THE SOCIETY FOR MUSIC THEORY OF JAPAN,TOKYO
日本音楽理論研究会東京支部
2011年3月2日更新

日本音楽理論研究会第9回東京例会(2011年3月27日)のお知らせ

日本音楽理論研究会東京支部からのお知らせ

Announcements
The 9th meeting of SMTJ Tokyo branch
27.March.2011


春の空気が時々混じりながらも、まだまだ寒い日が続いております。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか?
日本音楽理論研究会(第9回東京例会)のご案内をさせていただきます。

今回は、「ゆれ理論」による分析を共通のものとしながら、
様々な角度からショパン、ドビュッシー、メシアンのピアノ曲へのアプローチが展開されます。
みなさまの奮ってのご参加、よろしくお願いいたします。


日本音楽理論研究会第9回東京例会

日時: 2011年3月27日(日) 12:30-17:40 (受付開始 12:10)
会場: 国立音楽大学AI(アイ)スタジオ (JR国立駅南口下車、国立音楽大学付属幼稚園地下) 
〒186-0004 東京都国立市中1-8-25 TEL 042-573-5633
http://www.kunitachi-gakki.co.jp/shop/ai.html
参加費: 一般2000円/学生1000円(学生証提示)


【プログラム】 

◆ 開会宣言(12:30-12:35) 日本音楽理論研究会会長 島岡譲

◆ 発表1(12:35-14:15) 「メシアン《ピアノのための前奏曲集》(1928-29)第5曲の分析
――ゆれ理論拡張の試みと色彩構成――」 
赤坂樹里亜・西山タカスケ (発表90分+質疑応答10分)

◆ 休憩(10分)

◆ 発表2(14:25-15:35) 「続・ピアノの性能と演奏時の身体性を考慮した音楽分析 
――ショパン《練習曲集》作品10-1 C-durの理想的な演奏再構築のために――」 
横山聡 (発表60分+質疑応答10分)

◆ 連絡と休憩(20分)

◆ 報告(15:55-16:00) 「音楽アーカイブ設立のお知らせ」 
宮川直己 (5分)

◆ 発表3(16:00-17:40)「『ゆれの理論』から見たDebussy音楽の分析」 
福田由紀子 (発表90分+質疑応答10分)


※ 当日資料準備のため、参加されるかたはご一報いただければありがたく存じます。
※ 研究会終了後、午後6時より「シュベール国立店」にて懇親会を予定しています。こちらへも奮ってご参加を!
http://www.shubelu.co.jp/shubelu/kunitachi.html 

Tokyo branch of THE SOCIETY FOR MUSIC THEORY OF JAPAN
日本音楽理論研究会東京支部 (見上潤 Mikami Jun)
ブログ: The Society For Music Theory Of Japan, Tokyo http://smtjt.blogspot.com/
ホームページ: http://www.geocities.jp/dolcecanto2003jp/MTSJ/tokyo/index.htm  


音楽理論研究会東京支部からのお知らせ

紅葉が美しく冬の空気が清々しい季節になりましたがみなさまいかがお過ごしでしょうか。
今年は早くも12月。師走の忙しい頃かと思われますが、日本音楽理論研究会例会のお知らせをさせていただきます。
みなさまの奮ってのご参加、よろしくお願いいたします。

■□ 日本音楽理論研究会第8回東京例会

日時: 2010年12月19日(日) 12:30-17:40 (受付開始 12:10)
会場: 国立音楽大学AI(アイ)スタジオ (JR国立駅南口下車、国立音楽大学付属幼稚園地下) 〒186-0004 東京都国立市中1-8-25 TEL 042-573-5633
http://www.kunitachi-gakki.co.jp/shop/ai.html
参加費: 一般2000円/学生1000円(学生証提示)

内容:  研究発表

1.見上潤: シューベルト《美しき水車小屋の娘》《冬の旅》の調性構造の比較と階名(移動ド)唱法のテクニック ――声楽家のための音楽分析入門――
※ シューベルト《美しき水車小屋の娘》および《冬の旅》の全曲楽譜(原調版)をご持参ください。
2.横山聡: ピアノの性能と演奏時の身体性を考慮した音楽分析 ――ショパン《練習曲集》作品10-1 C-durの理想的な演奏再構築のために――

連絡と休憩(20分)

3.大高誠二: 標題未定 (拍節の定義やその本質に関するテーマ)
4.水崎寛明: コンピューター解析による転調理論構築の試み

※ 当日資料準備のため、参加されるかたはご一報いただければありがたく存じます。

※ 研究会終了後、午後6時より「シュベール国立店」にて懇親会を予定しています。こちらへも奮ってご参加を!
http://www.shubelu.co.jp/shubelu/kunitachi.html 

※ Cathy Cox: Schenker and the Epoch of the Figured Bass は、発表者都合により延期されました。

日本音楽理論研究会東京支部
ブログ新規開設! The Society For Music Theory Of Japan, Tokyo http://smtjt.blogspot.com/
ホームページ: http://www.geocities.jp/dolcecanto2003jp/MTSJ/tokyo/index.htm  


音楽理論研究会東京支部からのお知らせ

つめたい雪におどろかされましたが、本格的な春もついそこまできている気配です。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか?音楽理論研究会(第7回東京例会)のご案内をさせていただきます。

今回は午前・午後の長丁場で、後期ロマン派のピアノ作品を取り上げます。
午前の部は、ドイツ音楽の巨匠ブラームス(1833-1897)の名作、作品118。ピアニストの福田氏が島岡式の分析を行います。午後の部は、シェーンベルクやラヴェルと同時代のチェコの作曲家スク(1874-1935)の意欲作、《子守唄》。昨年スク作品の日本版出版に際し校訂を担当した小田氏がピアニストの立場から作品を語り、かつ演奏します。

みなさまの奮ってのご参加、よろしくお願いいたします。

■□ 音楽理論研究会第7回東京例会

日時: 2010年3月28日(日) 10:30-16:40 (開場 10:10)

会場: 国立音楽大学AI(アイ)スタジオ  (JR国立駅南口下車、国立音楽大学付属幼稚園地下) 
〒186-0004 東京都国立市中1-8-25  TEL 042-573-5633
http://www.kunitachi-gakki.co.jp/shop/ai.html

参加費: 一般2000円/学生1000円(学生証提示)

内容: 

◆ 午前の部 

1.  福田由紀子: Johannes Brahms作曲「6つのピアノ小品 作品118」の和声技法の解明 
  発表および質疑応答(10:30-12:40) 

※ 懇親昼食会: (12:50-14:15)「シュベール国立店」にて。
http://www.shubelu.co.jp/shubelu/kunitachi.html 

◆ 午後の部

※ 会からの報告(14:25-14:30)
2.  小田裕之: ヨセフ・スク《子守唄》作品33(Josef Suk, Ukolébavky Op.33)の作品分析と演奏法
   発表および質疑応答(14:30-16:40) 

※ 懇親お茶会: 研究会終了後、「ロージナ茶房」にて。
http://www.k-fantasista.com/contents/rojina.html
※ Cathy Cox (キャシー・コックス)によるシェンカー理論に関する研究発表は次回、第8回東京例会に延期されました。
※ 当日資料準備のため、参加されるかたはご一報いただければありがたく存じます。



―――― 今後の例会開催予定 ――――

音楽理論研究会第16回例会

2010年5月16日(日)13:30-17:40
国立音楽大学AI(アイ)スタジオ
参加費 ¥2000/学生¥1000
1.今野哲也: ベルク《アルテンベルク歌曲集》の分析
Berg: 《Altenberglieder》 Op.4
2.小川伊作: ビウエラ歌曲にみる悲劇性の表現
A.ムダラ 《ダヴィデ王は悲しんでいた》
Alonso Mudarra : Triste estava el Rey David

音楽理論研究会第17回例会
2010年10月3日(日)13:30-17:40
国立音楽大学AI(アイ)スタジオ
参加費 ¥2000/学生¥1000 
三上かーりんvs.島岡譲
シューベルト《美しき水車小屋の娘》の詩と音楽
Schubert: 《Die schöne Müllerin》

※当日は、シューベルト《美しき水車小屋の娘》の
全曲楽譜(原調版)をご持参ください


音楽理論研究会第8回東京例会
2010年12月19日(日) 12:30-17:40
国立音楽大学AI(アイ)スタジオ
参加費 ¥2000/学生¥1000
Cathy Cox :Schenker and the Epoch of the Figured Bass
(キャシー・コックス: シェンカーと通奏低音の時代)他



終了!

音楽理論研究会第6回東京例会

日時: 2009年12月20日(日) 12:30-17:40 (開場 12:10)

会場: 国立音楽大学AI(アイ)スタジオ 
(JR国立駅南口下車、国立音楽大学付属幼稚園地下) 
〒186-0004 東京都国立市中1-8-25 TEL 042-573-5633
http://www.kunitachi-gakki.co.jp/shop/ai.html

参加費: 一般2000円/学生1000円(学生証提示)


◆ 第1部 
岡崎登代子: J.S.バッハ《平均律クラヴィア曲集》第2巻第21曲 B-dur 
前奏曲とフーガの構造と和声 (12:30-14:00)

◆ 会からの報告と休憩(20分)

◆ 第2部 続・ガチンコ対決: 今野哲也vs.見上潤:
初期ベルクの音楽語法を斬る! 
――アルバン・ベルク《4つの歌曲》作品2第4曲と近代和声の分析法をめぐって―― 
(14:20-17:40 途中休憩・ディスカッション・タイムあり)
演奏: ソプラノ独唱 小川えみ ピアノ 見上潤

※ ベルク《4つの歌曲》作品2は、以下からダウンロードできます。
http://imslp.info/files/imglnks/usimg/3/30/IMSLP22900-PMLP52400-Berg_-_4_Lieder__Op._2.pdf 
※ 当日資料準備のため、参加されるかたはご一報いただければありがたく存じます。
※ 研究会終了後、午後6時より「シュベール国立店」にて懇親会(会費¥2000程度を予定しています。
こちらへも奮ってご参加を!
http://www.shubelu.co.jp/shubelu/kunitachi.html

※ 来年2010年は、3月28日、12月19日(東京例会)、5月16日、10月3日(本例会)を予定しています。

音楽理論研究会東京支部


new! 東京支部 例会・研修会の記録 音楽理論研究会 2009年9月10日更新

new!
東京音理研通信バックナンバー  2009年1月19日更新

【お問い合わせ】

音楽理論研究会東京支部
ホームページ: http://www.geocities.jp/dolcecanto2003jp/MTSJ/tokyo/index.htm
Email
見上潤 (Mikami Jun)

音楽理論研究会事務局(本部)
ホームページ:http://sound.jp/mtsj/
〒870-0833 大分市上野丘東1-11 大分県立芸術文化短期大学音楽科 小川研究室気付 
TEL &FAX 097-545-4429 Email:ogawa@oita-pjc.ac.jp

070723
Copyright(C)2007-2009.[ Jun Mikami ] All rights reserved.