フロントフォーク・オーバーホール(倒立・マルゾッキ・シール 交換編)

クラブの友人からドカテイのフロントフォークのシールがメゲてしまい
OILがだだ漏れなのでシールを交換したい!っと連絡がはいり
予定の無い日曜日に来てもらい作業開始!!



イタ車はパッション・レッドが良く似合う(⌒∇⌒) メカとしての美しさがありますね!

先ずはリアをスタンドで固定して!っと・・・



お次はフロントもスタンドで持ち上げて、Fフェンダー外します!

使っているスタンドはジョイント部の金物を交換するとリアにも使える兼用型!しかも安い!重宝してます(⌒∇⌒)



久しぶりの作業で手順間違えて悪戦苦闘!何とか取り外し・・・(;^ω^)ヤレヤレ



毎度のこんな姿に・・・(;^ω^) キャリパはタイラップでフレームに仮留め!

Bキャリパも汚れたり、漏れたOILでべっとりなので後で洗浄!




倒立フォークなのでトップキャップに苦労すると思ったら、意外にすんなりとバラせてしまいました。
以前CBのダンパを外すのに苦労した経験が生きました(⌒∇⌒)
楽にできる特殊工具は高いし、その作業にしか使えないので一般工具で頭を使って作業!
この辺の試行錯誤が実は面白かったりします・・・どM?(笑)



手持ちの工具やパーツの中から使えそうなものを探したり、組み合わせたり、加工したり。
プロの方はこんな時間や手間のかかる事はしないでしょうが、自分は趣味なのでこんな時間が
楽しかったりします。 当然こういう時間を共有して貰える友人しか手をだしません(⌒∇⌒)

キチンとしたい!早くしたい!キレイにやりたい!・・・そんな方にはショップをお勧めしてます。
中にはお金かからないじゃん!っとすさまじい事を平気で言う強者もいますしね(笑)

基本的には自分のバイクは自分で整備しましょう!お手伝いはしますよ!っというスタンスです。




見事にシールが切れてます(笑)
ゴムの劣化もありますが、シールの芯になっているプレートが錆びてちょっと爆裂の様にもみえます。
やはりシール・・・特に可動部分はある程度の経年劣化を考慮してメンテした方が良さそうですね。

スライド(メタル)カラーのコーテイングはまだいけそうなので、オーナーさんの意向で今回はそのまま。



古いシールをとっとと外して!
あ!スライドCは予め外しておきます、金物にコーテイングしてあるので傷が付きやすいので。




外した順番と逆に組み立てます。 オーナーさんが用意したシールは社外品ですが純正よりも
柔軟性や耐久性がUPしているものらしいです、色からしてシッカリしてますね(⌒∇⌒)



アウター・チューブに戻して、リング・ピンはめて、ダンパーを収めます。
左のチューブから出てる黒い紐はタイラップ! OILを入れてエア抜きする際に手を放すと
ダンパが潜っちゃうので(笑)引っ張りだし用!



OILを規定量入れてエア抜き、スプリングやカラーを戻してトップキャップを付けて元通り!
今回は油面調整はハショッて油量のみで調整!(整備データが手に入らず(≧▽≦))

デイスクやホイルについたOILも脱脂! ベアリングのグリスもふき取り&塗り直し!




シールもシッカリして気持ちの良い輝き(⌒∇⌒) 元のステムに差し戻します。



タイヤを戻してトルクレンチでナットを絞め込みます。



パッドも外して洗浄、デイスク・キャリパやポッドも洗浄・脱脂!
特にOIL漏れしてた右側は念入りに(≧▽≦)



フェンダーを元に戻し、ネジの増し締めチェック後、試験走行!(写真は整備前の物です(≧▽≦))

シールからの滲みや筋等の無い事を確認、動きもスムーズなので整備完了!!

PS=今回は右側(アクセル側)のシールが切れてOIL漏れ!シールとダストカバーを両方交換!
右側はダンパも外しクリーニングしましたが、左側のダンパ外しの際に工具が壊れてしまい
シールの交換に支障がなかったので、次回ダンパーのチェック&メンテをする事に!

何故かOILは右側は結構汚れていたものの、左側は全然汚れが見えず・・なぜ?って感じでした。
左のダンパーがスカスカだったので、もしかしたら右側に負担がかかっていたのかもしれません。

壊れた工具も買い直したので近いうちにもう一度ダンパーのチェックがてらメンテするつもりです。

2015.09.26記