(フォニックスについて) 

 

 「フォニックス」は元々、英語圏の子どもたちが本を読めるように開発された指導法です。
日本の子どもたちが「あいうえお」から学びはじめるように、英語圏の子どもたちはまずフォニックスを学びます。
日本人である私たちにとって、フォニックスは、カタカナのふりがなや発音記号に頼らずに英語を読めるようになるためのものです。


 アルファベットのABCDEFG……は普通、「エービーシーディーイーエフジー……」と読むと教えられています。
しかし、英単語となると、Aを「エー」、Bを「ビー」、Cを「シー」と読むことはほとんどありません。
例えば、“bag”は、b、a、gそれぞれ、「ビー」「エー」「ジー」とは読みません。「ビー」「エー」「ジー」はアルファベットの「文字の名前」です。
アルファベットには、「エービーシー…」という「文字の名前」とは別に、「文字の音」があるのです。b、a、gそれぞれの音は、便宜上カタカナで記せば、
「ブ」「ア」「グ」となります。この3つの音を組み合わせれば、“bag”と読むことができるのです。

 このようにAからZまで、アルファベットにはそれぞれ 「文字の音」 があります。
この音をおぼえて、それらの音を組み合わせれば、単語を見ただけで、カタカナも発音記号も用いずに、正しく英語を読むことができるのです。



★フォニックスの利点★


@75%ぐらいまでの音声と文字がフォニックスのルール
A少ないルールで基本を理解し、力をつけてから例外(フォニックスに合わないもの)にあたるので、誰でも無理なく学習できる。
B発音記号やかなをふる必要がない。日本人には絶好の発音練習になる。
C自分で考え、自分で発音して納得しながら学習できる。
D英語を何回も書いて覚えることから解放、暗記科目ではなくなる。

 

 

 

 

 

top page