「我が助けはどこから来るのか、我が助けは来る、天地を造られた主のもとから」 旧約聖書 詩篇 121篇1b、2節

1985年2月、私は生まれて初めてキリスト教会を訪ねました。 小説「塩狩峠(三浦綾子さん著)」を読んでキリスト教に興味を覚え、キリスト教とは縁もゆかりもない私でした。あれから数十年の時が経ち、様々なことがありました。
教会を訪ね、洗礼を受け、クリスチャンとならなければ、また別の人生があったのかもしれません。けれども、今私は、神の導きとしか思えないこれまでの信仰生活を通して思うのです。確かに、「我が助けはどこから来るのか、我が助けは来る、天地を造られた主のもとから」と言える時があると。

教会に通い信仰生活を送るようになれば、洗礼を受けてクリスチャンとなれば、悩みは解決し生き生きとした新しい人生を生きることが出来るのようになるのか?答えは否ともそうだとも言えません。クリスチャンになればすべては上手くいくのか、そんなはずはありません。クリスチャンとはすべてを神の御心のまま、すべては神のご計画、それも愛の神なる方の御手の中で生かされる人生を生きているのだと信じて生きる者です。たとえ現実はいかに厳しくとも、すべては「相(あ)い働きて益となる」、人生の最後を迎えた時に、確かにその通りであったと感謝と喜びをもって神の御国へ旅立つこと、そこに希望を見いだすことが出来るでしょう。私はそう信じて教会生活を送っています。
「わたしが喜ぶのは、愛であっていけにえではなく、神を知ることであって、焼き尽くす献(ささ)げ物ではない。」
旧約聖書 ホセア書 6章6節

洗礼を受け教会員となられた人でも、時々、「私は奉仕が出来ないから教会に通うのに負い目を感じる」、「私は貧しくて満足に献金が出来ないので負い目を感じる」と言って教会から離れてしまう人がおられます。本当に残念なことだと思えてなりません。

奉仕が出来なくても、積極的に教会行事に参加出来なくても、また、そうしたくなくてもイイじゃないですか、献金できなくてもイイじゃないですか、その事を意識して教会から離れてしまう、礼拝に出席しなくなる、せっかくの神さまの祝福の場から離れてしまうのは誠に残念なことだと思うのです。
教会は神の教会、だから周りの人のことを気にしなくてもイイのです、神さまをまっすぐに見つめて、礼拝に集って下さい。と、たとえそのようにお話ししたとしても、現実的には教会といえども人の集まりには違いありませんから、そのような意識から解き放たれることは出来ないかも知れません。しかし、周りの人がどう感じているのか、どう思っているのかなんてことは、本当のところ他人には誰も分からないのです。分からないことを勝手に想像し、勝手に思いこんで、せっかくの神さまの愛から離れてしまうことはないのです。教会が、神が真実な方であればなおさらのこと、神さまはそんなあなたを求めておられるのです。

周りの人を、あなたを取り巻く状況は変えることが出来ないかも知れません、けれども、あなた自身の意識、考え方は変えることが出来るはずです。自分自身の罪、嫌な面、性格、それは変えることが出来なくても、考え方、視点は変えることが出来るはずです。聖書が教える罪とは「的外れ(まとはずれ)」という意味です。的外れとは、本来神さまがあなたを祝福して愛しておられることを見失って、神さま以外のものに目を向けていることを指します。その的外れの視線を神さまに向け直すこと、それこそが「悔い改めて福音(GOOD NEWS=良い知らせ)に生きる」ことなのです。
建築施工・メンテナンス:(株)光ハウジング
牧師 大屋正博
  教会のご案内 
(私設・教会ホームページ)
私の毎週通っている教会のご案内です。

日本キリスト教団・八幡西教会

住所の補足: 福岡県北九州市八幡西区 です。

電話番号 093−612−3331 (携帯電話は市外局番をお忘れなく)

最寄りの駅は、JR黒崎駅より 筑豊電鉄乗り換え 永犬丸(えいのまる)駅下車 徒歩約5分です
駐車場有り 北九州都市高速道路 黒崎インター下車 中間方面へ向かって約5分

詳しい場所は下の地図をご覧下さい。
教会の外観
礼拝風景
大屋正博牧師
受付(ロビー)
2階へのエレベータ
(身障者向けトイレ有)
★主日礼拝へのお誘い★
 
礼拝とは神さまの御言葉にふれ、祈りまた讃美する時です。
聖書や讃美歌などは教会に備え付けのものがあります。何もご準備は必要ありません。
このページをご覧の皆様も、一度ご出席なさいませんか?
ご都合のよい時に自由にご参加下さい。
お待ちしております。(^^)
礼拝レポート

教会での礼拝説教(聖書のお話し)をまとめたページはこちらです

1
































































































































































       

本ページを作成している管理人のブログはこちら→ DOMおじさんのキリスト教・信仰日記

同上 管理人へのメールは dom_sugi@yahoo.co.jp へどうぞ