演奏表現学会例会のご案内
2008年11月20日更新

参加者随時募集中

※ 参加希望者はあらかじめ、演奏表現学会(磯村)宛にメールでお申込ください。

2008年11月24日(月・振替休日) 18:30-20:30
スタジオ・ヴィルトゥオージ・Bスタジオ
(JR新大久保、または大久保駅より徒歩5分)
会員無料/非会員一般\3000/非会員学生\1500

   
◆ 講演: 見上潤

「調性と無調性の狭間に咲く妖しい”花” ――クリスタル和音の響きに魅せられて――」


■◇ 発表概要

  調性と無調性の狭間に咲く妖しい”花” ――クリスタル和音の響きに魅せられて――

 本発表は、一般にまだあまり知られていない”クリスタル和音”の解明と用例分析を行う。
 発表はまず最初に、トニック、ドミナント、サブドミナントのような従来の和音の機能分類を留保し、和音の構造(響き)の分類を通じてクリスタル和音が持つ妖しい響きの正体を明らかにする。これを前提にして、調性にもとづく多様な解釈可能性を示す。
 続いて参加者とともに、クリスタル和音が使用されているバッハから近代の実作品を分析しながら、この特殊な効果を持った和音の性格を耳で体験し、考察する。
 ここ数年の”クリスタル和音”概念導入によって、調性と無調性に連続するソノリティーの仕組みが解明される可能性が生じている。

 ※ 予定される分析対象作品の作曲者名(生年順): バッハ、ベートーヴェン、シューベルト、ブルグミュラー、ショパン、リスト、ヴァグナー、ヴェルディ、フランク、 ブラームス、ビゼー、フォーレ、マーラー、ドビュッシー、リヒャルト・シュトラウス、ラヴェル、ストラヴィンスキー、ベルク、プロコフィエフ、ルトスワフスキ

■◇ 発表レジュメ

1.和音構造の分析原理 長短3度の順列組み合わせによる和音分類とその分析
2.クリスタル和音の構造  12個の移調形と様々な配置
3.調的コンテクストとの関わりにおけるクリスタル和音とそのモデルの提示
4.クリスタル和音の用例(バッハから近代まで)


■◇ クリスタル和音関連作品リスト (作曲家生年順・作品作曲年順)  2008年11月20日
 

 ◆ 1685-1750 J.S.バッハ Johann Sebastian Bach
[1727] 《マタイ受難曲》 第38曲c Matthäus-Passion BWV 244 , Nr.38c
 ◆ 1770-1827 ベートーヴェン Ludwig van Beethoven
[1795?] 《優しき愛》 (《御身を愛す》) Zärtliche Liebe (Ich liebe dich) WoO.123
[1806] 《ピアノソナタ第23番 ヘ短調 熱情》作品57 第1楽章 Klaviersonate Nr. 23 f-Moll Op. 57 (Appassionata) , I.
[1820] 《ピアノソナタ第30番 ホ長調 》作品109 第1楽章 Klaviersonate Nr. 30 E-Dur Op. 109 , I.
 ◆ 1797-1828 シューベルト Franz Peter Schubert
[1827] 《冬の旅》 Winterreise D911, Op.89
第4曲 「氷結」 Nr.4 Erstarrung
第18曲 「嵐の朝 」 Nr.18 Stürmische Morgen
 ◆ 1806-1874 ブルグミュラー Johann Friedrich Franz Burgmüller
[nd.] 《25の練習曲》 作品100 第18曲 「心配」 Etudes Op.100 , No.18 Inquiétude
 ◆ 1810-1849 ショパン Frédéric François Chopin
[1829-1832] 《12の練習曲》 作品10 第9曲 ヘ短調 Études Op.10 , No.9 f-Moll
[1831-1835] 《バラード第1番 ト短調》 作品23 Ballade Nr. 1 g-Moll Op. 23
[1839] 《ピアノソナタ第2番 変ロ短調》 作品35 第1楽章 Klaviersonate Nr. 2 b-Moll Op. 35 , I.
[1839] 《前奏曲》 作品28 第4曲 Préludes Op. 28 No. 4 Largo
[1844] 《ピアノソナタ第3番 ロ短調》 作品58 第1楽章 Klaviersonate Nr. 3 h-Moll Op. 58 , I.
[1849] 《マズルカ第51番 ヘ短調》 作品68の4 Mazurka No.51 Op. 68-4
 ◆ 1810-1856 シューマン Robert Alexander Schumann
[1840] 《詩人の恋》 作品48 第1曲 「美しい五月には」 Dichterliebe , I. Im wunderschönen Monat Mai
[1849] 《森の情景》 作品82 第7曲 「予言の鳥」 Waldszenen op.82 7. Vogel als Prophet
 ◆ 1811-1886 リスト Franz Liszt
[1853] 《ピアノ・ソナタ ロ短調》 Klaviersonate in h-Moll 【A】
 ◆ 1813-1883 ヴァーグナー Wilhelm Richard Wagner
[1867] 《ニュルンベルクのマイスタージンガー》 前奏曲 Die Meistersinger von Nürnberg , Vorspiel 【A】
 ◆ 1813-1901 ヴェルディ Giuseppe Fortunino Francesco Verdi
[1853] 《椿姫》(ラ・トラヴィアータ) アリア「ああ、そは彼の人か」 La Traviata Act. 1 , Ah, forse lui che l'anima
[1862] 《運命の力》 [1862] La Forza del Destino , Sinfonia 【A】
[1887] 《オテロ》 Otello 、 Act 1.
 ◆ 1822-1890 フランク César-Auguste-Jean-Guillaume-Hubert Franck
[1872] 《荘厳ミサ イ長調》(1860) 「天使のパン」 Messe solennelle (1860) Panis angelicus
[1886] 《ピアノとヴァイオリンのためのソナタ イ長調》 第1楽章 Sonata Pour Piano et Violon en La majeur , I. 【A/D】
[1888] 《交響曲ニ短調》 第1楽章 Symphonie en ré mineur , I. 【A】
 ◆ 1833-1897 ブラームス Johannes Brahms
[1876] 《交響曲第1番ハ短調》作品68 第2楽章 Sinfonie Nr. 1 in c-Moll, op. 68 , II 【A】
[1883] 《交響曲第3番ヘ長調》作品90 第1楽章 Sinfonie Nr. 3 in F-Dur op. 90 , I 【A】

[1896] 《4つの厳粛な歌》 作品121 第2曲 「私はまた,日の下に行われるすべての虐げを見た」
Vier ernste Gesänge für eine Baßstimme und Klavier op.121. Ich wandte mich, und sahe an alle (aus Prediger Salomo, Kap. 4.)
 ◆ 1838-1875 ビゼー Georges Bizet
[1872] 《アルルの女》 第1曲 「前奏曲」 L'Arlésienne I. Prélude 【C】
 ◆ 1845-1924 フォーレ Gabriel Urbain Fauré
[1870?] 《リディア》 作品4の2 Lydia Op.4 No.2
[1877] 《夢のあとに》 作品7の1 Après un rêve Op.7 No.1
[] 《子守歌》 作品16 Berceuse Op. 16
 ◆ 1860-1911 マーラー Gustav Mahler
[1902] 《交響曲第5番嬰ハ短調》 第4楽章 アダージエット 5. Sinfonie , IV. Adagietto 【C】
 ◆ 1862-1918 ドビュッシー Claude Achille Debussy
[1888] 《忘れられたアリエッタ》 Ariettes oubiées
第1曲 「やるせなく夢見る思い」 No. 1 Ariettes oubiées I 'C'est l'extase langoureuse'
第6曲 「スプリーン」 No. 6 Aquarelles II 'Spleen'
[1913] 《ピアノのための前奏曲》 第2集 Préludes pour piano , Deuxième Livre
第2曲 「枯葉」 - Feuilles mortes
第3曲 「ヴィーノの門」 - La Puerta del Vino
第4曲 「妖精たちはあでやかな踊り子」 - Les Fées sont d'exquises danseuses  【A】
第6曲 「奇人ラヴィーヌ将軍」 - Général Lavine - excentrique
第7曲 「月の光が降り注ぐテラス」 - La terrasse des audiences du clair de lune  【A】
 ◆ 1864-1949 リヒャルト・シュトラウス Richard Georg Strauss
[1896] 《ツァラトゥストラはこう語った》 作品30 Also sprach Zarathustra Op. 30
 ◆ 1872-1915 スクリャービン Александр Николаевич Скрябин
 ◆ 1874-1951 シェーンベルク Arnold Schönberg
[1899] 《4つの歌曲》 第1曲 「期待」 4 Lieder , op. 2 Erwartung
[1899] 《浄められた夜》 作品4 Verklärte Nacht Op. 4
 ◆ 1875-1937 ラヴェル Joseph-Maurice Ravel
[1901] 《水の戯れ》 Jeux d'eau 【A】
[1903] 《弦楽四重奏曲 ヘ長調》 作品35 第1楽章 Quatuor à cordes en fa majeur Op 35 , I.
[1903-1905] 《ピアノのためのソナチネ》 第3楽章 Sonatine pour piano , III. 【A】
[1905] 組曲 《鏡》 第4曲 「道化師の朝の歌」 Miroirs 4. Alborada del gracioso 【A】

 ◆ 1881-1945 バルトーク Bartók Béla Viktor János
[1908] 《10のやさしい小品》 Sz.39 第1曲 10 Easy Pieces, Sz.39 No.1
[1908] 《2つのエレジー》 第2曲 2 Elegies, Op.8b No.2 
 ◆ 1882-1971 ストラヴィンスキー Игорь Фёдорович Стравинский
[1908] 交響的幻想曲 《花火》 作品4 Feu d'artifice Op. 4
[1913] 《春の祭典》 「青年の踊り」 Le Sacre du Printemps
 ◆ 1883-1945 ヴェーベルン Anton (von) Webern
[1936] 《ピアノのための変奏曲》 作品27 第1楽章 Variationen für Klavier Op. 27 , in drei Sätzen , I.
 ◆ 1885-1935 ベルク Alban Maria Johannes Berg
[1905-1908] 《7つの初期の歌曲》 第7曲 「夏の日」 Sieben frühe Lieder , Nr. 7 Sommertage
[1910] 《声とピアノのための4つの歌曲》 作品2 第4曲 「風は暖かく、日当たりのよい牧場に下草がもえる」
Vier Lieder für eine Singstimme mit Klavier Op. 2 Nr .4, Warum die Lüfte, es spriest Gras auf sonnigen Wiesen
[1921] 《ヴォツェック》 作品7 第1幕 第3場 「子守歌」 Wozzeck Op.7 , Akt. I. 3. Wiegenlied 【A】
 ◆ 1891-1953 プロコフィエフ Сергей Сергеевич Прокофьев
[1917] 《束の間の幻影》 作品22 第2曲 アンダンテ Visions Fugitives Op. 22 No. 2 Andante
 ◆ 1908-1992 メシアン Olivier-Eugène-Prosper-Charles Messiaen
 ◆ 1913-1994 ルトスワフスキ Witold Lutosławski
[1934] 《ピアノ・ソナタ》 第1楽章 Sonata na fortepian , I..
 ◆ 1925-2007 オスカー・ピーターソン Oscar Peterson
[nd.] 《身も心も》 Body & Soul
 ◆ 1926-    島岡譲 Shimaoka Yuzuru
[nd.] 和声例題解答 (『和声 理論と実習』第3巻)
[nd.] 芸大入試課題(1) 【C】
[nd.] 芸大入試課題(2) 【D】  
[nd.] 視唱課題(国立大学院声楽) 【C】

 ■◇ クリスタル和音関連参考文献

A. 今野哲也 『クリスタル和音 理論化への試み ――古典から近代まで――』 (2007年7月29日、音楽理論研究会第1回東京例会)
B. 島岡譲 『総合和声』 (1998年4月20日、音楽之友社)
C. 島岡譲 『音楽言語学の試み』 (2007年10月7日、音楽理論研究会第11回例会)
D. 島岡譲 『続・音楽言語学の試み』 (2008年10月5日、音楽理論研究会第13回例会)

E. Ernő Lendvai (1925 – 1993) , 1971 , Béla Bartók: An Analysis of his Music, introd. by Alan Bush, London: Kahn & Averill.

 ■◇ 今野哲也 『クリスタル和音 理論化への試み ――古典から近代まで――』(2007年7月29日、音楽理論研究会第1回東京例会)

1. 1811-1886 Franz Liszt , [1853] Klaviersonate in h-Moll
2. 1813-1883 Wilhelm Richard Wagner , [1867] Die Meistersinger von Nürnberg , Vorspiel
3. 1813-1901 Giuseppe Fortunino Francesco Verdi , [1862] La Forza del Destino , Sinfonia
4. 1833-1897 Johannes Brahms , [1876] Sinfonie Nr. 1 in c-Moll, op. 68 , II.
5. 1833-1897 Johannes Brahms , [1883] Sinfonie Nr. 3 in F-Dur op. 90 , I.
6. 1822-1890 César-Auguste-Jean-Guillaume-Hubert Franck , [1886] Sonata Pour Piano et Violon en La majeur , I.
7. 1822-1890 César-Auguste-Jean-Guillaume-Hubert Franck , [1888] Symphonie en ré mineur , I
8. 1862-1918 Claude Achille Debussy , [1913] Préludes pour piano , Deuxième Livre , IV. Les Fées sont d'exquises danseuses
9. 1862-1918 Claude Achille Debussy , [1913] Préludes pour piano , Deuxième Livre , VII. La terrasse des audiences du clair de lune
10. 1875-1937 Joseph-Maurice Ravel , [1901] Jeux d'eau
11. 1875-1937 Joseph-Maurice Ravel , [1903-1905] Sonatine pour piano , III.
12. 1875-1937 Joseph-Maurice Ravel , [1905] Miroirs 4. Alborada del gracioso
13. 1885-1935 ベルク Alban Maria Johannes Berg , [1921] Wozzeck Op.7 , Akt. I. 3. Wiegenlied


(見上潤)

音楽分析学研究会へのお問い合わせはこちらへ
societe japonaise d’analyse musicale ( Mikami Jun )
E-mail:mezhdunarodnyuniversitet@hotmail.com



2008/10/24

Copyright(C)2003-2008.[ Jun Mikami ] All rights reserved.