Resource Hacker - 概要

Resource Hackerとは

私はノートPC、マウス無の環境なので(2003.3.12時点)、ショートカットキーをカスタマイズできないタブブラウザは普段使わない。だがこの度「Resource Hacker」というソフトを利用しショートカットキーを変更できたので報告する。Resource Hackerはリソースを書き換えるエディタで無料で利用できる。リソースとは、ユーザーに情報を提供するインターフェイス要素のことでMSDN-リソース ファイルの操作より)、メニューやダイアログボックス、アイコン等は全てリソースである。

なおResource Hackerによるリソースの書き換えは自己責任で。

ダウンロード~起動

まずResource Hackerをダウンロードする。Japaneseバージョンを選ぶように。今回ダウンロードしたのはVer 3.4.0である。ヘルプも日本語であるのが嬉しい。またリソースを書き換える際はオリジナルのバックアップを必ずとること。

ここではタブブラウザのぶら。のページメニューとショートカットキーをカスタマイズする(最新版のぶら。はショートカットキーのカスタマイズに対応しているのでここから変える必要はない)。

ResHacker.exeを起動。[ファイル]-[開く]で以下の画面。

bura.exeを選択。なおbura_original.exeはResource Hackerが作ってくれるバックアップ。すると下の画面。

左の項目に関する1つ1つの説明は割愛する。Menuがページメニューの情報を、Acceleratorsがショートカットキーの情報を格納している。

それでは次で実際に書き換えを始めよう。