「移調が限られた」って何? 
第1回 ウィキペディア各国語版比較研究

2011年09月22日
見上潤

先日、ある会合で「移調の限られた旋法」の「移調が限られた」って何よ?という質問をいただきました。
メシアンも分析することだし、これまでの知見を総結集してまとめてみたらええやんか。
これはなかなか手強い! 奥行きのあるテーマじゃないですか!

通常は第何旋法と、音階が書いてあるだけでは何のことやらさっぱりわかりません。
全音音階である第1旋法はわかるし、第2旋法くらいまでなら覚えていられるけれども、その後は以下同文と何気に通り過ぎてしまいそうなので、体系的に理解したいなあ。

あらためて勉強するに当たって、まずウィキペディア「移調の限られた旋法」各国語版(9言語)を参照しました。言語によって分量も内容もかなり異なるのが面白い。これ以外の言語の「移調の限られた旋法」も発見次第付け加えます。

下図の内容は以下です。

a 番号 b 言語の原語表示 c 略号 d 言語の日本語表記 e 「移調の限られた旋法」の各国語表記
f 文字数(同じカウントツールで計測) g 文字数の多い順番 h 備考 i 翻訳検討する順番


a b c d e f g h i
1 Català CA カタロニア語 Modes de transposició limitada 2216 7 ESとほぼ同じ内容 ×
2 Deutsch DE ドイツ語 Modi mit begrenzten Transpositionsmöglichkeiten 6890 3 独自の内容多し 4
3 English EN 英語 Modes of limited transposition 9348 2 Truncationという独自の項目あり 2
4 Español ES スペイン語 Modos de transposición limitada 2510 6 最低限の情報のみ ×
5 Français FR フランス語 Modes à transposition limitée
3842 5 本国なのに意外とあっさりです 3
6 한국어 KO 韓国語 조옮김이 제한되는 선법 522 9 最低限の情報のみ ×
7 Italiano IT イタリア語 Modi a trasposizione limitata 9441 1 半音=1、全音=2などによる特殊表記あり 6
8 日本語 JA 日本語 移調の限られた旋法 4365 4 その他の例が詳しい 5
9 Simple English sEN シンプル英語 Modes of limited transposition 2006 8 英語のウォームアップに最適 1
                 
  Polski PL ポーランド語 Modi o ograniczonej transpozycyjności     モディ オ オグラニチョネィ トランスポズィツィノシチ   
  中文 ZH 中国語 有限移調調式     modeが「調式」かあ!  
                 

実はすでに、「オトゲノム理論」(1992年発表)という観点から、その理論の一部に「移調の限られた旋法」を組み込み、展開しています。しかしまだ展開の余地があるので、このシリーズを始めることにしました。

このテーマは、幸運にもあちこちでレクチャーを行なうチャンスに恵まれ、その都度ささやかながらも現在進行形で新たな発見があります。体系的な記述はあらためて論文化することにして、面白そうな話題から取り上げることにします。

 ★ 次回予告
「移調が限られた」って何? 第2回 教会旋法と移調の限られた旋法の秘められた関係 
「移調が限られた」って何? 第3回 中学生でもわかるシンプル英語版を楽しむ
「移調が限られた」って何? 第4回 ネタは結局「悪魔の音程」と「混乱の和音」
「移調が限られた」って何? 第5回 アダルトな楽しみ方 本家英語版にチャレンジ
「移調が限られた」って何? 第6回 で、「移調が限られた」音素材はいくつある?
「移調が限られた」って何? 第7回 お次はおフランスざあます!
ロシア語と私
ポーランド語3周年にあたって

・・・のどれかになります。更新期日未定!  

コメントなどありましたら、以下までお越しくださいませ。
書き込み大歓迎です!!!
日本音楽理論研究会第9回東京例会 メシアン《ピアノの為の前奏曲》(1928-29)全曲アナリーゼ
http://www.facebook.com/event.php?eid=115091208573423

音楽分析学研究会(見上潤)へのお問い合わせはこちら
société japonaise d'analyse musicale ( Mikami Jun )


société japonaise d'analyse musicale


Copyright(C)2011.[ Jun Mikami ] All rights reserved. HomePage Design by ShujiTachikawa