2004/02/01/san ご近所探検隊が行く!! 〜地蔵峠編〜
知っているようで知らない近所の道。狙い目は地図上の色のついていない道や点線の道…。 果たしてどの様な発見があるだろうか…。今回は(群馬県)高崎〜県道33号線(渋川松井田線) の地蔵峠、及びその周辺の散策が目的。

朝8:00にS先輩宅へ。予定ではすぐに出発するつもりだったが、色々と準備をしたり している内に出発時間は9:00に。 先ずは県道48号線の風戸峠(510m 榛名町/安中市) に行くために国道406号(草津街道)沿いの裏道を走り、森下橋(榛名高校近く)の交差 点から県道130号へと入ります。しばら登坂が続き、上りきった所で風戸峠へ向かう県 道48号への分岐が左に見えてくるので、そこを左折し再び上っていきます。

裏道  風戸峠へ

こうして、峠終盤のヘアピンカーブの所に地蔵峠に繋がると思われる小道があるので入っていきます。 路面は古くなったコンクリートで所々苔が生えています。更に木の枝や葉が散乱していて上りにくいんですが…結構楽しい。 分かれ道も幾つかあり、ちょっと遊ぶには良さげです。

小道入り口

そして、突き当たりの分岐を右に曲がり、ガサガサとダートを行くと…森熊林道の支線(舗装路)に出ました。 車も来ず、静かな林道でなかなか気持ち良いです。しかもアップダウンが殆ど無いのでのんびりと走れます。

森熊林道

こうしてスローペースで林道をなめる様にはしり、途中から県道157号へと下っていきます。 157号も狭い道でなんだか穏やかです。そして、ここで一休み。



そして再出発後、前方に自転車乗りの敵が・・・犬です。人里はなれた民家等では放し飼いの犬がウロウロしている 事が良くあります。暫く離れて様子をみていましたが、ここで引き返すのも悔しいので後ろから来た車の後 ろについて登坂を猛ダッシュ。疲れた…。今回は様子を見るだけで追ってきませんでしたが、明らかにヤバイ 犬も遠くにいました。…犬は勘弁してください。という事で、この道は良い道でしたがボツ。

すると今度は分かれ道。両方とも砂利の敷かれたダート林道(東地蔵峠林道)。この林道で峠に抜けることが出来ます。 ここは右を選択。でも、本当は左が正解でした…。この林道は砂利が深くて走り難い。途中からガンガンと山を下っていくと…なんと行き止まり…。 随分下ってきたので戻るのも大変。もう、笑うしかないです。

東地蔵峠林道

ここで諦め切れず、すぐ手前にあった小道を行くことに。後々分かったことですが、この小道は送電線の鉄塔 を管理するのに使う道らしいです。といっても、車も入れない山道ですが…。管理用の標柱を頼りに進んでいきます。

小道入り口 休憩…

もはやアドベンチャーワールド…。乗って、押して、担いで。時には斜面沿いの非常に狭い階段を落ちないように 進んだり…この階段が崩れないかが不安だった…。

こうして何とか無事に麓の県道33号線(松井田側)に出てくると随分と地蔵峠から離れてしまいました。 という事で早速地蔵峠へと上り始めます。

県道33号線

峠に到着後、下って直ぐに左の地蔵峠林道(ダート)へと入っていきます。アップダウンが無い道で結構良い感じ です。途中、雪が残っていたりして面白いし…。

地蔵峠林道

4・5キロ走ったところで道は松井田側に下り始めT字路に。しかし、この先は時間が無いため左折して再び県道33号 へと向かいます。ここの下り道もダートでしたが砂利の敷いていない道だったため軽快、軽快♪ 気持ちよく下り、 長野新幹線の下を潜ると松井田側の県道33号に出てきました。こうして再び地蔵峠を越えて、帰りは国道406号といつもの 国道沿いの裏道で高崎へ直行。その後、洋麺亭でたらふくパスタを食べて帰宅。

今回は近所でも内容が濃く楽しかったです。

今回の走行距離/群馬県高崎市〜地蔵峠〜/82,0km

ツーリング日誌トップへ Topへ