀美伸彰
岸本 将也 塩月 景子 関西選手権6位
西日本大会準優勝
関西選抜チームに谷口、田野の2名選ばれる

リーグ戦5位でインカレ出場権獲得
インカレ1回戦敗退
新人戦2連覇ならず
7月ロンドンオリンピックバスケット男女共出場ならず
2013
(平成25年)
濱 真一郎 副部長
富居  富
沼田 宏文 (HC)
尾前 光昭
(AC)
加賀美伸彰
藤堂 慈 藤本 叶瑠 関西選手権7位
フィリピンの名門アテネオ大を迎えて親善試合(5月)
西日本大会ベスト8
関西選抜チームに谷口、田野の2名選ばれる

リーグ戦5位でインカレ出場権獲得
インカレ1回戦青山学院大に敗退
1月:NHK大河ドラマ「八重の桜}放映始まる
2014
(平成26年)
 
 濱 真一郎 副部長
富居  富
 沼田 宏文  (HC)
尾前 光昭
(AC)
加賀美伸彰
田野 司 山中 麻衣 関西選手権7位
西日本大会ベスト16
関西選抜チームに谷口、田野の2名選ばれる

リーグ戦準Vでインカレ出場権獲得
 アジア競技大会男女共銅メタル
11月:FIBAから国際大会の出場禁止など、無期限の資格停止処分
2015
(平成27年)
 
濱 真一郎  副部長
上林 清考
 尾前 光昭  (HC)
尾前 光昭
(AC)
加賀美伸彰
改田 賢太 郡 悠希 6月:創部90周年記念式典
関西選手権5位
西日本大会ベスト8
関西選抜チームに荒谷が
選ばれる
 
 2016
(平成28年)
 
濱 真一郎   副部長
上林 清考
 尾前 光昭  (HC)
加賀美伸彰
(AC)
藤堂 慈
高野 慎也  小崎 由貴 関西選手権ベスト16
西日本大会ベスト8
関西選抜Bチームに村井・古村が選ばれる